2019年11月

2019年11月12日

千葉雅人写真集『虻0』 (私家版/2019年10月31日発行)

千葉雅人写真集『虻0』
私家版/2019年10月31日発行
B5変型/並製/モノクロ
編集:大田通貴/装幀・印刷・製本:清水コウ
120ページ/写真点数:110点
定価 : 3000円+TAX ※ 著者署名本
2010〜2013年にインドを撮影した作品を収録。
千葉雅人写真集『虻0』

千葉雅人写真集『虻0』 1

千葉雅人写真集『虻0』 2

千葉雅人写真集『虻0』 3

千葉雅人写真集『虻0』 4

千葉雅人写真集『虻0』 5

千葉雅人写真集『虻0』 6


sokyusha at 17:23|Permalink 写真集新刊 

圓谷真唯写真集『蜘蛛の糸 がらんどうがあった。2』 (蜘蛛の糸、2019年2月19日発行)

圓谷真唯写真集『蜘蛛の糸 がらんどうがあった。2』
蜘蛛の糸/2019年2月19日発行
B4変形/カラー/12ページ/写真点数:11点
定価:1800円(税込)
圓谷真唯写真集『蜘蛛の糸 がらんどうがあった。2』

圓谷真唯写真集『蜘蛛の糸 がらんどうがあった。2』1

圓谷真唯写真集『蜘蛛の糸 がらんどうがあった。2』2

圓谷真唯写真集『蜘蛛の糸 がらんどうがあった。2』3

圓谷真唯写真集『蜘蛛の糸 がらんどうがあった。2』4


sokyusha at 17:11|Permalink 写真集新刊 

2019年11月05日

富沢大輔写真集『GALAPA』 (私家版、2019年12月1日発行)

富沢大輔写真集『GALAPA』
私家版/2019年12月1日発行
モノクロ/A4変形/並製
112ページ/写真点数:93点 
定価:1500円(税込)
2018〜19年に撮影した作品。
富沢大輔写真集『GALAPA』

富沢大輔写真集『GALAPA』1

富沢大輔写真集『GALAPA』2

富沢大輔写真集『GALAPA』3

富沢大輔写真集『GALAPA』4


sokyusha at 15:42|Permalink 写真集新刊 

2019年11月01日

塩谷定好写真集『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』 (求龍堂、2019年10月10日発行)

塩谷定好写真集『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』
求龍堂/2019年10月10日発行
著:蔦谷典子 /写真:塩谷定好
B5判/並製/240ページ(図版136点)
定価:3300円+TAX

『大正末から昭和初期にかけて一世を風靡した芸術写真は、福原信三、福原路草などで広く知られるが、塩谷定好はその草分け的存在であり、同郷の植田正治にとっては「神様のような存在」であった。 塩谷定好は、大正期に大人気となったポケットに収まる小さなカメラ・ベス単(ヴェスト・ポケット・コダック)を手に、独特な煙るようなソフトフォーカスの作品を生み出し、独自の手法で美しい印画を作り上げて、写真界で高い評価を受けていた。 本書は、遺族の手で大切に保管されてきた、極めて保存状態のいいプリントの中から選りすぐった、ベストセレクションとして纏める。 芸術写真の人気が再び高まる昨今において、塩谷作品の高質で品格のある美の世界は、時代を経てもなおモダンで、普遍の魅力を放つ。また、プリントと共に大切に保管されていた厖大な量の塩谷資料(自身が立ち上げたベストクラブ(後に写研会)を母体として、生涯ほとんど休まず精力的に活動した記録、写真雑誌など)を反映。その中には戦期に撮影がままならなくなる中、郷里赤碕から戦地に向かった若者へ向けて故郷の写真を送るなど、作品からも伺える慈愛に満ちた行動の記録なども残されている。 深い洞察と精神で「命」を捉えた人間・塩谷定好の生涯、精神、写真家としての活動の全貌、ひいては日本写真の歴史を知る上でも貴重な一冊となる。』(版元の紹介より)
『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』

『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』1

『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』2

『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』3

『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』4

『夢の翳 塩谷定好の写真 1899-1988』5


sokyusha at 14:20|Permalink 写真集新刊