50代の側弯症手術 覚書日記

特発性脊椎側弯症だったみたいです 2017.11月に手術。自分の覚書としてブログ作りました

50代で脊椎側弯症と診断され2017年11月に手術しました。
病気発覚から手術、その後の経過を載せています。
メールはこちらです↓
sokuwan201711@yahoo.co.jp

術後155日:金融機関でしゃがむ

郵便局へ用事があり、散歩ついでに行きました。
テーブルで用紙に書き込み、窓口へ持っていこうとしたら、用紙が床に落ちた。。。。
うううぅっ・・・・テーブルに掴まってしゃがみ、用紙を拾い、また掴まり立ちをします。
その動作の遅い事と言ったら・・・(T_T)

別の日、母から頼まれて銀行へ行きました。
テーブルで用紙に書き込み、窓口へ持っていこうとしたら、用紙が床に落ちた。。。。
うううぅっ・・・・テーブルに掴まってしゃがみ、用紙を拾い、また掴まり立ち。
その動作の遅い事と言ったら・・・(T_T)

・・・・って、行く度にしゃがんでないか?私。
こんなに床に物を落とす人だったっけ?いいや・そんな事はないと思うんだけど。
何かあるのか?(何もないと思います)自分が気にしているだけでしょう。(笑)

いつも行く銀行のフロアには座面の低~いソファーが設置されています。
腰をソファーに沈める時は怖くてゆっくり腰を落とすのですが、
いつの間にか、ソファーの他に肘掛け付きの椅子も設置されていました。
肘掛けに手をついて座る事が出来るので快適でした。
『こういうお心遣いは本当に嬉しいわぁ』と感じる私は、おばーさんまっしぐらです。


↓よかったら押して下さい
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

術後153日:杖なしで電車に乗れました

そろそろ動けるようになっているかもと察したのか、
友達から、そろそろハンドメイド市が開催されるので、
私の体の調子が良かったら行きましょうと。
2人ともハンドメイド市(もっぱら見る方)が好きで、
近辺で開催された時は見に行くのですが、広範囲に店が出ているので かなり歩きます。
歩くのは苦にならなくなったし、行ってみようかな。
それよりも、駅の階段を使ったり電車に乗る方が、歩くよりも私にはハードルが高く・・・
腰より膝が心配で杖を持つのですが、最近は膝痛サプリが効いてきたようで、
膝の痛みがあまり無くなりました。サプリじゃなくて気温のせいかもしれませんが。

一大決心して(大げさ)杖を持たないで出掛ける事に。
しかも、いつもの経路じゃない行き方にしてみました。
ホームと電車の隙間が凄く空いている電車だと、怖い・・・
車内で座れないとフラフラして、杖を持っていないと怖い・・・
階段しか見当たらない駅が怖い・・・のですが、
今は田舎の駅にもエレベーター又はエスカレーターがあるようで、
階段を使わずに済みました。

話は逸れますが・・・
病院のある信濃町に行くには、新宿でJRに乗り換えるのですが、
何度も通院しているのに、どこにエレベーターやエスカレーターがあるか
私は未だによく分かりません。(^^;
通る改札によっては、ヨッコラショと手摺に掴まりながら階段を使用します。
たぶん次回の受診時も階段を使う羽目になるような気がします。
(というか、その経路しか しっかり記憶してないので)
私にとって新宿駅が 一番高いハードルのようです。
その高いハードル・・・越えられそうな気は・・・全然しません。(笑)

話を元に戻します・・・
無事に友達に会えて、「背すじが真っすぐになってる~。」とビックリされました。
レントゲン写真を見せると更にビックリしてました。
ぐるぐるお店を見て回り、歩き疲れたらランチをして、お茶をして、
結構な時間の外出になりましたが、腰が痛くなる事は無かったです。

お店の椅子に座っていると辛くなる事もありましたが、
何度か座り直したりして、なんとか乗り切る事が出来ました。
椅子によっては、左の坐骨が座面に当たって痛くなります。
足を組むのが良くないのは分かっているのですが、
坐骨が痛くなると足組みをして痛みを逃すようにしてしまいます。
むむむ~・・・

↓よかったら押して下さい
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

sokuwann

メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: