2006年04月16日

「SPEED」金城一紀

SPEED


「レヴォリューションNo.3」「フライ,ダディ,フライ」に続くゾンビーズシリーズ3作目です。出遅れましたが、こうして3冊まとめて読むことができたのは幸せでした。どっぷりゾンビーズの世界にひたっていたので、読み終えるのがもったいなくて、読み終えた今、寂しさを感じて呆然としてます。これは途中ちょっと乗り切れない部分もあったのですが、とにかく読後感が爽やかでよかったです!

いつか、おまえのジュテ(跳躍)を見せてくれよ 岡本佳奈子、16歳、真面目で平凡な女子高生。そして−。家庭教師の謎の死+ザ・ゾンビーズ+憎むべき敵+赤い車=生まれて初めての冒険! 〜帯より

「フライ,ダディ,フライ」は、おじさんの視線で語られましたが、今回は女子高生の視線です。やはりこれも期待を裏切らずおもしろくて、途中で読むのを中断しなければならない時は、かなり辛いものがありました。でも、実は前半は、おもしろいのだけれど、どこかに違和感を感じて今ひとつ乗り切れませんでした。ゾンビーズがこういう形で手を貸すという理由が、無理があるというほどではないのだけれど、頭で考えてそれから納得したという感じだったのと、立ち向かう敵が漠然としすぎる気がしてしまったのです。もともと自分たちをはばむ大きな壁とかシステムとかに、決してあきらめてない彼らだけれど、相手が彼らの生活圏を飛び越して、急に広がってしまったようで、私の方がついていけなかったのかもしれません。
でも、後半はよかったです!これは女子高生の冒険であると同時に往きて還る物語だったのです。冒険に出かけて帰る。それはただそれだけのことなのに、還って来た自分は出かける以前の自分ではないし、もう以前の自分には決して戻ることができないのです。自分が変わってしまったがゆえに、今まで当たり前にすごしていた日常に戻れなくなることもあります。ここでは・・。少しほろ苦いけれど、明るくて前向きで爽やかな読後感が残りました。
佳奈子が走れなくなって泣いた理由には、じーんとしてしまったし、そんな彼女にアギーの母親がかけた言葉にも、うれしくて再びじーんとしてしまいました。ここから恋愛感情がうまれても不思議じゃないのに、やっぱり仲間だったんだなぁというのも、すごくうれしかったのです。

舜臣の特訓は「フライ,ダディ,フライ」を思い出してうれしくなったし、ところどころで、前2作とつながる部分があってうれしくなりました。そして次の作品になりそうなエピソードもありました。早くまたゾンビーズに会いたいです!
soleil1 at 23:19│Comments(23)TrackBack(12) 金城一紀 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「SPEED」金城一紀  [ 本を読む女。改訂版 ]   2006年04月17日 01:42
SPEED発売元: 角川書店価格: ¥ 1,155発売日: 2005/07/01売上ランキング: 4,091おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/02 昨年最後に読んだ本でした。いい年末でした。 えっと、最初に書いておきますけど私は金城一紀のファンです。 ここの常連さんはよくご存...
2. 「SPEED」金城一紀  [ Ciel Bleu ]   2006年04月17日 05:44
 [amazon] [bk1] ザ・ゾンビーズシリーズの第3弾。今回も楽しかった! 今回は主人公が聖和女学院の1年生・岡本佳奈子で、丁度「フライ、ダディ、フライ...
3. 『SPEED』 金城一記 角川書店  [ みかんのReading Diary♪ ]   2006年04月17日 12:12
SPEED  唯一自分の気持ちを打ち明けていた家庭教師の彩子さんが亡くなった。みんなは自殺と言うけれど…。 ザ・ゾンビーズ第三弾! 今回は女の子が主人公ですが、スンシンやアギーは役どころは変わらずですね。決して表に出てくることは無い南方は今回も彼女を裏方...
4. 「SPEED」金城一紀  [ AOCHAN-Blog ]   2006年04月17日 13:26
タイトル:SPEED 著者  :金城一紀 出版社 :集英社 読書期間:2006/02/20 - 2006/02/21 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 私の憧れの女性だった家庭教師の彩子さんが自殺!? 後悔なんかするもんか。岡本佳奈子、16歳、真面目で平凡な女子高...
5. 「SPEED」 金城一紀  [ 今日何読んだ?どうだった?? ]   2006年04月17日 21:59
SPEEDposted with 簡単リンクくん at 2005.10. 9金城 一紀著角川書店 (2005.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
6. 「SPEED」金城一紀  [ ナナメモ ]   2006年04月17日 22:13
SPEED 金城 一紀 名門女子校に通う岡本佳奈子。家庭教師の彩子さんの自殺に疑問を持った佳奈子は、同じ大学に通う中川に相談に行く。忙しそうな中川にすべてを打ち明けることなく帰宅するが、帰り道襲われそうになる。そこにたまたま居合わせたゾンビーズの面々。佳...
7. SPEED 金城一紀  [ 苗坊の読書日記 ]   2006年04月18日 00:01
5 SPEED オススメ! 岡本佳奈子、16歳。 ついこの前までは、普通の高校生のはずだった。 しかし、今は違う。 家庭教師だった彩子さんが亡くなってから・・・ 佳奈子は彩子の死に疑問を持つ。 もしかしたら、何者かに殺されたのではないだろうか。そんな想い募る。 佳...
8. 「SPEED」(金城一紀著)  [ たりぃの読書三昧な日々 ]   2006年04月21日 20:01
 今回は 「SPEED」 金城 一紀著 です。この本はゾンビーズシリーズの第3作目ですね。
9. 「SPEED」金城一紀  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年04月30日 17:44
「SPEED」金城一紀(2005)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、ゾンビーズ いま、わたしのまえに憎むべき敵が立っている。頼りにしていた朴舜臣は、敵の足元に倒れている。でも、後悔なんてしていない。一瞬だけ、どうしてこんなことになってしまったんだろ...
10. SPEED 金城一紀  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2006年07月03日 18:05
4 SPEED ■やぎっちょコメント なんて楽しい本なんだろう♪というすっきり読後感。これはまいった!! 金城さんの「対話篇」を以前読んで、淡くちょっと切ない三編の物語に空気感を感じていたけれど、この本はjuneさんの言うとおり、全くカラーが違いました。 本のある生活...
11. SPEED、金城一紀  [ 粋な提案 ]   2006年08月02日 02:20
装丁は岩瀬聡。「GO」「対話篇」「レヴォリューションN0.3」「フライ,ダディ,フライ」など現代の若者の生き方をストレートな言葉で描いて人気の金城一紀によるゾンビーズストーリーズの続編。 平凡な女子高生の岡本佳奈孀!
12. 金城一紀『SPEED』  [ itchy1976の日記 ]   2009年10月30日 22:55
SPEED (The zombies series)金城 一紀角川書店このアイテムの詳細を見る 今回は、金城一紀『SPEED』を紹介します。金城一紀著の作品を読むのは初めてです。著者は何年か前の土曜11時枠のドラマ「SP」の脚本を書いた人ですよね。それぐらいの知識しかなく、たまたま図書館で...

この記事へのコメント

1. Posted by 四季   2006年04月17日 05:49
3作とも読了ですねー。
ほんとこのシリーズは面白いですよね。
一旦読み始めたら、もう止まらなくなっちゃう。
あと「対話篇」にも「SPEED」に繋がる人物が登場してたりするんです。こちらには3作に短編が入っていて、ゾンビシリーズのような躍動感はなくて、とても静かな雰囲気なんですが、よろしければぜひ〜。あ、もう読まれてたらごめんなさい。
2. Posted by なな   2006年04月17日 22:13
こんばんは。

juneさん、一気読みですね。
お気持ちわかります。

これは読んでる途中に自分も腹筋をしてみたり、ターンが出来るような気持ちになってしまいました。(年齢的に無理がある。どちらかと言えば、鈴木さんよりなのに!)
3. Posted by 苗坊   2006年04月18日 00:02
こんばんわ^^
3弾、読まれたんですね。
いいですよね〜女の子バージョンもオッケーですよ^^
後半はホントすかっとしました。
いい気味〜って思いながら読んでましたね。
オープニングからえ〜!?っていう感じだったので^^;
「フライ、ダディ、フライ」を思い出させるエピソードはいいですよね。
読んでて嬉しくなりました。
4. Posted by june   2006年04月18日 22:13
>四季さん
読み始めたら止まりませんでしたー。
3作手元にあって、本当によかったです♪
「対話篇」に、「SPEED」につながる人物が登場しているとは!これはすぐにでも読まねば・・。実は図書館から借りてきているのですが、続けて読むのがもったいなくて、ちょっとねかしているのです(笑)。
5. Posted by june   2006年04月18日 22:19
>ななさん
え!岡本さんの気持ちになったのですか!しかも腹筋まで(笑)。いつかななさんのジュテ見せて欲しいです!
私は完全に鈴木さんの気持ちです。ものすごく辛い思いをしないと、とても無理そうです・・。
でも、これを読むと自分にも何かできるかも!と、前向きな気持ちになりますよね。
6. Posted by june   2006年04月18日 22:22
>苗坊さん
女の子バージョンもOKでしたよね。
恋愛がからまない仲間っていうのがよかったなぁ。
もうこのシリーズ大好きです。今度は沖縄での事件が描かれるんでしょうか。楽しみです♪
7. Posted by mamimix   2006年04月18日 22:39
コメントが遅くなってすみません。わたしも佳奈子が走れなくなって泣いたとこにぐっときました。頑張りやの佳奈子が,だったから余計にかもしれません。そしてjuneさんと同じく「対話篇」未読なわたし。今度借りて読んでみます!
8. Posted by june   2006年04月18日 22:51
>mamimixさん
コメント気にしないでください。私こそ、記事をアップしたらこちらからお邪魔しようと思いつつ、いつも後手に後手になってしまって・・。すみません。

佳奈子が走れなくなって泣いた理由に、ぐっときちゃったんです。最初は感極まったのか?と思ったのですが、そういうことだったんですよね。切ないです。
なんとmamimixさんが「対話篇」未読とは!てっきり金城さんはコンプリートしているかと思ってました。早く読みたいんですが、なんだかもったいなくて^^;
9. Posted by すの   2006年04月30日 17:51
できすぎ、ワンパターンという声もちらほら聞こえるもののこの作品は、個人的に知っていた女の子と重なるところがあって、ちょっとぐっときましたね。
でもゾンビーズも、もうそろそろ・・ですかね。大人にならなきゃ、ね。です。

(私信)ところでjuneさんと、連絡がとりたい件があります。どうしたらよいでしょう?
10. Posted by june   2006年04月30日 21:44
>すのさん
すのさんのレビュー読みました。
>個人的に知っていた女の子
イメージが重なる人が思い浮かぶと、物語が一気に近づきますよね。そうやって思い出をなぞるというのも、また読書の楽しみだと思います。

確かにゾンビーズシリーズは、このまま続くとIWGP化してしまうのでは・・とか不安ではあります。でもファンとしてはやっぱり読みたいですー。せめて地味な萱野くんに活躍の場くらい与えてはどうでしょう(笑)。

連絡の件は、すのさんの「speed」の記事にコメントで残しておきました。
11. Posted by やぎっちょ   2006年07月03日 18:09
juneさん
こんにちは。やぎっちょです。
対話篇のコメントに紹介してくださったこの本読みました!!予想をはるかに通り越してすっごくおもしろかったです。
楽しい♪という表現がぴったりかな。最後ちょっと切なくなったのも好みに合っていたし、悪に立ち向かうのも結構スキだし!!
こうなったらもう2冊も読もうかと思ってます。ほんと、紹介してくださってありがとうございました!!世界が広がりましたよ!
12. Posted by june   2006年07月03日 21:39
>やぎっちょさん
かなり自信はあったのですが、強引に勧めたような気がして、気になってました。気に入っていただけてよかったですー。
シリーズのもう2作も読む予定なのですね。これがお好きならば、前の2作も必ず気に入ると思います!(と、今回もかなり強引に勧めてます・・)
13. Posted by 藍色   2006年08月02日 02:19
こんばんは。
新しい自分を見つけ出す加奈子と一緒に冒険しているような、ゾンビーズの活躍が楽しい物語でしたね。
「燃えよドラゴン」「リトルダンサー」「犬神家の一族」を見ていたので、リアルタイムで笑えました。
14. Posted by june   2006年08月03日 09:44
>藍色さん
こんにちわ。これは、爽やかでちょっとほろ苦くて、心から楽しむことができる物語で大好きです。
映画は「犬神家の一族」しか知らないのが、残念でした。舜臣が好きなんで、彼のバイブルでもある「燃えよドラゴン」が気になります(笑)。
15. Posted by かなかな   2008年03月20日 13:02
ゾンビシリーズ、最高でした。
でも、最初に舜臣が倒れてるシーンから始まってたので、ちょっと心配でした。
まさか!って感じで。でも、これは金城さんの作戦ですよね。だって、一気に最後まで読まざるを得ないんですもん。
今回は佳奈子の冒険談でしたが、ちょっと展開が早すぎる気もしないではなかったです。
佳奈子自身が、とても賢い子だから、色々な状況や、周囲の気持ちがわかってしまうからかもしれませんね。
それと、随所に今までの作品とリンクしているところがあったりしてホント楽しめました。
私は、「スケキヨを助けにいくぞ!」で笑っちゃいました。
残るは「対輪篇」です。
早く読みたい!
16. Posted by june   2008年03月23日 22:24
>かなかなさん
ゾーンビーズ、最高ですよね!このシリーズ大好きなんです。
最初のシーンはドキッとしますよね。舜臣みたいなキャラをここで・・ってことはないだろうなとは思っても、心配になりました。
リンクですが、「対話篇」ともリンクしてます。「対話篇」はゾンビーズシリーズより、静かで、また違った雰囲気の作品です。お楽しみに♪
ところで「スケキヨを助けに行くぞ!」のシーン、覚えてないのです・・。こんなにこのシリーズを好き好きと言ってるのに・・。
17. Posted by sankeru mp3 download   2012年02月13日 13:53
Blanchardstownのに旅行代理店
18. Posted by sentry 21 download   2012年02月13日 22:06
チェンマイの旅行代理店
19. Posted by Newsboys   2012年03月31日 06:11
トラベルインバーンリー
20. Posted by sperm banks   2012年04月01日 02:39
カリンポンに移動
21. Posted by erik per sullivan   2012年04月01日 15:10
シアーズ旅行オタワ
22. Posted by mewig download   2012年05月23日 22:31
サウスオール旅行固定電話番号
23. Posted by international download manager   2012年05月24日 19:01
ソレント旅行のクチコミ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
本を読むことが大好きです。家事や仕事の合間にちょこちょこと読んでいます。
このごろは中学生になった子供たちと同じ本を読んで、感想をあーでもないこーでもないと話すことができるようになりました。

なお、当ブログでは記事に関連がないと思われるトラックバックやコメントは削除させていただきます。予めご了承ください。


【ほんぶろ】さんで特集ページを作っていただきました。本について、自分について語ってます・・。
こちらからどうぞ

本以外の日々のこと

+日々のこと+

Categories
Archives
livedoor プロフィール

june