2019年04月09日

久保圭一写真集『早田町』 (蒼穹舍、2019年3月20日発行)

久保圭一写真集『早田町』
蒼穹舍/2019年3月20日発行
A4変型/上製/装幀:原耕一
カラー/72ページ/写真点数:66点
定価:3800円+TAX
『尾鷲市早田町は人口約130人の大敷(定置網)のある小さな漁村。 早田には若者の力が必要。漁師になりたい若者は必ずいると考え、様々な取組を始める。早田大敷があるから若い人がくる。早田大敷が無ければ、早田の町はなくなる。その思いは早田大敷岩本社長や乗組員の共通認識。
私は6年程前から早田町を撮り始めた。早田漁師の人柄、伝統を守りつつ 新しいことにも挑戦していく若い漁師に惹かれ撮り続けている。
助け合いの精神。それに沿岸漁業は潮任せ、いい潮がくれば魚が採れる。魚が採れないからと自然に怒ってもしょうがない。不漁が続いても良い潮が来て大漁になればみんな笑顔。漁師町全体が笑顔に包まれる。大漁旗を揚げて入ってくる船、それを待つ人。』(あとがきより抜粋)
久保圭一写真集『早田町』

久保圭一写真集『早田町』1

久保圭一写真集『早田町』2

久保圭一写真集『早田町』3

久保圭一写真集『早田町』4

久保圭一写真集『早田町』5

久保圭一写真集『早田町』6



sokyusha at 15:12│ 蒼穹舎新刊