2016年05月26日

正木博 写真集「京都抄景」(便利堂、2016)

正木博 写真集「京都抄景」(便利堂、2016)
便利堂/2016年刊/序文・サイモン・ベーカー
28.5cm x 24.8cm/上製本/モノクロ/120ページ
定価 : 5400円(税込)

「京都抄景」は、京都の伝統的な建築物、庭園、街並みのなかに現れる日本独自の美しさを、静かで抑制のきいた眼差しで点描したモノクロのシリーズです。(オフィシャル・サイトより)

01005622450

sokyusha at 17:12|Permalink写真集新刊 

2016年05月24日

尾仲浩二写真集『Lucky Cat Catalogue』 (KAIDO BOOKS、2016年発行)

尾仲浩二写真集『Lucky Cat Catalogue』
KAIDO BOOKS/2016年発行
A5判/モノクロ&カラー/96ページ/500部
定価: 1500円(税込)
* 著者署名本

2016年4月からベルギーで開催の展覧会カタログ。

『4月24日から6月26日まで、写真家の尾仲浩二氏がブラッセルのFondation A Stichtingで 個展“Lucky Cat”を開催。尾仲氏は、2003年当委員会の“In-between” (日本人写真家視点でヨーロッパの姿を映し出す写真集シリーズ) に参加し、ラトビアとスペインを撮影しました。本展は、彼の160点もの作品を同時に鑑賞できる貴重な機会ですので、5月の連休にヨーロッパを訪れる方は是非お越しください!』(EU・ジャパンフェスト日本委員会の展覧会紹介より)
尾仲浩二写真集『Lucky Cat Catalogue』

尾仲浩二写真集『Lucky Cat Catalogue』1

尾仲浩二写真集『Lucky Cat Catalogue』2

尾仲浩二写真集『Lucky Cat Catalogue』3

尾仲浩二写真集『Lucky Cat Catalogue』4


sokyusha at 14:48|Permalink写真集新刊 

2016年05月19日

木藤富士夫 写真集「ZOO COLLECTION」(私家版、2016)

木藤富士夫 写真集「ZOO COLLECTION」
私家版/2016年刊
B5/32ページ/モノクロ/オフセット印刷
1430円 + TAX

955c120-1

sokyusha at 18:59|Permalink写真集新刊 

2016年05月17日

鈴木育郎+石毛優花写真集『film or die』 (私家版、2016年発行)

鈴木育郎+石毛優花写真集『film or die』
私家版/2016年発行
限定4部/29.4×20cm/カラー
定価:8888円(税込)
限定手製本の写真集を数々発表してきた二人の写真家、鈴木育郎と石毛優花の写真を半分ずつ収録した限定4部の手製本による写真集。4冊とも表紙裏表紙が異なります。
『film or die』A
Type A表紙
『film or die』A BACK
Type A裏表紙
『film or die』B
Type B表紙
『film or die』B BACK
Type B裏表紙
『film or die』C
Type C表紙
『film or die』C BACK
Type C裏表紙
『film or die』D
Type D表紙
『film or die』D BACK
Type D裏表紙


『film or die』1

『film or die』2

『film or die』3

『film or die』4

『film or die』5

『film or die』6

『film or die』7

『film or die』8


sokyusha at 15:53|Permalink写真集新刊 

2016年05月10日

Morten Andersen写真集「Now I wanna be Your Dog!」 (Media Immediat、2015年発行)

Morten Andersen写真集「Now I wanna be Your Dog!」
Media Immediat/2015年発行
10.5×7.6cm/並製/モノクロ
28ページ/写真点数:24点/300部限定/ナンバリング入り
定価:1800円(税込)
※ 著者署名本

モーテン・アンダーセンが1990〜1991年にニューヨークのICP(国際写真センター)の学生として共に学んでいた友人の写真家アントワーヌ・ダガタを撮影したポートレート集。
Morten Andersen写真集「Now I wanna be Your Dog!」

Morten Andersen写真集「Now I wanna be Your Dog!」1

Morten Andersen写真集「Now I wanna be Your Dog!」2

Morten Andersen写真集「Now I wanna be Your Dog!」3


sokyusha at 13:55|Permalink写真集新刊 

2016年04月19日

圓谷真唯写真集『あまゆき』 (蜘蛛の糸、2015年9月19日第2版発行)

圓谷真唯写真集『あまゆき』
蜘蛛の糸/2015年9月19日第2版発行
B5変型/並製/50部
カラー/40ページ/写真点数:25点
定価 : 1000円 (税込)
圓谷真唯写真集『あまゆき』

圓谷真唯写真集『あまゆき』1

圓谷真唯写真集『あまゆき』2


sokyusha at 17:22|Permalink写真集新刊 

2016年04月14日

富山義則/熊谷聖司 写真集「TIME AFTER TIME/TIME FOR TIME」(マルクマ本店/Tomtomphotos、2016)

富山義則/熊谷聖司 写真集「TIME AFTER TIME/TIME FOR TIME」
マルクマ本店/Tomtomphotos、2016/スリーブケース付き
A4変形/上製/カラー/72ページ/作品点数、富山20点、熊谷26点
定価: 5,500円 + TAX * 著者署名本

既に生産を終了している期限切れ大判ポラロイドフィルムを使用し、それぞれのテーマに沿って撮影された儚い憶いの記憶の数々のイメージを、装幀家は丁寧に繊細な感覚と技巧で纏めて形にしています。

富山義則/熊谷聖司 写真集「TIME AFTER TIME/TIME FOR TIME」熊谷

サイン

1

2

3

4

5

富山義則/熊谷聖司 写真集「TIME AFTER TIME/TIME FOR TIME」富山

富山義則/熊谷聖司 写真集「TIME AFTER TIME/TIME FOR TIME」富山1

富山義則/熊谷聖司 写真集「TIME AFTER TIME/TIME FOR TIME」富山2


sokyusha at 19:54|Permalink写真集新刊 

尾仲浩二 写真集「OUTTAKES・もうひとつの背高あわだち草」(KAIDO BOOKS、2016)

尾仲浩二 写真集「OUTTAKES・もうひとつの背高あわだち草」
KAIDO BOOKS/2016/450部
A5判/モノクロ/48ページ
定価: 2,000円(税込)* 著者署名本

image
尾仲浩二 写真集「OUTTAKES・もうひとつの背高あわだち草」1

尾仲浩二 写真集「OUTTAKES・もうひとつの背高あわだち草」2

尾仲浩二 写真集「OUTTAKES・もうひとつの背高あわだち草」3

尾仲浩二 写真集「OUTTAKES・もうひとつの背高あわだち草」4


sokyusha at 16:15|Permalink写真集新刊 

2016年04月12日

本山周平写真集『NIPPON2003-2013』 (蒼穹舍、2016年4月1日発行)

本山周平写真集『NIPPON2003-2013』
蒼穹舍/2016年4月1日発行
A4変型/上製/装幀:原耕一/500部
カラー/64ページ/写真点数:40点
定価 : 3800円 + TAX
* 著者署名本
『10年の年月は、あたりまえのことのように僕自身も、そしてこの日本も変えた。 これらの写真を見ているとまた再びあの日の光が僕の眼に射し込んでくるようだった』(あとがきより)
本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』

本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』1

本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』2

本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』3

本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』4

本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』5

本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』6

本山周平写真集『NIPPON 2003-2013』裏



sokyusha at 18:22|Permalink蒼穹舎新刊 

山本伸生写真集『BERG WERK』 (蒼穹舍、2016年3月29日発行)

山本伸生写真集『BERG WERK』
蒼穹舍/2016年3月29日発行
A4変型/上製/装幀:加藤勝也/500部
カラー/64ページ/写真点数:40点
定価 : 3800円 + TAX
『幼少期を過ごした九州の炭鉱にある捲揚機。炭鉱がその役割を終えた現在でもその機械は大きく聳えていた。 「今、かけがえのない大切なものを失ってしまったという虚無感。だが、そんな夢から覚めた今だからこそ、 この捲揚機と対話できるだろう。ひとつの失われてゆく炭鉱という歴史を、私は写真で残しておきたいと、心に決めたのだ」』(あとがきより)

山本伸生写真集『BERG WERK』

山本伸生写真集『BERG WERK』1

山本伸生写真集『BERG WERK』2

山本伸生写真集『BERG WERK』3

山本伸生写真集『BERG WERK』4

山本伸生写真集『BERG WERK』5

山本伸生写真集『BERG WERK』6


sokyusha at 18:19|Permalink蒼穹舎新刊 

中里和人+上野雄次写真集『花』 (而今禾、2015年7月31日発行)

中里和人+上野雄次写真集『花』
而今禾/2015年7月31日発行
B4判変形/和綴じ/カラー
50ページ/写真点数:25点
定価:4800円+TAX
『はないけバトル』や、様々なパフォーマンスで活躍されている気鋭の花いけ作家 上野雄次さんと、彼と数々のコラボレーションを展開してきた写真家 中里和人さんによる初の写真集。
モノを通して暮らすことを伝えてきた而今禾Jikonkaは、いま、形に残らない「価値観」を共有することに重心を移しています。その試みとしてJikonka TOKYOにて2012年より上野・中里両氏による〈花〉の撮影がはじまり数回に及ぶフィールド撮影を経て完成しました。(版元の案内より)

中里和人+上野雄次写真集『花』

中里和人+上野雄次写真集『花』表紙

中里和人+上野雄次写真集『花』1

中里和人+上野雄次写真集『花』2

中里和人+上野雄次写真集『花』3

中里和人+上野雄次写真集『花』4

中里和人+上野雄次写真集『花』5


中里和人既刊在庫:

中里和人写真集『lux water tunnel land tunnel』
ワイズ出版/2015年10月5日発行
A4判変形/上製/カラー
88ページ/写真点数:55点
定価:3800円+TAX
* 著者署名本

中里和人写真集『N岬』
sana-v/2014年9月15日発行
A4判変形/中綴じ/カラー
28ページ/写真点数:13点
定価:1000円 (税込)
* 著者署名本

中里和人写真集『龍宮』
sana-v/2013年9月9日発行
A3/カラー/600部/中綴じ
20ページ/写真点数:10点
定価:1800円 (税込)
* 著者署名本


中里和人『風景の境界 1983 - 2010』
風景ノ境界 制作室/2010年発行
14.8×21.0cm/並製本
カラー、モノクロ/作品点数29点
定価:1000円(税込)
※ 著者署名本

中里和人写真集「ULTRA」
日本カメラ社/2008年発行
36.6 cmx 24.6cm/ハードカバー
カラー/作品点数35点
税込定価:5,040円
※ 著者署名本


sokyusha at 16:40|Permalink写真集新刊 

中里和人写真集『N岬』 (sana-v、2014年9月15日発行)

中里和人写真集『N岬』
sana-v/2014年9月15日発行
A4判変形/中綴じ/カラー
28ページ/写真点数:13点
定価:1000円 (税込)
* 著者署名本
中里和人写真集『N岬』1

中里和人写真集『N岬』2中里和人写真集『N岬』3

中里和人写真集『N岬』4

中里和人写真集『N岬』5





sokyusha at 16:40|Permalink写真集新刊 

2016年04月05日

尾仲浩二責任編集『街道マガジン 写真の友 Vol.3』 (KAIDO BOOKS、2016年4月1日発行)

尾仲浩二責任編集『街道マガジン 写真の友 Vol.3』
KAIDO BOOKS/2016年4月1日発行
A5判/カラー&モノクロ/160ページ
参加作家:尾仲浩二、百々武、岡部文、本庄佑真、坂巻剛好、佐藤春菜、小松宗光、鈴木郁子、長藤さつき、藤田進、白石ちえこ、Dan Epthorp、広瀬勉、村上仁一、小林正秀、福山えみ、西世古旬、山田博之、叶芳隆、田中ヒロ、中原達洋、柳千春、橋本大和、河合伸一、矢口清貴、サトーテツヤ、長谷川明生、辻惠蔵、中間麻衣、刈屋さちよ、ユーコドー
定価:600円(税込)

7年半続いたギャラリー街道終了後に尾仲浩二のもとに再びメンバーが集結して始まった雑誌の第3弾。倍近い増ページで価格据え置き。尾仲浩二自らのページは『旅は道づれ 富士吉田』(撮り下ろしカラー10ページ)『あれから東京で』(モノクロ3ページ)『オナカの酔眼レフ日記』(カラー1ページ)。
3

3 尾仲

3 百々

3 岡部

3 佐藤

3 白石


sokyusha at 16:55|Permalink写真雑誌新刊 

オカダキサラ『(c)TOKYO 救いのバビロン』 (ミッドナイトストアー、2016年3月25日発行)

MIDNIGHT LIBRARY 003
オカダキサラ『(c)TOKYO 救いのバビロン』
ミッドナイトストアー/2016年3月25日発行
A6判/カラー/14ページ/写真点数:12点
定価:540円(税込)
『ミッドナイトストアー主宰、山口′Gucci′佳宏が展示会巡りで知り合い、気になったアーティストたちの作品を、毎月ZINE(ジン)として発行していくシリーズ、ミッドナイト・ライブラリー。第三弾となる今回は、写真家・オカダキサラの登場です。独特の視点で日常を切り取る「コピーライト トーキョー」と名付けられたスナップ写真のシリーズ最新刊。オマケで、コースターサイズの円型ステッカー2種類のどちらかが封入されてます!


オカダキサラ コメント
「いつもテーマはあるんですけど、言葉的なものよりも構成を先に考えています。それで、その構成に合う写真を決めていきます。今回は見開きで縦写真を使いたかったし、真ん中の頁は絶対、横位置の見開きにしようと思ったんです。そう構成して展開する中で面白い写真、連続性のあるものを選んで作りました。表紙は、絶対こんな感じ (横位置見開きなので開いて見て下さい) で、とか。そして珍しい写真、自分自身でZINEを作るのならセレクトしない (出来ない) だろうなぁ、と思うものを選んで、初めて他者と一緒に作るものならではの特色を出そうとしました。それで、上下にも全体にも意味がある構成を考えました。そうしてたら、メチャ時間がかかりました」』(ミッドナイトストアーの紹介より)
オカダキサラ『(c)TOKYO 救いのバビロン』

オカダキサラ『(c)TOKYO 救いのバビロン』1

オカダキサラ『(c)TOKYO 救いのバビロン』2

オカダキサラ『(c)TOKYO 救いのバビロン』3


sokyusha at 16:54|Permalink写真集新刊 

平賀淳写真集『此岸 シガン』 (私家版、2015年11月21日発行)

平賀淳写真集『此岸 シガン』
私家版/2015年11月21日発行
A4/中綴じ/カラー/限定100部
26ページ/写真点数:26点
エディションナンバー入り
定価 1300円(税込)
平賀淳写真集『此岸 シガン』

平賀淳写真集『此岸 シガン』1

平賀淳写真集『此岸 シガン』2

平賀淳写真集『此岸 シガン』3


sokyusha at 16:53|Permalink写真集新刊 

2016年03月29日

横川辰之写真集『東京ストライプ』 (ドルーク、2015年12月23日発行)

横川辰之写真集『東京ストライプ』
ドルーク/2015年12月23日発行
A5変型/上製/カラー
装幀:加藤勝也/300部
頒価 : 4000円 (税込) 非売品
横川辰之(Papa-chat YOKOKAWA)の写真集。様々な猫たちの様々な表情を撮っている。厚さ4ページのボリュームで、右ページは折り込まれ、開くと、風景の中にある模様と招き猫の写真が掲載。
横川辰之写真集『東京ストライプ』

横川辰之写真集『東京ストライプ』1

横川辰之写真集『東京ストライプ』2

横川辰之写真集『東京ストライプ』3

横川辰之写真集『東京ストライプ』4

横川辰之写真集『東京ストライプ』5

横川辰之写真集『東京ストライプ』6


sokyusha at 18:16|Permalink写真集新刊 

GRAF vol.11  Each Point (GRAF Publishers、2016年3月6日発行)

GRAF vol.11  Each Point
GRAF Publishers/2016年3月6日発行
A4/カラー&モノクロ/無線綴じ製本
94ページ/300部
デザイン:橋本はじめ(BYTZ DESIGN)
定価: 1500円(税込)

本山周平・錦戸俊康・片山亮・國領翔太の4名により運営されているグラフ誌の11号。今回のゲストは葛西優人。
11
表紙
11 葛西
葛西優人
11 片山
片山亮
11 本山
本山周平
11 國領
國領翔太
11 錦戸
錦戸俊康

sokyusha at 18:16|Permalink写真雑誌新刊 

2016年03月15日

里山社編『日常と不在を見つめてードキュメンタリー映画作家・佐藤真の哲学』 (里山社、2016年3月24日発行)

里山社編『日常と不在を見つめてードキュメンタリー映画作家・佐藤真の哲学』
里山社/2016年3月24日発行
四六版/並製/372ページ(カラー別丁4ページ+16ページ含)
定価 : 3500円 + TAX
『90〜00年代、《日常》と《不在》にこだわり、潜む闇をじっくりとあぶり出したドキュメンタリー映画作家、佐藤真。公害問題と日常、障害とは、アートとは何か、グローバリゼーションに抗うこと、そして映像のもつ根源的な力とはーー。不穏な時代のうねりを前に「世の中を批判的に見る目を持て」と映像と文章で私たちの眠った感覚を刺激しました。
佐藤が世を去って9年。その仕事に着目した一冊の書籍が誕生します。影響を受けた人からともに歩んできた人まで、佐藤真に惹きつけられた32人の書き下ろし原稿とインタビュー、そして佐藤真の単行本未収録原稿を含む傑作選を収録。映像作家であり、90年代後半の類稀な思想家とも言うべき佐藤真の哲学を掘り下げ、今を「批判的に」見つめ、私たちの確かな未来への足場を探ります。』(版元の案内より)
●巻頭写真 阿賀 (撮影・笹岡啓子)
第1章 阿賀と日常
赤坂憲雄(民俗学)、平田オリザ(演出家)、想田和弘(映画作家)、森まゆみ(文筆家)、佐藤丹路(妻)、小林茂(映画監督)●佐藤真と盟友・小林茂の往復書簡 ※佐藤真の手紙を初収録 ●座談会 旗野秀人(『阿賀に生きる』発起人)×香取直孝(映画監督)×小林茂×山上徹二郎(シグロ代表)
第2章 生活を撮る
松江哲明(映画監督)、森達也(映画監督・作家)、原一男(映画監督)、佐藤澪(長女)、佐藤萌(次女)
第3章 芸術
椹木野衣(美術評論家)、秦岳志(映画編集)
第4章 写真と東京
飯沢耕太郎(写真評論家)、笹岡啓子(写真家)、諏訪敦彦(映画監督)●グラビア 佐藤真1990’s トウキョウ・スケッチ ※佐藤真の東京スナップが蘇る! 構成・解説:飯沢耕太郎
第5章 不在とサイード
四方田犬彦(批評家)、大倉宏(美術評論家)、八角聡仁(批評家)、ジャン・ユンカーマン(映画監督)●インタビュー 阿部マーク・ノーネス(映画研究)
第6章 ドキュメンタリー考
港千尋(写真家、映像人類学者)●企画書「ドキュメンタリー映画の哲学」
第7章 佐藤真の不在
林海象(映画監督)●論考「佐藤真をめぐる8章」萩野亮(映画批評)●インタビュー 小林三四郎(佐藤真いとこ、配給会社・太秦代表取締役社長)●教え子座談会 石田優子(映画監督)×奥谷洋一郎(映画監督)×山本草介(映画監督)●ルポ「佐藤真の不在」を上演するということ」村川拓也『Evellet Ghost Lines』
●佐藤真年表 ●作品リスト
佐藤真の哲学


sokyusha at 15:32|Permalink評論/エッセイ新刊 

2016年03月08日

清水コウ写真集『世界の入口』 (蒼穹舍、2016年2月29日発行)

清水コウ写真集『世界の入口』
蒼穹舍/2016年2月29日発行
A4変型/上製/装幀:加藤勝也/500部
カラー/80ページ/写真点数:73点
定価 : 3800円 + TAX
『世界など知った気で、すでに余生とばかり生きていた。 でもまだ私は、世界の入口にも立っていなかった。』 (まえがきより)

清水コウ写真集『世界の入口』

清水コウ写真集『世界の入口』1

清水コウ写真集『世界の入口』2

清水コウ写真集『世界の入口』3

清水コウ写真集『世界の入口』4

清水コウ写真集『世界の入口』5


sokyusha at 16:58|Permalink蒼穹舎新刊 

原七郎写真集『写真 二〇一四年』 (私家版、2016年3月発行)

原七郎写真集『写真 二〇一四年』
私家版/2016年3月発行
カラー/250部
32ページ/作品点数:31点
定価:500円(税込)

蒼穹舍ギャラリーで2016年2月29日〜3月13日に開催の原七郎写真展「スタンス」のカタログ。
原七郎写真集『写真 二〇一四年』

原七郎写真集『写真 二〇一四年』1

原七郎写真集『写真 二〇一四年』2

原七郎写真集『写真 二〇一四年』3


sokyusha at 15:32|Permalink写真集新刊 

千葉雅人写真集『虻2』 (蒼穹舍、2016年2月29日発行)

千葉雅人写真集『虻2』
蒼穹舍/2016年2月29日発行
A4変型/並製/装幀:原耕一/500部
モノクロ/88ページ/写真点数:83点
定価 : 3500円 + TAX
『全てが止まりました。 でもそのことに誰の気付いていないようでした。 陽光は燦々(さんさん)と降り注ぎ、 人だかりはざわざわと騒ぎます。 無 はそのように僕の元を訪れたのでした。』 (まえがきより)
千葉雅人写真集『虻2』

千葉雅人写真集『虻2』1

千葉雅人写真集『虻2』2

千葉雅人写真集『虻2』3


sokyusha at 15:27|Permalink蒼穹舎新刊 

千葉雅人写真集『愛』 (蒼穹舍、2016年2月29日発行)

千葉雅人写真集『愛』
蒼穹舍/2016年2月29日発行
A4変型/並製/装幀:原耕一/500部
モノクロ/80ページ/写真点数:58点
定価 : 3500円 + TAX
『おじさんは最後に僕を抱きしめてくれたね。 何度も何度も、何故抱きしめるのか、僕が気付くまで、何度も。 駄々をこねて、しがみつくように抱きしめるおじさんを僕は 何度も振り払ったけど、あの時はごめんね。 でもちゃんと受け取っているよ。 おじさんの一世一代の勇気と、人目をはばからない 無邪気でしょっぱい、渾身の愛を。』 (あとがきより)
千葉雅人写真集『愛』

千葉雅人写真集『愛』1

千葉雅人写真集『愛』2

千葉雅人写真集『愛』3


sokyusha at 15:25|Permalink蒼穹舎新刊 

2016年03月01日

森山大道写真集『Terayama (日本語版)』 (マッチアンドカンパニー [M×M label]、2016年2月4日発行)

森山大道写真集『Terayama (日本語版)』
マッチアンドカンパニー [M×M label]/2016年2月4日発行
モノクロ/13×19cm/上製、ケース付き
358ページ/写真点数:118点/ブックデザイン:町口覚
定価: 4500円+TAX
* 著者署名本
寺山修司の短編集『スポーツ版裏町人生』(1975年より問題小説で連載され、1982年に新評社から単行本として刊行)から「友よいずこ」「小指の辰」「忘却の土俵入り」「夕陽よ、急ぐな」「牙」の5篇を選び、森山大道の100余点の写真作品を加え、町口覚の手で新たに編集造本。
森山大道写真集『Terayama (日本語版)』

森山大道写真集『Terayama (日本語版)』表紙

森山大道写真集『Terayama (日本語版)』1

森山大道写真集『Terayama (日本語版)』2

森山大道写真集『Terayama (日本語版)』3

森山大道写真集『Terayama (日本語版)』4


sokyusha at 16:45|Permalink写真集新刊 

橋本照嵩写真集『叢』 (Zen Foto Gallery、2016年1月15日発行)

橋本照嵩写真集『叢』
Zen Foto Gallery/2016年1月15日発行
モノクロ/ソフトカバー
48ページ/29.0×20.3cm/500部
価格:2900円+TAX
* 著者署名本
 『ひとと衣食住に割り込むことを拒否されて、それを取り囲むように叢がある。叢は、雪や雨や風や日の光に、その有様を変える。 わらすこ(子供)たちは、山肌の斜面の雑木や叢でターザンごっこをやり。秋の名月(おめげっつぁん)には薄などを取りにいった。 逆巻く毛っこ掻き分けて――蔦の覆った、その暗がりに心が落ち着いた。親に怒られたとき。挫折を味わったとき。アア、オイ(私)はひとりぼっちなんだと逃げた場所。恐ろしい場所。やがて叢の中の栗の香は大人になったことを知らせた。 ひとと衣食住がそこにある前は、叢が在った。』(橋本照嵩、あとがきより)
橋本照嵩写真集『叢』

橋本照嵩写真集『叢』1

橋本照嵩写真集『叢』2

橋本照嵩写真集『叢』3




sokyusha at 16:43|Permalink写真集新刊 

2016年02月16日

石毛優花写真集『Sinner』 (私家版/2016年発行)

石毛優花写真集『Sinner』
私家版/2016年発行
限定2部/29.4×20.2cm/カラー
定価:3000円(税込)
限定2部の手製本による写真集。
石毛優花写真集『Sinner』

石毛優花写真集『Sinner』1

石毛優花写真集『Sinner』2

石毛優花写真集『Sinner』3


sokyusha at 17:26|Permalink写真集新刊 

オカダキサラ写真集『(C)TOKYO アマゾンにいます。』 (私家版、2016年2月18日発行)

オカダキサラ写真集『©TOKYO アマゾンにいます。』
私家版/2016年2月18日発行
カラー/A6/50部/写真点数:8点
定価:1000円 (税込)
* 売り切れました。
『(C)TOKYO アマゾンにいます。』

『(C)TOKYO アマゾンにいます。』1

『(C)TOKYO アマゾンにいます。』2

『(C)TOKYO アマゾンにいます。』3


sokyusha at 17:25|Permalink売り切れ 

2016年02月04日

ウイリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット「自然の鉛筆」(赤々舎、2016)

ウイリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット「自然の鉛筆」
赤々舎/2016年刊
29.7cm x 20.5cm/上製本/モノクロ/192ページ
定価 : 4,000円 + TAX

執筆:畠山直哉、マイケル・グレイ、青山勝、ヘンリー・F・トルボット、金井直、ジュゼッペ・ペノーネ

世界最初の写真集、トルボット『自然の鉛筆』。待望の完全日本語版。

写真術の発明者のひとり、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボットが著した『自然の鉛筆』(1844〜1846年)は、世界最初の写真集と位置づけられています。本書は、写真術の発見に至るまでの経緯やその重要性をトルボット自ら記した文章と、写真図版一枚一枚に添えられた撮影にまつわる文章の、初の完全日本語訳となります。
『自然の鉛筆』の24枚の写真図版はすべて、元トルボット・ミュージアム館長のマイケル・グレイ氏の監修によるものです。氏は、可能な限りトルボットのオリジナルの紙ネガを元の素材として印刷用データを作成してきました。その貴重なデータにより、かつてない精緻なディテールと豊かな階調をそなえた原寸大の図版で、当時のプリントの状態が鮮やかに蘇ります。あわせて「自然・写真・芸術----『自然の鉛筆』考」と題し、『自然の鉛筆』を巡る写真家、美術家、研究者によるエッセイと、トルボット自身の重要な言葉を収載。「写真史」の域を超える本書の現代的意義と未知の魅力を照らし出します。
「自然の鉛筆」

「自然の鉛筆」1

「自然の鉛筆」2

「自然の鉛筆」3


sokyusha at 18:51|Permalink写真集新刊 

藤巻いづみ 写真集「知らない丘」(私家版、2016)

藤巻いづみ 写真集「知らない丘」(私家版、2016)
私家版/2016年刊
21cm x 30cm/モノクロ/32ページ/作品点数、22点
定価 : 1,000円(税込)
藤巻いづみ 写真集「知らない丘」

藤巻いづみ 写真集「知らない丘」1

藤巻いづみ 写真集「知らない丘」2

藤巻いづみ 写真集「知らない丘」3


sokyusha at 18:37|Permalink写真集新刊 

2016年02月02日

大塚めぐみ写真集『IBIZA』 (蒼穹舍、2016年2月27日発行)

大塚めぐみ写真集『IBIZA』
蒼穹舍/2016年2月27日発行
A4変型/並製/装幀:原耕一/300部
モノクロ/64ページ/写真点数:38点
定価 : 3500円 + TAX
1980年代後半、スペインにあるイビザ島から生まれたムーブメント「セカンド・サマー・オブ・ラブ」は その後の音楽シーンに影響を与え、現在あるダンス、クラブミュージックへと進化し、イギリスのロックミュージックをも変化させた。 今なおダンスミュージックはフロアを湧かせ、悦楽的な夜を求め、DJは曲を繋ぎ、フロアに集うオーディエンスは全身で音楽を浴びる。 大塚めぐみの2冊目となる写真集『IBIZA』には、そんな狂騒的な夜の瞬間が描かれている。
大塚めぐみ写真集『IBIZA』

大塚めぐみ写真集『IBIZA』1

大塚めぐみ写真集『IBIZA』2

大塚めぐみ写真集『IBIZA』3

大塚めぐみ写真集『IBIZA』4


sokyusha at 16:16|Permalink蒼穹舎新刊 

石内都写真集『幼き衣へ』 (蒼穹舍、2016年1月31日発行)

石内都写真集『幼き衣へ』
蒼穹舍/2016年1月31日発行
A4変型/上製/装幀:加藤勝也/800部
カラー/94ページ/写真点数:77点
定価 : 4000円 + TAX
* 著者署名本
ここにある幼き衣たち「百徳着物・背守り」は100年の歳月を超えて存在しているものが多い。 触れると崩れるかというとそんな感じはない。 意外にひどい傷みや汚れ、傷跡が見受けられない。 むしろ時を纏った小さな神のような光を放っている。 (あとがき「命の衣」より)
石内都写真集『幼き衣へ』

石内都写真集『幼き衣へ』1

石内都写真集『幼き衣へ』2

石内都写真集『幼き衣へ』3

石内都写真集『幼き衣へ』4

石内都写真集『幼き衣へ』5


sokyusha at 16:15|Permalink蒼穹舎新刊 

石垣裕写真集『要求の射程』 (私家版、2016年2月11日発行)

石垣裕写真集『要求の射程』
私家版/2016年2月11日発行
A5/中綴じ/モノクロ/44ページ
定価 : 1600円 + TAX
石垣裕写真集『要求の射程』

石垣裕写真集『要求の射程』1

石垣裕写真集『要求の射程』2

石垣裕写真集『要求の射程』3

石垣裕写真集『要求の射程』4

石垣裕写真集『要求の射程』5


sokyusha at 16:14|Permalink写真集新刊 

石黒健治写真集『石黒健治作品集 3 不思議の国』 (彩流社、2015年11月15日発行)

石黒健治写真集『石黒健治作品集 3 不思議の国』
彩流社/2015年11月15日発行
B5横変型/並製/カラー/102ページ
定価 : 3400円 (税込)
* 著者署名本
* 在庫僅少
石黒健治写真集『不思議の国』

石黒健治写真集『不思議の国』1

石黒健治写真集『不思議の国』2

石黒健治写真集『不思議の国』3


sokyusha at 15:56|Permalink写真集新入荷 

石黒健治写真集『石黒健治作品集 2 ナチュラル : Oneness』 (ノーベル書房、1992年1月16日発行)

石黒健治写真集『石黒健治作品集 2 ナチュラル : Oneness』
ノーベル書房/1992年1月16日発行
B5横変型/並製/モノクロ/82ページ
定価 : 2500円 (税込)
* 著者署名本
* 在庫僅少
石黒健治写真集『ナチュラル』

石黒健治写真集『ナチュラル』1

石黒健治写真集『ナチュラル』2

石黒健治写真集『ナチュラル』3


sokyusha at 15:55|Permalink写真集新入荷 

2016年01月26日

松村明写真集『Evidence NAGASAKI』 (冬青社、2015年5月20日発行)

松村明写真集『Evidence NAGASAKI』
冬青社/2015年5月20日発行
27×26cm/上製/モノクロ/写真49点
定価 : 3800円 + Tax

『原爆投下中心地より北東500メートルの小高い丘の上に浦上天主堂がある。この教会の正面側に被爆遺構が点在している。4年前、私はこれらの天主堂遺構へ訪れた。キリスト像や首の無い立像等が並んでいる小さな場所があり、その前側の壁面上部に石像の天使胸像が並んでいた。像の顔に近づいて見ていると、鼻が欠けたり、ひび割れていたり、また顔の眉から下の目や鼻の造作がすっかり爆ぜ落ちたりしている。いずれも長年の風化により、苔やカビの斑点が見てとれ、経年による多少の変化があったにせよ被爆の衝撃を十分に伝えていた。もの言わぬ石像たちそれぞれの有様が私に強烈に訴えてきた。このことが、今回のシリーズへの取り組みの切っ掛けとなったのである。』(著者あとがきより)
松村明写真集『Evidence NAGASAKI』

松村明写真集『Evidence NAGASAKI』1

松村明写真集『Evidence NAGASAKI』2

松村明写真集『Evidence NAGASAKI』3

松村明写真集『Evidence NAGASAKI』4


sokyusha at 17:37|Permalink写真集新刊 

阿部淳写真集『1981 (上)』 (VACUUM PRESS、2015年12月31日発行)

阿部淳写真集『1981 (上)』
VACUUM PRESS/2015年12月31日発行
B5変型/並製/モノクロ/128ページ
定価 : 2400円 + Tax
* 著者署名本
阿部淳写真集『1981 (上)』

阿部淳写真集『1981 (上)』1

阿部淳写真集『1981 (上)』2

阿部淳写真集『1981 (上)』3

阿部淳写真集『1981 (上)』4

阿部淳写真集『1981 (上)』5


sokyusha at 15:21|Permalink写真集新刊 

阿部淳写真集『1981 (下)』 (VACUUM PRESS、2015年12月31日発行)

阿部淳写真集『1981 (下)』
VACUUM PRESS/2015年12月31日発行
B5変型/並製/モノクロ/128ページ
定価 : 2400円 + Tax
* 著者署名本
阿部淳写真集『1981 (下)』

阿部淳写真集『1981 (下)』1

阿部淳写真集『1981 (下)』2

阿部淳写真集『1981 (下)』3

阿部淳写真集『1981 (下)』4

阿部淳写真集『1981 (下)』5


sokyusha at 15:20|Permalink写真集新刊 

2016年01月19日

仲田絵美写真集『よすが』 (赤々舎、2015年9月30日発行)

仲田絵美写真集『よすが』
赤々舎/2015年9月30日発行
カラー/A4変形/上製/168ページ
アートディレクション : 近藤一弥
定価 : 5000円 + TAX
『母の遺品を身につけ、父にシャッターを押してもらう
写真と記憶が動かしていく、切実な家族の時間

幼い頃に母を亡くした仲田は、その不在が染み込んだ身の回りの風景を、あるいは生前の母の写真や遺品など、母が生きた痕跡と時間を写真に収めています。それは見えないものを見るために、そこに含まれた記憶を写真に置きかえる行為に思えます。
また、自分自身の体も母が遺したもののひとつと考える仲田は、母の遺品を身につけた自らの姿を撮影し、時には父親にもシャッターを押してもらいます。その撮影には、妻と母というそれぞれにとって大きな存在を失った父娘の繊細な緊張感が漂い、カメラを通してあらためて向き合うことの関係性やざわめきが写真に刻まれています。
 幼い頃の自分を見つめる生前の母の眼差しを追体験し、遺品を通して母の死と力強く対峙することで、変わらずあり続ける自らの身や心のよりどころ、すなわち「よすが」を見出す一冊です。』(版元の案内より)
仲田絵美写真集『よすが』

仲田絵美写真集『よすが』1

仲田絵美写真集『よすが』2

仲田絵美写真集『よすが』3



sokyusha at 15:51|Permalink写真集新刊 

WOMB Vol.8 (WOMB、2015年12月20日発行)

WOMB Vol.8
WOMB/2015年12月20日発行
カラー/A4/72ページ
フォトグラファー:植田真紗美/川崎璃乃/菅野幸恵
コラム/光田ゆり
定価:1000円+TAX

女性写真家による季刊写真誌WOMBの8号は植田真紗美、川崎璃乃、菅野幸恵の作品と、光田ゆりさんによる連載コラム「月をみる 光をよむ」では神藏美子さんの写真集「たまきはる」について掲載。
内容:特集: 植田真紗美「海へ」/川崎璃乃「新宿夜顔人」/菅野幸恵「未明」 /コラム:光田ゆり「月をみる 光を読む」/ WOMBノート


8

8-1

8-2

8-3


sokyusha at 15:42|Permalink写真雑誌新刊 

2016年01月12日

コウノジュンイチ写真集『ある日』 (蒼穹舍、2015年12月31日発行)

コウノジュンイチ写真集『ある日』
蒼穹舍/2015年12月31日発行
A4変型/上製/装幀:原耕一/700部
モノクロ/106ページ/写真点数:102点
定価 : 3800円 + TAX
『ある日』とタイトルにあるように、ある日の光景が淡々と展開されている。 これらの写真は過ぎ去りし日常の断片と言えるかもしれない。 そして、ここにある風景はすでに取り返すことが出来ず、 そして記憶からも風化してしまいかねない。 コウノジュンイチの初めてとなるこの写真集を見ることで、 彼が残した普遍的な光景にかつての自分の記憶と交差する瞬間が生まれるであろう。

コウノジュンイチ写真集『ある日』

コウノジュンイチ写真集『ある日』1

コウノジュンイチ写真集『ある日』2

コウノジュンイチ写真集『ある日』3

コウノジュンイチ写真集『ある日』4

コウノジュンイチ写真集『ある日』5


sokyusha at 16:33|Permalink蒼穹舎新刊 

2016年01月05日

小田川悠写真集『サルビア』 (私家版、2014年12月6日発行)

小田川悠写真集『サルビア』
私家版/2014年12月6日発行
モノクロ/28×13.3cm/10部限定
58ページ/作品点数:25点
定価 : 4200円 (税込)

実家の壁と駐車スペースの間、庭へと続く小道に、秋になると咲く赤い花がある。その赤い花は家族との記憶の端々にさり気なく寄り添っている。嫌気がさした時も、死にたいって思ってた時も幸せ過ぎた時の思いでにも。花を咲かせない時期でも私には、いつでも赤く映った。「サルビア」確か母から教えてもらった花の名には、ここにしかない特別な花に思える響きがあった。この、感情を消そうと撮っていた写真を「愛」だなんて感じるようになった自分に驚くと同時に、あらかたの愛の在り方は共通してるんじゃないだろうかって至極眈々と思う。特別だと感じたサルビアがどこにでもあるように。けれど、私にとってのサルビアの意味は誰とも違う。そんなふうに人は人を愛すんじゃないだろうか。(本文より)
小田川悠写真集『サルビア』

小田川悠写真集『サルビア』1

小田川悠写真集『サルビア』2

小田川悠写真集『サルビア』3


sokyusha at 16:56|Permalink再入荷 

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』 (赤々舎、2015年12月14日発行)

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』
赤々舎/2015年12月14日発行
カラー&モノクロ/25.7×22.7cm
並製/2冊組、ケース入
「太陽の鉛筆 1975」280ページ、写真228点
「太陽の鉛筆 2015」152ページ、写真103点
編著:伊藤俊治、今福龍太
アートディレクション : 近藤一弥
定価 : 9000円 + TAX

『戦後日本を代表する写真家 東松照明の最高傑作、40年を経て新たに蘇る。

 東松照明は1969年に沖縄と出会って以来、1970年代前半はほぼ沖縄を中心に活動し、その成果として1975年に『太陽の鉛筆』(毎日新聞社)が刊行されました。東松が沖縄へ渡った契機の一つは、代表作「占領」シリーズの延長上に沖縄の基地の実態を撮影することにありましたが、『太陽の鉛筆』はある意味で脱占領宣言であり、脱アメリカや脱日本であり、最終的には脱国家の思考実践だったといえます。 そこには国境や領土や所有といった概念を拒もうとする精神の営みが波打ち、島々を分断させず、やがてその視線は日本という枠を超えて東南アジアへと展開しました。歴史や土地の制約からの自由を求める人間の脱領土的で群島的な想像力がイメージとして結実した『太陽の鉛筆』は、東松照明の代表作として屹立しています。
 『太陽の鉛筆』の沖縄編には宮古島での7カ月の生活を綴った6つのエッセイと、宮古島や周辺の島々を撮影した150点の写真が収められています。 また東南アジア編は台湾の基隆や淡水、霧社や墾丁、フィリピンのミンダナオ島のサンボアンガ、マニラ、インドネシアのジャワ島のジャカルタ、ソロ、バリ島、マレーシアのマラッカ、タンピン、ベトナムのサイゴン、タイのランバン、チェンマイ、アユタヤ、シンガポールなど7ヶ国17地域にわたる島々が撮影され、さらに東南アジアと地続きであるかのような沖縄の渡嘉敷、那覇、普天間、コザも含めた80点の写真で構成されています。 東松はその島々の配置によって、沖縄や八重山での生活で直感した南からの流れやその系譜の向こう側へ旅しようとしたのでしょうか。
 
 この度刊行する『新編 太陽の鉛筆』は、『太陽の鉛筆 1975』と『太陽の鉛筆 2015』の二冊組となります。『太陽の鉛筆 1975』は、既に絶版となって久しい、初版『太陽の鉛筆』を基本的な構成や順序は変えずに新たな装いで書籍化したものです。一方、『太陽の鉛筆 2015』は、基本的に『太陽の鉛筆』以後の既発表・未発表の作品のなかから103点の写真を選び、『太陽の鉛筆』に込められた南方への眼差しを引き継ぐ新たな編集意図によって配列し、二人の編者による論考を付したものです。 東松が晩年に「亜熱帯」というタイトルで構想していた熱帯植物のシリーズや、五度にわたるバリ島への旅など、移動と再-棲息化への鮮烈なヴィジョンに貫かれています。  
 写真については(ネガフィルムの未発見または劣化による10枚を除いて)原ネガをスキャンしたデータを調整し作成されたデジタル・プリントを原版として使用し、その陰翳と質感を晩年の東松照明の意図に沿うように刷新しました。
 『新編 太陽の鉛筆』は、『1975』と『2015』の2分冊により、歴史化された作品のもつ、写真と思想の可能性を現在に呼び出す批評的な試みであり、未来への大きな問いかけを孕んで蘇るものとなっています。』(版元の紹介より)
東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』1

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』2

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』3

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』4

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』5

東松照明写真集『新編 太陽の鉛筆』6



sokyusha at 16:19|Permalink写真集新刊 

2015年12月23日

榎本千賀子写真集『On the Dunes, Niigata 2013-2015』(私家版、2015年12月5日発行)

榎本千賀子写真集『On the Dunes, Niigata 2013-2015』
DAEDALUS Press(私家版)/2015年12月5日発行
カラー/A4変型(27.5×21.0cm)/並製/200部/28ページ/作品点数:21点
テキスト:大倉宏、榎本千賀子/デザイン:横澤進一
定価:1000円(税込)

榎本千賀子の初写真集。新潟市西部の海岸沿いに広がる砂丘地。その砂丘の上に建つ新興住宅地と、砂丘の形成に大きく作用した信濃川沿岸の風景をとらえた写真21点を掲載。

『なにひとつとして、変わったことは起こらなかった。
冬の新潟で、誰もが目にすることだった。
しかしそれは、たしかに不思議なできごとだった。
比類ない、ただ一度きりのできごとだった。』(『On the Dunes, Niigata』本文より)


On_the_dunes

Cc_Niigata_2015_1_s

Cc_Niigata_2015_2_s

03


sokyusha at 14:59|Permalink写真集新刊 

2015年12月22日

山内道雄写真集『DHAKA2』 (Zen Foto Gallery、2015年12月20日発行)

山内道雄写真集『DHAKA2』
Zen Foto Gallery/2015年12月20日発行
A4変型/並製/カラー/208ページ/作品点数;115点
定価 :4500円+TAX * 著者署名本
『2013年の5月に初めてダッカを訪れた。その時は持参したモノクロフィルムを撮り切ってしまったので、現地でネガカラーフィルムを調達し、撮影したものをそこで現像したところ乾燥が不十分でフィルムが汚れてしまった。雨期に入ると湿気が高くて洗濯物やフィルムなどよく乾かないのだ。フィルムが汚れたのでもう使えない、と帰国して1年ほど放っておいたが、これもダッカだ、と思えるようになり、今年(2015年)の春、その汚れたフィルムもそのまま使って写真集『DHAKA』にまとめた。
本ができても、保留したままの案件を抱えているようで、ダッカのことが頭から離れず、2015年4月の終わりに再び飛行機に乗った。
2年の時が流れたが、街の様子はあまり変わっていなかった。工事中だった道路が完成しており、ほとんどなかった信号機が大通りに少し増えたくらいの変化で街の印象は前回とほぼ同じだった。私を驚かせた子供たちの歓声は健在だった。外輪船も馬車も活躍していた。だが、気になっていた人たちには会えなかった。道路の端にかがみこんで側溝の黄色く淀んだ水を飲もうとした女の人、私が宿泊していたホテルの下のバスターミナルの片隅で裸足で寝ていた女の人、記念写真を差し出しても寂しそうな目をして受け取ろうとしなかった痩せた少年…。(中略)

バングラデシュはアジアの中でも経済的に貧しい国であり、そのしわ寄せは底辺に集中的に向かい、その中でもとくに身寄りのない女性やこどもに向かう。貧しくとも、正直でやさしい人がもっと大切にされる世の中はこないものか。
しかし、ダッカの街は、裸のままの人間らしさに溢れており活気があった。金銭本位で、ややもすると人がその下に置かれ、人間性が歪むようなところではなかった。これまで私が歩いてきたどの都市よりも、よそよそしくもなく委縮もしておらずフレンドリーな人が多かった。』(山内道雄「ダッカを歩く」より)

山内道雄写真集『DHAKA2』

山内道雄写真集『DHAKA2』1

山内道雄写真集『DHAKA2』2

山内道雄写真集『DHAKA2』3

山内道雄写真集『DHAKA2』4


sokyusha at 17:43|Permalink写真集新刊 

藤田進写真集『銀の眼』 (私家版、2015年9月30日発行)

藤田進写真集『銀の眼』
私家版/2015年9月30日発行
モノクロ/A5型/上製/500部
64ページ/作品点数:52点
ブックデザイン:黒羽真知子
定価:3000円+TAX 
* ポスター付き、著者署名本


藤田進写真集『銀の眼』

藤田進写真集『銀の眼』1

藤田進写真集『銀の眼』2

藤田進写真集『銀の眼』3


sokyusha at 17:41|Permalink写真集新刊 

2015年12月15日

小島康敬写真集『Tokyo』 (蒼穹舍、2015年11月24日発行)

小島康敬写真集『Tokyo』
蒼穹舍/2015年11月24日発行
A4変型/カラー/上製/600部
64ページ/作品点数:60点
定価:4000円+TAX

2014年刊行の『New York』に続く、小島康敬の蒼穹舎での2冊目は『Tokyo』。 2008年から14年にかけて撮影した作品から構成。モノクロの『New York』に対しカラーでのアプローチにより東京の建物が持つ表情の混沌と秩序が醸し出す風景の有り様を巧みに捉えている。

小島康敬写真集『TOKYO』

小島康敬写真集『TOKYO』1

小島康敬写真集『TOKYO』2

小島康敬写真集『TOKYO』3

小島康敬写真集『TOKYO』4

小島康敬写真集『TOKYO』5


sokyusha at 19:10|Permalink蒼穹舎新刊 

渡辺英明写真集『New York 2015 Summer』 (私家版、2015年12月1日発行)

渡辺英明写真集『New York 2015 Summer』
私家版/2015年12月1日発行
A5/カラー&モノクロ/98ページ
定価 : 1200円(税込)

渡辺英明写真集『New York 2015 Summer』

渡辺英明写真集『New York 2015 Summer』1

渡辺英明写真集『New York 2015 Summer』2

渡辺英明写真集『New York 2015 Summer』3


sokyusha at 17:52|Permalink写真集新刊 

國領翔太写真集『匿名の町vol.02』 (GRAF Publishers、2015年12月6日発行)

國領翔太写真集『匿名の町vol.02』
GRAF Publishers/2015年12月6日発行
B5/モノクロ/44ページ/200部
定価: 1200円(税込)
02』

02』1

02』2

02』3


sokyusha at 17:41|Permalink写真集新刊 

石毛優花写真集『Dry breath』 私家版

石毛優花写真集『Dry breath』
私家版
限定2部/29.4×20.2cm/カラー
定価:2500円(税込)
限定2部の手製本による写真集。

石毛優花写真集『Dry breath』

石毛優花写真集『Dry breath』1

石毛優花写真集『Dry breath』2

石毛優花写真集『Dry breath』3


sokyusha at 17:35|Permalink写真集新刊 

石毛優花写真集『いつもと違う世界見たきがしたの』私家版

石毛優花写真集『いつもと違う世界見たきがしたの』
私家版
限定2部/29.4×20.2cm/カラー
定価:3000円(税込)
限定2部の手製本による写真集。

石毛優花写真集『いつもと違う世界見たきがしたの』

石毛優花写真集『いつもと違う世界見たきがしたの』1

石毛優花写真集『いつもと違う世界見たきがしたの』2

石毛優花写真集『いつもと違う世界見たきがしたの』3


sokyusha at 17:34|Permalink写真集新刊 

2015年12月10日

金瀬胖写真集「路上の伝記」(現代写真研究所出版局、2015)

金瀬胖写真集「路上の伝記」
現代写真研究所出版局/2015年刊
26.5 x 19.2cm/並製/モノクロ/133ページ
定価 : 2,500円 + TAX

金瀬胖写真集『路上の伝記』

金瀬胖写真集『路上の伝記』1

金瀬胖写真集『路上の伝記』2

金瀬胖写真集『路上の伝記』3


sokyusha at 20:12|Permalink写真集新刊