2010年01月21日

「告白」湊かなえ

告白
告白
クチコミを見る


話題になっていたので、ずっと気になってたのです。やっと予約の列が途切れたようで、図書館の書架に戻ってきたところを借りることができました。
読んでみてその人気も納得。おもしろくて読み始めたら止まらなくなってしまいました。いえ、おもしろいという話ではないんです。驚くほどどこにも救いがなくて、読んでいていたたまれなくて辛いのですが、ページを繰る手が止まらないという・・・。すごかったです。
で、読み終えた今も、いろいろなことが頭の中をぐるぐると回っています。

内容紹介
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。


語り手が次々と変わって、いろいろな角度から一つの出来事を見るという形式が生きています。終業式の後のHRで、自分の幼い娘を殺した犯人を淡々と静かに、けれども容赦なく告発する女性教師。静かな語り口で語られる内容に衝撃を受けました。
そして次に登場するのは、犯人のクラスメートの女生徒です。彼女は担任が変わりそのまま持ち上がりとなったクラスでその後、犯人の少年をめぐって起きる悪意の連鎖について語ります。そしてその後は犯人の少年たち、犯人の少年の家族がそれぞれ語っていきます。

語り手が変わることによって、女性教師の告白で見えていた世界が、より鮮明になったり、全く違うものが見えてきたり。悪意がなかったのだとほっとしたり、ここまではしてなかったのだと安堵したのを、本人の告白であっさりひっくり返されたりするんです。同情したら、いとも簡単に裏切られるなんてことも何度もあって、そのたびにショックを受けて、翻弄されるのです。
悪意だけがひたすら積み重なり連鎖して、そしてみんながみんな一線を越えてしまうと、こんな風景になるのですね。だれか一人でも、踏みとどまってくれたらよかったのに・・。どれだけの悪意があっても、それがここまでむき出しに実行されるのがただひたすら恐ろしかったです。

誰が一番悪いんだろう。それはやっぱりどんな理由があっても子供を殺した犯人だと思います。では彼をそこまで追い詰めた大人は?そしたら復讐はいいわけ?と、頭の中でいろいろなことをぐるぐると考えてしまいました。母親が大好きでそれをこんなふうに歪んだ形でしか表わせない子供は、やっぱり不憫に思えてしまうのです。それで自分の子供を殺されたらたまったものではないのですが・・。
もしも自分の子供を殺されて、犯人が少年で罪に問われないどころか無反省だったら・・・。私もきっと復讐したい殺したいと考えると思います。でも、司法に委ねても、自分の手で復讐しても、子供は戻ってはこないのですから、何をしても救われることはないような気がします。そういえば「天使のナイフ」の時もこういうことをいろいろと考えました。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『告白』/湊かなえ ◎  [ 蒼のほとりで書に溺れ。 ]   2010年01月21日 23:52
前評判がすごかった、この『告白』、確かにスゴイ。 「事故だったはずの自分の娘の死は、本当はこのクラスの生徒に殺されたのだ」と女性教師が語り始めるという、インパクトのある序章、その後5章にわたって、事件と事件その後について、事件関係者とその周辺の人物が語る物...
2. 告白  [ 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪  ]   2010年01月22日 22:15
****************************************************** 「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に 殺されたのです」 わが子を亡くした女殮.
3. 告白/湊かなえ  [ ディックの本棚 ]   2010年01月22日 23:02
告白  いつもなら、冒頭で小説の始まりの部分を紹介し、人物や舞台を紹介するのですが、本書はなかなかそういうわけにはいきません。  高等学校の一学期の終業式を終えたホームルームか何かで、女性の先生がクラスのみんなに話をする、その一人称の話し言葉から物語は....
4. 湊かなえ『告白』  [ itchy1976の日記 ]   2010年01月25日 12:26
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことができ...
5. 湊かなえ 「告白」  [ ホシノ図書館 (本と映画の部屋) ]   2010年01月28日 22:20
告白(2008/08/05)湊 かなえ商品詳細を見る 【内容】 愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。第29回小説推理斮..
6. 『告白』 湊かなえ  [ Roko's Favorite Things ]   2010年04月28日 23:26
告白 湊かなえ 双葉社 650円 Amazonで購入書評
7. それぞれの告白  [ 笑う学生の生活 ]   2010年05月31日 22:58
小説「告白」を読みました。 著書は 湊 かなえ やっと読めました、 その後の「贖罪」、
8. 「告白」/湊かなえ  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年06月03日 08:12
「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊)       今までにないタッチの文体と進行。ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下にあまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落ち込んでいく。嫌がおうにも次のページを捲っている自分に気付く・・・。文庫本...
9. 告白 湊かなえ  [ 苗坊の徒然日記 ]   2010年06月05日 21:05
告白クチコミを見る 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた....
10. それぞれの事情と言い訳『告白』【小説】  [ やっほっほ?? ]   2010年07月03日 09:12
告白 湊かなえさんの作品 第29回小説推理新人賞受賞 「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 わが子を亡くした女性教師が、終...
11. 本 「告白」  [ はらやんの映画徒然草 ]   2010年12月04日 10:10
中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのこ

この記事へのコメント

1. Posted by 水無月・R   2010年01月21日 23:52
juneさん、こんばんは(^^)。
積み重なる悪意・自己顕示欲、そして被害者意識と、自己愛。
醜い感情だけど、だれもが持っているもの。
それが、一番悪い方へと循環してゆく、しかもそれが全く自然に・・・というのが本当に怖い作品でした。
2. Posted by ゆき   2010年01月22日 22:18
こんにちわ。
とても、重い一冊でした。
怖いというか、ぞくぞくというか。。
読む手が止まりませんでした。
読後感は決して良くないですよね。
3. Posted by ディック   2010年01月22日 22:59
おもしろいのですが、こねくり回し過ぎですね。途中でやめたほうがもっとよかった、といのうが正直な感想です。
4. Posted by june   2010年01月24日 16:28
>水無月・Rさん
こんにちわ。
そうなんですよね、悪意も自己顕示欲も被害者意識も、誰でもが持っているものなんですよね・・。それが気づかぬうちに最悪の結末へ向かっているというのが、どうにも恐ろしかったです。
でも、ここまでみんながみんな一線を越えてしまうというのは、実際はない気はするんですけど・・というか、ないと信じたいです。
5. Posted by june   2010年01月24日 16:35
>ゆきさん
こんにちわ。
いったいどうなってしまうんだろう・・と、私もページを繰る手がとまりませんでした。でも、読後感は決してよくはないですよね。読み終えてどうにも後味の悪い気持ちが残ってしまって、読んだ後しばらく呆然としてしまいました。
6. Posted by june   2010年01月24日 16:39
>ディックさん
これだけ読ませるというのは、うまいなぁと思います。でも、確かにここまでうまくつながっていくと、やり過ぎという気もします。
7. Posted by Spica   2010年01月28日 22:24
こんばんは。
こちら、まさにイッキ読みしちゃいますよね。
読んでるこちらをぐいぐい引き込む力の強い作品でした。そして淡々とした語り口調の裏の真実が衝撃的ですよね・・・。誰も正しくないけど、そうせずにいられなかった気持ちも理解できるというか。すごく複雑な気持ちになりました。松たか子さんで映画化ですよね。怖いけど観に行こうかな、と思っています。
8. Posted by june   2010年01月31日 00:38
>Spicaさん
こんばんわ!これは読みだしたら止まりませんよね。思わずイッキ読みしてしまいました。

>誰も正しくないけど、そうせずにいられなかった気持ちも理解できるというか

そうなんです。私も複雑な気持ちになって考えてしまいました。

映画化されるんですね!松たか子さんですか・・・。迫力ありそうです。私も怖いけど見たい、見たいけど怖いです。
9. Posted by Roko   2010年04月28日 23:29
juneさん☆こんばんは
「みんな勝手だよなぁ~!」って最初は思っていたのですが、段々と「みんな孤独なのね」という感じがしてきました。
誰のことも信じられない人間って、本当に悲しいです。
10. Posted by june   2010年04月30日 21:13
>Rokoさん
みんな勝手ですよね。自分のことしか考えてないし。
でもそれって確かに「みんな孤独」なのかも。そう思うと辛くて哀しい気持になりますね・・。
11. Posted by 苗坊   2010年06月05日 21:11
こんばんわ。TBさせていただきました。
噂どおりの衝撃作で、読む手が止まらなかったです。
私も、いろいろ考えました。誰が1番悪いのか、そしてこの制裁は少年達にとってよかったのか。
結局答えはわかりませんでした。
でも、みんなどこか歪んでいて、怖かったです。
こういう人たち、今はたくさんいそうなので・・・。
12. Posted by june   2010年06月07日 18:56
>苗坊さん
私もこの作品は読む手が止まりませんでした。すごい力だと思います。
そして考えてしまいますよね・・。そして考えれば考えるほどわからなくなってしまって、途方にくれました。みんな歪んでると思うんですけど、どこかわかるところもあるというのもまた怖くて・・。
13. Posted by かなかな   2010年10月19日 16:48
遅ればせながら読了しました。救いがないと聞いてたのでなかなか触手が伸びず・・・。
確かに読む手は止まらず、面白いんですが、ちょっと違和感を感じました。人間の「悪」が感覚的で軽い印象を受けたからかな。もっと何が悪いのか突き詰めてほしかったかも。こうした子供を作り出すのはやはり親や大人なんでしょうかね。そう考えると自分を正さずにはいられません・・・。
14. Posted by june   2010年10月22日 19:12
>かなかなさん
確かにこれは読み始めると止まらないおもしろさがあるんですよね。
でも、あまりにもうまくつながり過ぎていて、作り物めいてしまうというか、そんな感じがしました。

>こうした子供を作り出すのはやはり親や大人なんでしょうかね。

読んでいて誰が一番悪いのか、わからなくなってしまったんですけど、大人の責任は絶対ありますよね・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
本を読むことが大好きです。家事や仕事の合間にちょこちょこと読んでいます。
このごろは中学生になった子供たちと同じ本を読んで、感想をあーでもないこーでもないと話すことができるようになりました。

なお、当ブログでは記事に関連がないと思われるトラックバックやコメントは削除させていただきます。予めご了承ください。


【ほんぶろ】さんで特集ページを作っていただきました。本について、自分について語ってます・・。
こちらからどうぞ

本以外の日々のこと

+日々のこと+

Categories
Archives
livedoor プロフィール

june