2018年05月01日

小原佐和子写真集『神の真庭』 (蒼穹舍、2018年5月12日発行)

小原佐和子写真集『神の真庭』
蒼穹舍/2018年5月12日発行
A4変型/上製/装幀:塚本明彦/600部
モノクロ/74ページ/写真点数:66点
テキスト:岡谷公二「日本の神の森」収録
定価:3600円+TAX 
『久高島は沖縄県知念村にある周囲約8キロメートルの南北に細長い島で、琉球の祖神アマミキヨが初めて降り立った琉球王朝開闢の地とされている。「神の島」と呼ばれるこの島には、古くから御嶽(うたき)と呼ばれるニライカナイから神や祖先が来訪するとされる場所が島中に点在する。神は島のあちこちに立ち現れ、人びとの生と死を見つめ続けてきたのかもしれない。彼らの生活とその祈りは形を変えながらも、この島では綿々とつづいていた。』(テキスト「神の真庭」より抜粋。)

小原佐和子写真集『神の真庭』

小原佐和子写真集『神の真庭』1

小原佐和子写真集『神の真庭』2

小原佐和子写真集『神の真庭』3

小原佐和子写真集『神の真庭』4


sokyusha at 14:19│ 蒼穹舎新刊