蒼穹舎新刊

2020年06月30日

坂上行男写真集『水のにおい』 (蒼穹舍、2020年6月29日発行)

坂上行男写真集『水のにおい』
蒼穹舍/2020年6月29日発行
A4変型/カラー/装幀:塚本明彦
上製/76ページ/写真点数:72点
定価:4000円 + TAX

「上毛かるたの一枚に「鶴舞う形の群馬県」とうたわれる その図形のくちばしに位置する邑楽郡明和町。 利根川と谷田川にはさまれる田園の町である。 ここに生まれ育ち、ここに生きている私にとって永い馴染みの景色は、 過剰な好意をもって私を迎えてくれるわけではないが 昨日も終えて今日もここにいてくれる」(あとがきより)
坂上行男写真集『水のにおい』

坂上行男写真集『水のにおい』1

坂上行男写真集『水のにおい』2

坂上行男写真集『水のにおい』3

坂上行男写真集『水のにおい』4

坂上行男写真集『水のにおい』5



sokyusha at 15:18|Permalink

2020年05月26日

尾上太一写真集『私秋期 沢田聖子』 (蒼穹舎、2020年5月25日発行 )

尾上太一写真集『私秋期 沢田聖子』
蒼穹舎/2020年5月25日発行
A4変型/上製/モノクロ
装丁:原耕一 /700部
64ページ/写真点数:57点
定価 : 5000円+TAX
取扱:沢田聖子ホームページ「沢田聖子 In My Room」/写真工房シリウス/蒼穹舎のみとなります。書店およびアマゾンでの販売は致しません。

写真家の尾上太一の撮影によるシンガーソングライター沢田聖子の2011〜2019年の撮り下ろしライブ写真とオフショットを57点掲載。
尾上太一写真集『私秋期 沢田聖子』


sokyusha at 15:05|Permalink

2020年05月08日

原隆志写真集『ヤギと棘』 (蒼穹舎、2020年5月22日発行)

原隆志写真集『ヤギと棘』
蒼穹舎/2020年5月22日発行
上製/A4変型/モノクロ
104ページ/写真点数:94点/350部
ブックデザイン:加藤勝也
定価:3800円+TAX ※ 著者署名本
『現像液の中で印画紙が揺らぐ。 しばらくすると「眠る山羊」がゆっくりと浮かび上がってきた (中略) 暗室は特別な世界。この領域では神通力を使い果たすが如くパワーを消費する。 ネガに閉じ込められた現実は、私の記憶を幻覚させ刺刺すもののみを選別して解放させていく。そして写真への再生が始まる。 私にとって写真を再生させる場面は、地域や場所がどこであろうと私の波動に些細な揺さぶりをかけてくる世界を最も大切にしている。 こうしたなかで生まれた「ヤギと棘」と題する写真群が 五感を通じて深く染み渡ることを切に願う。』(原隆志「再生する写真」より抜粋)
原隆志写真集『ヤギと棘』

原隆志写真集『ヤギと棘』1

原隆志写真集『ヤギと棘』2

原隆志写真集『ヤギと棘』3

原隆志写真集『ヤギと棘』4

原隆志写真集『ヤギと棘』5

原隆志写真集『ヤギと棘』6


sokyusha at 15:14|Permalink

2020年04月24日

松谷友美写真集『山の光』 (蒼穹舎、2020年5月18日発行)

松谷友美写真集『山の光』
蒼穹舎/2020年5月18日発行
上製/B5変型/カラー
56ページ/写真点数:50点
装幀:中村健
定価3600円+TAX ※ 著者署名本
『晴れた日を好ましく思うことと、季節感のない強い日差しを憂うこと。
すれ違う町の人の顔が都会の人と変わらなく見えること、(中略)
いくつかの矛盾のなかで立ち止まり、
長い読書にしおりをするようにこの本を作りました。
まだ見ぬ知らない景色を思っています。』(あとがきから抜粋)
松谷友美写真集『山の光』

松谷友美写真集『山の光』1

松谷友美写真集『山の光』2

松谷友美写真集『山の光』3

松谷友美写真集『山の光』4

松谷友美写真集『山の光』5

松谷友美写真集『山の光』6


sokyusha at 18:09|Permalink

2020年02月25日

茂木玲子写真集『魚河岸』 (蒼穹舍、2020年1月16日発行)

茂木玲子写真集『魚河岸』
蒼穹舍/2020年1月16日発行
A4変型/
カラー/装幀:塚本明彦
上製/96ページ/写真点数:90点
定価:3200円 + TAX
著者は前知識なく築地市場に入り、その活気ある光景に惹かれていった。 圧倒的な魚河岸の日常に躊躇いながらも、シャッターを押していった。
『黒・茶・赤錆がたまらなく愛おしい。薄明かりの人影、水反射に魅せられどれほど夢中になったことか』 (あとがきより)
茂木玲子写真集『魚河岸』

茂木玲子写真集『魚河岸』1

茂木玲子写真集『魚河岸』2

茂木玲子写真集『魚河岸』3




sokyusha at 15:28|Permalink

2020年02月13日

小川康博写真集『The Dreaming』 (蒼穹舍、2020年2月14日発行)

小川康博写真集『The Dreaming』
蒼穹舍/2020年2月14日発行
A4変型/モノクロ/ブックデザイン:加藤勝也
並製/104ページ/写真点数:86点
定価:3600円 + TAX ※ 著者署名本 

『ぶ厚い遮光のカーテンと二重扉によって外部から遮断された暗室の内部はまるで海の底のように静かだ。そんな深い静寂の中で私の黙想は続いている。カメラ片手に旅へ出るようになってから27年。27年?神戸港から上海行きのフェリーに乗りこんだあの日からまだそんなに経っていない筈なのに。まるで夢のようだな、と思う。夢ーあるいは本当にそうなのかもしれない。フェリーに乗り込んだあの春の昼下がりから未だ覚めることのない、遠い汽笛の余韻のような淡いまどろみ。』(あとがきより抜粋)
小川康博写真集『The Dreaming』

小川康博写真集『The Dreaming』1

小川康博写真集『The Dreaming』2

小川康博写真集『The Dreaming』3

小川康博写真集『The Dreaming』4

小川康博写真集『The Dreaming』5


sokyusha at 13:15|Permalink

2020年02月04日

岡本正史写真集『TOKYO 1985』 (蒼穹舍、2020年1月6日発行)

岡本正史写真集『TOKYO 1985』
蒼穹舍/2020年1月6日発行
A4変型/モノクロ/装幀:塚本明彦
上製/72ページ/写真点数:60点
テキスト:森山大道
定価:3200円 + TAX
『日頃ぼくが写真について強く思っている、リアリティに裏打ちされた写真は、いかに時を経ようと、どんな時代になっていようと、それを見る人の目に、 いまのこととして生々しく突き刺さってくるのだ。写真の特性である、一瞬時を止めてしまう永遠性は、そのまま、人間と時代の記憶として、そして最終的に「記録」という名に収斂していくのである。
今回の、岡本君の写真集「TOKYO 1985」には、それら本質的なベースにしかと裏打ちされた確かさがある。』(森山大道の寄稿より抜粋)
岡本正史写真集『TOKYO 1985』

岡本正史写真集『TOKYO 1985』1

岡本正史写真集『TOKYO 1985』2

岡本正史写真集『TOKYO 1985』3

岡本正史写真集『TOKYO 1985』4

岡本正史写真集『TOKYO 1985』5




sokyusha at 17:50|Permalink

2020年01月10日

原芳市写真集『神息の音』 (蒼穹舎、2019年11月22日発行)

原芳市写真集『神息の音』
蒼穹舎/2019年11月22日発行
A3変型/上製/モノクロ
ブックデザイン:加藤勝也
68ページ/写真点数:28点
定価 : 5000円+TAX
2019年12月16日に逝去した著者が完成まで見届けた文字通りの遺作。
『ときどき聖書を読む。その7節。「主なる神は土の塵から人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」。神が自分と同じ姿を人に与え、命を与えたのだ。その吹き入れる音を聞いた思いでその一節を読んだ。いつもとは違った感覚を味わった気がした。「神の息の音」。』(あとがきから抜粋)
原芳市写真集『神息の音』

原芳市写真集『神息の音』1

原芳市写真集『神息の音』2

原芳市写真集『神息の音』3

原芳市写真集『神息の音』4

原芳市写真集『神息の音』5


sokyusha at 15:34|Permalink

2019年12月17日

藤原敦写真集『2200Miles』 (蒼穹舍、2019年12月1日発行)

藤原敦写真集『2200Miles』
蒼穹舍/2019年12月1日発行
A4変型/上製/装幀:原耕一/500部
モノクロ/108ページ/写真点数:63点
定価:4000円+TAX ※ 著者署名本
『藤原敦の5冊目の写真集である。これまでの写真集が、日本国内で撮影されたものに対して、こちらは英国グレイト・ブリテン各地をレンタカーで巡って撮影されたものである。これまでの写真集とは異なった位相を持っている。これまでの写真集が藤原自身の何らかの記憶の真相へ向かうまなざしを持っているのに対して、ここでのまなざしは外へ向かって放射されているように思えるのだ。
この「2200Miles」を含めた5冊の写真集は、藤原の写真行為の根源を明らかにするだけでなく、写真の歴史という総体がどのようなものであるのか、 またあり得るのかというベクトルとポテンシャルを指し示しているのではないだろうか』(金子隆一「放射されたまなざし-2200マイルズ」より抜粋)

藤原敦写真集『2200Miles』

藤原敦写真集『2200Miles』1

藤原敦写真集『2200Miles』2

藤原敦写真集『2200Miles』3

藤原敦写真集『2200Miles』4

藤原敦写真集『2200Miles』5

藤原敦写真集『2200Miles』6


sokyusha at 16:28|Permalink

2019年11月26日

所幸則写真集『Einstein Romance Color アインシュタイン ロマン カラー』 (蒼穹舍、2019年11月21日発行)

所幸則写真集『Einstein Romance Color アインシュタイン ロマン カラー』
蒼穹舍/2019年11月21日発行
A4変型/上製/装幀:原耕一/500部
カラー/96ページ/写真点数:46点
定価:4500円+TAX ※ 著者署名本
新幹線の中からシャッターを切ってみたことがあった、撮ったものを見て驚いた。瞬間的に子供の頃のスーパーヒーロー アインシュタインの特殊相対性理論のことを思い出した。いくつか合致する要素があったからだ。 相対的に遠いものはスローシャッターでも止まって見え、近くのものは流れた画像として記録され、形状も本来のものとは異なったものに変形し、 屋根や壁、色も全てが混ざり合う。それを僕は構図を微調整し。写真でしか表現できない独自な世界観(美意識)をこの作品群に完成させました。一枚の写真の中での時間の流れを感じさせる「一枚の動画」表現を写真で目指すのが僕の矜持です」(あとがきより抜粋)
所幸則写真集『Einstein Romance Color』

所幸則写真集『Einstein Romance Color』 1

所幸則写真集『Einstein Romance Color』 2

所幸則写真集『Einstein Romance Color』 3

所幸則写真集『Einstein Romance Color』 4


sokyusha at 15:58|Permalink