50代の側弯症手術 覚書日記

特発性脊椎側弯症だったみたいです 2017.11月に手術。自分の覚書としてブログ作りました


50代で脊椎側弯症と診断され2017年11月に手術しました。
病気発覚から手術、その後の経過を載せています。
メールはこちらです↓
sokuwan201711@yahoo.co.jp

術後233日:8ヶ月検診に行きました

術後8ヶ月後の検診で、慶應義塾大学病院へ行ってきました。
手術をしたのは11月25、27日。もう8ヶ月も経つんですね~。

いつものように診療前にレントゲンを済ませます。
整形外科と画像検査科が、新棟(今年の5月に出来ました)の同じフロアに移動になったので、
初診の患者さんにも、移動が分かりやすくなったんじゃないかな?
方向音痴のオバサン(私)なんぞは、最初のうちは
『画像診断科⇔整形外科⇔どこか 』 の道のりで何度か迷いましたから。
この厚待遇は整形外科が儲かっているという事なのか~?と、勝手に想像したりして。(笑)

久しぶりに藤田先生にお会いしましたが、
優しい笑顔で迎えて下さるので、なんだか実家のお父さんに会いに来た気がしちゃいます。
先生の手術で生まれ変わったという、ある意味、お母さん?お父さん?の感覚なのです。
私が先生のお母様の年代に近いと思いますが・・・(^^;)
「おとーさん!娘(いったい 幾つの娘なんだか)が元気でいる姿を見せに来ました~。」
みたいな。(笑)

8ヶ月経った現在、自分が思っていた以上に腰周りが動けるので、
もしかして緩んでる?でも痛くないし・・・
ドキドキでしたが・・・

● 緩みに関してはレントゲンで見る限り、全く緩んでないとの事。
「大事に生活してるからかなぁ。」というような感じの事を仰っていました。
(術後はいわゆる無職・引き籠り生活ですが、やわ~いお言葉な先生に恐縮です)

●近所の整体の呼び込みの人?に道で声を掛けられて、右肩が下がっていると指摘された事を話すと、
ちょっと右肩が下がっているけれど、ロッド棒の下がり?等もないし問題ないと思うとの事でした。

●首の辺りがポキッと鳴る事が多くなったような気がする事も報告しました。
背中を診て下さって、どこの部位がなる事が多いかを報告しました。
ポキッと鳴るのは問題ないとテレビでやっていたのですが、一応ご報告まで。

●椅子によっては坐骨が痛くなるのは変わらずなので、クッションを買って使っている事、
よく動けるようになったので、中腰で家事をする事もあり、
動いた後は仙骨辺りが痛む事がある事を報告しましたが、薬を頂くほどの痛さではないです。

そしてそして、介護の仕事から離れて、9月から全く違う仕事をする事にしたと報告。
面接では、11月に手術して、あまり重い物は持てない事や、
床の物を拾うのはしゃがまないと拾えない事などを説明したら、
凄く重い物はないが、男性社員がいるので大丈夫、社員の中には腰部ヘルニアとか
腰の悪い人はいるので、身体の心配は大丈夫と面接官の方に言って頂けたので、
9月からお世話になる事になったと報告できました。

おばさんの世間話に、うんうんと傾聴して下さる先生。
話の中にしっかりとアンテナを巡らせて、特変なく過ごせているかを見極めているのだろうなと
感じます。
でも、亀の水槽が重くて、掃除した後に腰が痛いとか どんだけ~って感じですよね。(笑)
ホントにすみません。(^-^;

次は12月の検診だけど、仕事休めなかったら他の日でもいいからねと。
(いえいえ、頑張って休みを取ります~)
そして、はるばる田舎からエッサホイサと通院する私を心配して下さる先生のお心遣いに感謝です。
12月の1年検診でCTを撮って、骨の出来具合?を見て、肺機能検査もします。

MRIも撮れるし、病院の検査でできないものはないそうです。
脊椎に限らず固定術をした人は、MRIはダメだとよく話を聞くので、
ダメなのかと思っていましたが、これも科学の進歩の賜物でしょうか♪

プールOK、車の運転OK、自転車もOK。
前回(3月に検診)ダメだったスクワットもOKが出たので、
腹筋鍛えて、カエル腹をどうにかしなくては。
早速 プールで泳ぎたい~♪(でもカエル腹は見られたくない~)


↓よかったら押して下さい
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

術後232日:9月から社会復帰する

※ 脊柱側弯症とは全然関係ない記事なので、興味のない方は読み飛ばして下さいね (*^^*)


手術前は介護の仕事をしてました。
移乗介助(利用者さんを支えたり抱えたりして移動の手助けをする)は
どうしても避けられない介護の仕事・・・
術前も言われていたけれど、自分でもやっぱりムリかなぁと考えるようになりました。
立位のとれない身体の大きい男性などはもう支えられない、というよりも、
今の自分でも支えられるとは思うのですが、そういうのを続けていて、
その後の自分の腰の具合がどうなるのか・・・

手術する前は、「術後はもっと自分の身体を大事にしよう。」そう思っていたはずなのに、
こうして元気になった今、また介護の仕事ができるかも・・・
とまた欲が出てきた私ですが、私に何かあったら迷惑がかかるのは家族です。

『介護される立場になるのはまだ早い』 ←私の今の結論 (笑)
こうして記事を書きながら、自分に言い聞かせているのですが・・・(^^;

という事で、9月から全く違う職種に就く事になりました。

先日、資格取得時の講習仲間達から久しぶりにお誘いがありましたが、
とてもとても行く気になれず欠席させてもらいました。
他施設の話はとても為になりますし、仕事に対してモチベーションが上がるものですが、
もう介護の仕事はしないのよ。。。とは報告できませんでした。

前職場の方からも、元気になって仕事が決まったら教えてと言われてますが、
未だ報告できていません。(^^;
そんなこんなで ちょっと欝々としていましたが・・・

あ・でも、今月の受診時に、主治医の藤田先生に良い報告が出来る~。
そこは嬉しいところですね。(^^♪

↓よかったら押してください
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

sokuwann

メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: