写真集新刊

2018年08月13日

吉江淳写真集『出口の町』 (私家版、2018年8月12日発行)

吉江淳写真集『出口の町』
私家版/2018年8月12日発行
B5変型/カラー/中綴じ
32ページ/写真点数:25点
装幀:七郎 (トラウト)
定価:1000円+TAX
「地方都市」「川世界」に続く吉江淳の3冊目の写真集。作家の地元であり、今も暮らす群馬県太田市とその近隣を今年撮影した新作を纏めている。
吉江淳写真集『出口の町』

吉江淳写真集『出口の町』1

吉江淳写真集『出口の町』2

吉江淳写真集『出口の町』3

吉江淳写真集『出口の町』4

吉江淳写真集『出口の町』5


sokyusha at 15:50|Permalink

鼻裕介写真集『City Lights』 (ふげん社、2018年7月10日発行)

鼻裕介写真集『City Lights』
ふげん社/2018年7月10日発行
A4変型/並製/カラー
100ページ/写真点数:80点
定価:3600円+TAX
『2013年〜2017 年に東京と大阪の二大都市を撮影した二章だてのストリートスナップ写真集。見慣れた街をあてどなく歩き、淡々とシャッターを切る作家の歩く速度と街との距離感が心地よく伝わり、都市やそこに生きる者を肯定するかのように、光が等しく降り注ぐ。テキストは写真家 中藤毅彦さんが執筆。』(版元の紹介文より)
鼻裕介写真集『City Lights』

鼻裕介写真集『City Lights』1

鼻裕介写真集『City Lights』2

鼻裕介写真集『City Lights』3

鼻裕介写真集『City Lights』4







sokyusha at 15:44|Permalink

2018年07月31日

平林達也写真集『白い花』 (UI出版、2018年7月18日発行)

平林達也写真集『白い花』
UI出版/2018年7月18日発行
A4変形/並製、コデックス装、カバー付
モノクロ/72ページ
定価 : 4200円+TAX
『私にとって撮影するという行為は、光によって描かれたものを切り取ることでもある。
それは私の心に感応するものがこの地球上に存在している証明でもあり、私が生きている証でもある。
一瞬しか輝かないものだからこそ形に残すことが私にとって大切なことなのかもしれない。
白い花を見てそう想う。』(作家テキストより抜粋)
平林達也写真集『白い花』

平林達也写真集『白い花』1

平林達也写真集『白い花』2

平林達也写真集『白い花』3

平林達也写真集『白い花』4


平林達也既刊在庫:
*平林達也写真集「高尾山・霊氣満山」*
窓社/2013年3月25日発行
20.8×25.6cm/上製/モノクロ/作品点数:44点
定価 : 2800円+TAX
*平林達也写真集「成長の代価」*
写真工業出版社/2009年7月11日発行
18.2×25.6cm/並製/モノクロ/48ページ
定価 : 1800円+TAX

sokyusha at 17:01|Permalink

2018年07月26日

廣田一雄写真集「大須遊歩」(JRP出版局、2018)

廣田一雄写真集「大須遊歩」
JRP出版局/2018年刊
25.7cm x 18.2cm/並製/モノクロ/120ページ
定価 : 2300円 + TAX

名古屋にある、東京の浅草と並ぶ有数の繁華街大須の街路の遊歩者たち。今日、路上でうまく人と遭遇することも、撮るのも易しくはないが、ひとびとの美しい所作や、楽しい解放感、そしてすこしの哀切も撮られ、おさめられている。「楽しいから何度でも行く」というが、相当、時間と回数を重ねて、遭遇術を身に着けたのだ。 編集・構成 金瀬胖 写真家(出版社サイトより)

「ずっとたっているとふと街中が気を許した瞬間が見えました」 廣田一雄


51FAyNAKkHL._SX353_BO1,204,203,200_

sokyusha at 15:50|Permalink

2018年07月17日

松井宏樹写真集『DOTO 5』 (PINE TREE BOOKS、2018年7月20日発行)

松井宏樹写真集『DOTO 5』
PINE TREE BOOKS/2018年7月20日発行
18.0×24.0cm/中綴じ/モノクロ/
30ページ/写真点数:28点/100部
デザイン:松井宏樹
定価:500円(税込)
2016年に北海道網走へ移り住んだ作者の、2018年1月から2018年6t月までに北海道東部=道東で撮影した写真を収録。
松井宏樹写真集『DOTO 5』

松井宏樹写真集『DOTO 5』1

松井宏樹写真集『DOTO 5』2

松井宏樹写真集『DOTO 5』3

松井宏樹写真集『DOTO 5』4


sokyusha at 17:54|Permalink

2018年07月10日

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #10』 (私家版、2018年5月16日発行)

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #10』
私家版/2018年5月16日発行
18.2×25.8cm/中綴じ/カラー (印刷:プロセス4色)
24ページ/作品点数:22点/300部限定/エディションナンバー付
定価:1850円(税込)
※ 著者署名本
東京都目黒区中目黒のPOETIC SCAPEでの熊谷聖司展「EACH LITTLE THING」(2018年5月16日〜6月10日)に合わせて刊行のシリーズ完結作。
熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #10』

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #10』1

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #10』2

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #10』3


sokyusha at 15:09|Permalink

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #09』 (私家版、2018年5月15日発行)

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #09』
私家版/2018年5月15日発行
18.2×25.8cm/中綴じ/カラー (印刷:プロセス4色)
24ページ/作品点数:22点/300部限定/エディションナンバー付
定価:1850円(税込)
※ 著者署名本
東京都目黒区中目黒のPOETIC SCAPEでの熊谷聖司展「EACH LITTLE THING」(2018年5月16日〜6月10日)に合わせて刊行のシリーズ完結編2冊の1。
熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #09』

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #09』1

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #09』2

熊谷聖司写真集『EACH LITTLE THING #09』3


sokyusha at 15:08|Permalink

大西正写真集『乗換駅』 (私家版、2018年3月発行)

大西正写真集『乗換駅』
私家版/2018年3月発行
A5変型/並製/モノクロ
100ページ/作品点数:58点
定価:1000円(税込)
『通勤の乗換駅である新宿を舞台にふつうのサラリーマンの心象風景を映した写真群。通り過ぎ行く人、落ちている人、落ちているもの、飛んでいくもの。ここに映るものは東京の今を生きる人の最大公約数の記録です。』(2018年04月開催の銀座ニコンサロンでの同名展の紹介より)
大西正写真集『乗換駅』

大西正写真集『乗換駅』1

大西正写真集『乗換駅』2

大西正写真集『乗換駅』3

大西正写真集『乗換駅』4

大西正写真集『乗換駅』5


sokyusha at 15:07|Permalink

2018年07月03日

星玄人写真集『WHISTLE 口笛』 (Little Big Man Books、2018年7月2日発行)

星玄人写真集『WHISTLE 口笛』
Little Big Man Books/2018年7月2日発行
B4変型/カラー/110ページ/1000部
上製・リング綴じ/デザイン:Little Big Man
定価:6200円+TAX * 著者署名本

サンフランシスコのLittle Big Man Booksから刊行された作品集。
星玄人写真集『WHISTLE 口笛』

星玄人写真集『WHISTLE 口笛』1

星玄人写真集『WHISTLE 口笛』2

星玄人写真集『WHISTLE 口笛』

星玄人写真集『WHISTLE 口笛』4


sokyusha at 18:35|Permalink

石毛優花写真集『杪冬』 (私家版、2018年刊)

石毛優花写真集『杪冬』
私家版/2018年刊
カラー/29cm × 20.2cm
84ページ/写真点数:68点
定価:3000円(税込)

自身の手による手製本の写真集を作り続けている石毛優花の新作写真集。作書の叔母の死の知らせから葬儀の1日を日記のように纏めた一冊。
石毛優花写真集『杪冬』

石毛優花写真集『杪冬』1

石毛優花写真集『杪冬』2

石毛優花写真集『杪冬』3

石毛優花写真集『杪冬』4


sokyusha at 18:21|Permalink