2017年11月

2017年11月28日

寺崎珠真写真集『LANDSCAPE PROBE』 (蒼穹舍、2017年11月20日発行)

寺崎珠真写真集『LANDSCAPE PROBE』
蒼穹舍/2017年11月20日発行
カラー/上製/A4変型
96ページ/作品点数:88点
装幀:原耕一/500部 
定価:4000円+TAX

「私が写真をするのは、人間の心とは関係なく存在する世界への憧憬と敬畏、 そして僅かでも人間という煩わしさの外から世界を見たいという思いがあるからである。 風景と自分が共鳴するところに向かい、歩いては立ち止まり、シャッターを切る。 しかし、対峙する風景はぎすぎすしていて素っ気なく、撮れば撮るほど突き離されていくようだ。 それでも、未だ見ぬ風景に出会うことへの衝動に突き動かされ、カメラを持ち日々その間隙の中を行き来する。」(あとがきより)

寺崎珠真写真集『LANDSCAPE PROBE』

寺崎珠真写真集『LANDSCAPE PROBE』1

寺崎珠真写真集『LANDSCAPE PROBE』2

寺崎珠真写真集『LANDSCAPE PROBE』3

寺崎珠真写真集『LANDSCAPE PROBE』4




sokyusha at 16:20|Permalink 蒼穹舎新刊 

橋本照嵩写真集『山谷 1968.8.1 - 8.20』 (禅フォトギャラリー、2017年7月20日発行)

橋本照嵩写真集『山谷 1968.8.1 - 8.20』
禅フォトギャラリー/2017年7月20日発行
モノクロ/ソフトカバー/18.2×25.7cm/44ページ
価格:2200円 (税込)
* 著者署名本
『 「山谷」へは日雇い稼ぎに通った。高円寺の6畳1間の間借りから始発に乗って立ちんぼをした。  「山谷」を撮りたかった。ガードレールに腰かけている様子、賭け事に屯ろするところ、立飲み屋、札を切って人を雇うところ、宿泊所などは撮影が困難だった。他人の介入を嫌うので、何かあると不穏な空気になる。紙の手提げ袋に穴をあけてレンズを出して「盗み撮り」をした。』 (橋本照嵩)
橋本照嵩写真集『山谷 1968.8.1 - 8.20』

橋本照嵩写真集『山谷 1968.8.1 - 8.20』1

橋本照嵩写真集『山谷 1968.8.1 - 8.20』2

橋本照嵩写真集『山谷 1968.8.1 - 8.20』3

橋本照嵩写真集『山谷 1968.8.1 - 8.20』4


sokyusha at 16:13|Permalink 写真集新刊 

莫毅写真集『紅 1997-2007』 (禅フォトギャラリー、2017年6月21日発行)

莫毅写真集『紅 1997-2007』
禅フォトギャラリー/2017年6月21日発行
21.5×15.3cm/上製/カラー/152ページ
定価 : 5000円(税込)
『「紅 1997-2007」は、禅フォトギャラリーにて開催する中国の写真家・莫毅写真展「研究 — 紅1982-2017」 (2017年6月23日から7月19日)に併せて刊行したもの。2016年に刊行した「莫毅 1987-89」に続き、莫毅作品集の第二冊目。莫毅自身がインターネットから取り出し収集した歴史的事件のイメージや日常風景、過去の作品集など、状況の異なる様々な「赤」のイメージで構成している。中国においての「赤」が持つ特殊性に目を向け、時代の背景や政治性との繋がり、精神的な関係性などを模索し写真の中で表現しているように伺える。』(禅フォトギャラリーの紹介より)
莫毅写真集『紅 1997-2007』

莫毅写真集『紅 1997-2007』1

莫毅写真集『紅 1997-2007』2

莫毅写真集『紅 1997-2007』3

莫毅写真集『紅 1997-2007』4


sokyusha at 16:05|Permalink 写真集新刊 

梁丞佑写真集『新宿迷子』 (禅フォトギャラリー、2017年9月10日第2刷)

梁丞佑写真集『新宿迷子』
禅フォトギャラリー/2016年1月15日発行、2017年9月10日第2刷
29.7×21.0cm/並製/モノクロ/147ページ
定価 : 5000円(税込)

小銭を咥えたカラスが飛ぶ街は、誰かにとって必要な居場所でもある。1998年から2006年にかけて撮影されているこの写真は、人々と街の鮮明で活発な エネルギーが閉じ込められており、見る側は自ずとフレームの外側や前後の時間を感じ、様々な想像を掻き立てられる。2004年から都知事の方針により開始 した「歌舞伎町浄化作戦」により安全で誰もが楽しめる街へと変化した歌舞伎町に、いまもなお変わらず確かに存在するもの...( Zen Foto Galleryより)

梁丞佑写真集『新宿迷子』

梁丞佑写真集『新宿迷子』1

梁丞佑写真集『新宿迷子』2

梁丞佑写真集『新宿迷子』3
梁丞佑写真集『新宿迷子』4


sokyusha at 16:00|Permalink 再入荷 

北井一夫写真集『北井一夫作品集2 過激派』 (禅フォトギャラリー、2012年11月25日発行)

北井一夫写真集『北井一夫作品集2 過激派』
禅フォトギャラリー/2012年11月25日発行
29.5×29.5cm/モノクロ/64ページ/作品点数:142点
価格 : 2500円(税込)

『反逆的な若き北井は、1960年初頭につくられたフランス映画に触発された写真集を作ろうと考えた。路上デモと、同じ街の路上で繰り広げられる 日常の風景が一体となったドキュメントのような——そしてその写真集 「抵抗」に全てを注ぎ込んだ。彼は二冊目の写真集「過激派」を出版しようと試みたが、自費出版による写真集を売ることは難しく、その計画は座礁した。彼は 失意のなか神戸に戻り、神戸の港湾労働者を撮った。その頃「抵抗」は学生闘争の先導者達から注目され、北井は彼らから東京に戻り学生と労働者の暴動を撮る よう求められた。こうして北井の6年間に渡る60年安保闘争への参加とその前線からの記録が始まった。』(禅フォトギャラリーの紹介より)
北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」

北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」1

北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」2

北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」3


sokyusha at 15:40|Permalink 再入荷 

2017年11月16日

森下大輔 写真集「asterisk」(asterisk books、2017)

森下大輔 写真集「asterisk」
asterisk books/2017年刊/編集 湊雅博
226mm×283mm/上製本/モノクロ/144ページ/作品点数、82点
定価 : 4500円 + Tax 発行500部

表参道画廊にて開催された、ディレクター・湊雅博による企画展「事象」、好評を博した 森下大輔「asterisk」写真展、同時刊行された写真集が入荷いたしました。

写真家・森下大輔による展覧会ステートメント、ディレクター・湊雅博による企画展「事象」について、下記に転載させていただきます。

「光はいつも明らかで、事物と混じりあうことでその姿を現す。レンズはその様を捉え、再現する。目の前に何 かが存在するという美しさ、その驚きを素直に表現するのに写真ほど適した方法はない。だから私は写真を撮る と決めた」(森下大輔 写真展 「asterisk」、ステートメントより)

企画展「事象」について
自分を取り巻く個人的事情から表面に現れてくることがらは、時間の流れの中で見失ったり変容したりして、留めおくことは出来ないものとして認識されているに違いありません。今回の事象展に参加する作家は、その流れていく時間の中で留めておくことの出来ない何ものかを、観察しうるものに、表象させる行為として写真を存在させようとしています。自己の時間の流れに沿って、立ち現われて来ることがらを観察し表象させて、個から他者へとの関係性にむかうまなざしを持つ作家の連続作品展です。ディレクター・湊雅博(オフィシャル・ホームページより)


森下大輔 オフィシャル・ホームページ
https://morishitadaisuke.com/

湊雅博 オフィシャル・ホームページ
http://www.masahirominato.com/


森下大輔写真集『asterisk』

森下大輔写真集『asterisk』1

森下大輔写真集『asterisk』2

森下大輔写真集『asterisk』3

森下大輔写真集『asterisk』4


sokyusha at 19:14|Permalink 写真集新刊 

2017年11月10日

森山大道写真集『K』 (月曜社、2017年10月15日発行)

森山大道写真集『K』
月曜社/2017年10月15日発行
A5判/並製/モノクロ
176ページ/作品点数:138点
定価:2500円+TAX
※著者署名本

「犬は盛り場へ行けというし、猫は路地裏へ入れというし、虫は風俗街はどうよという。俗世俗界を俗のままにコピーしつづけること、東京中をうろつく日々こそ、ぼくが生き写真を撮る意味の全てなのだと感じる他ない」(森山大道)
都市の片隅、人影、さまざまな「K=景」の断片を追い求めた、最新撮り下し写真集。*書下し「原点と現点――ニエプスへの旅/今日の三匹」収録。(版元の紹介より)
森山大道写真集『K』

森山大道写真集『K』1

森山大道写真集『K』2

森山大道写真集『K』3

森山大道写真集『K』4

森山大道写真集『K』5


sokyusha at 18:52|Permalink 写真集新刊 

2017年11月09日

田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」 (東京キララ社、2005年2月2日発行)

田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」
東京キララ社/2005年2月2日発行
モノクロ//480ページ
26.2cm x 26.2cm/上製/函
定価:10284円(税込)

田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」、倉庫在庫が少部数ですが入荷いたしました。
田中長徳氏が7年半滞在した1970年代のウイーンを捉えた写真集

1d1d4939-s

d57f1f5b-s

c15dfddb-s

0162859e-s

sokyusha at 17:28|Permalink 倉庫在庫本限定入荷 

2017年11月07日

尾仲浩二 2018年カレンダー "Hello Dogs” (私家版、2017年発行)

尾仲浩二 2018年カレンダー "Hello Dogs”
私家版/2017年発行
18×18cm/カラー/16ページ/250部限定
定価:1000円(税込)
※ 著者署名本
『2018年戌年に合わせて、世界の街角で出会った犬たちをあつめたカレンダーです。』(尾仲浩二)

尾仲浩二 2018年カレンダー

尾仲浩二 2018年カレンダー

尾仲浩二 2018年カレンダー

尾仲浩二 2018年カレンダー

尾仲浩二 2018年カレンダー



sokyusha at 14:50|Permalink カレンダー 

石毛優花写真集『holy peephole』 (私家版、2017年10月31日発行)

石毛優花写真集『holy peephole』
私家版/2017年10月31日発行
カラー/29.4×19.4cm
74ページ/写真点数:68点
定価:3000円(税込)
自身の手による手製本の写真集を作り続けている石毛優花の新作写真集。

石毛優花写真集『holy peephole』

石毛優花写真集『holy peephole』1

石毛優花写真集『holy peephole』2

石毛優花写真集『holy peephole』3



sokyusha at 14:40|Permalink 写真集新刊