2017年02月

2017年02月28日

松井宏樹写真集『DOTO』 (PINE TREE BOOKS、2017年1月11日発行)

松井宏樹写真集『DOTO』
PINE TREE BOOKS/2017年1月11日発行
18.0×24.0cm/中綴じ/モノクロ/
30ページ/写真点数:28点/100部
定価:500円(税込)
北海道網走へ移り住んだ2016年2月から12月までに北海道東部=道東で撮影した写真を収録。
松井宏樹写真集『DOTO』

松井宏樹写真集『DOTO』1

松井宏樹写真集『DOTO』2

松井宏樹写真集『DOTO』3

松井宏樹写真集『DOTO』4


sokyusha at 17:17|Permalink 写真集新刊 

2017年02月21日

GRAF vol.12「終わらないアイラブユー」 (GRAF Publishers、2016年11月30日発行)

GRAF vol.12「終わらないアイラブユー」
GRAF Publishers/2016年11月30日発行
A4/カラー&モノクロ/無線綴じ製本
94ページ/300部
デザイン:橋本はじめ(BYTZ DESIGN)
定価: 1500円(税込)

本山周平・錦戸俊康・片山亮・國領翔太の4名により運営されているグラフ誌の最終号。最終号の舞台は北海道。旭川在住の写真家・山田博之氏を迎え北海道を撮影した写真作品を掲載。
GRAF vol.12

GRAF vol.12山田

GRAF vol.12片山

GRAF vol.12國領

GRAF vol.12錦戸

GRAF vol.12本山



sokyusha at 17:23|Permalink 写真雑誌新刊 

松井一泰写真集『MILD NATURE』 (東京綜合写真専門学校出版局、2015年9月30日発行)

松井一泰写真集『MILD NATURE』
東京綜合写真専門学校出版局/2015年9月30日発行
A4横変型(29.7×19.6cm)/並製/112ページ
定価:2,500円+TAX
松井一泰写真集『MILD NATURE』

松井一泰写真集『MILD NATURE』1

松井一泰写真集『MILD NATURE』2

松井一泰写真集『MILD NATURE』3

松井一泰写真集『MILD NATURE』4


sokyusha at 17:21|Permalink 写真集新刊 

2017年02月09日

松本真理 写真集「みんな、フィデルの子」(私家版、2017)

松本真理 写真集「みんな、フィデルの子」(私家版、2017)
私家版/2017年刊
21cm x 21cm/中綴じ/カラー/32ページ作品点数、24点
定価 : 1500円(税込)

2016年11月25日、キューバの元最高指導者のフィデル・カストロ氏が、その激動の90年の人生に幕を閉じました。社会主義に対して全く関心がなかった私が、キューバに初めて行った2007年から2011年迄の計5回の渡航で触れ合ったフィデル・カストロ政権終盤の市井の人たちとの記録を写真冊子にしました。キューバの最大の魅力は、名もなき市井の人々です。偉大過ぎる指導者の下で生きる国民との対話のような作品にしました。(オフィシャル・サイトより)

4cf0b19a64b4351ca606a6be63926e61-300x300

sokyusha at 16:40|Permalink 写真集新刊 

2017年02月07日

小川康博写真集『Cascade』 (蒼穹舍、2017年2月10日発行)

小川康博写真集『Cascade』
蒼穹舍/2017年2月10日発行
B5変型/カラー/装幀:加藤勝也
上製/114ページ/写真点数:108点/500部
定価:3800円 + TAX * 著者署名本
『死んだ母の家で見つけた8ミリフィルム。数十年ぶりに目にするそれらのフィルムには遠い日々の空気や匂いが詰まっていた。壁に映る古びた映像を見つめながら、私は母への追憶を一冊の本に残そうと思った。』(小川康博)
小川康博写真集『Cascade』

小川康博写真集『Cascade』1

小川康博写真集『Cascade』2

小川康博写真集『Cascade』3

小川康博写真集『Cascade』4

小川康博写真集『Cascade』5

小川康博写真集『Cascade』6


sokyusha at 17:13|Permalink 蒼穹舎新刊 

大西みつぐ写真集『川の流れる町で』 (ふげん社、2016年11月1日発行)

大西みつぐ写真集『川の流れる町で』
ふげん社/2016年11月1日発行
22.7×27.0cm/カラー/並製/96ページ
解説:池谷修一/英訳:John Sypal/初版300部
定価:3500円+TAX * 著者署名本

『ふげん社出版第一弾として、大西みつぐさんの最新写真集『川の流れる町で』を、2016年11月1日にふげん社より刊行いたします。代表作「Wonderland」(1980〜2006)を始め、東京の下町を長年撮り続けてきた大西さんですが、均質化されていく下町の風景に対 し、いつからか「喪失感」を覚えるようになったそうです。馴染みの場所のはずが、以前と同じ感覚では歩くことができなくなってしまった。そこで、「荒川」 という一本の川の流れをたよりに、大西さんはふたたび歩き始めました。これまでと地続きの下町シリーズとしては、「これが最後かもしれない」とのこと。東京の「今」を、荒川流域から映し出す、大西みつぐさんの最新写真集、必見です。』(版元の紹介より)
大西みつぐ写真集『川の流れる町で』

大西みつぐ写真集『川の流れる町で』1

大西みつぐ写真集『川の流れる町で』2

大西みつぐ写真集『川の流れる町で』3

大西みつぐ写真集『川の流れる町で』4


sokyusha at 16:48|Permalink 写真集新刊