「ムーラン・ルージュ」「江戸川乱歩「黒蜥蜴」より 悪魔のような美女」

2009年04月25日

「スラムドッグ$ミリオネア」

1007339_01先日『スラムドッグ$ミリオネア』(TOHOシネマズ岡南)劇場鑑賞しました。
緊迫感あり、笑いあり、ロマンスありの、なかなかの傑作だと思います。
運ではなく、運命ですか・・・



「スラムドッグ$ミリオネア」(2008)イギリス/アメリカ
監督 ダニー・ボイル
出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル/フリーダ・ピント/アニル・カプール

<「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督が、インドを舞台に撮り上げたバイタリティに満ちあふれた社会派エンタテインメント大河ラブ・ロマンス。原作はヴィカス・スワラップの『ぼくと1ルピーの神様』。日本でもお馴染みのクイズ番組で史上最高額まであと1問と迫ったスラム育ちの青年が語る過酷にして波瀾万丈の生い立ちが、多彩な要素を巧みに織り込みつつスリリングかつ躍動感いっぱいに描かれてゆく。>

アカデミー賞で作品賞を含む最多8部門を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』ですが、緊迫感あり、笑いあり、ロマンスありの、なかなかの傑作だと思います。

昨今、目覚しい経済発展を続けるインドですが、ひと昔前には、数多くのスラム街があり、貧困層が大半を占めていたという事実(現在も、まだ多いのかもしれないですが)そこで育った子供たちは・・・・・

ジャマールとサリームのマリク兄弟と、親をなくした同じ境遇の孤独な少女ラティカの3人の物語。
子供たちだけで生き抜いていくには、世間というものが、どれだけ厳しいものか。嘘も盗みも、生きるための手段。また、その子供たち(孤児)を利用する大人たち。目を背けたくなるシーンもありますが、世界には貧困であるが故、苦しみを強いられている子供たちが、たくさんいるのだということを感じます。
日本の子供たちは、随分、恵まれていますね。

物語は、青年ジャマールが、国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出場し、次々と難問をクリアするのですが、スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールが、何故、クリアできるのかという問いを、ジャマールの育ってきた人生を重ね合わせるようにして、我々、観客に答えを提供していくという形を取っています。このあたり、脚本が上手いな〜と思いますね。

俳優さんたちは、インドの方なんですかね。ジャマールとラティカの美しい恋、見事でしたね〜。

“クイズ$ミリオネア”てっきり日本のオリジナル番組だと思ってましたが、そうではなかったですね(笑)

シリアスなテーマですが、娯楽作品としても、非常に見応えがある作品だと思います。

ジャマール、サリーム、ラティカの子役時代を演じた子供たちも、素晴らしかったですね。

 <予告編>


公式サイト

映画のお友達。。。。。(HP版)

sokura3 at 10:32│Comments(4)TrackBack(1) 洋画−ドラマ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「スラムドッグ$ミリオネア」  [ 或る日の出来事 ]   2009年05月07日 22:05
彼が彼女の顔に唇を触れた瞬間、この映画に対する私の評価は上がった。 そうだ! きっと私も、必ず、そうする! まず、はじめは、彼女の唇...

この記事へのコメント

1. Posted by amelia   2009年04月28日 22:01
こんばんは♪ チェズさん(^^>

しっかり私!釘付けで観ましたよおぅ。観終わって「ジャマ〜ル ラティカ〜」そう!心の中で叫んでいました。

何故!ミリオネアなのか!←トゥールーラブ

机の上だけじゃない!人生の勉強!環境を乗り越えれる"力"は

特に幼少時のジャマールが可愛かったです。

(ダニー・ボイル監督作品2作品を残して全て鑑賞しています)

インドの状勢に!ボイル監督の情勢を乗せて?…
ホント◆スリリングで躍動感溢れた瞬間瞬間活きている見応えたっぷりな作品でした。

警部役は!『マイティ・ハート/愛と絆』で、キャプテンを演じていた、イルファン・カーンでした。『ダージリン急行』『その名にちなんで』と観ました。ジャマールをとんでもない拷問に…

ラストも素敵でした。
2. Posted by チェズ   2009年04月29日 09:49
5 こんにちは〜、ameliaさん。

ameliaさんも、観に行かれましたか。

ジャマール、ラティカ、観終わった後も、非常に印象に残りますよね。

そうなんですよね〜。人生の勉強は机の上だけじゃないんですよね。
この映画を観て、そのことをより強く感じます。

ダニー・ボイル監督、私は、2作品ぐらいしか観てなくて(笑)
『トレインスポッティング』また観ようと思います。

警部役の方は、『マイティ・ハート/愛と絆』(今度、観ようと思ってます・笑)に出てた方なんですか。
さすがameliaさん、ほんと、よく知っていらっしゃる。
やはり、私の映画のお師匠さんです(笑)

ラストは素敵でしたよね。
3. Posted by ボー   2009年05月07日 22:49
ちょっと都合よすぎる話に思えますが、そこを否定すると、ストーリー上、どうしようもなくなりますね。
子どもたちもよかったし、思いやりのあるキスからエンディングにかけては、文句なしです。
4. Posted by チェズ   2009年05月11日 23:34
5 こんばんは、ボーさん。

都合過ぎる話といえば、そうですよね(笑)

それにしても、子供たちが良かったですね〜。

ファンタジー色も感じる何だか不思議な作品です。

ラストは、インドっぽかったですね(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ムーラン・ルージュ」「江戸川乱歩「黒蜥蜴」より 悪魔のような美女」