写真+テキスト

2020年11月17日

『虹の十字架 今野満利子 ステンドグラスの世界』 (アートスペースシモダ、2020年9月12日発行)

『虹の十字架 今野満利子 ステンドグラスの世界』
アートスペースシモダ/2020年9月12日発行
編集:北井一夫/取材・文:鷹野隆大/写真:橋本照嵩
カラー/上製/A5変型/136ページ
頒価:2500円 (税込)
2019年9月に逝去したステンドグラス作家. 今野満利子さん。葬儀後に今野満利子さんの業績を残そうという声が高まり、夫の実川暢宏さんと友人たち(編集は北井一夫さん、取材・文は鷹野隆大さん、写真は橋本照嵩さん)により製作された私家版。
『虹の十字架』

『虹の十字架』1

『虹の十字架』2

『虹の十字架』3

『虹の十字架』4

『虹の十字架』5

『虹の十字架』6



sokyusha at 16:47|Permalink

2020年10月09日

柴田慶子『聞き写し春日 一』 (私家版、2020年10月1日発行)

柴田慶子『聞き写し春日 一』
私家版/2020年10月1日発行
A3変型/カラー&モノクロ
146ページ/写真点数:70点
定価:2700 (税込)
柴田さんが20年以上、岐阜県の山村、揖斐郡揖斐川町(旧 春日村)に通い、春日の地にまつわる様々な話を地元の古老に聞き書きをしながら、撮影した写真と文で構成。
柴田慶子 『聞き写し春日 一』

柴田慶子 『聞き写し春日 一』1

柴田慶子 『聞き写し春日 一』2

柴田慶子 『聞き写し春日 一』3

柴田慶子 『聞き写し春日 一』4

柴田慶子 『聞き写し春日 一』5

柴田慶子 『聞き写し春日 一』6


sokyusha at 14:52|Permalink

2020年08月19日

『われわれはいま、どんな時代に生きているのかー岡村昭彦の言葉と写真ー』 (赤々舎、2020年8月13日発行)

『われわれはいま、どんな時代に生きているのかー岡村昭彦の言葉と写真ー』
赤々舎/2020年8月13日発行
写真・文: 岡村昭彦/監修:戸田昌子
造本設計:大西正一/四六判/並製/256ページ
定価:2500円+TAX
ベトナム戦争、北アイルランド紛争、ビアフラ戦争などを取材し、世界のOKAMURAとして知られた報道写真家の言葉と写真を集成し、いまに問いかける一冊。徹底した疑り深さと視野の広さに根ざして、語られるべきことを写真に撮った岡村昭彦。本書はその独自の思考のエッセンスと関係性が見えてくるように、文章を抜粋し構成された。 戦場と日常を行き来しながら考え、日常にあって医療やホスピスといった生と死の現場に切り込んでいった岡村の視点は、現代という動乱の時代に大きな意味を投げかける。遺された言葉を編む全6章、カラー口絵32ページ。 (版元の紹介より)
『われわれはいま、どんな時代に生きているのか』

『われわれはいま、どんな時代に生きているのか』1

『われわれはいま、どんな時代に生きているのか』2

『われわれはいま、どんな時代に生きているのか』3

『われわれはいま、どんな時代に生きているのか』4


sokyusha at 16:20|Permalink

2020年07月14日

谷口昌良・石田瑞穂『空を掴め』 (空蓮房・Yutaka Kikutake Gallery Books,/2020年発行)

谷口昌良・石田瑞穂『空を掴め』
空蓮房・Yutaka Kikutake Gallery Books,/2020年発行
カラー/A5変型/上製/42ページ
定価:2000円+TAX
『東京蔵前で僧侶として布教に従事するかたわら、長年、写真に情熱を傾けてきた谷口昌良が、詩人の石田瑞穂と共に制作した写真詩集。弱視ではあるが、ふと眼鏡を外し、焦点や認識を気にせずただ裸眼で見ることの気持ちよさを再確認した谷口が、まるで外界に溶け合い自己が消えゆくかのような心地になりつつ、白隠禅師ゆかりの三保の松原を散策する。組み合わされる石田瑞穂の詩文は「雷曲」。フォントも美しい。これまでの「写真少年(Photo-Boy)」シリーズ前2作と同様にデザインは木村稔将。』(版元の紹介より)
谷口昌良・石田瑞穂『空を掴め』


sokyusha at 17:36|Permalink

2019年12月26日

原芳市『時を呼ぶこえ』 (でる舎、2019年12月25日発行 )

原芳市『時を呼ぶこえ』
でる舎/2019年12月25日発行
A5変型/並製/モノクロ
編集:東正通、千頭信介
ブックデザイン:加藤勝也
136ページ/写真点数:42点
定価 : 1200円+TAX
35年前に形になりそこねたものが、原稿を預けていた友人の編集者が再び持ち出して見せてくれたことから、
「やりかけのゲームを終わらせたいと切に思いました。僕はこうして本書を作りました。」(原芳市)
寺山修司の短歌をめぐる原芳市自ら書いた四〇〇字詰め原稿用紙で九六枚に及ぶ文章と写真からなる一冊。
原芳市『時を呼ぶこえ』

原芳市『時を呼ぶこえ』1

原芳市『時を呼ぶこえ』2

原芳市『時を呼ぶこえ』3

sokyusha at 15:19|Permalink