2010年05月15日

「ドラゴン・ティアーズ──龍涙」石田衣良

ドラゴン・ティアーズ──龍涙
ドラゴン・ティアーズ──龍涙
クチコミを見る


この頃石田さんの作品は新刊が出ても追いかけていないのですが、このシリーズだけは好きなので別です。Gボーイズの力を借りても、サルの力を借りてもいいんです。それは水戸黄門的展開のお約束ってことです。
今回も時の社会問題をわかりやすくうまく取り入れて、しかも読んでいておもしろいものになっていました。社会的弱者を切り捨てない優しさもあるし、石田さんはやっぱりうまいなぁ・・。というかうますぎる。これがあの美しいお部屋で(テレビで見たのです)描かれたというのを知りたくなかったと思ってしまうのは、わたしのわがままです。はい・・。
それにしてもシリーズももう9冊目です!マコトはいったい今いくつなんだろう??

内容(「BOOK」データベースより)
茨城の奴隷工場から中国人少女が脱走した。250人の研修生の強制送還まで、タイムリミットは一週間。捜索を頼まれたマコトは、チャイナタウンの裏組織“東龍”に近づく。


今回もマコトのお母さんがかっこよかったです。最後の決断なんてホントにすごい。こういう手もあるんだと驚いたのですが、それをドンと受け止めてしまうんですから。
そして以前のシリーズでワーキングプアのことを書いた作品が印象深かったのですが、今回もホームレスやもっと劣悪な環境にいる外国人労働者といった人たちが出てきました。私たちが見ようとしない、知らないということで済ませている人たちです。無関係でいいのかな・・・考えてしまったし、無知な自分を恥ずかしく思いました。

以下は備忘録



「キャッチャー・オン・ザ・目白通り」
タカシから紹介されたのは、お姉キャラで人気のカリスマエステティシャン「ブラッド宮元」の詐欺にだまされた被害者の女性たちだった。マコトは彼女たちの依頼でブラッド宮元の素顔を暴くため、タカシとともにブラッド宮元の会社にキャッチとして潜入した。

「家なき者のパレード」
ホームレスの支援組織のヨウスケからの依頼は、最近ケガをしているホームレスがいるが、彼らに事情を聴いても答えてくれない。何が起こっているのか調べてほしいというものだった。役所のすすめる公園の正常化で公園に住むことができなくなったホームレスたちはバラバラに暮らすようになったという。そしてそこでは貧しいもの同士がわずかな取り分をめぐって争いが起きているという。マコトはホームレスを訪ねて回る先で「あぶれ手帳」という聞きなれない言葉を聞いた。

「出会い系サンタクロース」
彼女いない歴28年のサラリーマンからの依頼は、「出会い部屋」であったアヤという女性を助けてほしいというものだった。アヤは母親がパチスロで作った借金のために昼はOLとして働き夜は「出会い部屋」で働いているが、それでも足りなくて体を売るように圧力をかけられているという。

「ドラゴン・ティアーズ −龍涙」
細身のスーツに身を包み美しい日本語を話すイケメン中国人のリンから依頼されたのは、茨城の工場から脱走した中国人少女クーを見つけてほしいというものだった。彼女を1週間以内に見つけなければ、厳しい選考を通ってお金をためるために必死に働いている一緒に日本に来た中国人研修生たち250人も強制送還されるという。
おりしも池袋ではチャイナタウン構想が持ち上がり、クーが逃げ込んだのは東龍という池袋の中国人組織らしい。リン、東龍のボスのヤン、羽沢組のサルも乗りだした。マコトはその中で何ができるのか。
soleil1 at 21:41│Comments(4)TrackBack(2) 石田衣良 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

ドラゴン・ティアーズ ─ 龍涙池袋ウエストゲートパーク??posted with
2. 「ドラゴン・ティアーズ──龍涙」石田衣良  [ 心に残る本 ]   2010年05月22日 20:51
池袋ウェストゲートパークの最新刊「ドラゴン・ティアーズ──龍涙」を読みました。 いつもの通り、マコトは、トラブルをうまく解決してく??.

この記事へのコメント

1. Posted by かなかな   2010年05月16日 20:19
私もこの作品を読み終わったとき、知ることの重要性を認識しました。100円のカップラーメンに誰の涙がどれくらい注がれているかなんて想像したこともなかったし、安ければ安いほど助かるわあなんて思っていたし。
知らないより、知った方がいい。
水戸黄門のようなお約束でも、やはりマコトはいいですね。サザエさんのようにずっと今のままで弱い立場の人達のために闘って欲しいと思います。しかし、このシリーズはどこまでいくでしょうか?
2. Posted by Roko   2010年05月16日 23:46
juneさん☆こんばんは
日本の中で一体何が起きているのかを、どうしてわたしたちは知らされていないのでしょうか?
それを隠そうとする人がいるから?
わたしたちが無関心だから?
水戸黄門のようなフリをしているけれど、色んな事を考えさせてくれるのが、このシリーズの魅力だと思います。
3. Posted by june   2010年05月18日 09:00
>かなかなさん
私も、安ければ安いほど助かるって思っていたし、実際助かってもいますが、そこにはこういうからくりがあるんですよね。ちょっと考えをめぐらせればわかることなのに、見ようともしてなかったというか・・。カップラーメンもこういう視点でみると、なんだか複雑です。忘れないようにしなくちゃって思います。
マコトはどこまでいくんでしょうね。今の日本だったらネタにはずっと苦労しなさそうですけど。でもマコトはサザエさんとは違って年をとっていきますからねぇ(笑)。
4. Posted by june   2010年05月18日 09:06
>Rokoさん
こんにちわ!
確かにいろんなことが隠されてるんでしょうね。でも私たちが無関心であえて知ろうとしないできたからこうなってしまったのかもしれないなぁとも思います。
おきまりの展開でもこうしてシリーズが出るたびに手にしてしまうのは、こんなふうに考えるきっかけをくれるからかもしれないですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
本を読むことが大好きです。家事や仕事の合間にちょこちょこと読んでいます。
このごろは中学生になった子供たちと同じ本を読んで、感想をあーでもないこーでもないと話すことができるようになりました。

なお、当ブログでは記事に関連がないと思われるトラックバックやコメントは削除させていただきます。予めご了承ください。


【ほんぶろ】さんで特集ページを作っていただきました。本について、自分について語ってます・・。
こちらからどうぞ

本以外の日々のこと

+日々のこと+

Categories
Archives
livedoor プロフィール

june