2017年08月

2017年08月30日

横川辰之写真集『東京ヤルセナキオ』 (ドルーク、2017年7月2日発行)

横川辰之写真集『東京ヤルセナキオ』
ドルーク/2017年7月2日発行
B5変型/上製/カラー
装幀:加藤勝也+加藤華林
頒価 : 4000円 (税込) 

『池袋、原宿を経て代々木上原に流れついて12年。成瀬巳喜男監督の世界を想起して、彼の代表作「浮雲」に出てくる"代々木上原1ノ56番地"付近のシーンを足がかりに、今までに住んだ北池袋、神宮前、上原を中心にスナップして回りました。
"老い"の厚かましさから、誠に僭越ながら、世田谷区大蔵2丁目にある園光寺に眠る「ヤルセナキオ」と呼ばれた巨匠へのオマージュとしてこの写真集を捧げたいと思います。63歳10ヵ月余りの天寿を全うされた監督の戒名「勝光院浄雲慈修居士」を唱えながら合掌。』(あとがきより)
横川辰之写真集『東京ヤルセナキオ』

横川辰之写真集『東京ヤルセナキオ』1

横川辰之写真集『東京ヤルセナキオ』2

横川辰之写真集『東京ヤルセナキオ』3

横川辰之写真集『東京ヤルセナキオ』4


sokyusha at 17:37|Permalink 写真集新刊 

2017年08月29日

知床ブランドブック『SHIRETOKO! SUSTAINABLE vol.1 winter 2017』 (知床斜里町観光協会/2017年発行)

知床ブランドブック『SHIRETOKO! SUSTAINABLE vol.1 winter 2017』
知床斜里町観光協会/2017年発行
編集長:石川直樹
写真:石川直樹、七郎
A4/並製/カラー/62ページ
クリエイティブディレクター&コピーライター:初海淳
アートディレクション&デザイン:原耕一、七郎
企画制作:株式会社JTBコミュニケーションデザイン、株式会社トラウト、知床斜里町観光協会、斜里町
印刷・製本:株式会社サンエムカラー
定価 :1000円 +TAX

『知床ブランドブック『SHIRETOKO! SUSTAINABLE 海と、森と、人。』
斜里町役場・知床斜里町観光協会による
知床観光ブランディング強化事業のひとつとして、
知床というエリアのブランディングを促進するために
誕生したグラフ誌です。

おなじみの知床を、新鮮な視点から。
自然だけではない知床を、
観光だけではない知床を。

定型化した知床のイメージをいい意味で裏切る
多様な知床の姿をビジュアルを中心に発信することで、
知床の新しいイメージをつくり
新しいターゲットに届けていきます。

(そこには、知床に住む方々も含まれます)』(知床ブランドサイト SHIRETOKO! SUSTAINABLEより)

『SHIRETOKO! SUSTAINABLE vol.1 winter 2017』

『SHIRETOKO! SUSTAINABLE vol.1 winter 2017』1

『SHIRETOKO! SUSTAINABLE vol.1 winter 2017』2

『SHIRETOKO! SUSTAINABLE vol.1 winter 2017』3




sokyusha at 16:22|Permalink 写真雑誌新刊 

2017年08月25日

田山湖雪 著 写真誌『ちてんち 02 御前崎』 (yukimaru books、2017年9月1日発行)

田山湖雪 著 写真誌『ちてんち 02 御前崎』
yukimaru books/2017年9月1日発行
12.6×19.6cm/中綴じ/モノクロ
48ページ/デザイン:山口言悟
定価 :860円 (税込)
田山湖雪 著 写真誌『ちてんち 02 御前崎』

田山湖雪 著 写真誌『ちてんち 02 御前崎』1

田山湖雪 著 写真誌『ちてんち 02 御前崎』2

田山湖雪 著 写真誌『ちてんち 02 御前崎』3
田山湖雪 著 写真誌『ちてんち 02 御前崎』4


sokyusha at 19:14|Permalink 写真雑誌新刊 

2017年08月22日

PHOTO STREET『Photo Street 40周年記念写真誌』 (PHOTO STREET、2017年8月9日発行)

PHOTO STREET『Photo Street 40周年記念写真誌』
PHOTO STREET/2017年8月9日発行
A4/並製、ケース付き/カラー&モノクロ/80ページ
定価 : 2500円 (税込) 
2017年8月9日〜13日にイーグレ姫路で開催の「Photo Street 40周年記念写真展」に併せて制作。フォトストリート40年間の活動の軌跡と、メンバーの作品集やゲスト写真家、関係者による寄稿をまとめた写真集。
PHOTO STREET『Photo Street 40周年記念写真誌』

PHOTO STREET『Photo Street 40周年記念写真誌』1

PHOTO STREET『Photo Street 40周年記念写真誌』2

PHOTO STREET『Photo Street 40周年記念写真誌』3


sokyusha at 15:29|Permalink 写真集新刊 

2017年08月08日

富谷昌子写真集『帰途(Kito)』 (Chose Commune、2017年6月30日発行)

富谷昌子写真集『帰途(Kito)』
Chose Commune/2017年6月30日発行
Photographs: Masako Tomiya
Essay: Masako Tomiya
Design: Bureau Kayser
Cover artwork: Satsuki Shibuya
22×27cm/上製/モノクロ
80ページ/写真点数:38点
仏語・英語・日本語/初版1000部
定価 : 6500円 + TAX

2017年6月30日、パリの出版社Chose Commune(ショーズコミューン)から、富谷昌子二冊目となる写真集「帰途(Kito)」が出版。

『わたしとは何か、 この世界とは何か、とか、 そんなことを考えながら生きてきた。 永いあいだ答えが出ないまま彷徨って、
気づいたらまたこうして歳を重ねていた。
月日は流れ続けていたのか、 それとも記憶のような夢だったのか。
これは、時間も意味もわたしも超えて、 「わたし」を見つめた物語である。』(富谷昌子)
富谷昌子写真集『帰途(Kito)』

富谷昌子写真集『帰途(Kito)』1

富谷昌子写真集『帰途(Kito)』2

富谷昌子写真集『帰途(Kito)』3

富谷昌子写真集『帰途(Kito)』4


sokyusha at 18:14|Permalink 写真集新刊 

川口和之写真集『PROSPECTS』 (PHOTO STREET、2017年8月7日発行)

川口和之写真集『PROSPECTS』
PHOTO STREET/2017年8月7日発行
A4/並製、ケース付き/カラー
72ページ/写真点数:64点
定価 : 2500円 + TAX * 著者署名本

2017年7月22日〜8月6日にphotographers’ galleryでの川口 和之&“PROSPECTS” “沖縄幻視行+” 展に合わせて出版。摂津、播磨、丹波、但馬、淡路、備前を2011〜17年に撮影した新作により纏められている。
川口和之写真集『PROSPECTS』

川口和之写真集『PROSPECTS』1

川口和之写真集『PROSPECTS』2

川口和之写真集『PROSPECTS』3川口和之写真集『PROSPECTS』3


sokyusha at 17:50|Permalink 写真集新刊 

内田美紗&森山大道『鉄砲百合の射程距離』 (月曜社、2017年4月30日発行)

内田美紗&森山大道『鉄砲百合の射程距離』
月曜社/2017年4月30日発行
句:内田美紗/写真:森山大道
A4/並製/モノクロ
84ページ/写真点数:45点
定価 : 2500円 + TAX * 森山大道 署名本

俳人・内田美紗さんは、写真家・森山大道さんのお姉様です。「鉄砲百合の射程距離」を編集された、大竹昭子さんのブログ「カタリココ」に「内田美紗さんと森山大道さんをゲストに、ことばと写真の関係を探りました。」対談の様子が詳細に書かれています。是非ご覧ください。

俳句と写真が互いに刺激しあう、新境地。
「境涯を描く言葉の重いポップさが余人の追随を許さない。こんなに凄い日本語使いがいることも、それが今日まで知られずにいたこともどちらも奇跡です。(いとうせいこう)」、「どのページも黙って眺めたい。物語が湧く。(坪内稔典)」、ほか、しりあがり寿、長嶋有、東直子、平田俊子、藤野可織、文月悠光、古川日出男、穂村弘、各氏推薦!

著者:
内田美紗(うちだ・みさ)
1936年、兵庫県西宮市生まれ。大阪在住。坪内稔典氏の著作に触発され、作句をはじめる。その句法は「演じる俳句(…)俳句の言葉にどのように演じさせるか」(坪内稔典)と評される。句集に『浦島草』(ふらんす堂、1993年)『誕生日』(ふらんす堂、1999年)、『魚眼石』(富士見書房、2004年)、『内田美紗句集 現代俳句文庫58』(ふらんす堂、2006年)
森山大道(もりやま・だいどう)
1938年、大阪府池田市生まれ。
編者:
大竹昭子(おおたけ・あきこ)
1950年、東京都生まれ。作家。ノンフィクション、エッセイ、小説、写真評論、書評など、ジャンルを横断して執筆。写真関係の著作に『彼らが写真を手にした切実さを』『出来事と写真』(共著)など。小説の近刊に『間取りと妄想』(亜紀書房)。朗読イベント<カタリココ>を開催中。(出版社オフィシャル・サイトより)

内田美紗&森山大道『鉄砲百合の射程距離』

内田美紗&森山大道『鉄砲百合の射程距離』1

内田美紗&森山大道『鉄砲百合の射程距離』2

内田美紗&森山大道『鉄砲百合の射程距離』3

I内田美紗&森山大道『鉄砲百合の射程距離』4


sokyusha at 17:50|Permalink その他の書籍/雑誌新刊 

2017年08月04日

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #08』 (私家版、2017年6月29日発行)

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #08』
私家版/2017年6月29日発行
18.2×25.8cm/中綴じ/カラー (印刷:プロセス4色)
24ページ/作品点数:22点/500部限定/エディションナンバー付
定価:1850円(税込)
※ 著者署名本

『3.11以降 写真を撮る事 それを発表することについて考えた 結果この作品ができた 同名のタイトルで10シリーズ制作予定 「わたしの欲望とは何か」』(熊谷聖司)


熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #08』

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #08』1

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #08』2

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #08』3

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #08』4


sokyusha at 16:13|Permalink 写真集新刊 

2017年08月03日

本杉芳一 写真集「アジアの匂い」(千福が丘アートサロン、2013)

本杉芳一 写真集「アジアの匂い」
千福が丘アートサロン/2013年刊
22cm x 20cm/並製/モノクロ/96ページ
定価 : 2500円 + TAX

CA2NU6

sokyusha at 13:44|Permalink 写真集新刊 

2017年08月01日

澤田育久写真集『closed circuit』 (The White、2017年7月1日発行)

澤田育久写真集『closed circuit』
The White/2017年7月1日発行
B5変型/上製/カラー/98ページ/写真点数:63点
編集:タカザワケンジ/デザイン:中島英樹
テキスト:金村修、タカザワケンジ
定価 : 3800円 + Tax


『「駅は消費と娯楽の回路を循環し続ける『closed circuit』──閉鎖された回路でしかないのだ」(金村修)

毎日大勢の人々が行き交うにもかかわらず、目をとめようとしない場所「駅」。澤田育久はこの清潔で明るい無個性な公共空間に注目し、2010年の後半から写真撮影を始めました。

写真集『closed circuit』には、東日本大震災で一時は節電モードに入ったものの、ほどなくして再び光にあふれた世界となった「駅」が描かれています。写真に現れているのは、安全安心清潔を追求する、奇妙なまでに漂白された空間です。

アート・ディレクションは雑誌「CUT」のほか、写真集をはじめ数多くのブックデザインを手がけている中島英樹。編集・解説を写真評論家のタカザワケンジが務め、澤田の師にあたる写真家の金村修が寄稿しています。なお、『closed circuit』は、2011年より活動を始めた写真家、澤田育久の第一写真集となります。』(版元リリースより)
澤田育久写真集『closed circuit』

澤田育久写真集『closed circuit』1

澤田育久写真集『closed circuit』2

澤田育久写真集『closed circuit』3




sokyusha at 15:07|Permalink 写真集新刊