2018年11月

2018年11月20日

藤田進写真集『約束の地』 (私家版、2018年11月10日発行)

藤田進写真集『約束の地』
私家版/2018年11月10日発行
モノクロ/A5変型/上製
64ページ/写真点数:44点
定価 : 3000円+TAX ※ 著者署名本
藤田進写真集『約束の地』

藤田進写真集『約束の地』1

藤田進写真集『約束の地』2

藤田進写真集『約束の地』3



sokyusha at 14:48|Permalink 写真集新刊 

渡辺英明写真集『死ぬにはいい日』 (私家版、2018年8月22日発行)

渡辺英明写真集『死ぬにはいい日』
私家版/2018年8月22日発行
21×21cm/カラー/並製/64ページ/写真点数:30点
定価 : 3000円+TAX
2016年に他界された写真家渡辺英明さんの2002年〜2004年撮影の未発表作品。遺品の中に「死ぬにはいい日」のタイトルが書かれた封筒があり、中にあった作品を纏めたもの。
渡辺英明写真集『死ぬにはいい日』

渡辺英明写真集『死ぬにはいい日』1

渡辺英明写真集『死ぬにはいい日』2

渡辺英明写真集『死ぬにはいい日』3

渡辺英明写真集『死ぬにはいい日』4



sokyusha at 14:48|Permalink 写真集新刊 

2018年11月13日

阿部祐己写真集『Trace of Fog』 (roshin books、2018年発行)

阿部祐己写真集『Trace of Fog』
roshin books/2018年発行
上製/22.8×25.4cm/700部限定
カラー/88ページ/写真点数:44点
ブックデザイン:Junko Ogawa
定価:4860円 (税込)

『”霧ヶ峰は名前の由来通り、しばしば濃い霧が立ち込める山だ。霧に覆われると境目が消え、どこまでも先に続いているような錯覚を覚えた”(後書きより)

 年間200日以上も霧が発生するという霧ヶ峰は、石器時代の古来より人が生活を営んできた場所である。それから後の中世鎌倉時代には武士が五穀豊穣を願い流鏑馬(やぶさめ)などの様々な神事を行った場所でもある。現代の今にもそれら神事は引き継がれている。

 作家は過去の歴史から残る痕跡と現代の人の営みを、定点観測のような視点で写し続けた。過去から現在、現在から未来、我々はその現在のほんの短い瞬間に生きていると同時に、それを繋いでいることへの確からしさを作品から感じることができる。

 時間の感覚をも失う深い霧の向こうには山の住人の気配が、霧が晴れた夜空には満点の星空、日が昇り光が野焼きで形成された平原に差し込む頃に、人々は目覚め新しい1日を再開させる。作家の卓越した構成力に繊細な色で描かれたこの写真集は、霧ヶ峰の歴史における儚くも美しい一葉の栞のようだ。』(版元の紹介より)
阿部祐己写真集『Trace of Fog』

阿部祐己写真集『Trace of Fog』1

阿部祐己写真集『Trace of Fog』2

阿部祐己写真集『Trace of Fog』3

阿部祐己写真集『Trace of Fog』4


sokyusha at 16:10|Permalink 写真集新刊 

前田義昭の写真と詩『とどく写真』 (画房ルル、2018年11月1日発行)

前田義昭の写真と詩『とどく写真』
画房ルル/2018年11月1日発行
並製、カバー付/文庫版/モノクロ
128ページ/写真116点・一行詩115点
装丁:間宙地
定価:980円+TAX
前田義昭のブログ『One Photo, One Line / Yoshiaki Maeda』で連載してきた記事をセレクトし、加筆、再構成。
前田義昭の写真と詩『とどく写真』

前田義昭の写真と詩『とどく写真』1

前田義昭の写真と詩『とどく写真』2

前田義昭の写真と詩『とどく写真』3

前田義昭の写真と詩『とどく写真』4


sokyusha at 16:10|Permalink 写真集新刊 

2018年11月06日

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で memories of younger days in Shinjuku』(KAIDO BOOKS、2018年10月20日発行)

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で memories of younger days in Shinjuku』
KAIDO BOOKS/2018年10月20日発行
モノクロ 墨+ニス/A5判横/ハードカバー/96ページ/初版500部
定価 : 3200円(税込) ※ 著者署名本 
 『1980年代、僕の生活のほとんどすべてが新宿でした。新宿二丁目のCAMP、ゴールデン街、花園神社地下のアルバイト、西新宿のアパート、成子坂下のギャラリー街道。』(尾仲浩二)
尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』1

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』2

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』3

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』4

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』5



sokyusha at 15:29|Permalink 写真集新刊 

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』(KAIDO BOOKS、2018年10月発行)

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』
KAIDO BOOKS/2018年10月発行
モノクロ/15.0×19.0cm/並製
オンデマンド印刷/100ページ/250部
定価 : 2000円(税込) ※ 著者署名本
『「EXTRA HARD」は2014年に発売した初期作品集。森山大道さんに憧れ月光VR4号というハードコントラスト印画紙にプリントしていた'82年から'84年のプリントから作った本です。この11月にパリでの展示に合わせての250部の再版です。印刷、製本とも初版よりも良くなっています。またカバーデザインが少し違っています。』(尾仲浩二)
尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』1

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』2

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』3

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』4


sokyusha at 15:28|Permalink 写真集新刊 

尾仲浩二責任編集『写真の友・街道マガジン vol.6』 (KAIDO BOOKS、2018年10月20日発行)

尾仲浩二責任編集『写真の友・街道マガジン vol.6』
KAIDO BOOKS/2018年10月20日発行
A5判/カラー&モノクロ/64ページ/中綴じ
参加作家:【街道メンバー】尾仲浩二、藤田進、岡部文、坂巻剛好、小松宗光、佐藤春菜、河合伸一、本庄佑真、中間麻衣【参加作家】山田博之、福山えみ、叶芳隆、辻惠蔵、中原達洋、サトーテツヤ、長谷川明生、西世古旬、橋本大和、白石ちえこ、錦戸俊康、広瀬勉、柳千春、矢口清貴、百々武、長藤さつき、多川麗津子、ハンビョンハ、ユーコドー/(表紙イラスト・刈屋サチヨ)
定価:500円(税込)

7年半続いたギャラリー街道終了後に尾仲浩二のもとに再びメンバーが集結して始まった雑誌の第6弾。
尾仲浩二責任編集『写真の友・街道マガジン vol.6』

尾仲浩二責任編集『写真の友・街道マガジン vol.6』1

尾仲浩二責任編集『写真の友・街道マガジン vol.6』2

尾仲浩二責任編集『写真の友・街道マガジン vol.6』3

尾仲浩二責任編集『写真の友・街道マガジン vol.6』4


sokyusha at 14:27|Permalink 写真雑誌新刊