2004年08月05日

手紙


手紙
東野圭吾

これは辛すぎます。実際にある差別の象徴的なエピソードが、これでもかと積み重ねてあるので、読んでいることが辛いのです。主人公の苦しみは、痛いほどわかるのに、自分を振り返るとどうなのか・・と考えさせられました。
犯罪を犯した本人ではないのに、差別を受ける理不尽さを受け入れて生きていかなければならない現実。殺人犯の身内という血の呪縛。差別や偏見が産んでいく悲しみの連鎖を断ち切ることはできないのだろうか、希望を持つことはできないのだろうかと、重い気持ちになりました。
soleil1 at 00:07│Comments(6)TrackBack(7) 東野圭吾 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 手紙 小説  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年11月19日 13:22
映画のレビューはこちら  映画を観て感動し、無性に原作を読みたくなったのだ。まさに映画会社と出版社の思う壺だが、それだけこの作品が素晴らしいのだろう。 手紙 著者:東野 圭吾販売元:文藝春秋Amazon.co.jpで詳細を確認する  映画も原作もストーリー
2. 「手紙」東野 圭吾 読む価値の高い、お薦めの作品  [ ポコアポコヤ ]   2006年11月19日 14:44
「手紙」東野圭吾 を読みました。凄く読み応えがあって、本年度読んだ小説の中で、ベスト3に入る作品でした。 恥ずかしながら、何度かボロ泣きでした。
3. 東野圭吾【手紙】  [ ぱんどら日記 ]   2006年12月06日 13:12
山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカの出演で映画化された作品。 山田孝之はTBSが東野圭吾の【白夜行】をドラマ化したときも出演しており、めっきり東野圭吾づいている。本書を読みながら「なんか【白夜行】っぽい」と感じ??
4. 「手紙」 東野圭吾  [ 仙丈亭日乘 ]   2007年05月13日 06:25
お薦め度:☆☆☆☆ / 2006年11月10日読了
5. 手紙  [ 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ ]   2007年08月26日 12:35
**************************************************************** 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには 獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛 就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに 「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷...
6. 東野圭吾『手紙』  [ itchy1976の日記 ]   2009年04月05日 15:44
手紙文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『手紙』を紹介します。東野作品は、2007年4月現在70%ぐらい読み終わったのですが、白夜行の次に好きな作品です。本書は、犯罪加害者の家族(特に弟の直貴の人生にどう影響するか)を描いたものです。 もし、殺人者...
7. 差別なき世の中は来ないのか?  [ 笑う学生の生活 ]   2010年08月28日 20:35
小説「手紙」を読みました。 著書は 東野 圭吾 犯罪加害者の家族がテーマ 強盗殺人の罪で刑務所にいる兄をもつ弟の苦悩・・・ 東野圭吾とはいえ ミステリではなく 人間ドラマ 社会派な作品で 考えさせられる作品でした ...

この記事へのコメント

1. Posted by ケント   2006年11月19日 13:24
こんにちは、ご無沙汰しています。
なかなか考えさせる小説でした。僕ならどうしただろうか・・・やはり電気店の社長の言葉が常識なのだろう。
映画を観てから原作を読みました。それで映画との比較論的なレビューになってしまいましたよ。
2. Posted by latifa   2006年11月19日 14:48
こんにちは、juneさん、昨晩一気に読み終えてしまいました。
juneさんは、ちょっと、重すぎて読むのが辛かった様ですね・・・。
私は、とってもこれ、良かったです。
今年読んだ本の中で、ベスト3に入る様な気がします。
今、トキオや容疑者Xも、図書館にリクエスト中なので、楽しみです☆

PS 石田衣良さんの、ウエストゲート・・を、読んでみました。なかなか面白かったです。やっぱり、ちょこっとだけ、引っかかる部分もありましたが・・・。自分がもう若くなくなっちゃったからなのかなぁ〜なんて思ったりして。本を読んだ後、ドラマを何話かですが見てみました。個人的に小説よりドラマの方が好きだったりしました(^^;)
TBさせて下さいね^^
3. Posted by june   2006年11月19日 22:23
>ケントさん
お久しぶりです!
社長の言葉が常識というのはわかるんですが、現実のあまりの重さにいまさならがら打ちのめされました。映画はまだ見ていないのですが、評判いいみたいですね。ケントさんのレビュー、これから読ませていただきます。
4. Posted by june   2006年11月19日 22:27
>latifaさん
これはもう重くて辛くて打ちのめされました。それでも、東野さんの作品の中では「白夜行」に次いで好きな本でもあります。
「トキオ」と「容疑者X」これからなのですね。感想を楽しみにしてます。

IWGP読んだのですねー。そういえば最新作はまだ読んでいませんでした。このシリーズはまだまだ追いかけます。
好きな本のドラマ化って、だいたいがっかりするんですが、これは私も好きです。今思うと、すごいキャスティングなんですよね。
5. Posted by ゆき   2007年08月26日 12:40
こんにちわ。
重いテーマの本でした。
自分の立場に置き換えたら・・と考えると
尚更考え深いものがあります。
最初から最後まで哀しい話だったと思います。
6. Posted by june   2007年08月27日 20:31
>ゆきさん
こんばんわ。
これは考えさせられました。自分の立場だったら・・というのもそうだし、周りにそういう家族がいたら、どうするんだろう・・と。
たぶんここに描かれた厳しさが、リアルなんだろうなって思うとすごく辛かったし、悲しかったです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
本を読むことが大好きです。家事や仕事の合間にちょこちょこと読んでいます。
このごろは中学生になった子供たちと同じ本を読んで、感想をあーでもないこーでもないと話すことができるようになりました。

なお、当ブログでは記事に関連がないと思われるトラックバックやコメントは削除させていただきます。予めご了承ください。


【ほんぶろ】さんで特集ページを作っていただきました。本について、自分について語ってます・・。
こちらからどうぞ

本以外の日々のこと

+日々のこと+

Categories
Archives
livedoor プロフィール

june