若葉台市民図書館 SOLA ブログ

市民のために市民がつくる若葉台市民図書館 SOLA から情報を発信します。                           開館 火・木・土・日の10:00~16:00  ☎045-744-5973      場所(旧若葉台西中学校図書室)

爽やかな季節になりました。あちらこちらで花が咲き、美しい風景を奏でています。
本を片手に公園でコーヒーなど飲みながらゆっくりするのもいいですね。
今月の催しものとSOLAからのお知らせをお伝えします。
P4150100P4220251

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 お届けするニュース
  ・SOLA図書館内にDVD観賞用の設備を用意しました。
  ・SOLAにある珍しい図書の紹介。
  ・5月の催しの紹介(おはなしかい等)。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.SOLA図書館内にDVD観賞用の設備を用意しました。
 P4220217
DVDは貸出ができませんので、SOLAの大きな机でゆっくり鑑賞してくださいませ。
ところで、DVDって何があるの?と言う事ですが、
先日ご紹介した 『小学館の図鑑NEO』の中に実は、楽しいDVDが入っています。
見たい方はお気軽に受付に声をかけてくださいね
CIMG0652NEO図鑑P4220219


他にもたくさんあるので、お目当ての本にDVD付きとありましたら、それらも受付に確認ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.SOLAにある珍しい図書の紹介。
SOLAは、旧若葉台西中学校の図書館をベースに多くの皆様の寄贈や、新規購入によって
本を取り揃えていますが、その関係で中学校の図書があります。
町の書店では見かけない本もありますので、その中から今回は3冊ご紹介したいと思います。
 ①『水道道たんけん』がはじまった! /笠原 秀 (著)/アリス館 (1999/03)
P4220223

バスの中から見えた緑色をした鉄橋のようなもの。調べてみると、
水道道(上水道につかう水をはこぶ導水路)だった。
「どこから来て、どこへ行く?」。資料を調べながらたんけんしてみると、
日本で最初に水道が引かれた横浜の歴史が見えてきた。
(BOOKデータベースより)

※若葉台にも見かける水道橋のことがわかるよ!       


②かながわの川(上・下)/神奈川県高校地理部会 /編神奈川新聞社

P4220221
「かながわの川」は,私たち神奈川県高等学校教科研究会
社会科部会の創立40周年事業の1つとして,県内の高校
社会科教師が 252回にわたって神奈川新聞の紙面に連載
されたものをまとめて,1989(平成元)年に神奈川新聞社
かなしん出版から出版 (webから参照)

※帷子川の源流と言われている若葉台の川も記載
がありますよ!
 

③日本の川 たまがわ /村松/昭/偕成社 (2008/01)

P4220222奥多摩からながれだし、大都市・東京と神奈川のあいだを
ながれて東京湾にそそぐ多摩川は、昔からたくさんの人に
親しまれてきました。川にはダム、堰、橋がつくられ、
まわりには線路、道路、用水がはりめぐらされています。
にぎやかな町に、おおきな工場、ひろい空港や、さわがしい
競馬場もあります。そんな、発見とおどろきにあふれた多摩川
を、神さまと、お使いの男の子が、雲にのって、空から
見ていきます。小学校低学年から
(BOOKデータベースより)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.5月の催しの紹介(おはなしかい等)
①おはなし会の開催
  ・日時 5月21日 10時30分~11時20分 
  ・場所 若葉台市民図書館内にて
  ・題名 未定
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

桜の花が満開を少し過ぎ、花弁の舞いが美しい季節です。
この2,3日、若葉台では雨風に続き急に寒くなって、外に出るのも億劫な日々が続いています。
こんな日は、SOLAに行ってみては如何でしょうか。

今日は、本の話題を2つお送りします。
  ・手塚治虫の「鉄腕アトム」
  ・海外で活躍してきた「世界の日本人」の本を、3冊紹介
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
① アトム ザ ビギニング(ATOM THE BEGININNG)
 が 4月15日より毎週土曜日23:00~に、NHK総合テレビ放送開始されます。
  NHKの予告によると「まだ誰も知らない“鉄腕アトム”誕生までの物語」です 。
 これを機に、手塚治虫の「鉄腕アトム」 読んでみませんか 
 SOLAには全18巻がそろって います。
 鉄腕アトム

 そのほか、「火の鳥」「ブラック・ジャック」などの、手塚作品が多数ありますよ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
②SOLA の蔵書の中から、海外で活躍してきた「世界の日本人」の本を、3冊紹介します。
 本を通じて、海外にも目を向け、海外で世界の平和や、こども達の幸せのために働いている
 人々の行動に目を向け、広い視野を養うのも良いのでは。そんな想いで3冊紹介です。
世界の日本人

・生きることにも心せき 国際社会に生きてきたひとりの軌跡
  著者:明石 康(元国連事務次長)
 国連事務次長として、内戦が続いたカンボジアと旧ユーゴスラヴィアで国連平和維持活動の
 現地責任者となり、きれいごとでは済まない現実の中で、戦闘拡大をぎりぎりで防ぎ、和平
 への道を探求した明石さんの記録です。

 
 明石さんは、「気配りにすぐれ、和を尊んできたわが国の社会はすばらしい。
 しかしもっと異質な文化に接触し、同時に自国のアイデンティティーを自覚することが大事だ」
 と書きました。

・医者、用水路を拓く アフガンの大地から世界の虚構に挑む
  著者:中村 哲(医師)
 戦乱で荒廃した、アフガニスタン、パキスタンの辺境で医師団を作り医療活動を続ける一方、
 生活基盤を支える灌漑設備を作り続けてきた中村医師の奮戦。9・11以降の「テロとの戦い」
 よる爆撃にもめげず、現地の人々のために活動が続いています。(ペシャワール会)

  中村さんは、「どんな山奥に行っても、日本人であることは一つの安全保障であった。」と記し、
 その背景に「日本は半世紀にわたって他国に軍事干渉しなかった」という賞賛があると言います。

・トットちゃんとトットちゃんたち
  著者:黒柳 徹子(俳優、ユニセフ親善大使)
 ユニセフ親善大使となり、世界の恵まれない子供たちのために働いている黒柳さん。
 タンザニアで、カンボジアで、イラクで、その他各地での子供たちとの交流がつづられています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
♪♪♪♪♪♪如何でしたか? 本を通して、ご自分の世界をより広げられたら。楽しいですね。♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  

桜の花が散らほら咲き始めて、いよいよ春本番ですね。
SOLAのある若葉台では、桜まつりが4月2日に開催されます。天気が心配ですが・・。
うららかな日差しのなか、大人から幼児までの幅広い本を揃え皆様のご来館をお待ちしています。
♪♪♪♪♪  SOLAでの楽しみ方 そーっと教えちゃいます。(^^♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
   SOLAがある旧西中学校の奥に、カフェテラス(地域交流サロン ふれあいにし)があり連日にぎわいを見せています。
   このカフェテラスでお茶やコーヒー、お茶菓子などを購入しSOLAまで持ってくることができます。
   (お店の人はお盆を貸してくれるので人数分持ってこれますよ)
   暖かいSOLAの図書館の机の上で、大好きな本に囲まれ、本を見ながら、ティータイムを
   堪能してみてはいかがでしょうか(^_-)-☆
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
お届けするニュース
  ・最近話題の本の紹介(SOLAに入荷されています)
  ・4月の催しの紹介(おはなしかい等)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.最近話題の本の紹介
 SOLAに並ぶ最近話題の本、そのほとんどは皆さんから御寄贈いただいたものです。
 以下ほんの一部(4作品)を紹介します。
 ①『春に散る上・下』  /沢木耕太郎(著)/朝日新聞出版
   春に散る下春に散る上
 ボクシング世界チャンピオンを目指し叶わなかった
 4人の男たちが40年後再び出会う。
 人生の終盤にたどり着く「幸せ」のかたちを問う
 感動巨編!
 
 


 
 ②『マチネの終わりに』/平野啓一郎(著)/毎日新聞出版
   マチネの終わりに

 天才ギタリストと通信記者の大人の恋。
 恋愛小説を敬遠しがちな方にもおすすめできる切なく心に響く珠玉
 恋愛小説。
 2017年本屋大賞ノミネート作品
 
 
 

 ③『ツバキ文具店』/小川糸(著)/幻冬舎
 ツバキ文具店
 鎌倉の小さな古い「ツバキ文具店」の主人の鳩子が代書を請け負う。
 伝えられなかった人への想いを依頼人に代わってお伝えします。
 ドラマ化決定 2017年本屋大賞ノミネート作品
 
 




 ④『日本で老いて死ぬということ ~2025年老人「医療介護」崩壊で何が起こるか』
        /朝日新聞 迫る2025ショック取材班(著)/朝日新聞出版
 日本で老いて死ぬという事
 若葉台も取材されており、取り上げられています。

 




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.4月の催しの紹介  
おはなしかい (2) ①おはなし会の開催
  ・日時 4月16日 10時30分~11時20分 
  ・場所 若葉台市民図書館内にて
  ・題名 ワニぼうのこいのぼり







------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最後まで、ブログを見ていただきありがとうございました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

寒い日と暖かい小春日和が交互に訪れる今日この頃ですが、体調管理は大丈夫ですか?
寒い日には、温かいストーブ(今時エアコンかな)の前で読書するのもよいかと思います。

先日 村上春樹さん IQ84を出版してから7年ぶりに「騎士団長殺し」を発表しました。
そこでSOLAでは早速、購入して配架準備中です。
P3040668

また、これを機会に若葉台市民図書館SOLAでは、村上春樹作品展を開催中です。
ぜひ、暖かいストーブとたくさんの本に囲まれているSOLAに、ご来館ください。

◎村上春樹作品展の本(中央テーブルに展示中です。)


                         ※SOLAが選ぶ代表作
P3040670P3040672
                                                                   
村上春樹の本(SOLA蔵書)
P3040678P3040674
                          ※村上春樹の翻訳本
P3040676P3040673

P3040677

◎村上春樹蔵書一覧
区分 書名 著者(翻訳者) 発行所
絵本 2ひきのいけないアリ C・V・オールズバーグ
村上春樹訳
あすなろ書房
文庫 1973年のピンボール 村上春樹 ㈱講談社
文庫 犬の人生 マーク・ストランド、村上春樹 ㈱中央公論社
文庫 風の歌を聴け 村上春樹 ㈱講談社
文庫 カンガルー日和 村上春樹 ㈱講談社
文庫 熊を放つ(上) ジョン・アービング、村上春樹 ㈱中央公論社
文庫 熊を放つ(下) ジョン・アービング、村上春樹 ㈱中央公論社
文庫 さようならバートランド B・クロウ、村上春樹 ㈱新潮社
文庫 象工場のハッピーエンド 村上春樹、安西水丸 ㈱新潮社
文庫 中国行きのスロウ・ボート 村上春樹 ㈱中央公論社
文庫 使いみちのない風景 村上春樹、稲越功一 ㈱中央公論社
文庫 ニュークリア・エイジ ティム・オブライエン、村上春樹 ㈱文藝春秋社
文庫 ノルウェイの森  上 村上春樹 講談社
文庫 ノルウェイの森  下 村上春樹 講談社
文庫 ノルウェイの森(上) 村上春樹 ㈱講談社
文庫 ノルウェイの森(下) 村上春樹 ㈱講談社
文庫 羊男のクリスマス 村上春樹、佐々木マキ ㈱講談社
文庫 羊をめぐる冒険(上) 村上春樹 ㈱講談社
文庫 羊をめぐる冒険(下) 村上春樹 ㈱講談社
文庫 蛍・納屋を焼く・その他の短編 村上春樹 新潮文庫
文庫 マイ・ロスト・シティー スコット・フィッツジェラルド、村上春樹 ㈱中央公論社
文庫 村上朝日堂 村上春樹、安西水丸 ㈱新潮社
文庫 夢で会いましょう 村上春樹、糸井重里 ㈱講談社
文庫 夜になると鮭ハ・・・ レイモンド・カーヴァー、村上春樹 ㈱中央公論社
文庫 ランゲルハント島の午後 村上春樹、安西水丸 ㈱新潮社
文庫 レイモンド・カーヴァー傑作選 レイモンド・カーヴァー、村上春樹 ㈱中央公論社
  1Q84  BOOK1 村上春樹 新潮社
  1Q84  BOOK2 村上春樹 新潮社
  Portrait In Jazz 和田誠、村上春樹 ㈱新潮社
  THE SCRAP(懐かしの一九八〇年代) 村上春樹 ㈱文藝春秋社
  TVプ-プル 村上春樹 ㈱文藝春秋社
  愛について語るときに我々の語ること L・カーヴァー、村上春樹 ㈱中央公論社
  アフターダーク 村上春樹 ㈱講談社
  意味がなければスイングはない 村上春樹 ㈱文藝春秋社
  うずまき猫のみつけかた 村上春樹 ㈱新潮社
  雨天(雨天炎天)
GREECE(アトスー神様のリアル・ワールド)
村上春樹、松村映三 ㈱新潮社
  雨天(雨天炎天)
TURKEY(チャイと兵隊と羊ー21日間トルコ一周)
村上春樹、松村映三 ㈱新潮社
  海辺のカフカ (上) 村上春樹 ㈱新潮社
  海辺のカフカ (下) 村上春樹 ㈱新潮社
  ウルトラマン R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  女のいない男たち 村上春樹 文藝春秋
  回転木馬のデッド・ヒート 村上春樹 ㈱講談社
  神の子どもたちはみな踊る 村上春樹 ㈱新潮社
  キャッチャー・イン・ザ・ライ J・D・サリンジャー、村上春樹 ㈱白水社
  グレート・ギャッビー R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  月曜日は最悪だとみんな言うけど 村上春樹 中央公論新社
  国境の南・太陽の西 村上春樹 講談社
  最後の瞬間のすごい大きな変化 G・ペイリー、村上春樹 ㈱文藝春秋社
  ささやかだけれど、役にたつこと L・カーヴァー、村上春樹 ㈱中央公論社
  人生のちょっとした煩い G・ペイリー、村上春樹 ㈱文藝春秋社
  心臓を貫かれて M・ギルモア、村上春樹 ㈱文藝春秋社
  スプートニクの恋人 村上春樹 ㈱講談社
  スルジャコフ対織田信長家臣団 村上春樹、安西水丸 朝日新聞社
  世界の終わりとハードボイルド・他 村上春樹 ㈱新潮社
  世界のすべての七月 T・オブライエン、村上春樹 ㈱文藝春秋社
  R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  そうだ、村上さんに聞いてみよう 村上春樹、安西水丸 朝日新聞社
  象の消滅 村上春樹 ㈱新潮社
  大聖堂 R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  頼むから静にしてくれ Ⅰ R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  頼むから静にしてくれ Ⅱ R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  誕生日の子どもたち T・カポーティ、村上春樹 ㈱文藝春秋社
  ダンス・ダンス・ダンス (上) 村上春樹 ㈱講談社
  ダンス・ダンス・ダンス (下) 村上春樹 ㈱講談社
  短編集 村上春樹 ㈱講談社
  東京奇譚集 村上春樹 ㈱新潮社
  遠い太鼓 村上春樹 ㈱講談社
  ねじまき鳥クロニクル第1部 泥棒かささぎ編 村上春樹 ㈱新潮社
  ねじまき鳥クロニクル第2部 予言する鳥編 村上春樹 ㈱新潮社
  ねじまき鳥クロニクル第3部 鳥刺し男編 村上春樹 ㈱新潮社
  バースデイ・ストーリーズ R・バンクス、村上春樹 中央公論新社
  走ることについて語るときに僕の語ること 村上春樹 ㈱文藝春秋社
  パン屋再襲撃 村上春樹 ㈱文藝春秋社
  日出る国の工場 村上春樹、安西水丸 ㈱平凡社
  羊をめぐる冒険 村上春樹 ㈱講談社
  必要になったら電話をかけて R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  ファイアズ R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  ふしぎな図書館 村上春樹、佐々木マキ ㈱講談社
  ペット・サウンズ ジム・フジーリ、村上春樹 ㈱新潮社
  本当の戦争の話をしよう T・オブライエン、村上春樹 ㈱文藝春秋社
  翻訳夜話 村上春樹、柴田元幸 ㈱文藝春秋社
  翻訳夜話2 サリンジャー戦記 村上春樹、柴田元幸 ㈱文藝春秋社
  またたび浴びたタマ 村上春樹 文藝春秋
  水と水とが出会うところ R・カーヴァー、村上春樹 中央公論新社
  村上朝日堂 はいほー! 村上春樹 文化出版局
  村上朝日堂の逆襲 村上春樹、安西水丸 朝日新聞社
  村上朝日堂はいかにして鍛えられたか 村上春樹、安西水丸 朝日新聞社
  村上春樹 少年 カフカ 村上春樹 ㈱新潮社
  村上春樹、河合隼雄に会いに 河合隼雄、村上春樹 岩波書店
  村上春樹全作品1979-1989 ① 村上春樹 ㈱講談社
  村上ラヂオ 村上春樹、大橋歩 ㈱マガジンハウス
  もし僕らのことばがウイスキーであったなら 村上春樹 ㈱平凡社
  やがて哀しき外国語 村上春樹 ㈱講談社
  約束された場所で 村上春樹 ㈱文藝春秋社
  夢のサーフシティー 村上春樹、安西水丸 朝日新聞社
  レキシントンの幽霊 村上春樹 ㈱文藝春秋社
  ロング・グッドバイ R・チャンドラー、村上春樹 ㈱早川書房
  若い読者のための短編小説案内 村上春樹 ㈱文藝春秋社




寒い日が続きますが、沈丁花の花が咲き始めたり、梅の木や河津桜が満開になったり等
春は着実に近づいてきました。まだ寒暖差が激しいのでお体には気を付けてください。
SOLAでは、たっぷり入ったお日様と温かい暖房を揃え皆様のご来館をお待ちしています。
さて、3月に向けてたくさんのニュースをお届けします。
お届けするニュース
 ・新しい本の紹介
 ・新入荷本の紹介
 ・3月の催しの紹介
---------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------
1.新しい本の紹介

<芥川賞と直木賞の受賞作> ※市立図書館には貸出申し込み殺到。
 ①しんせかい(山下澄人/著 新潮社) 芥川賞受賞作  市立図書館の貸出待ち287人 
  ☆彡 【谷】と呼ばれる演劇塾に飛び込んだ青年、そこでは俳優や脚本家志望の若者たちが苛酷な肉体労働で自給自足の
     共同生活を営んでいた。
       しんせかい
 ②蜜蜂と遠雷(恩田陸/著 幻冬舎) 直木賞受賞作   市立図書館の貸出待ち1594人 
  ☆彡 ピアノコンクールを舞台に、才能と感受性、そして音楽を描いた青春小説。
      寄せられた読者の感想は、「文章の中から音楽が聞こえる」、「音楽を知らなくてもすっかり飲み込まれていたよ
      ☆いいなぁ実際に聴きたいなぁと何度も思った」など 
       蜜蜂と遠雷
<映画やテレビになった、これからなるかも話題作>
  ☆彡 映画を見た人も、じっくり読んでみませんか
 ①君の名は(新海誠/著 角川文庫)
       君の名は
 ②この世界の片隅に(こうの史代/作 双葉社)
       この世界の片隅に

 ③陸王(池井戸潤/著 集英社)
   ☆彡 2017年10月に映像化予定
       陸王
 ④暗幕のゲルニカ(原田マハ/著 新潮社)
   ☆彡 一枚の絵が戦争を止める。私は信じる絵画の力を。手に汗握るアートサスペンス。

       暗幕のゲルニカ
 ⑤それでもこの世は悪くなかった(佐藤愛子/著 文集新書)
   ☆彡 人から見れば悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ―
   こんな佐藤愛子は、どうしてできた?93歳、初の語り下ろし人生論。
       それでもこの世は悪くなかった

 ⑥戦争中の暮らしの記録(暮しの手帖/編)  
  ☆彡 NHK-TV「とと姉ちゃん」のクライマックスで紹介されました。
     若い世代に語り継ぐ戦争体験(戦争体験を語り継ぐ若葉の会/編)もお読みください。
       戦争の中のくらしの記録
 ⑦理科年表2017年版(国立天文台編)      
  ☆彡 
世界の山など自然や、過去の災害の記録、そして放射性物質の半減期はじめ「理科」に関する記録や数表が
     集められています。
使いこなせれば、便利な道具になります。

     一度ご覧ください。
       理科年表
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.新入荷本の紹介
 『ざっくんショベルカー』を気に入ってくださった来訪者の方のリクエストにお応えして同じシリーズの絵本3冊を購入し配架しました。3冊とも 策・竹下文子 絵・鈴木まもる  偕成社 です
日ごろ目にする(はたらく車)の様子が生き生きと描かれて本当に楽しいです。 是非お子様に読ませてあげてください

  『みんなで!どうろこうじ
  『ピン・ポン・バス
  『がんばれ!パトカー
みんなでどうろこうじピンポンバスがんばれパトカー








---------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------
3.3月の催しの紹介
おはなし会 3月19日(日) 10時30分~11時20分 みんなでそらをとびました 他

========================================================================================================
===========


最後まで、ブログを見ていただきありがとうございました。

このページのトップヘ