50代の側弯症手術 覚書日記

特発性脊椎側弯症だったみたいです 2017.11月に手術。自分の覚書としてブログ作りました


50代で脊椎側弯症と診断され2017年11月に手術しました。
病気発覚から手術、その後の経過を載せています。
メールはこちらです↓
sokuwan201711@yahoo.co.jp

遺伝の事 (追記)

前回の記事で息子の身体の事を載せましたが、他の血縁者についても書いておきます。

私の母は側弯ではありませんが、おばあちゃんになるにつれて(もう91歳です)
円背になってしまいました。側弯と円背は関係があるのかどうかはわかりませんが、
高齢者の全員が円背になるわけでもないので、「背骨が曲がっていく要素を持っているのかも」
なーんて 勝手に思いを巡らせています。

私はひとりっこです。もし兄弟姉妹がいたらどうだったんだろう。
兄弟姉妹のうちの何人かは、側弯になったかもしれませんね。

今年、母方の田舎での弔事で、何十年ぶりかで私の従姉に会いましたが、
私の手術前のように、腰が前に傾いていたのでビックリしてしまいました。
自分は仕事のせいで側弯ではないと言っていましたが、
従姉の娘が、10代の時に学校健診で側弯が見つかったと話をしてくれました。
今はもう20代で成長が止まっていますので経過観察をしているとの事です。
見た目は全然わかりませんので角度は小さいのかなと思います。
それより従姉の方が心配。腰痛が酷いと言っていましたが、自分の事は後回しな人なので。
一度受診した方が良いと言ってきましたが・・・

同世代の別の従妹も、背骨が曲がっているとマッサージ屋さん?で言われたらしく、
本当の側弯かどうか、整形外科で診てもらった方がいいよと言いましたが、
その後、受診したかどうかは分かりません。

こうなると、母方の遺伝で間違いないかなと思います。
母にその事を言ってみましたが、しっかりスル―されましたよ~。(笑)

↓よかったら押してください
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

遺伝の事

私がよく読ませて頂いている10代の側弯症ブログの方が、
遺伝についてのご自分の思いを載せておりました。
『側弯・遺伝 に、これから先も、自分自身が負けないぞ』という強い意志と、
親御さんへの思いやりを感じ(私も親という立場だからでしょうか)ホロッとしてしまいました。
側弯症のお子様を持つ御家族にとって、本当に心強い言葉だと思います。


自分が側弯症だと知ってから、色々調べていくうちに遺伝的素因がある事を知りました。
女の子に発症率が高いという事ですが、私の子供は男の子、しかももう20代後半。
今まで学校健診や職場の健診では引っかかった事はありません。
が、念のため息子の背中を見ると、腰部が少し曲がって見えました。
機能性側弯か、構築性側弯か・・・きっと構築性でしょう・・・
遺伝しちゃったんだぁと申し訳ない気持ちでした。

去年、息子の職場の健康診断で、胸部レントゲンの指摘事項に
初めて「側弯」と記載されてあったと息子から聞きました。
腰部の角度が大きくなってきて、胸部レントゲンでも分かるようになったのかもしれません。
私の手術前の家族説明の時に、チラッと先生にその事を話したら、
息子の背骨をポンポンと手で確かめて、お母さんと同じ曲がり方だねと。
成人しているのと男の子で筋力があるので、たぶん大丈夫だと思うけど、
心配ならば、健診先で一度受診して、紹介状を書いてもらえれば、
僕が詳しく診るよと言って下さいました。
本人は自覚症状が無いのもあり、仕事の忙しさや自分の趣味にかまけて、
未だに整形を受診していません。
ほぼ1年経ち、もうすぐ今年の健康診断の日がやってきてしまいます。(^-^;
おいおい、という感じですが、親が引っ張って無理矢理 病院に連れて行く歳でもないので、
私は、歯がゆい思いをしながらも静観しております。
せめて、機能性なのか構築性なのかハッキリさせてほしいなぁ・・・
まぁ・・・結果はだいたい分かっているのですけど、一縷の望みを託すのも親だからでしょう。

趣味でしているスポーツがあるのと、もともと筋トレが好きなので、
筋肉を鍛え続けて頑張ると本人は言っていますが、
この先、見た目にハッキリわかるくらいに曲がってきたりと何か不都合が出てきたら
迷わず紹介状を貰って慶應に受診するよう 息子には話しています。

↓よかったら押してください
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

sokuwann

メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: