2013年12月

2013年12月24日

こくまい太写真集『にわ』 (蒼穹舍、2013年12月24日発行)

こくまい太写真集『にわ』
蒼穹舍/2013年12月24日発行
B5変型/上製/カラー/500部
44ページ/写真点数:34点
装幀:原耕一
定価:2800円 + TAX

『「にわ」は1987〜2010年にかけて自身も住んでいました家族の庭の写真です。2004年12月に、庭の主のようにいた愛犬の死をきっかけに庭に降り立ち、僕は亡き彼の姿を追いながら、何かに反応しながらシャッターを切りはじめておりました。撮り続けていくうちに、カメラをとおして見る庭の写真は様々な記憶や体験と結びつき、新たな視点を伝えてくれました。しばらくして家族がまた集まり、庭に手入れも届きはじめたころ、この庭が人の手にわたることを知りました。2010年春、庭に工事の手が入り、かつて庭のあった場所には新たな家族の家が建ち、幼き子供たちの声が響いております。』(こくまい太さんの紹介文より抜粋)

こくまい太写真集『にわ』
こくまい太写真集『にわ』1
こくまい太写真集『にわ』2
こくまい太写真集『にわ』3
こくまい太写真集『にわ』4
こくまい太写真集『にわ』5

sokyusha at 16:05|Permalink 蒼穹舎新刊 

野口靖子写真集『青空の月』 (VACUUM PRESS、2013年12月1日発行)

野口靖子写真集『青空の月』
VACUUM PRESS/2013年12月1日発行
26.2×22.8cm/上製/モノクロ
96ページ/写真点数:89点
定価:3200円 + TAX

ビジュアルアーツギャラリー大阪での同名展(2012年12月2日〜12月20日)の開催に合わせて刊行。

『日焼けした一枚の写真がある。ビジュアルアーツ・大阪で学んでいた1998年の秋に、当時心斎橋にあったピクチャー・フォトスペースでアジェ展を見た。 その時のDMハガキが、居室の一角にあるスクラップボードの前に立ててあり、朝夕に目をやる場所にあって、さながら祭壇のようになってしまった。
DMの写真は「Eclipse,1911」とあるから、日蝕を見るパリの人々なのだろう。人々は天上の光と影の重なりを仰ぎ見ているが、アジェは何に見 入っていたのだろう、と思う。ひとり、暗箱カメラのかぶり布の中で。服装も性別も年齢も面差しも雑多な人々が一つの場所に寄り合って立っている。頭に花を つけた少女がカメラに向かって手を振っているように見える。当時としても、日蝕に観測眼鏡を用意することは流行に敏感なことだろう。その軽率さをアジェは 批判しなかった。人々が何であるのかを値踏みしなかった。少女がカメラを見ようとするのを避けはしなかった。きっとその少女のような喜ばしい顔をして撮影 していたはずだ。後方の建物も人々と同じくらいにくっきりと写したので、人々の体の傾きの不思議さが一層際立つことになったのだ。あるいは、複雑なことは 考えずにただ面白さに没頭していたのかもしれない。写真家のこの澄んだ眼差しはどうだろう。
初心者の私にも写真の凄さは伝わってきた。そして収納しきれないものとしてハガキをスクラップボードへ置いたのだ。様々な書類が後ろを通り過ぎていった が、今も日蝕の写真は変わらずそこにある。 いつか機会があれば、日蝕観測の写真を撮ってみたいなと思っていました。2012年に金環日蝕が日本でも起こり、なんとか一枚は写真を撮ることができまし た。怠惰な私は寝坊してしまい、近所の駅に辿り着くだけで終わってしまった。
今年上梓する写真集の表紙に日蝕の写真を配置することができ、1998年の私への返信を出せたような気持ちがしています。 』(写真展のリリースより転載)

野口靖子写真集『青空の月』
野口靖子写真集『青空の月』1
野口靖子写真集『青空の月』2
野口靖子写真集『青空の月』3
野口靖子写真集『青空の月』4

sokyusha at 16:04|Permalink 写真集新刊 

KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』 (南軽出版局、2013年10月6日発行)

KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』
南軽出版局/2013年10月6日発行
A4変形判/並製/モノクロ&一部カラー/98ページ
定価:2500円(税込)
『2012年刊行の Steam on 2ft. Lines 1「基隆炭鉱鉄道」 に続く海外2フィートナロー写真集第2弾。
ヒマラヤの麓、紅茶の産地として知られるダージリンと、ボンベイ(現ムンバイ)郊外の保養地マテラン。そこへ向かう2つの登山鉄道は、ループやスイッチバック、急カーブやヘアピンの連なる信じがたい路線を持ち、小さな蒸気機関車が急勾配と急曲線に必死に挑んでいました。
混合列車や貨物列車もあった1969年当時の素晴らしい情景を「けむりプロ」の美しい組写真で紹介します。
バタシアループなど有名撮影地はもちろん、その後消えてしまったNo1ループや、ダージリン市内の市場線など貴重な写真も収録。機関車、客車、貨車、グース、駅の線路配線などの図面も多数掲載しています。』(出版社のリリースより)

KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』
KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』1
KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』2
KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』3
KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』4
KEMURI PRO.『ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道』5

sokyusha at 15:58|Permalink 写真集新刊 

2013年12月18日

柳本史歩写真集『生活について』 (蒼穹舍、2013年12月6日発行)

柳本史歩写真集『生活について』
蒼穹舍/2013年12月6日発行
A4変型/上製/モノクロ/600部
132ページ/作品点数:126点
装幀:原耕一
定価 : 3800円 + TAX

日本全国の町の姿、生活の仕草を、自分の目で見たそのままの姿で持ち帰ろうと始まった写真シリーズ「アイル・ビイ・ゼア」。2000年よりはじまったこの写真シリーズ「アイル・ビイ・ゼア」全11回分の写真より編集した写真集。北海道、青森、岩手、新潟、山形などの地域を収録。


柳本史歩写真集『生活について』
柳本史歩写真集『生活について』1
柳本史歩写真集『生活について』2
柳本史歩写真集『生活について』3
柳本史歩写真集『生活について』4
柳本史歩写真集『生活について』5
柳本史歩写真集『生活について』6

sokyusha at 17:02|Permalink 蒼穹舎新刊 

2013年12月17日

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #05」 (私家版、2013年12月7日発行)

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #05」
私家版/2013年12月7日発行
18.2×25.8cm/中綴じ製本/カラー (印刷:プロセス4色)
24ページ(写真22点)/500部限定/ナンバリング入り
定価:1800円(税込)
※ 著者署名本

「EACH LITTLE THING」の第5弾。「EACH LITTLE THING」は、タイトルと表紙は変わらず、色のみ変えるもので、10シリーズ刊行予定の作品。
monogram2階ギャラリーで開催の熊谷聖司/林和美 写真展「Opening Act」(2013年12月2日〜10日)に合わせて刊行。

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #05」
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #05」1
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #05」2
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #05」3

熊谷聖司写真集既刊:
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #4」※ 著者署名本
私家版/2013年12月6日発行
定価:1800円(税込)
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #04」縮小
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #3」※ 著者署名本
私家版/2012年10月15日発行
定価:1800円(税込)
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #3」縮小
熊谷聖司写真集『MY HOUSE』
リブロアルテ/2013年9月30日発行
定価 : 3000円 + (税)
熊谷聖司写真集『MY HOUSE』縮小
熊谷聖司 写真集「肖像」※ 著者署名本
私家版/2013年発行
定価 : 1500円(税込み)
熊谷聖司 写真集「肖像」縮小
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING  ver.2 金茶色」※ 著者署名本
私家版/2012年5月5日発行
定価:1800円 (税込)
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING」ver.2 金茶色 縮小

熊谷聖司写真集「Spring. 2011」※ 著者署名本
私家版/2011年12月11日発行
定価:1890円 (税込)
※ 著者署名本
熊谷聖司写真集「Spring. 2011」縮小

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING 第一弾(赤版) 」※ 著者署名本
私家版/2011年9月12日発行
定価:1800円 (税込)
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING」第一弾(赤版) 縮小

熊谷聖司写真集「神/うまれたときにみた GOD / SEEN AT BIRTH 」※ 著者署名本
書肆サイコロ/2011年2月19日発行
定価:3150円 (税込)
熊谷聖司写真集「GOD / SEEN AT BIRTH」縮小

熊谷聖司写真集「とりのこえをきいた」※ 著者署名本
PARADA/2010年4月17日発行
定価:1500円 (税込)
熊谷聖司写真集『とりのこえをきいた』縮小

熊谷聖司 写真集「The Title Page」※ 著者署名本
マッチアンドカンパニー/2009年11月19日発行
定価:6930円 (税込)
熊谷聖司 写真集「The Title Page」縮小

熊谷聖司 写真集「あかるいほうへ」※ 著者署名本
私家版/2008年12月6日発行
定価:2000円 (税込)
熊谷聖司写真集「あかるいほうへ」縮小

熊谷聖司写真集「もりとでじゃねいろ」※ 著者署名本
ヴァンケット/2006年10月15日発行
定価:3000円 (税込)
熊谷聖司写真集「もりとでじゃねいろ」縮小

熊谷聖司写真集「SEIJI」(豆本)※ 著者署名本
matsubara shoji/2002年発行
定価:2000円 (税込)
熊谷聖司写真集「SEIJI」(豆本)縮小



sokyusha at 18:12|Permalink 写真集新刊 

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #04」(私家版/2013年12月6日初版発行)

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #04」
私家版/2013年12月6日初版発行
18.2×25.8cm/中綴じ製本/カラー (印刷:プロセス4色)
24ページ(写真22点)/500部限定/ナンバリング入り
定価:1800円(税込)
※ 著者署名本

「EACH LITTLE THING」の第4弾。「EACH LITTLE THING」は、タイトルと表紙は変わらず、色のみ変えるもので、10シリーズ刊行予定の作品。monogram2階ギャラリーで開催の熊谷聖司/林和美 写真展「Opening Act」(2013年12月2日〜10日)に合わせて刊行。

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #04」
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #04」1
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #04」2
熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #04」3


sokyusha at 18:01|Permalink 写真集新刊 

笹岡 啓子 「Remembrance 41 — 楢葉」 (KULA、2013年12月1日発行)

笹岡 啓子 「Remembrance 41 — 楢葉」
KULA/2013年12月1日発行
B5判変型/カラー/8ページ
定価:300円(税込)

笹岡啓子による不定期刊行の小冊子「Remembrance」最終号。除染作業が進む2013年10月の福島県・楢葉町の写真を収録。
『最終号によせて
 この二年半の間、時間があれば三陸や福島へ撮影に出かけた。訪れた現地で出会う地元の方々はもちろん、折々に出会ったさまざまな方の考えや言葉に多くの示唆を受けてきた。
 今夏、青森県立美術館で開催された展覧会「種差 ―よみがえれ 浜の記憶」への参加もそのひとつだ。私は「種差」展に際し、2012年の秋から今年の春にかけて、青森県八戸市にある種差海岸へ通った。この海岸にも10mの津波が襲い、浜小屋や漁船が流される被害があった。海岸線は大きくえぐられて、貴重な数々の植物は塩害にあった。しかし、地域のボランティアの尽力に加え、浜自体の驚異的な生命力により、急速に再生しつつある。いまだ災害の傷跡を大きく残したままの三陸沿岸での撮影を経て、一見、平穏に見える種差海岸の様子に、私は正直、戸惑っていた。
 撮る契機を見つけることができなかった私に、気付きを与えてくれたのは、浜に集う漁師たちだった。岩手以南の三陸ではまだ沿岸での漁が再開できず、海底瓦礫の撤去や港の再建に努めていた頃。冬の種差海岸には、拾いコンブや岩場の海藻採りをする漁師たちの姿があった。春には小型船でのウニ漁も始まった。潮の時間にあわせて浜へそぞろに人が集まる。決して大がかりな漁ではなく、漁具も方法もおそらくずっと以前から続けられてきたものだ。
 津波に襲われながら、浜に寄り添い、海に向き合う人たちがいる。人間の意思に関わりなく変動する自然とともに生きていかざるを得ない土地で、変わらないこと、ゆるぎないことは厳しく希有な日々の営みだと思う。だから、種差の浜に立つ漁師たちのゆるぎなさは、三陸の浜の暮らしの希望のようにも見えた。
 「種差 ―よみがえれ 浜の記憶」展は、東北出身の学芸員である高橋しげみさんが、自身の勤務する青森県立美術館でやるべきことはなにかを、一貫して真摯に問い続けてきたひとつの結果だと思う。

 東北のケガジの歴史について教えてくれたのは、豊島重之さんだ。震災以前の2010年に開催されたICANOF第10回企画展「飢餓の國・飢餓村・字飢餓の木 展」は、その時点で鋭く現在を見据えていた。それだけでなく、震災以後、それまで私などには難解だった豊島さんの刺激的な言葉や活動が、点が線になるようにつながり、すっと反復することができた。

 その豊島さんが主催された八戸でのシンポジウムの場で、地元の古老が「私たちの体にはケガジが染みついている」と客席から語った。登壇していた社会学者の山内明美さんは、ケガジは「風土」だと応答した。地震、津波、冷害。陸で生きることも浜で生きることも過酷な土地で、幾度も乗り越えられてきた風土だ、と。
 山内さんは被害の大きかった南三陸町の出身だ。震災直後から地元を案じ、勢力的に活動してこられた同世代でもある彼女の言葉からも、多くの示唆を受けた。
 旧志津川町と旧歌津町が「平成の大合併」によってひとつになった町。2012年の春、私は山内さんが主催されたこの2つの地区を巡るフィールドワークに参加した。コンクリートの基礎だけが残り、町割りがあらわになった土地を歩きながら、地元の郷土史家から具体的な地域の話を聞いた。
 地名には津波の言い伝えも多く、先人の教えとして残されている。山間部にも津波の痕跡が残る。「水堺峠」「舟川原」「残谷」「鍋止」。幸い、今回の津波はそこまでは押し寄せなかったそうだ。甚大な被害の原因は、なにより人の暮らしの方が産業と密接に関わりながら、時代を経るごとに海へ向かっていったことだった。

 フィールドワークの最後に南三陸の仮設住宅で開かれた車座集会は、住民の方々の深刻な現状を伺う貴重な機会でもあった。町の復興の役に立てているわけではない私は、涙ながらに訥々と訴えられる不安を伺っていると、ただ居たたまれなくなるばかりだった。
 それでも、写真は時を経て何度でもよみがえると思うから、私には撮ること以外の選択肢はないはずだと思っている。(笹岡啓子/所収コメントより、一部割愛して転載)』(発行元の紹介より)
笹岡啓子 Remembrance 41

sokyusha at 15:28|Permalink 写真集新刊 

笹岡 啓子 「Remembrance 40 — 楢葉」 (KULA、2013年12月1日発行)

笹岡 啓子 「Remembrance 40 — 楢葉」
KULA/2013年12月1日発行
B5判変型/カラー/8ページ
定価:300円(税込)

笹岡啓子による不定期刊行の小冊子「Remembrance」。東日本大震災以降、継続的に撮影を続けている福島。今号では、除染作業が進む2013年10月の福島県・楢葉町の写真を収録。
笹岡啓子 Remembrance 40

sokyusha at 15:26|Permalink 写真集新刊 

笹岡 啓子 「Remembrance 39 — 飯館」 (KULA、2013年12月1日発行)

笹岡 啓子 「Remembrance 39 — 飯館」
KULA/2013年12月1日発行
B5判変型/カラー/8ページ
定価:300円(税込)

笹岡啓子による不定期刊行の小冊子「Remembrance」。東日本大震災以降、継続的に撮影を続けている福島。今号では、除染作業が進む2013年10月の福島県・飯館村の写真を収録。
笹岡啓子 Remembrance 39

sokyusha at 15:25|Permalink 写真集新刊 

笹岡 啓子 「Remembrance 38 — 小高」 (KULA、2013年12月1日発行)

笹岡 啓子 「Remembrance 38 — 小高」
KULA/2013年12月1日発行
B5判変型/カラー/8ページ
定価:300円(税込)

笹岡啓子による不定期刊行の小冊子「Remembrance」。東日本大震災以降、継続的に撮影を続けている福島。今号では2013年8月の福島県南相馬市小高区の写真を収録。
笹岡啓子 Remembrance 38

sokyusha at 15:24|Permalink 写真集新刊