2018年06月

2018年06月05日

堀川仁写真集『三保』 (蒼穹舍、2018年6月3日発行)

堀川仁写真集『三保』
蒼穹舍/2018年6月3日発行
A4変型/上製/装幀:加藤勝也/500部
モノクロ/60ページ/写真点数:29点
定価:3500円+TAX 

清水市生まれで今も生活する著者が自転車に乗って巡る地元である三保の風景を捉えた写真の数々。日々の何気ない姿が繰り広げられる中には、世界的景勝地三保の松原もここに在ることが含まれるが、それすらもその視線のさりげなさに吸い込まれていく堀川仁最初の作品集。
堀川仁写真集『三保』

堀川仁写真集『三保』1

堀川仁写真集『三保』2

堀川仁写真集『三保』3

堀川仁写真集『三保』4

堀川仁写真集『三保』5

堀川仁写真集『三保』6


sokyusha at 14:46|Permalink 蒼穹舎新刊 

木藤富士夫写真集『公園遊具 Vol. 6』 (私家版、2018年4月発行)

木藤富士夫写真集『公園遊具 Vol. 6』
私家版/2018年4月発行
A5横/並製/カラー/32ページ
定価 800円 + TAX

好評の公園遊具シリーズ第6弾!
木藤富士夫写真集『公園遊具 Vol. 6』

木藤富士夫写真集『公園遊具 Vol. 6』1

木藤富士夫写真集『公園遊具 Vol. 6』2

木藤富士夫写真集『公園遊具 Vol. 6』3


sokyusha at 14:21|Permalink 写真集新刊 

西村多美子写真集『旅人』 (禅フォトギャラリー、2018年5月10日発行)

西村多美子写真集『旅人』
禅フォトギャラリー/2018年5月10日発行
A4変型/並製/500部
120ページ/写真点数:60点
定価:4400円 (税込)

『写真家・西村多美子が今回出版する写真集は、彼女が写真を始めた1968年頃から80年代までに撮影された写真からセレクトした60点のモノクローム作品で構成されている。その中には今まで一度も公開されなかった未発表作も含まれている。列車の車窓から見た風景、港に佇む漁船、浅草の大道芸人、大雪に覆われる内灘砂丘、そして自身の自宅や近しい人たちの写真など。西村にとって、「旅」とはすなわちスナップショットのことであり、東京にいてもどこにいても常に「旅」という気持ちでスナップを撮ることである。出会う光景に淡々と向き合い、見つめ、そして暗室で現像する。このスタンスは数十年たった今もこれから先も変わらない。』(出版社説明文より)

『「旅人」は1968年から1980年頃に撮影した1500枚ほどのプリントからセレクトしたものである。自分自身が生きてきた時間と空間が靄のように浮上してくるような思いがする。
撮影して、暗室でフィルムをリールに巻き、深バットでカタカタと現像する。ベタ焼きを作り、セレクトしてプリントする。これも数十年変わらない。現像液の中でじわっと像が現れ黒が締まってくる。撮影した対象物が暗室作業でどのように現れてくるのか、その時間と工程が好きなのだ。
フィルムが手に入る限り、写真はフィルムで撮り続けたい。
80年代、90年代、2000年から現在に至るまでを、「続・旅人」「あれからの旅人」・・・とつなげていこうと思っている。』(西村多美子)

西村多美子写真集『旅人』

西村多美子写真集『旅人』1

西村多美子写真集『旅人』2

西村多美子写真集『旅人』3

西村多美子写真集『旅人』4




sokyusha at 14:07|Permalink 写真集新刊 

吉野英理香写真集『MARBLE』 (タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム、2018年発行)

吉野英理香写真集『MARBLE』
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム/2018年発行
27.2×21cm/並製/40ページ/掲載図版:24点
金子隆一によるテキスト収録(英語・日本語)
価格:3000円+TAX
『「 MARBLE(マーブル)」は、「光の中できらめく結晶石」を意味するギリシア語 MARMARONに由来する大理石のことです。
石灰岩が、熱で変成して再結晶した、美しく輝く石。
石の中で、異質なものがフュージョンする。
バニラ色の石の表面上に、いくつもの緩やかな線が描かれ MARBLE模様が生まれます。
私がカメラを向けるのは、日々のなかにあります。
レンズを通した光が結ぶイメージは、虹のかけらのようにフィルムに感光される。
瞬間が永遠になり、かけがえのない時間が、印画紙の上に浮かび上がります。
「 MARBLE 」は、複雑で、魅惑的な時間の象徴です。
私にとって、自由と希望を見出すカギのようでもあります。
美しい響きに魅せられてイメージを想起し、写真で表現してみようと思いました。
ほんの少しでも、ニュアンスを写すことができていれば幸いです。
レンズを通して見た光の結晶。
私の欲望が、白い印画紙の上に緩やかな線を描く。』(吉野英理香)
吉野英理香写真集『MARBLE』

吉野英理香写真集『MARBLE』1

吉野英理香写真集『MARBLE』2

吉野英理香写真集『MARBLE』3



sokyusha at 13:53|Permalink 写真集新刊 

千葉桜洋写真集『指先の羅針盤 -Wander in the Silence-』 (asterisk books、2018年5月15日発行
)

千葉桜洋写真集『指先の羅針盤 -Wander in the Silence-』
asterisk books/2018年5月15日発行

ダブルトーン/並製、雁垂れ表紙/26.0×21.0cm
デザイン:庄司誠
96ページ/作品掲載数:51点
価格:2800円+TAX
『暗室の中で印画紙から浮かび上がる写像と向き合っているうち、かつて親達が聞こえない私に、指さしながら言葉を繰り返し教えていた日々が蘇ってきた。もしかしたら、言葉が身に染み込んでくる前に私がみえていたものを、息子もまた感じているのかもしれない。』(本文中より抜粋)
千葉桜洋写真集『指先の羅針盤』

千葉桜洋写真集『指先の羅針盤』1

千葉桜洋写真集『指先の羅針盤』2

千葉桜洋写真集『指先の羅針盤』3


sokyusha at 13:41|Permalink 写真集新刊