写真集新刊

2018年11月13日

阿部祐己写真集『Trace of Fog』 (roshin books、2018年発行)

阿部祐己写真集『Trace of Fog』
roshin books/2018年発行
上製/22.8×25.4cm/700部限定
カラー/88ページ/写真点数:44点
ブックデザイン:Junko Ogawa
定価:4860円 (税込)

『”霧ヶ峰は名前の由来通り、しばしば濃い霧が立ち込める山だ。霧に覆われると境目が消え、どこまでも先に続いているような錯覚を覚えた”(後書きより)

 年間200日以上も霧が発生するという霧ヶ峰は、石器時代の古来より人が生活を営んできた場所である。それから後の中世鎌倉時代には武士が五穀豊穣を願い流鏑馬(やぶさめ)などの様々な神事を行った場所でもある。現代の今にもそれら神事は引き継がれている。

 作家は過去の歴史から残る痕跡と現代の人の営みを、定点観測のような視点で写し続けた。過去から現在、現在から未来、我々はその現在のほんの短い瞬間に生きていると同時に、それを繋いでいることへの確からしさを作品から感じることができる。

 時間の感覚をも失う深い霧の向こうには山の住人の気配が、霧が晴れた夜空には満点の星空、日が昇り光が野焼きで形成された平原に差し込む頃に、人々は目覚め新しい1日を再開させる。作家の卓越した構成力に繊細な色で描かれたこの写真集は、霧ヶ峰の歴史における儚くも美しい一葉の栞のようだ。』(版元の紹介より)
阿部祐己写真集『Trace of Fog』

阿部祐己写真集『Trace of Fog』1

阿部祐己写真集『Trace of Fog』2

阿部祐己写真集『Trace of Fog』3

阿部祐己写真集『Trace of Fog』4


sokyusha at 16:10|Permalink

前田義昭の写真と詩『とどく写真』 (画房ルル、2018年11月1日発行)

前田義昭の写真と詩『とどく写真』
画房ルル/2018年11月1日発行
並製、カバー付/文庫版/モノクロ
128ページ/写真116点・一行詩115点
装丁:間宙地
定価:980円+TAX
前田義昭のブログ『One Photo, One Line / Yoshiaki Maeda』で連載してきた記事をセレクトし、加筆、再構成。
前田義昭の写真と詩『とどく写真』

前田義昭の写真と詩『とどく写真』1

前田義昭の写真と詩『とどく写真』2

前田義昭の写真と詩『とどく写真』3

前田義昭の写真と詩『とどく写真』4


sokyusha at 16:10|Permalink

2018年11月06日

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で memories of younger days in Shinjuku』(KAIDO BOOKS、2018年10月20日発行)

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で memories of younger days in Shinjuku』
KAIDO BOOKS/2018年10月20日発行
モノクロ 墨+ニス/A5判横/ハードカバー/96ページ/初版500部
定価 : 3200円(税込) ※ 著者署名本 
 『1980年代、僕の生活のほとんどすべてが新宿でした。新宿二丁目のCAMP、ゴールデン街、花園神社地下のアルバイト、西新宿のアパート、成子坂下のギャラリー街道。』(尾仲浩二)
尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』1

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』2

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』3

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』4

尾仲浩二写真集『あの頃、新宿で』5



sokyusha at 15:29|Permalink

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』(KAIDO BOOKS、2018年10月発行)

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』
KAIDO BOOKS/2018年10月発行
モノクロ/15.0×19.0cm/並製
オンデマンド印刷/100ページ/250部
定価 : 2000円(税込) ※ 著者署名本
『「EXTRA HARD」は2014年に発売した初期作品集。森山大道さんに憧れ月光VR4号というハードコントラスト印画紙にプリントしていた'82年から'84年のプリントから作った本です。この11月にパリでの展示に合わせての250部の再版です。印刷、製本とも初版よりも良くなっています。またカバーデザインが少し違っています。』(尾仲浩二)
尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』1

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』2

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』3

尾仲浩二写真集『EXTRA HARD 2nd edition』4


sokyusha at 15:28|Permalink

2018年10月30日

辰巳直也2nd写真集『浅草モノカラー』 (辰巳出版、2018年10月10日発行)

辰巳直也2nd写真集『浅草モノカラー』
辰巳出版/2018年10月10日発行
10.4×15.6cm/384ページ
糸かがり上製本/構成:装丁 町口景
300部限定/シリアルナンバー入り
定価:3200円 (税込)
『日本』に続く辰巳直也2nd写真集。
辰巳直也2nd写真集『浅草モノカラー』

辰巳直也2nd写真集『浅草モノカラー』1

辰巳直也2nd写真集『浅草モノカラー』2

辰巳直也2nd写真集『浅草モノカラー』3

辰巳直也2nd写真集『浅草モノカラー』4



sokyusha at 14:33|Permalink

國領翔太写真集『匿名の町 vol.05』 (GRAF Publishers、2018年10月20日発行)

國領翔太写真集『匿名の町 vol.05』
GRAF Publishers/2018年10月20日発行
B5/並製/モノクロ/200部/34ページ/写真点数:29点
デザイン:松井宏樹
定価 : 1200円(税込)
國領翔太写真集『匿名の町 vol.05』

國領翔太写真集『匿名の町 vol.05』1

國領翔太写真集『匿名の町 vol.05』2

國領翔太写真集『匿名の町 vol.05』3


sokyusha at 14:31|Permalink

2018年10月23日

John Harding写真集『Street of Discontent』 (私家版、2018年10月発行)

John Harding写真集『Street of Discontent』
私家版/2018年10月発行
B4変型/上製/カラー/98ページ/作品点数:78点/50部限定
編集:Henry Wessel
装幀:Jane Palecck/序文:Corey Keller
定価:6000円+TAX
ホームレスが増え続け荒廃したロスの現在を映し取ったジョン・ハーディングの2017〜2018に撮影された新作写真集。
John Harding写真集『Street of Discontent』

John Harding写真集『Street of Discontent』1

John Harding写真集『Street of Discontent』2

John Harding写真集『Street of Discontent』3

John Harding写真集『Street of Discontent』4

John Harding写真集『Street of Discontent』5

John Harding写真集『Street of Discontent』6




sokyusha at 18:46|Permalink

2018年10月04日

小林洋美 写真集「gift」(Vegeflower、2018年)

小林洋美 写真集「gift」
Vegeflower/2018年刊
21cm x 15.3cm/印刷/並製/モノクロ/32ページ
定価:1200円(税込)100部

「gift」

この本の作品は、すべて野菜と果物の銀塩写真になります。

自然のつくる、野菜や果物のカタチの美しさや神秘さにひかれ制作しました。

 また野菜や果物は、食物としても私たちに喜びと生命力を与えてくれ、自然からの素晴らしい贈り物だと感じ、そしてまた、この本を手にとってくださったあなたへ、少しでも喜びを感じてもらえるような贈り物になれたらという思いをこめ、「gift」というタイトルにしました。

I小林洋美 写真集「gift」

小林洋美 写真集「gift」1

小林洋美 写真集「gift」2

小林洋美 写真集「gift」3


sokyusha at 16:25|Permalink

2018年10月02日

千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』 (私家版、2018年9月1日発行)

千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』
私家版/2018年9月1日発行
A4/並製/編集:大田通貴/装幀:清水コウ
モノクロ/62ページ/写真点数:55点
定価 : 3500円 + TAX ※ 著者署名本
千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』

千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』1

千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』2

千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』3

千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』4



sokyusha at 14:56|Permalink

2018年09月18日

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』 (赤々舎、2018年9月13日発行)

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』
赤々舎/2018年9月13日発行
B5変型/上製/モノクロ&カラー/416ページ
定価: 8000円+TAX
『1960年代から日本写真の第一線で活躍した写真家・深瀬昌久。だが、1992年の不慮の事故により、その活動は閉ざされた。「鴉」が不朽の名作として語り継がれる一方、そのほか大半の作品については紹介される機会が失われた。本書は、謎多き写真家 深瀬の40年間に及ぶキャリアを俯瞰し、その写真表現の全貌を初めて浮き彫りにする。北海道の写真館の家系に生まれ、「私性」と「遊戯」の視座に根差した写真表現を多岐にわたる手法で探求した。その人生の中心には常に写真が腰を据え、内なるリビドーは周囲を巻き込み、己の人生をも破滅へ向かわせた。初の決定版となる本書は、作品ひとつひとつを時系列順に整理し、深瀬が雑誌に残した撮影後記や手記から、その制作意図や背景を全26章にわたり丹念に描き出す。これまで断片的にしか見えてこなかった深瀬の作品が、軌跡となって立ち現れ、生涯をかけてカメラの先で何を見つめようとしていたのかを本質的に探ろうとする。巻末に年譜及び、主な雑誌寄稿を付す。』(版元の紹介)
深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』1

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』2

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』3

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』4

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』5

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』6

深瀬昌久写真集『MASAHISA FUKASE』7



sokyusha at 14:48|Permalink