2005年05月21日

れんげ野原のまんなかで


れんげ野原のまんなかで

図書館には、小学校の図書室から現在に至るまでとてもお世話になっています。本も大好きなので、本に囲まれて図書館で働く司書っていいなと憧れてしまうし、すごいなと尊敬もしてしまいます。だからここに登場する司書たちの知識や本を愛する心を読んで、とてもうれしくなったし、分類の仕方とか、司書の仕事を垣間見ることができたのも楽しかった。
物語は、図書館のまわりに広がるススキが刈り取られて、一面のれんげ畑に変わるまでの間に、図書館で起こる小さな事件がミステリー仕立てで描かれています。図書館にとってはちょっとしたさざなみ程度のものなのだけれど、犯罪もあるし、人が隠してきたものが思いがけず現れてしまったりします。だからか、読み終わった後、ちょっとほろ苦い気持ちが残ります。でもほろ苦くもあたたかな気持ちなのです。司書の3人だけでなく、館長や秋葉さんもいい味をだしてます。文子と能勢さんのコンビも展開もありがちではあるけれど、好きです。続編があるといいなあ・・と思います。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. れんげ野原のまんなかで  [ 本読み日記 ]   2005年05月23日 23:49
れんげ野原のまんなかで 森谷 明子 この話、好きです。 ススキ野原の中に建つこじんまりとした図書館が舞台です。 たぶんウチの町の建設中の図書館もこんなかんじなんだろうなぁ。 町の中心部からはちょっとはずれ控えめに建設中。 この秋葉図書館は司書と利用者の
2. 『れんげ野原のまんなかで』 森谷明子 (東京創元社)  [ 活字中毒日記! ]   2005年05月25日 23:53
れんげ野原のまんなかで森谷 明子 / 東京創元社(2005/03/01)Amazonランキング:120,429位Amazonおすすめ度:図書館司書の性に、納得する図書館司書こんな図書館があったなら・・・本に関わるすべての人に。Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 東京創元社
3. 『れんげ野原のまんなかで』  [ 読書日和  ]   2005年05月29日 11:24
れんげ野原のまんなかで森谷 明子東京創元社 2005-03-01売り上げランキン
4. れんげ野原のまんなかで  [ 雑食レビュー ]   2005年06月07日 16:18
れんげ野原のまんなかで森谷 明子 / 東京創元社(2005/03/01)Amazonランキング:61,327位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る 秋庭市のはずれ、ススキばかりが目立つ閑散とした地に立つ秋庭市立秋庭図書館。利用者も少なく、職員はあくびまじりで仕事に向かうような、の
5. 「れんげ野原のまんなかで」森谷明子  [ 宙の本棚 ]   2005年06月21日 22:19
 秋庭市立秋葉図書館。今居文子はこの図書館に配属されて7ヶ月の新米職員。先輩司書は能勢と日野。ススキ野原がれんげ野原になるまでの半年間の、図書館周辺での小さな事件を描いた連作短編集。 第一話 霜降 -- 花薄、光る。図書館居残りにチャレンジする小学生たちとや
6. れんげ野原のまんなかで [森谷明子]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2005年06月23日 21:57
れんげ野原のまんなかで森谷 明子東京創元社 2005-03-01 舞台は街のはずれの市立図書館。そこで起こる「ちょっとした不思議」をめぐる、図書館職員たちと、図書館利用者たちの姿を描いた連作小説です。 私は図書館司書になりたかったのでした!そういえば。(他にもなり
7. 「れんげ野原のまんなかで」森谷明子  [  ]   2005年07月12日 16:00
「れんげ野原のまんなかで」森谷明子(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、図書館 秋庭市のハズレ、ススキ野原の真ん中に立つ秋庭市立秋葉図書。行政上の色々な理由から、いったんは建設自体頓挫しそうな図書館だったが、この辺りの大地主秋葉氏の
8. れんげ野原のまんなかで  [ 日々是好日 ]   2005年09月08日 23:23
 米澤穂信から日常の謎つながりで。これまで気にはなりつつ、女性作家の日常の謎系だとどうかすると美青年とのロマンスが入るんじゃないかと身構えてた本(笑)。結果的にはあんまり
9. れんげ野原のまんなかで 森谷明子  [ IN MY BOOK by ゆうき ]   2005年09月11日 03:06
れんげ野原のまんなかで森谷 明子 東京創元社 2005-03-01by G-Tools これはすごく好きなタイプの本。一応「日常の謎」のジャンルに入るミステリー短編集。私の大好きなこのジャンルは、北村薫さんという大御所がでーんといて、後から出てきた作家さんたちは、彼をどうして...
10. 「れんげ野原のまんなかで」  [ BOOKCASE ]   2005年10月18日 23:08
れんげ野原のまんなかで 毎日少しずつ読んでやっと読了しました。 かなり間があきましたが決して本離れしたわけではありません(笑) この本、なかなか書店で見つけられなくて結局ネットで購入しました。 図書館を中心に繰り広げられる話という事でどうしても手元に置...
11. [本]森谷明子「れんげ野原のまんなかで」  [ Four Seasons ]   2006年01月02日 18:11
予告通りこの年末年始は読書に勤しんでいます。 わたしにしてはいいペースで読めているので、 内容を忘れないうちに感想を書いてゆきたいと思います。 れんげ野原のまんなかで 森谷 明子 / 東京創元社主人公は新米司書。舞台は、地方の閑散とした図書館分館。 秋から...
12. れんげ野草のまんなかで〔森谷明子〕  [ まったり読書日記 ]   2006年01月19日 23:02
4 図書館好き・本好きにはたまらない一冊 図書館で働きたいと真剣に思っちゃいました。 ********** 秋庭市のはずれもはずれ、ススキばかりが生い茂る斜面のど真ん中にたつ秋庭市立秋葉図書館、 そこが文子の仕事場だ。 無類の本好きである先輩司書の野瀬や....
13. 「れんげ野原のまんなかで」森谷明子  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2007年06月28日 17:48
れんげ野原のまんなかで森谷 明子 (2005/03/01)東京創元社 この商品の詳細を見る 秋庭市のはずれ、ススキばかりがおいしげる斜面に立つ秋庭市立秋葉図書館。 文子は先輩職員の能勢や日野と共に、利用者が少ないと悩みながらも
14. 『れんげ野原のまんなかで』/森谷明子 ◎  [ 蒼のほとりで書に溺れ。 ]   2007年11月14日 22:11
『七姫幻想』で感激した森谷明子さんの、現代小説です。 秋庭市のはずれに建つ、秋庭市立秋葉図書館におこる、ささやかな事件。図書館員の知識を動員して謎解きをする図書館員たち。図書館好きとしては、たまらない作品でしたね??。
15. れんげ野原のまんなかで 森谷明子  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年12月24日 19:02
3 れんげ野原のまんなかで ■やぎっちょ書評 長野まゆみさん同様、水無月・Rさんがお好きだということで読んでみました森谷明子さん初読。本からして東京創元社ですからミステリーですね。 舞台は秋庭市という架空の、そして人口のあまり多くないところの図書館。おお。舞...

この記事へのコメント

1. Posted by たいりょん   2005年05月22日 07:06
司書!わあ、この本、興味あります。覗いてみたい世界です。
たいりょんも司書の資格が欲しかったんですけど、学生当時通っていた学部では取れなかったんですよ…
で、数年後、その学部でも取れるようになったんですよ…!
||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||
とショックを受けた気持ちを思い出してしまいました(笑)
2. Posted by june   2005年05月23日 21:50
たいりょんさん、こんばんわー
これ良かったですよー。おすすめです。
たいりょんさんも、司書の資格をねらっていたのですね。
同じー。私も欲しかったのですー!
でも学芸員の資格を優先してしまって
司書の方はあきらめてしまいました。
資格をとったからといって、なれるわけではないんでしょうが、
がんばっておけばよかったなあ・・と今更後悔してます。
3. Posted by    2005年05月24日 13:11
juneさん、こんにちは!
リストに入れてくれてありがとう。

さっき図書館でこの本を探したんだけど、なかった・・・TT
作者の森谷明子さんってはじめてなんだけど、おもしろそうな本書いてるのね。
読んでみたいなぁ。
梨木さんの家守・・・おもしろいでしょう?そういえば、juneさんが好きそうな内容よね。
私も手元に置いときたい本だと思った〜。
4. Posted by june   2005年05月24日 22:41
繍さん、こんばんわ!
こちらこそリストありがとう。
今朝発見して、早速入れちゃった。

私も森谷明子さんは初めてだったのだけれど、
これは掘り出し物だったよー。
装丁もきれいで、読んでるだけでうれしかった。
家守綺譚はおもしろかった!こういうのすごく好き。
繍さんも読んだんだ。そういえば繍さんも好きそうな内容だよね。
買っちゃおうかなぁ〜
5. Posted by    2005年05月29日 11:23
こんにちは♪
TBありがとうございました。

カウンターでの本の貸し出し作業の他、司書さんの
お仕事について垣間見られた部分は柊も楽しかったです♪

図書館運営に必要な膨大な知識…うーん覚えるのは大変そう☆

本が好きっていう気持ちに溢れた図書館…いいなあ(笑)
本当、シリーズ化してくれたら嬉しいです!
6. Posted by june   2005年05月29日 21:45
柊さん、こんばんわ。
図書館に通っていると、カウンターにいる司書さんの顔は
だいぶ覚えるし、
ちょこっと質問なんかして話すことはあるのだけれど、
やっぱり未知の世界です。
本が好きって気持ちにあふれた図書館いいですよね!
気づかないだけで、どこの図書館の司書さんも、こういう気持ちなのかな・・。
7. Posted by 小葉   2005年06月21日 23:01
続編があるといいですね。
能勢さんやその家族のこと、
日野さんのことももっと知りたいです。
そして司書の仕事ももっと知りたい。
そういうのは職業紹介の本を読めば分かるのかもしれないけれど、
こういったお話の中でちらちらと出てくる方が、
より分かりやすくて興味が持てる気がします。
8. Posted by june   2005年06月22日 23:38
小葉さん、こんばんわ。
能勢さん家族は最後にやっと登場したし、
日野さんも有能な司書というだけで、あとは謎めいています。
続編があるといいですよね。
司書のお仕事って、前から興味はあったのですが、
これを読んでから、いつも行く図書館の人たちをついつい
観察するようになってしまいました^^;
9. Posted by chiekoa   2005年06月23日 22:02
こんにちわ。おじゃまします…!

ほんと、読んでる本が結構かぶっててうれしいです。参考にさせていただきます!

ちなみに…土方さんファンなところまでかぶってます(笑)

どうぞよろしくお願いします!
10. Posted by june   2005年06月24日 22:46
Chiekoaさん、こんばんわ。TB&コメントありがとうございます!
なんとなんと!土方さんファンだったのですね。
いっそう親近感が(笑)。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
11. Posted by ゆうき   2005年09月11日 03:08
こんにちは。「IN MY BOOK」のゆうきです。
トラバありがとうございました。
私も、土方ファンです。大河では超短縮された最後の1年が素敵。
・・・すみません、関係ないところに反応して(笑)
12. Posted by june   2005年09月11日 22:04
>ゆうきさん
ゆうきさんも土方さんファンなのですね!うわー仲間です!新撰組カテに反応してくださったのでしょうか。
大河はDVDでちょこちょこ見てるので、私の中ではまだ組!はリアルタイムなのです。最後の1年は見るたびにぐすぐすしてしまいます
13. Posted by 琉歌   2005年10月18日 23:12
juneさんこんばんは。
本当に続編を切望しますね。
どこを読んでも本が愛されているのがわかるのって嬉しいものです。
れんげ畑との絡みもとても上手だなあと思いました。
14. Posted by june   2005年10月19日 22:56
>琉歌さん
登場人物たちが、まだまだ遠慮がちだったので、続編でもっと読みたいと思ってしまいます。
それにしてもこのれんげ畑、これからたんぼになっちゃうのかしらーと、ちょっと心配になりました(笑)。
15. Posted by tamayuraxx   2006年01月02日 18:29
juneさん、こんにちは。
あけましておめでとうございます ^^
今年もよろしくお願いいたします。

れんげ畑のまんなかにある図書館・・・とても素敵だと思うのですが、この終わり方からすると、翌年には田んぼのまんなかの図書館になってしまいそうですね。
16. Posted by june   2006年01月02日 23:16
>tamayuraxxさん
あけましておめでとうございます!
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。今年もたくさん本のお話ができるといいなと思っています。

この本は装丁もステキですよね。まさにれんげ野原のイメージです。もしや初夏〜秋は田んぼのまんなかで、春限定でれんげ野原のまんなかなのでしょうか(笑)
17. Posted by エビノート   2006年01月19日 23:08
juneさん、こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。

この本を読んで、図書館に行くのが楽しみになりました。あと、司書の資格を取るにはどうしたらよいのかしら?と半ば本気で調べてみたり♪

シリーズ化してほしいですよねぇ。
まだまだ著作の少ない方なのでもっとイロイロ書いてほしいです!
18. Posted by june   2006年01月20日 15:14
>エビノートさん
こんにちわ!
図書館で毎日本に囲まれて働くなんて、憧れてしまいます。いいですよねぇ〜。
エビノートさんがんばってください!応援します。そして司書になったら実態を教えて欲しいデス(笑)。
19. Posted by しんちゃん   2007年06月28日 17:52
こんばんは。
日頃お世話になる図書館。ちょっと見る目が変わるよねー。
でもうちの地域の司書さんは無愛想で声も小さい。
やっぱ現実とはギャップがあるなー。。。
20. Posted by june   2007年07月01日 10:56
>しんちゃん
こんにちわ。
こちらの図書館は、司書さんも、学生アルバイトさんも、みんな感じいいですよ〜。
普段は余計なことは一切話しませんが、たまに本や資料(子供のです)を探してもらう時なんかはすごく頼りになります。
各図書館のカラーがあるのかもしれませんね。でも同じ本好き(と信じている)通じるものがあると信じたかったりします。
21. Posted by 水無月・R   2007年11月14日 23:03
juneさん、こんばんは(^^)。
こんな素敵な図書館なら、通いまくりたいですね。司書のみなさん、とても知識あるし、所蔵本をすごく大事にしてるし・・・。うらやましいです。
私も続編希望です。秋葉氏がのっしのっしと事件に頭を突っ込んでってくれたらいいな〜。
22. Posted by june   2007年11月16日 16:00
>水無月・Rさん
こんにちわ!
ほんと、素敵な図書館ですよね。うちの近くの図書館、小さくて蔵書は少ないんですが、司書さんは素敵な方が多いんでわりと居心地いいんですよ。恵まれてるかもしれません。
続編出ますかねぇ。でるといいですね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
本を読むことが大好きです。家事や仕事の合間にちょこちょこと読んでいます。
このごろは中学生になった子供たちと同じ本を読んで、感想をあーでもないこーでもないと話すことができるようになりました。

なお、当ブログでは記事に関連がないと思われるトラックバックやコメントは削除させていただきます。予めご了承ください。


【ほんぶろ】さんで特集ページを作っていただきました。本について、自分について語ってます・・。
こちらからどうぞ

本以外の日々のこと

+日々のこと+

Categories
Archives
livedoor プロフィール

june