2011年08月

2011年08月23日

熊谷聖司 写真集「The Title Page」(マッチアンドカンパニー、2009)

熊谷聖司 写真集「The Title Page」
マッチアンドカンパニー/2009年刊
M label No.12 / 700部限定、エディションナンバー付
24.99×26.1cm/上製本/輸送用段ボールケース付/カラー/104ページ/作品点数50点/ISBNコードなし

定価6930円(税込)ですが、蒼穹舍ギャラリーでの、熊谷聖司写真展「THE TITLE PAGE」会期中は特別価格になります。
特価:5250円(税込)

※ 著者署名本


会期終了しました。多数のご購入ありがとうございました。今後は定価の6930円(税込)での販売になります。よろしくお願いします。

title page 表紙


the_title_page_30c

the_title_page_39 Heel

the_title_page_26c

the_title_page_01c



熊谷聖司既刊在庫
熊谷聖司写真集「GOD / SEEN AT BIRTH」(書肆サイコロ、2011)定価 : 3,150円(税込)※ 著者署名本
熊谷聖司写真集『とりのこえをきいた』(PARADA、2010)定価 :1,500円(税込)※ 著者署名本
熊谷聖司写真集「SEIJI」(matsubara shoji、2007)定価 : 2,000円(税込)※ 著者署名本
熊谷聖司写真集「あかるいほうへ」(私家版、2008)定価 : 2,000円(税込)※ 著者署名本
熊谷聖司写真集「もりとでじゃねいろ」(ヴァンケット、2006)定価 : 3,000円(税込)※ 著者署名本

sokyusha at 14:17|Permalink 会期終了 

大和田良写真集『FORM: SCENERY SEEN THROUGH BONSAI』(深水社、2011.7.14)

大和田良写真集『FORM: SCENERY SEEN THROUGH BONSAI』
深水社/2011.7.14刊/28.6×26.2cm/ハードカバー/カラー/64ページ
価格:2940円(税込)
さいたま市大宮盆栽美術館で2011年5月21日〜7月13日に開催された写真展に合わせて刊行。

(作家のブログより転載。)
『「FORM」に関しましては、先日朝日新聞の書評、<視線>にて美術家の森村泰昌さんにもご紹介頂けました。
ーー(7/3 朝日新聞朝刊 本文掲載)
 大和田良は、本年度の日本写真協会新人賞を獲得した若い写真家である。風景、ポートレイト、
抽象的イメージなどを、研ぎすまされたナイフのような切れ味で表現し続けて来た。
 そんな大和田が盆栽の写真を発表した。さいたま市大宮盆栽美術館にある盆栽の銘品が被写体である。
盆栽好きが嵩じての結果ではない。大和田は盆栽を通じて、いかに写真の特性を最大限に引き出せるかを追求したのだと思われる。
 写真とは、なにかがそこにあってはじめて成立する表現ツールである。盆栽にカメラを向けると、確実に盆栽はカメラに写る。この記録する力無しに写真の魅力は語れない。しかし同時に写真はある種の絵画でもある。記録することから解き放たれたフィクションの世界にも通じているわけで、この写真のもうひとつの特性にも大和田は強く関心を寄せる。
 たとえば盆栽を撮る時、大和田は巧みなトリミングや照明によって、盆栽の鉢が目立たないように工夫する。すると被写体の樹木のサイズ感が希薄化し、小型の盆栽が大樹であるかのようにも感じられてくる。そして背景に意図的にしつらえた金屏風の効果も相俟って、まるで我々は、見事な障壁画を鑑賞しているかのような錯覚に陥ってしまう。この、ドキュメントでありつつ、いつのまにかフィクションとしての絵画にもつながって行くという、いわば写真の「構造」を、大和田は盆栽を通じて明快に示す。
「写真とは何か」 と真摯に問い続けてきた作者によってなされた、これは写真世界にも盆栽芸術にも一石を投じる試みである。  森村泰昌(美術家)』


FORM表紙

FORM1

FORM2

FORM3


sokyusha at 13:19|Permalink 写真集新刊 

2011年08月18日

鬼海弘雄写真集「東京ポートレイト」(クレヴィス、2011)

鬼海弘雄写真集「東京ポートレイト」
クレヴィス/2011年刊
24.2cm x 18.2cm/上製本/作品点数、182点/200ページ/ISBN 978-4-904845-14-1
定価 : 2,520円(税込)
鬼海弘雄写真集「東京ポートレイト」


sokyusha at 15:52|Permalink 写真集新刊 

2011年08月09日

荒木経惟写真集『彼岸』(RAT HOLE GALLERY、2011.7.22)

荒木経惟写真集『彼岸』
RAT HOLE GALLERY/2011.7.22刊/800部限定
モノクロ&カラー/20.8×15.0cm/ハードカバー/164ページ
価格:4200円(税込)
2011年7月22日〜9月25日に南青山のRAT HOLE GALLERYで開催の荒木経惟展『彼岸』に合わせて刊行。2010年夏に撮影されたタクシーの窓越しに撮影したモノクロのスナップ写真の「クルマド」シリーズを中心に、震災後に撮影されたカラー作品まで荒木経惟の最近作を収録。かつての東京シリーズを思い起こすような、久しぶりの荒木経惟のモノクロスナップの世界が堪能できる写真集。
「彼岸」表紙


「彼岸」1

「彼岸」2

「彼岸」3

「彼岸」4


sokyusha at 15:10|Permalink 写真集新刊 

山口聡一郎写真集『谷間の道』(私家版、2011.8.22)

山口聡一郎写真集『谷間の道』
私家版/2011.8.22刊/限定300部
21×29.5cm/モノクロ/作品点数25点
定価:1,500円(税込)
岡山三大河川といわれる高梁川、旭川、吉井川流域の浅い谷間の道の風景を撮影した味わいのある写真集。
山口聡一郎写真集『谷間の道』

山口聡一郎写真集『谷間の道』1

山口聡一郎写真集『谷間の道』2



山口聡一郎写真集既刊在庫
山口聡一郎写真集『front window / signs』私家版/2010年刊/定価:1,500円(税込)
山口聡一郎写真集『front window / signs』

山口聡一郎写真集『front window』私家版/2010年刊/定価:1,500円(税込)
山口聡一郎写真集『front window』

山口聡一郎写真集『EASTPOINT』蒼穹舍/2010年刊/定価 3,780円(税込)
山口聡一郎写真集『EASTPOINT』


sokyusha at 15:10|Permalink 写真集新刊 

2011年08月04日

鬼海弘雄写真集「 アナトリア」(クレヴィス、2011)

鬼海弘雄写真集「 アナトリア」
クレヴィス/2011年刊
31.6 x 31cm/上製本/モノクロ/156ページ/ISBN : 978-4-904845-10-3
定価 : 9,450円(税込)
鬼海弘雄写真集「 アナトリア」


sokyusha at 16:28|Permalink 写真集新入荷 

中村綾緒写真集「water 2010 Edition 15」(私家版、2011)

中村綾緒写真集「water 2010 Edition 15」
私家版/2011年刊/エディション15
A4判(210x297mm)/カラー/128ページ/作品点数、64点
価格 : 25,000円(税込)
2010年夏に撮影した写真を元に、写真家自らデータ出力し、インクジェットプリントの手製本で仕上げた完全オリジナル作品集。エディション15はサイズがA4判。

完全受注生産となりますので、ご注文受付約2週間後の発送となります。

water表紙

water中身


***中村綾緒写真集店頭取り扱い品
中村綾緒写真集『Water 2010』A3判(29.7×42.0cm) 定価:30000円(税込)
中村綾緒写真集『魔法』A4判(29.7×21.0cm) 定価:40000円(税込)

sokyusha at 16:21|Permalink 写真集新入荷 

2011年08月02日

八木清写真集『sila』(フォト・ギャラリー・インターナショナル、2011.7.1)

八木清写真集『sila』
フォト・ギャラリー・インターナショナル/2011.7.1刊/400部限定
モノクロ/35×35cm/ハードカバー/写真点数64点
テキスト:キエスティン・ストランゴ(社会人類学者、グリーンランド イルリサット博物館前館長)/プリントディレクション:十文字義美 小山秀利(TOPPAN PRINTIN CO.,LTD)/デザイン:八木清 杉本幸夫/コーディネイト:宇賀育男(AINOA INC.),田中圭一(TOPPAN PRINTIN CO.,LTD)
価格:16800円(税込)
※ 著者署名本/ナンバリング入り
タイトルの「sila」という言葉はイヌイット語で、「外、空気、大気、宇宙」といった「外にあるもの」を表し、また「知性や英知」などを表し、さらには大気の精霊の名でもあるように様々に定義される。 そして、環境や気象、すべての生命は「sila」という概念のもとにあり、単に単語としての枠を超えて使われている。エスキモーやアリュート、イヌイットと共に生活し、猟に行き、食事をしながら15年以上にわたり撮影の旅をし、その旅の中で「sila」自体を感じ、その存在を意識しながら極地の自然と向き合ってきたこれらの作品はプラチナパラジウムプリントで制作。その質感は、動物の表皮や歴史を刻んだ岩肌を忠実に表現し、また厳しい自然の中に暮らす人々の温かくも厳しい表情を再現している。 (ギャラリーのリリースより抜粋)
sila

sila1

sila2


sokyusha at 16:42|Permalink 写真集新刊