2015年06月

2015年06月30日

尾仲浩二責任編集『街道マガジン 写真の友 創刊号』 (KAIDO BOOKS、2015年6月20日発行)

尾仲浩二責任編集『街道マガジン 写真の友 創刊号』
KAIDO BOOKS/2015年6月20日発行
A5判/カラー&モノクロ/52ページ/200部限定
参加作家:尾仲浩二、小松宗光、白石ちえこ、酒巻剛好、
権泰完、本庄佑真、百々武、佐藤春菜、田中ヒロ、西世古旬、
福山えみ、岡部文、松谷友美、鈴木郁子、ユーコドー
定価:600円(税込)

『昨年の暮れに七年半続いたギャラリー街道が終って、もうしばらくは何もしないでおこうと思っていたのだけど、すぐに悪い虫が騒ぎだして中野駅近くに小さな部屋を借りてしまいました。線路を見渡す大きな窓と手頃な家賃にひと目惚れしてしまったのだから仕方ありません。
でも、もうギャラリーはやりたくないし、暗室は自宅に作ってしまった。事務作業をするほど仕事もないし、さてこの部屋でなにをしようと考え、編集室ということにして小さな写真同人誌を作ることにしました。
そこでふたたび集まってくれた街道メンバーと親しい写真作家に声を掛けたのですが、楽しいページ作って欲しいと言っただけで、内容もデザインもお任せしま した。いろんなモノが気軽に食べられる居酒屋のような冊子を年に二、三冊出せればいいなと思っています。みなさんどうぞ常連さんになってください。』(尾仲浩二)

尾仲浩二責任編集『街道マガジン創刊号』

尾仲浩二責任編集『街道マガジン創刊号』1

尾仲浩二責任編集『街道マガジン創刊号』2

尾仲浩二責任編集『街道マガジン創刊号』3

尾仲浩二責任編集『街道マガジン創刊号』4

尾仲浩二責任編集『街道マガジン創刊号』5

尾仲浩二責任編集『街道マガジン創刊号』6


sokyusha at 18:43|Permalink 写真雑誌新刊 

布施直樹写真集『鑑と灯し火』 (Zen Foto Gallery、2015年6月20日発行)

布施直樹写真集『鑑と灯し火』
Zen Foto Gallery/2015年6月20日発行
モノクロ&カラー/104ページ
19.0×25.7cm/ソフトカバー/500部限定
定価:5000円 (税込)

Zen Foto Galleryで2015年6月19日〜27日に開催の同名展に合わせて刊行。
『父の居る病院へと向かう。明かりの消えた廊下を歩き、病室に入る。小さな蛍光灯の下に「父」という自我を失った一人の小さな人間に出会う。 いずれ来る私の姿を見ながら、答えのない対話が始まる。周りには人形の様に一人一人の小さな人間達が目をただ目開き、あるいは静かに眠り、いずれ来る死の時を為す術もなく待っている。彼らは私に伝える。言葉ではない。人が辿る道、その最期は無残で残酷です。私は無力です。何とかならないものなのでしょうか。どうにもならないものなのでしょうか。時は過ぎ去ってゆきます。 過ぎ去った時の中に、言葉のない出会いの中に問いかけます。 答えのない対話を重ねます。 何かを伝えたい、何かを残したいと思います。私が出来ることはもはやこの本の中にしかありません。一人の人間の死から一つの生きたものを生み出したいと思います。出会いと対話、気付きの中から何かが生まれ、伝わり、目に見えずとも何かのカタチをして残るもの。目に見えるかたちで、目に見えないかたちで、私に何かを語り、伝え、残してくれた人々に感謝します』(展覧会の案内より)

布施直樹写真集『鑑と灯し火』

布施直樹写真集『鑑と灯し火』1

布施直樹写真集『鑑と灯し火』2

布施直樹写真集『鑑と灯し火』3


sokyusha at 18:38|Permalink 写真集新刊 

2015年06月25日

佐藤春菜写真集 「ハプニング」(KAIDO BOOKS、2015)

佐藤春菜写真集 「ハプニング」(KAIDO BOOKS、2015)
KAIDO BOOKS/2015年刊/150部 
デザイン:TULSA
B6横/リング製本/46ページ+表紙/カラー31点・テキスト6ページ
定価 : 2,000円 ※ 著者署名本

新しい本が出来上がりました!タイトルは「ハプニング」です。
今年の2月に行ったクウェートでの出来事を小さな本にまとめました。
今回は31枚のカラー写真に加え、6ページのテキストが収録されています。
(オフィシャル・サイトより)
150部と発行部数も非常に少ないので、お早めのご購入をお勧めいたします。

fc1061db1d708aeed1e36447a7b8c5e6-1

498b8c32406fcbea01b2fbd09a5bc299

f57d6ebfe60f7accad23d89ce9965509

415567d3e5c252be2bfd242a8c28333d

96826e9281abbaa6dc599587a3acaf79

sokyusha at 18:51|Permalink 写真集新刊 

2015年06月23日

岡部文写真集『東京パトロール -浅草界隈篇-』 (私家版、2015年6月発行)

岡部文写真集『東京パトロール -浅草界隈篇-』
私家版/2015年6月発行
12.8×18.2cm/カラー/21ページ
定価:500円(税込)

岡部文写真集『東京パトロール -浅草界隈篇-』

岡部文写真集『東京パトロール -浅草界隈篇-』1

岡部文写真集『東京パトロール -浅草界隈篇-』2

岡部文写真集『東京パトロール -浅草界隈篇-』3


sokyusha at 16:58|Permalink 写真集新刊 

岡部文写真集『東京パトロール -上野界隈篇-』 (私家版、2015年4月発行)

岡部文写真集『東京パトロール -上野界隈篇-』
私家版/2015年4月発行
12.8×18.2cm/カラー/29ページ
定価:500円(税込)



岡部文写真集『東京パトロール -上野界隈篇-』

岡部文写真集『東京パトロール -上野界隈篇-』1

岡部文写真集『東京パトロール -上野界隈篇-』2

岡部文写真集『東京パトロール -上野界隈篇-』3



sokyusha at 16:57|Permalink 写真集新刊 

岡部文写真集『APPARE -天晴-』 (私家版、2013年9月21日発行)

岡部文写真集『APPARE -天晴-』
私家版/2013年9月21日発行
21.0×29.8cm/カラー/30ページ
定価:500円(税込)

岡部文写真集『APPARE -天晴-』

岡部文写真集『APPARE -天晴-』1

岡部文写真集『APPARE -天晴-』2

岡部文写真集『APPARE -天晴-』3



岡部文既刊:
岡部文写真集『天晴 APPARE』私家版/2012年11月発行/定価:500円(税込)※ 著者署名本
岡部文写真集『天晴 APPARE』縮小

岡部文写真集『くうねるところにすむところ2 OKBの写真日報 2010』私家版/2012年6月16日発行/定価:500円(税込)
岡部文が持つ『くうねるところにすむところ2』縮小

岡部文写真集『本日も異常なし 東京パトロール』APPARE NEWS LETTER/2011年11月発行/定価:500円(税込)
岡部文写真集『本日も異常なし 東京パトロール』縮小


岡部文写真集『喰寝処住処 OKB写真日報 その1』私家版/2010年2月5日発行/定価:500円(税込)
岡部文写真集『喰寝処住処 OKB写真日報 その1』縮小


sokyusha at 16:54|Permalink 写真集新刊 

2015年06月17日

柴田れいこ写真集『届かぬ文』 (蒼穹舍、2015年6月20日発行)

柴田れいこ写真集『届かぬ文』
蒼穹舍/2015年6月20日発行
A4変型/並製/装幀:原耕一
116ページ/写真点数:54点
600部限定/カラー
定価:2800円+TAX

『戦後70年の節目にあたる今年、あの太平洋戦争の時代を生きた最後の世代である「戦没者の妻」と呼ばれる女性たちの姿を通して、私は今一度あの戦争を振り返ってみたいと思いました。
赤紙1枚で夫を戦場に奪われた彼女たちは、愛する者の無事をただ祈り、帰還を信じて、苦しい生活を耐え待ち続けました。
彼女たちは口ではとうてい言い表すことのできない悲しみを抱えて、それでも生きていかなければなりませんでした。
私は3年間をかけて地元岡山県内の54人(88歳〜102歳)の方々にお会いし、貴重なお話を聞かせていただくことができました。多くの方々は今ではご苦労の甲斐あって、今は人生の晩年を穏やかに過ごされています。
私は決してあの戦争を風化させてはならないという強い思いで取材を続けました。』(あとがきより抜粋)

柴田れいこ写真集『届かぬ文』

柴田れいこ写真集『届かぬ文』1

柴田れいこ写真集『届かぬ文』2

柴田れいこ写真集『届かぬ文』3

柴田れいこ写真集『届かぬ文』4

柴田れいこ写真集『届かぬ文』5



sokyusha at 14:13|Permalink 蒼穹舎新刊 

下平竜矢写真集『星霜連関』 (ZEN FOTO GALLERY、2015年発行)

下平竜矢写真集『星霜連関』
ZEN FOTO GALLERY/2015年発行
29.7×29.7cm/並製/モノクロ
48ページ/写真点数:40点/限定500部
定価 : 4200円+TAX

2015年6月3日〜 6月17日にZEN FOTO GALLERYで開催の同名展に合わせて刊行。
『「星霜連関」は下平が10年をかけて国内を移動し撮影してきたシリーズであり、前作「祭り」に連なるシリーズであります。このシリーズの根幹となる信仰と祭りは、下平が10年前のある期間に移り住んだ青森県八戸市での体験を通し、意識上に登ってきたものだと言います。
今回展示している作品はほぼ新作ですが、それはこの4年の間に撮影されたものが多く含まれています。この4年の間下平は、関東から三重県伊勢市に移り住み撮影を行っています。下平にとって移動とは様々な土地との邂逅です。それは土地に関わる人々の営みもさることながら、重要なのは土地の持つ地場や地霊とも呼ばれるけして肉眼では見えることのないものとの、瞬間的な交感だと下平は言います。土地や風景から与えられる一種の啓示のようなものは、自然への共感とともに畏れと、信仰に近しいものを感じさせます。
今回の新作では今までこのシリーズではあまり見られなかった風景への取り組みも感じさせます。それは祭りの場にある聖なる空間を風景の中にも見いだそうとする試みかもしれません。またこの展示に合わせて作られた写真集には星霜連関というシリーズを通して下平が問いかけてきた、人はどこから来たのかということや肉体を持って人が生きていること、祭りが持つ天と地を繋ぐコスモロジーなどの根源的な問いについて深く考えるきっかけとなるのではないでしょうか。 』(展覧会のリリースより)


下平竜矢写真集『星霜連関』

下平竜矢写真集『星霜連関』1

下平竜矢写真集『星霜連関』2

下平竜矢写真集『星霜連関』3

下平竜矢写真集『星霜連関』4


sokyusha at 14:08|Permalink 写真集新刊 

2015年06月16日

遠藤幸廣写真集『松原 ー 三保』(PHOTO SESSION出版局、1996年5月5日発行)

遠藤幸廣写真集『松原 ー 三保』
PHOTO SESSION出版局/1996年5月5日発行
A4変型/中綴じ/モノクロ/28ページ/写真13点
定価:1500円(税込)

『この松原は伝説で語り継がれ、観光地化された場所である。だが、駿河湾の海に向かい、風に向かい、生き抜いてきた松の木の一本一本が私たちに語りかけてくるものを凝視したい。すると時はゆっくりと流れて、コンマを刻むと松原の別の顔が見えてくるだろう。』(遠藤幸廣)

遠藤幸廣写真集『松原 ー 三保』

遠藤幸廣写真集『松原 ー 三保』1

遠藤幸廣写真集『松原 ー 三保』2

遠藤幸廣写真集『松原 ー 三保』3


sokyusha at 16:25|Permalink 写真集新入荷 

2015年06月09日

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #06」 (私家版/2015年5月30日発行)

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #06」
私家版/2015年5月30日発行
18.2×25.8cm/中綴じ製本/カラー (印刷:プロセス4色)
24ページ(写真22点)/500部限定/ナンバリング入り
定価:1800円(税込)
※ 著者署名本

「EACH LITTLE THING」の第6弾。「EACH LITTLE THING」は、タイトルと表紙は変わらず、色のみ変えるもので、10シリーズ刊行予定の作品。

『3.11以降
写真を撮る事
それを発表することについて考えた
結果この作品ができた
同名のタイトルで10シリーズ制作予定

「わたしの欲望とは何か」』(熊谷聖司)

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #06」

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #06」1

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #06」2

熊谷聖司写真集「EACH LITTLE THING #06」3


sokyusha at 18:12|Permalink 写真集新刊