蒼穹舎新刊

2018年12月13日

平松伸吾写真集「華やかな街の中で」((蒼穹舍、2018年12月20日発行)

平松伸吾写真集「華やかな街の中で」
蒼穹舍/2018年12月20日発行
モノクロ/上製/26.5 x 30.8cm/112ページ
作品点数:105点/スリップケース付き
ブックデザイン:伊藤滋章
定価:5500円+tax

台湾を中心に、アジアに点在するチャイナタウンを撮り続けている。

横浜、神戸、長崎、シンガポール、インドネシアのジャカルタ、
フィリピンのマニラ、カンボジアのプノンペン、ベトナムのホーチミン、
マレーシアのクアラルンプール、タイのバンコク、
チャイナタウンの多くは古い港町に点在している。(あとがきより)

sokyusha at 14:49|Permalink

2018年10月23日

石内都写真集『Beginnings:1975』 (蒼穹舍、2018年11月6日発行)

石内都写真集『Beginnings:1975』
蒼穹舍/2018年11月6日発行
モノクロ/上製/22.5×22.5cm
58ページ/作品点数:45点/700部
ブックデザイン:加藤勝也 
定価:3200円+tax 
* 著者署名本
『私の写真の始まりは意欲的な考えも計画性もなく、特別写真に興味があったわけでもなく、何となくやってみようかと思い立ち、写真を撮りはじめた。
 この写真は数点を除いて暗室に40年以上眠っていたが、横浜美術館での個展の準備で発見し、金沢八景の写真のみ発表した。
 改めて1975年当時の写真を目の前にすると、懐かしさや思い出というセンチメンタルな感情は全くなく、今でも写真を撮っている現実との時間の長さや奥行きが不思議な存在として感じられる。
 相変わらずヘタな写真だなあと思いながらすでにこの時から「絶唱、横須賀ストーリー」「アパート」「連夜の街」へとつながる視線があったことを確認するのだった。』(石内都「はじまりの時」より抜粋)
石内都写真集『Beginnings:1975』

石内都写真集『Beginnings:1975』1

石内都写真集『Beginnings:1975』2

石内都写真集『Beginnings:1975』3

石内都写真集『Beginnings:1975』4

石内都写真集『Beginnings:1975』5


sokyusha at 13:55|Permalink

2018年10月16日

山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』 (蒼穹舍、2018年11月1日発行)

山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』
蒼穹舍/2018年11月1日発行
カラー/並製/A4判変型
96ページ/作品点数:85点
600部/装幀:原耕一
定価 :4000円+TAX ※ 著者署名本

山内道雄にとってライフワークともいえる「Tokyo」シリーズ初のカラー作品。これまでのモノクロでの「Tokyo」と変わることなく、人、群集、街へ容赦ない視線を突き刺す。
山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』

山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』1

山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』2

山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』3

山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』4

山内道雄写真集『Tokyo 2016-2017』5


sokyusha at 16:10|Permalink

2018年09月18日

中里和人写真集『Night in Earth』 (蒼穹舎、2018年8月27日発行
)

中里和人写真集『Night in Earth』
蒼穹舎/2018年8月27日発行
カラー/上製/A4変型/800部
76ページ/作品点数:45点
テキスト:石山修武
装幀:塚本明彦/赤川延美(タイプセッティング)
定価: 4000円+TAX
月明かりを頼りに、夜の海岸線を巡った。撮影は東京から近い房総半島から始め、黒潮に沿うように出身地三重の紀伊半島へと遡上した。(略)なんども日本各地の海岸線を訪れるうちに、わたしと風景との距離感や質量感がどんどん薄れ、空気そのものに変容していくのを感じた。闇の中、空と陸と海とわたしが一体化し、自然の中に包摂されてしまう開放感がおとずれた。幾重にも岩が集積したほの暗い海岸線には、今も地球のはじまりを想起させる惑星としての原風景が露出していた。(あとがきより)
中里和人写真集『Night in Earth』

中里和人写真集『Night in Earth』1

中里和人写真集『Night in Earth』2

中里和人写真集『Night in Earth』3

中里和人写真集『Night in Earth』4



sokyusha at 15:00|Permalink

2018年08月08日

小林正秀写真集『美作』 (蒼穹舍、2018年8月18日発行)

小林正秀写真集『美作』
蒼穹舍/2018年8月18日発行
A4変型/上製/装幀:原耕一/500部
モノクロ/82ページ/写真点数:78点
定価:3800円+TAX 
美作(みまさか)は岡山県北東部、兵庫県および鳥取県と境を接する山間の市です。 自分が生まれてから38年間を過ごす生活の場所でもあります。 2012年から2018年の間、山あいを巡る道に車を走らせながら、その近隣の風景をカメラに収めてきました。 よく足を運んだ思い出の場所もあれば、初めて目の当たりにする様な、すっかり変わってしまった場所もある。 人気のない静かな場所ばかりを選んだのは、一人で過ごす事の多かった幼少期にそこが重なりを見せたからかもしれません。(あとがきより抜粋)
小林正秀写真集『美作』

小林正秀写真集『美作』1

小林正秀写真集『美作』2

小林正秀写真集『美作』3

小林正秀写真集『美作』4

小林正秀写真集『美作』5


sokyusha at 15:15|Permalink

柿崎真子写真集『アオノニマス 廻』 (蒼穹舍、2018年6月14日発行)

柿崎真子写真集『アオノニマス 廻』
蒼穹舍/2018年6月14日発行
A4変型/上製/装幀:門倉未来(mikilabo.de)/600部
カラー/64ページ/写真点数:49点
定価:4000円+TAX 

作者自身の故郷である青森県の自然や風景を被写体としているが、作者個人の私情は希薄に思える。 透明な存在となって、青森の自然の中に入り込み、自身の身体をこの風景の中に溶け込ませ、 細胞のレベルになってこの場所を捉えようとしているかのようだ。 この作品には、人間もまた自然の一部として存在していることを自覚させる作用がある。
柿崎真子写真集『アオノニマス 廻』

柿崎真子写真集『アオノニマス 廻』1

柿崎真子写真集『アオノニマス 廻』2

柿崎真子写真集『アオノニマス 廻』3
柿崎真子写真集『アオノニマス 廻』4


sokyusha at 15:12|Permalink

2018年07月03日

とだ民写真集『とだ民散歩』 (蒼穹舍、2018年7月2日発行)

とだ民写真集『とだ民散歩』
蒼穹舍/2018年7月2日発行
B5変型/上製/装幀:加藤勝也/250部
カラー/290ページ/写真点数:287点
定価:3200円+TAX 

埼玉県戸田市に住む作者が、地元の町を昼夜犬の散歩で歩きまわりながら、徒然に撮りためた写真。同名のインスタグラムに投稿した写真を元に構成。
とだ民写真集『とだ民散歩』

とだ民写真集『とだ民散歩』1

とだ民写真集『とだ民散歩』2

とだ民写真集『とだ民散歩』3

とだ民写真集『とだ民散歩』4


sokyusha at 18:35|Permalink

2018年06月05日

堀川仁写真集『三保』 (蒼穹舍、2018年6月3日発行)

堀川仁写真集『三保』
蒼穹舍/2018年6月3日発行
A4変型/上製/装幀:加藤勝也/500部
モノクロ/60ページ/写真点数:29点
定価:3500円+TAX 

清水市生まれで今も生活する著者が自転車に乗って巡る地元である三保の風景を捉えた写真の数々。日々の何気ない姿が繰り広げられる中には、世界的景勝地三保の松原もここに在ることが含まれるが、それすらもその視線のさりげなさに吸い込まれていく堀川仁最初の作品集。
堀川仁写真集『三保』

堀川仁写真集『三保』1

堀川仁写真集『三保』2

堀川仁写真集『三保』3

堀川仁写真集『三保』4

堀川仁写真集『三保』5

堀川仁写真集『三保』6


sokyusha at 14:46|Permalink

2018年05月01日

小原佐和子写真集『神の真庭』 (蒼穹舍、2018年5月12日発行)

小原佐和子写真集『神の真庭』
蒼穹舍/2018年5月12日発行
A4変型/上製/装幀:塚本明彦/600部
モノクロ/74ページ/写真点数:66点
テキスト:岡谷公二「日本の神の森」収録
定価:3600円+TAX 
『久高島は沖縄県知念村にある周囲約8キロメートルの南北に細長い島で、琉球の祖神アマミキヨが初めて降り立った琉球王朝開闢の地とされている。「神の島」と呼ばれるこの島には、古くから御嶽(うたき)と呼ばれるニライカナイから神や祖先が来訪するとされる場所が島中に点在する。神は島のあちこちに立ち現れ、人びとの生と死を見つめ続けてきたのかもしれない。彼らの生活とその祈りは形を変えながらも、この島では綿々とつづいていた。』(テキスト「神の真庭」より抜粋。)

小原佐和子写真集『神の真庭』

小原佐和子写真集『神の真庭』1

小原佐和子写真集『神の真庭』2

小原佐和子写真集『神の真庭』3

小原佐和子写真集『神の真庭』4


sokyusha at 14:19|Permalink

2018年04月03日

成合明彦写真集『宍道湖風景』 (蒼穹舍、2018年3月18日発行)

成合明彦写真集『宍道湖風景』
蒼穹舍/2018年3月18日発行
A5変型/上製/装幀:加藤勝也/250部
カラー/64ページ/写真点数:60点
定価:2300円+TAX ※ 著者署名本

2016年1月28日〜2017年1月15日に撮影された宍道湖風景を纏めた著者9冊目、蒼穹舍では4冊目の作品集。
成合明彦写真集『宍道湖風景』

成合明彦写真集『宍道湖風景』1

成合明彦写真集『宍道湖風景』2

成合明彦写真集『宍道湖風景』3

成合明彦写真集『宍道湖風景』4


sokyusha at 15:28|Permalink