2020年01月

2020年01月28日

写真誌「陰と陽 Vol.1」 写真:伊藤昭一、村上雄大、山口聡一郎、時岡総一郎、成合明彦 (写真誌「陰と陽」編集部、令和2年1月27日発行)

写真誌「陰と陽 Vol.1」
写真:伊藤昭一、村上雄大、山口聡一郎、時岡総一郎、成合明彦
写真誌「陰と陽」編集部/令和2年1月27日発行
モノクロ&カラー/B5/32ページ
編集:山口聡一郎/デザイン:高橋義隆
定価:800円(税込)
蒼穹舎ではお馴染みの山陰と山陽の写真家5人(伊藤昭一、村上雄大、山口聡一郎、時岡総一郎、成合明彦)による写真誌が登場。
写真誌「陰と陽 Vol.1」

写真誌「陰と陽 Vol.1」伊藤昭一

写真誌「陰と陽 Vol.1」 村上雄大

写真誌「陰と陽 Vol.1」 山口聡一郎

写真誌「陰と陽 Vol.1」 時岡総一郎

写真誌「陰と陽 Vol.1」 成合明彦

蒼穹舎既刊好評販売中:
伊藤昭一写真集『留鳥 RESIDENT BIRDS』2019年5月10日発行 定価:3,300円+TAX
村上雄大写真集『夏草の路』2018年1月1日発行 定価:4000円+TAX
山口聡一郎写真集『FRONT WINDOW』2013年3月14日発行 定価:3800円+TAX
山口聡一郎写真集『EASTPOINT』2010年1月8日発行 定価:3600円+TAX
成合明彦写真集『宍道湖風景』2018年3月18日発行 定価:2300円+TAX
成合明彦写真集『遙かなる河』2015年7月21日発行 定価:3500円+TAX
成合明彦写真集「松江風景」2008年10月27日発行 定価:3200円+TAX

sokyusha at 17:40|Permalink 写真雑誌新刊 

2020年01月10日

原芳市写真集『神息の音』 (蒼穹舎、2019年11月22日発行)

原芳市写真集『神息の音』
蒼穹舎/2019年11月22日発行
A3変型/上製/モノクロ
ブックデザイン:加藤勝也
68ページ/写真点数:28点
定価 : 5000円+TAX
2019年12月16日に逝去した著者が完成まで見届けた文字通りの遺作。
『ときどき聖書を読む。その7節。「主なる神は土の塵から人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」。神が自分と同じ姿を人に与え、命を与えたのだ。その吹き入れる音を聞いた思いでその一節を読んだ。いつもとは違った感覚を味わった気がした。「神の息の音」。』(あとがきから抜粋)
原芳市写真集『神息の音』

原芳市写真集『神息の音』1

原芳市写真集『神息の音』2

原芳市写真集『神息の音』3

原芳市写真集『神息の音』4

原芳市写真集『神息の音』5


sokyusha at 15:34|Permalink 蒼穹舎新刊