再入荷

2018年02月06日

林朋彦写真集『東海道中床屋ぞめき』 (風人社、2015年4月1日発行)

林朋彦写真集『東海道中床屋ぞめき』
風人社/2015年4月1日発行
A5判/並製/カラー/ 96ページ
定価:1400円+TAX
『写真集「東海道中床屋ぞめき」には、2012年5月から2014年12月まで日本橋から京都までを探し歩いて撮った床屋さん86軒の中から、92枚の写真が収められています。一軒一軒が個性的な床屋さん、みなそれぞれ長い年月を経て店主の好みに染まって行った姿は、まるで王国のようでもあります。
ほとんどの写真には人物が写っていませんが、昨年新宿エプサイトギャラリーで開いた同名の写真展を見に来た方の中には、逆に店にまつわるストーリーが思い浮かんだらしく、実在の俳優などをキャスティングして語って下さったこともありました。
ご存知かとは思いますが、「ぞめき」とは「ヒヤカス」ことであり、文字通り東海道をブラブラしながら、気に入った床屋さんをヒヤカスようにして撮り歩いてきました。
まだ撮ってからそんなに経ってはいないのですが、3軒の店舗が取り壊されたようです。撮った写真を送ったら非常に喜んで頂き、改めて写真で記録することの必要性を感じています。
また、この写真集を見て、記録以上のモノを感じて頂ければ幸いです。』(林朋彦)
林朋彦写真集『東海道中床屋ぞめき』

林朋彦写真集『東海道中床屋ぞめき』1

林朋彦写真集『東海道中床屋ぞめき』2

林朋彦写真集『東海道中床屋ぞめき』3


sokyusha at 14:57|Permalink

2017年11月28日

梁丞佑写真集『新宿迷子』 (禅フォトギャラリー、2017年9月10日第2刷)

梁丞佑写真集『新宿迷子』
禅フォトギャラリー/2016年1月15日発行、2017年9月10日第2刷
29.7×21.0cm/並製/モノクロ/147ページ
定価 : 5000円(税込)

小銭を咥えたカラスが飛ぶ街は、誰かにとって必要な居場所でもある。1998年から2006年にかけて撮影されているこの写真は、人々と街の鮮明で活発な エネルギーが閉じ込められており、見る側は自ずとフレームの外側や前後の時間を感じ、様々な想像を掻き立てられる。2004年から都知事の方針により開始 した「歌舞伎町浄化作戦」により安全で誰もが楽しめる街へと変化した歌舞伎町に、いまもなお変わらず確かに存在するもの...( Zen Foto Galleryより)

梁丞佑写真集『新宿迷子』

梁丞佑写真集『新宿迷子』1

梁丞佑写真集『新宿迷子』2

梁丞佑写真集『新宿迷子』3
梁丞佑写真集『新宿迷子』4


sokyusha at 16:00|Permalink

北井一夫写真集『北井一夫作品集2 過激派』 (禅フォトギャラリー、2012年11月25日発行)

北井一夫写真集『北井一夫作品集2 過激派』
禅フォトギャラリー/2012年11月25日発行
29.5×29.5cm/モノクロ/64ページ/作品点数:142点
価格 : 2500円(税込)

『反逆的な若き北井は、1960年初頭につくられたフランス映画に触発された写真集を作ろうと考えた。路上デモと、同じ街の路上で繰り広げられる 日常の風景が一体となったドキュメントのような——そしてその写真集 「抵抗」に全てを注ぎ込んだ。彼は二冊目の写真集「過激派」を出版しようと試みたが、自費出版による写真集を売ることは難しく、その計画は座礁した。彼は 失意のなか神戸に戻り、神戸の港湾労働者を撮った。その頃「抵抗」は学生闘争の先導者達から注目され、北井は彼らから東京に戻り学生と労働者の暴動を撮る よう求められた。こうして北井の6年間に渡る60年安保闘争への参加とその前線からの記録が始まった。』(禅フォトギャラリーの紹介より)
北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」

北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」1

北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」2

北井一夫写真集「北井一夫作品集2 過激派」3


sokyusha at 15:40|Permalink

2017年07月14日

山下豊写真集『軍艦アパート』 (冬青社、2008年4月10日発行)

山下豊写真集『軍艦アパート』
冬青社/2008年4月10日発行
カラー/A4変型/上製/写真84点
定価:2500円+TAX※ 著者署名本

昭和初期の建築当時、最新設備が整う最もモダンな住宅群として注目された大阪市営の「軍艦アパート」。 その平成の姿を、著者が17年間通い続けて撮影した写真群。
山下豊写真集『軍艦アパート』

山下豊写真集『軍艦アパート』1

山下豊写真集『軍艦アパート』2

山下豊写真集『軍艦アパート』3


sokyusha at 18:31|Permalink

2017年06月06日

深瀬昌久写真集『Afterword』 (roshin books、2017年6月1日2nd Edition発行)

深瀬昌久写真集『Afterword』
roshin books/2017年6月1日2nd Edition発行
B5変型/上製/モノクロ/900部
104ページ/写真点数:80点
ブックデザイン:加藤勝也
定価 :4860円 (税込) * 少部数の再入荷

『Afterwordは1978年に青年書館より出版された「サスケ!!いとしき猫よ」の巻末のあとがき「サスケ日誌」に使用されている写真から構成されています。手札サイズの印画紙原稿には深瀬自身による指示やナンバーリングが書きこまれていました。
 初代サスケはすぐに失踪し、その後、サスケを捜索する貼り紙を見た人が、これはサスケではないか、と深瀬のもとに子猫を届けてくれました。結果、それは似てはいるもののサスケではありませんでした。
 しかし、深瀬はそのネコをサスケと名付けまるで我が子のように愛しました。原宿、特急列車、上野動物園に海。どこへ行くにもサスケを連れて出掛けます。自身をパパと呼びつつサスケにカメラを向ける深瀬の愛情の深さが、愛くるしいサスケの姿とともに写真から伝わってきます。
 ページをめくる度に狂おしいほどに愛おしい場面が連続する素敵な写真集に仕上がりました。写真集のマスターピースとして自分の本棚にはもちろん、大切な誰かに贈りたい一冊です。』(roshin booksの紹介より)


sokyusha at 15:02|Permalink

2017年05月30日

井上青龍/小島一郎写真集『INOUE SEIRYU / KOJIMA ICHIRO』 (RAT HOLE、2007年8月発行)

井上青龍/小島一郎写真集『INOUE SEIRYU / KOJIMA ICHIRO』
RAT HOLE/2007年8月発行
モノクロ/A4変型/リング綴じ特殊製本/48ページ/作品:35点
価格:2570円(税込)*絶版品切本*再入荷*

RAT HOLE Gallery で開催された井上青龍「釜ヶ崎」と、小島一郎「津軽」の連続写真展に併せて刊行された展覧会カタログ。「ヒステリックグラマー写真叢書」掲載作からのセレクト。
井上青龍/小島一郎写真集




sokyusha at 17:10|Permalink

沢渡朔写真集『NADIA WITH WHITE』 (Art&Science、2007年7月発行)

沢渡朔写真集『NADIA WITH WHITE』
Art&Science/2007年7月発行/500部限定
モノクロ/B3/背綴/16ページ/作品:12点
定価:6000円 (税込) * 著者署名本
名作『ナディア』(1971)から12点をミックス・アップした大判写真集。漉き紙のミミを活かした丁寧な造本が、タイトルが型押しされた白い表紙と相俟って印象的。
500部限定のコレクターズ・アイテムが待望の再入荷。
沢渡朔写真集『NADIA WITH WHITE』




sokyusha at 17:01|Permalink

2016年07月05日

沢渡梢『句集 白い靴』

沢渡梢『句集 白い靴』
私家版/2009年7月13日発行/限定200部
B6判変型/上製/142ページ
定価 : 1,500円(税込)

2007年に蒼穹舍初の句集として出版された第一句集『たひらかに』に続く沢渡梢さんの第二句集。
待望の再入荷。


沢渡梢『句集 白い靴』

沢渡梢『句集 白い靴』1

沢渡梢『句集 白い靴』2

沢渡梢『句集 白い靴』3


sokyusha at 17:52|Permalink

2016年01月05日

小田川悠写真集『サルビア』 (私家版、2014年12月6日発行)

小田川悠写真集『サルビア』
私家版/2014年12月6日発行
モノクロ/28×13.3cm/10部限定
58ページ/作品点数:25点
定価 : 4200円 (税込)

実家の壁と駐車スペースの間、庭へと続く小道に、秋になると咲く赤い花がある。その赤い花は家族との記憶の端々にさり気なく寄り添っている。嫌気がさした時も、死にたいって思ってた時も幸せ過ぎた時の思いでにも。花を咲かせない時期でも私には、いつでも赤く映った。「サルビア」確か母から教えてもらった花の名には、ここにしかない特別な花に思える響きがあった。この、感情を消そうと撮っていた写真を「愛」だなんて感じるようになった自分に驚くと同時に、あらかたの愛の在り方は共通してるんじゃないだろうかって至極眈々と思う。特別だと感じたサルビアがどこにでもあるように。けれど、私にとってのサルビアの意味は誰とも違う。そんなふうに人は人を愛すんじゃないだろうか。(本文より)
小田川悠写真集『サルビア』

小田川悠写真集『サルビア』1

小田川悠写真集『サルビア』2

小田川悠写真集『サルビア』3


sokyusha at 16:56|Permalink

2015年01月06日

権泰完写真集『オモニの国』 (VACUUM PRESS、2011年3月20日発行)

権泰完写真集『オモニの国』
VACUUM PRESS/2011年3月20日発行
22.7×20cm/並製/カラー
288ページ/写真:139点
定価:1500円+TAX

最終入荷になります。

権泰完写真集『オモニの国』

権泰完写真集『オモニの国』1

権泰完写真集『オモニの国』2

権泰完写真集『オモニの国』3

権泰完写真集『オモニの国』4


sokyusha at 17:49|Permalink