2008年04月16日

「HEARTBLUE」小路幸也

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)


「HEARTBEAT」の切なさがすごく好きだったので、楽しみにしていました。なのに・・読み始めて「HEARTBEAT」の内容をすっぽり忘れてるのに気づきました。雰囲気だとか、大まかなことしか覚えてなかったようです。読み始めればわかるかとも思ったんですが、登場人物の名前を見ても、そういえば・・というくらいだし、肝心の「あいつ」についてはみんな「今は語る時ではない」なんて言って語ってくれないんで、ずーっともやもやしたまま。自分の書いた感想を読んでもなんだかよくわからないし、誰か語ってーと思いつつ読みました。結局ちゃんと思いだせなかったんですが、これはこれでちゃんと一つのお話なので大丈夫といえば大丈夫です。一転二転する展開もおもしろかったし、とにかくぐいぐい読めます。でも後味がいま一つというかちょっともやもやとしたものが残ってしまいました。「HEARTBEAT」の方が好きです。ということで、今日、図書館に行ったらちょうど「HEARTBEAT」があったんで、読み返してきました。読み始めると怒涛のように思いだすものです。そうでした!こういうお話でした。とすっきりしたところで、やっぱり「HEARTBEAT」の方が好き。

内容説明
NYの失踪人課の男を少年が訪ねてきた。1年程前から変だったという彼の捜す少女は、なぜ姿を消したのか? 映像クリエイターの青年も加わり、探り出した哀しい真実とは。強く生きようとする者たちの、逞しくも切ない物語。


「HEARTBEAT」に登場したワットマンやサミュエル、廻谷たちが登場しますが、少女の自殺からワットマンが、一枚の写真から廻谷が、たどりついてしまったもの・・。辛すぎます。
このお話、どうにかならなかったんでしょうか。ついこの間、子供がらみのお話(「神様ゲーム」です)で毒気にあてられたせいか、何だか読んでいてやりきれなくて・・。おもしろかったんですけど、なんだかすっきりしないんで、しばらくこういう話には近づかないようにしたほうがいいかなぁなんて思いました。

で、今日「HEARTBEAT」を読み返してみたら、ラストが続編を予感させるものでした。(以前読んでるはずなのに、発見!と思ってしまった自分が悲しいです)でもこれは違うようです。番外編みたいなこれが出たということは、続編ありでしょうか。そういえば廻谷も委員長も好きだったので、あの切なさだったらまた読みたいです。
って、これについて全然語ってませんでした。きっと続編が出た時自分の感想を読んでまたがっかりするんだろうな・・。
soleil1 at 16:32│Comments(8)TrackBack(5) 小路幸也 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「HEARTBLUE」 小路幸也  [ 今日何読んだ?どうだった?? ]   2008年04月16日 17:42
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也 東京創元社 2007-12売り上げランキング : 9667Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 NYの失踪人課の男を少年が訪ねてきた。1年程前から変だったという彼の捜す少女は、なぜ姿を消したのか? 映像クリエイターの青年...
2. 「HEARTBLUE」小路幸也  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2008年04月16日 20:06
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也 (2007/12)東京創元社 この商品の詳細を見る ニューヨーク市警三十八分署の失踪人課に所属するダニギ..
3. 「HEARTBLUE」小路幸也  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2008年04月16日 22:08
「HEARTBLUE」小路幸也(2007)☆☆☆★★ [913]、国内、現代、小説、ニューヨーク、ミステリー、幽霊 ※ネタバレあり。未読者は注意願います。 本書は「HEART BEAT」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/9264780.html ]に続く物語。しかし残念なことに、過去のレ...
4. HEARTBLUE<小路幸也>−(映画:2008年50冊目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年04月16日 22:15
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40) 出版社: 東京創元社 (2007/12) ISBN-10: 4488017371 評価:55点 「HEARTBEAT」の続編。 といっても、前作をほとんど憶えてはいないのですが、すいません・・・。 何が物足りないのか、不満なのかと問われればいろいろある...
5. 振り向いて振り返る  [ 活字の砂漠で溺れたい ]   2008年04月29日 08:58
小路幸也さんには、「HEARTBEAT」と「HEARTBLUE」という、 とても似たタイトルの作品がある。 どちらの作品についても、当ブログでは過去の記事で触れている。 タイトルが似ていて紛らわしいが 苦笑 「HEARTBLUE」は「HEARTBEAT」の続編である。 たまたま「HEARTBEAT...

この記事へのコメント

1. Posted by まみみ   2008年04月16日 17:45
こんにちは。
わたしも「HEARTBEAT」のほうが好きですー!この作品はなんかもやもやするんですよね。期待を裏切られた…てほどじゃないかもしれませんが、肩すかしをくらったような感じ?うーん、うまく言えません。

前作があまりに好きだったので購入してしまった本ですが、売却しようかなぁと考えてます。でもみな考えることは同じなのか、あまり高値では売れなさそうだという。うーん。。。
2. Posted by しんちゃん   2008年04月16日 20:13
ワットマンなんていたのかなと、頭はずっと?だらけでした。でもめずらしくワットマン以外はぼんやりと覚えていました。
同じく以前に書いた自分の感想はまったく語ってくれませんでした(爆)
3. Posted by すの   2008年04月16日 22:13
ぼくはこの作品を評価していません。
なぜ、ひとの悪いところを敢えて暴こうとするのかが判らなかった。
キレイゴトだけで世界は回っていないことは知っているのだけれど・・。
ネットで「HEART BLUE」を語る多くのレビュアーが、前作「HEARTBEAT」の内容を忘れています。これはどうなんだろう。
みな高い評価をつけていたのに・・
4. Posted by june   2008年04月19日 13:31
>まみみさん
まみみさんも「HEARTBEAT」の方が好きなんですね。一緒だー!

まみみさんの言いたいこと何となくわかります。これもおもしろかったんですが、求めていたのとちょっと違うというか、そんな感じです。私も「HEARTBEAT」は欲しいけど、これはいいかな・・。
5. Posted by june   2008年04月19日 14:30
>しんちゃん
好き好き!と言いながらワットマンもサミュエルも、委員長の名前も全て忘れてました。そういえばそんな名前だったかも・・って感じでした^^;
「HEARTBEAT」はネタばれせずに感想書くの、難しいですよね。あ、でも私の場合、感情にまかせて書くんで、後から読んでもわからないんでした。
6. Posted by june   2008年04月19日 14:50
>すのさん
謎を追って行ったら行きついちゃったってことなんでしょうけど、あんまりにあんまりな真相にやりきれなさを感じてしまいました。

「HEARTBEAT」の内容みなさん忘れてるんですか?私だけじゃなくて安心しました。でも、なぜでしょうねぇ・・。私もあんなにいい!って思ったのに。ラストの驚きと、切ない読後感があまりに印象的で、それだけ残っちゃったのかも。
7. Posted by yori1199   2008年04月29日 08:59
juneさん おはようございます
私も前作のこと、ほとんど忘れてました 苦笑 というわけでBLUEの後にBEATを再読してしまいました 笑
8. Posted by june   2008年04月29日 23:41
>yori1199さん
こんばんわ。yoriさんですよね?
↑ですのさんが書かれてますが、ほんとみなさん前作を忘れてますね〜。安心しました。私も図書館でBEATを再読して、やっとすっきりしました。同じことをしている人がいたんですね(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
本を読むことが大好きです。家事や仕事の合間にちょこちょこと読んでいます。
このごろは中学生になった子供たちと同じ本を読んで、感想をあーでもないこーでもないと話すことができるようになりました。

なお、当ブログでは記事に関連がないと思われるトラックバックやコメントは削除させていただきます。予めご了承ください。


【ほんぶろ】さんで特集ページを作っていただきました。本について、自分について語ってます・・。
こちらからどうぞ

本以外の日々のこと

+日々のこと+

Categories
Archives
livedoor プロフィール