2010年09月27日

「GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神」桜庭一樹

GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)
GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)
クチコミを見る


シリーズ外伝ということで、楽しみにしていました。一弥とヴィクトリカの出会いのきっかけになった事件だとか、セシル先生って何者?だとか、気になっていたことが色々とわかって楽しかったです。でもミステリーとしては短編のせいか小粒だし、納得できないものもあったりして、ちょっと消化不良な感じも残ってしまいました。文章はテンポがよくて読みやすかったです。

内容(「BOOK」データベースより)
1924年、春。ヨーロッパの小国ソヴュールに、極東から留学してきた久城一弥は孤独である。不慣れな環境、言葉の壁、クラスメイトの間で囁かれる不吉な言い伝え“春やってくる旅人が死をもたらす”…そして噂どおり起きてしまった殺人事件。容疑者として絶対絶命の危機に陥った一弥に気まぐれな救いの手をさしのべたのは、図書館塔に篭もる謎の少女だった―。世界を変える出会いの瞬間を描く、名作ミステリ外伝短編集。


二人が出会うきっかけになった事件があるということは語られていましたが、ここで初めてその事件と一弥とヴィクトリカの出会いが語られます。
ヴィクトリカはどこから図書館に通ってくるんだろうとか、セシル先生のこと、アブリルが転校してきた時のこと、シリーズを読みながら、そういえば気になっていたということも次々語られていくので、読んですっきりしました。
あんな出会い方をしたら、アブリルは一弥を好きになっちゃいますよ。

ところで一弥ってボーイミーツガールを夢みる男の子だったんですねぇ。意外でした。でも、なのになんであんなに鈍感なんだろう。

それにしても途中、どうしても納得できない謎解きがありました。どう考えてもあの推理では無理だろうと思うのですが・・。あの謎解きは表向きで、実は真相はっていうのがこれから語られたりしないかなぁ。

あと、ヴィクトリカが一弥の兄に出した謎解き!あれがどうしてもわかりません。もうシリーズの続きを読むしかないじゃないですかー。
soleil1 at 21:52│Comments(2)TrackBack(2) 桜庭一樹 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『GOSICKs ??春来たる死神??』/桜庭一樹 ○  [ 蒼のほとりで書に溺れ。 ]   2010年10月27日 22:06
概出シリーズの発端ともなる、久城一弥とヴィクトリカの出会いから始まるこの『GOSICKs ??春来たる死神??』は、大きな事件に出会う前の、彼らが解決した5つの小さな事件の物語である。 初々しい感じの一弥が可愛い・・・!頑固者の東洋人の少年、見慣れないその姿や...
2. GOSICKs・春来たる死神  [ 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] ]   2011年01月08日 10:23
 年末から、すっかり嵌ってしまっているのが、桜庭一樹の「GOSICK」シリーズ。元々は、、富士見ミステリー文庫から出ていたものだが、現在は角川文庫から行されている。個人的には ...

この記事へのコメント

1. Posted by 水無月・R   2010年10月27日 22:11
juneさん、こんばんは(^^)。
あ〜!私も気になりました、ヴィクトリカが出した馬の絵の謎解き。
正解は「次兄からの返信」の形で作品中に出てくるのかなぁ・・・。出てきて欲しいですね♪
一弥・ヴィクトリカ・アブリル・ブロワ警部・セシル先生、主要人物それぞれがよくわかる短編集でしたね!
次の短編も楽しみです〜!
2. Posted by june   2010年10月28日 20:32
>水無月・Rさん
こんばんわ!
馬の絵の謎解きわかりませんよね?
あれからふと、あの絵が頭をちらついたりするんですけど、未だにさっぱりわかりません。
「GOSICKs」の兇出たので、そちらに出てくるのかな・・と、期待してるんですがどうでしょう。兇鯀瓩読みたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
本を読むことが大好きです。家事や仕事の合間にちょこちょこと読んでいます。
このごろは中学生になった子供たちと同じ本を読んで、感想をあーでもないこーでもないと話すことができるようになりました。

なお、当ブログでは記事に関連がないと思われるトラックバックやコメントは削除させていただきます。予めご了承ください。


【ほんぶろ】さんで特集ページを作っていただきました。本について、自分について語ってます・・。
こちらからどうぞ

本以外の日々のこと

+日々のこと+

Categories
Archives
livedoor プロフィール

june