2019年08月

2019年08月27日

斎藤純彦写真集『MILESTONES』 (蒼穹舎、2019年9月23日発行)

斎藤純彦写真集『MILESTONES』
蒼穹舎/2019年9月23日発行
モノクロ/上製/A4変型
104ページ/作品点数:99点
装幀:加藤勝也
定価:4,000円+TAX
今私が暮らすのは、50年以上前に首都圏から西に伸びる丘陵地帯を切り拓いて造成された街。
暮らし始めた理由すらも記憶の向こうに去ったこの街で、私が今あるという事実だけを手掛かりとして、自らが曖昧に引いた線の内を繰り返し記録する。そこに立ち現れる里程標が指し示す、自分が何処にいるのかということを確認する作業として』(あとがきより抜粋)
斎藤純彦写真集『MILESTONES』

斎藤純彦写真集『MILESTONES』1

斎藤純彦写真集『MILESTONES』2

斎藤純彦写真集『MILESTONES』3

斎藤純彦写真集『MILESTONES』4

斎藤純彦写真集『MILESTONES』5

斎藤純彦写真集『MILESTONES』6


sokyusha at 15:44|Permalink 蒼穹舎新刊 

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』 (禅フォトギャラリー、2019年6月25日発行)

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』
禅フォトギャラリー/2019年6月25日発行
モノクロ/B5/上製/700部
192ページ/作品点数:138点
定価:6000円+TAX
2012年に禅フォトギャラリーより刊行し、その後絶版となっていた梁丞佑写真集『青春吉日』に表紙デザインと内容に改変を加えた新装版。1999年から2006年にかけて、当時東京で写真を学んでいた梁が日本と韓国を行き来しながら、昔の仲間の自死をきっかけに自身の軌跡と身近な人々の姿を記録した作品。
『昔の仲間が一人死んだ。 自殺だった。 奴が死んでも何ひとつ変わったことはない。 仲間達はもう奴のことを忘れていく。 そして俺も奴のことを忘れていく。 奴の顔が見たくて写真を探してみた。 一枚もなかった。 自分が大事だと思っている仲間だったのに。 いずれは、自分もこの世から消える。 そう思うと、撮りたくなった。 ― 梁丞佑』
梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』1

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』2

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』3

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』4

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』5

梁丞佑写真集『青春吉日 (新装版)』6


sokyusha at 15:20|Permalink 写真集新刊