ソレイユ日記

〜ソレイヤーたちは 今日も燦燦と唄い 輝く〜
東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユの日記です。

皆さまこんばんは、久しぶりに日記を書くことになりました。
テナー3年の鈴木です。

12月に演奏会を終え、年明けからは執行学年を交代し、
気付けばソレイユでも自他ともにおじさんになったことを認めています。

さて、皆さまは街中を歩いていて何かしら声を掛けられることはあるでしょうか?
ティッシュ配りであったり、住宅販売の案内であったり、アンケートへの協力など...
声の掛けられやすさは人によって異なるでしょうが、僕はかなり捕まってしまう方だと思っています。

年齢によって、時期によっても内容は変わるのでしょうが、最近は住宅販売の案内をしばしばされてしまい複雑な気持ちになります。
小さな悩み(笑)と言えば本当にそれに尽きるのですが、
「すいません、まだ学生なんです」と真面目に返答をすると、「あ...」と発したきり流れる沈黙。
返事をしてしまう辺り、声の掛けやすそうな雰囲気の醸成につながっているのでしょうか。
年齢が高く見えてしまうのはマスク着用の影響も多分にあるのだと信じたいです。

マスクの話を出したところで(因果はありません)、そろそろ練習レポートに移ります。
1月からはオンライン練習を行い、来る新歓に向けて毎回異なる曲の音を確認し合っていますが、
これまたコミュニケーションの難しさを感じることがしばしばです。

もちろん各自自宅からオンライン参加なのでマスクは着用しませんが、
功罪とも言うべきカメラ&マイクのスウィッチボタン。
大事な意見を発表するときでも、些細な反応をするときでも、ボタンの一つ二つの選択でやり取りの雰囲気が大きく変わってしまうように感じています。
対面練習ではお互いが同じ場所に存在して常時確認しあっているのが当たり前だったのに、
お家にいると個人の空間性(内)の意識が高まってしまうのでしょうか。
できればカメラをオフしたいという気持ちが増えてしまうようです。

ともすれば新歓も全面オンラインになってしまいそうですが、
そうなると活動の雰囲気がより一層(対面新歓よりも、普段の練習よりも)大切になりそうです。
自分が活動を続ければ続けるほど雰囲気に溶け込んでしまいますが、新入生だった時のフレッシュな気持ちに立ち返ってみるのも必要かもしれませんね。

実際に僕よりも上の代の頃には新歓RPGをやっていたそうです。
新入生役の人との会話練習や技術指導など?でしょうか。

それではまた次回お会いしましょう〜。

こんにちは、アルト3年の中村です。
この日記は前回の先生練についての内容です。
Official髭男dismの”Pretender”のメロディに乗せてお読みいただけると幸いです。

*原曲の性質上、少しネガティブな表現になっている部分がありますがご了承ください。




ソレイユ日記のストーリー それは予想通り
いざ始まれば 一人語りだ
ずっと書いていたって 結局ただの感想だ
文才がない アイムソーリー それはいつも通り 
慣れてしまえば 悪くはないけど
私の集中は人生柄 続きはしないことを知った

もっと違う設定で もっと違う環境で 歌える世界線 選べたらよかった
もっと違う表現で もっと良い発音で
歌を 届けられたらいいな

そう願ってもズームだから

グッバイ 君の自粛明けは7日じゃない
辛いけど否めない でも離れ難いのさ
その事に 触れただけで 痛いや 
いやでも 甘いな いやいや
グッバイ それじゃ僕にとって歌は何?
答えは分からない もう4年目なのにさ
たったひとつ 確かなことがあるとするのならば
「楽典は大事だ」


俺は、東京外国語大学国際日本学部1年 イケ・ザワナオキ death!
ひょんなことから副部長を引き受けてしまった。もう、バカバカ。人前でしゃべるのが得意だとか言って、全然時間を守って生活できないのに、あんたに毎月忘れずに音楽室借りることなんてできるの?まともにあのヤマブキリスさえチャックしないのに、正確な情報を前日までに発信しなければならねえでやんすよ。連絡会のメモ取りだって一緒だぜ。部員一人一人のその瞬間の言葉を後でみんなが見返せるように過不足なく書かなきゃあいけねえ。
そういえば、この前M(姉)に言われたのですが、僕は波乱万丈線という手相が見えるらしいんですよ。でもよ、この波乱万丈とかいう線、手のひらの真ん中をそりゃもう何の恥ずかしげもなくまっすぐ歩いてやがるんだ。おかしな話だよな。波の一文字もありゃしねえ。でもまあ、もしかしたら、この線をミクロ単位でみたらいい波乗ってるのかもしれないですし、今こうして副部長といういかにも大変そうな役目をやることになりましたのも、荒波に見えるかもしれないけど、見返してみたら一本筋の通った人生に。
とまあ感情の起伏が多いまだまだ思春期でムラのある生活を送っているイケですが、今自分が好きなこと、歌を歌うこと、ができているこの環境を決してなくしたくない思いは揺るがないものなので、まだまだたたき起こしてもらうことになりそうですが、新副部長としてよろしくお願いいたします。

P?S?P
この度、ソレイユのインスタグラムをついに開設することといたしましたので、つきましては、閲覧者の皆様にはフォローのほどよろしくお願いします。

 お久しぶりです。村田です。課題とテストに追われていたら、日記のことをぬかっていました。1月20日の練習報告です。
 今回は、学歌の音取りだったのですが、リモートでの練習だったため、各々で音を取り、最後に全体で確認するという流れでした。新体制になったとたんに対面練習が出来なくなり、やることも多い中先輩方が意見を出し合って、より良い練習模索中です。出来れば対面練習がしたいですが、仕方ないものは仕方ないですね。
 話は変わりまして、全国共通テストが終わりましたね。受験生もラストスパートといったところでしょうか。自分が受験生だったことがはるか昔に思えます。ソレイユに新入生たくさん入ってくれたらいいなとか考えますが、そもそも新入生と対面であえる日がいつになるやらもわからないですよね。悲しい。
 それでもきっと会えると信じて新歓等に向けて練習を進めていこうと思います。
 受験生の皆さん頑張ってください!!!僕も課題頑張ります!!(僕の課題が終わらないこと受験生の頑張りを同列に語るなって感じですね。すみません。)

 こんにちは、最近人に成りました!ベースのSEIYUです。気づけばここまで生きてきたんだなぁと、生きて生きて生きて生きて生きてきたんだよな(あいみょん)としみじみ実感しております。今年は成人式は開催できないところがほとんどだったと思いますが、記念写真は撮ったよという人が多いのではないでしょうか。かく言う私もその一人でした。友としばらくぶりの再会を果たし、その変貌に呆気に取られたり、一方でやっぱり変わらないなぁと安心したり、気のおけない仲間というものの素晴らしさを改めて知りました。

 
 大人になるということは、自由と責任を負っていくことなのですね。なればお酒と税金は象徴的です。ソレイユにおいてもいよいよ上級生と呼ばれてきそうです。あぁぁ、裁量権とごちそうですね。これまで先輩方に、見えるところでも、見えないところでもたくさん支えられて来て、ただただ感謝しかないのですが、もう頼れる時間も長くないようです。ソレイユ はあくまで一つの合唱を楽しむサークルであり、卒業があって、卒業後はまた別のステージがあると思います。いつかソレイユの懐かしのメンバーで再会した時に、ちょうど成人式のように驚きと懐かしさ、そしてあたたかさがそこにあったら良いなぁと今から妄想しております。こんなことを言っているからおじさんに近づいて行くんですよね。もう少し若作りしないと。

 
 さて、ソレイユでは最近会議が続いております。新体制になり、来たる新歓や演奏会に向けて少しずつ準備をしております。心配事も多いですが、自分たちができることを模索しております。やっぱり仲間が心強いです。どうぞ暖かく見守り下さい。また今回の演奏会の映像はもうすぐ公開されます。拙い演奏ですがぜひお聞きくださいね。日本語、ラテン語、フランス語、(イギリス)英語とソレイユらしく多言語です。特に外国語曲に関しては、曲を聞くだけでなく歌詞も見ながら、一緒に楽しんで、味わってください。長くなりましたが、ここであと一つだけ告知させて下さい。現在大きなプロジェクトを構想しております。これには多くの卒団生、また外大に関わる多くの人にも協力を仰ぎたいと考えております。上手くいくか心配ですが、面白がって試行錯誤したいと思います。近々発表する予定ですので、どうかその時はお力添えお願い致します。皆さんの素敵な声を待っています。それでは、人に成ったSEIYUでした〜


9ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、良い報いがあるからだ。
10どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こす。倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。
11また、ふたりがいっしょに寝ると暖かいが、ひとりでは、どうして暖かくなろう。
12もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。三つ撚りの糸は簡単には切れない。  
                                      伝道者の書4:9-12


24滅びに至らせる友人もあれば、兄弟より親密なものもいる。          箴言18:24



あけましておめでとうございます!
2021年になりましたね、イタリア語科2年の川嶋です。
今年こそは感染症の流行も収まり、また気軽に外出できる世の中になって欲しいです。

さて、ソレイユについてですが、年末に録音した演奏会は、現在音源を編集し、youtube投稿用動画を作成しておりますので、しばらくお待ちください。

そして、ソレイユの新年名物といえば、代替わりです!私は2021年度の部長に就任致しました。
本年度も、仲良く合唱を楽しむ、明るく賑やかな団にしていきたいです。これからのソレイユも、どうぞよろしくお願いします!

 皆さま、こんばんは。演奏会も明日に控え、前日の日記です。
割と最近日記を書いた気がします、鈴木颯馬です。
 2020年も暮れの暮れですが、今年はどんな1年だったでしょうか。昨冬からのコロナウイルスは私たちの生活様式を激変させ、とりわけ「声」を主軸に活動する合唱では沢山の制約がある中での暗中模索でした。
 年間のイベントでは合宿や対面新歓の中止、新歓ピクニック(上級生が料理を作り1年生をもてなす新歓)が出来なかったのはとても残念でした。
 日常的な部分では、上半期間のオンラインでの活動、9月以降の普段の練習でも諸所に渡る感染症対策などがありました。パソコンの画面越しに音取りを行い、相互に消音して歌う
ことは衝撃的な体験でよく覚えています。
 一方で、そんな1年だからこそ挑戦できた取り組みも沢山ありました。時系列に辿ると、7月のオンラインの納会、9月のリモート合唱コンクール、10月のコーラスフェスティバルなどなど、例年に勝るとも劣らず精力的に活動できました。
どちらの音源もYouTubeチャンネルにアップしていますので、ぜひぜひご視聴ください!
https://www.youtube.com/channel/UCQa1YXRaMwpswLdUH1etUIA

 さてさて、今回の演奏会に話を戻しましょう。先に触れた1年間の活動を経て、まさしく2020年度の集大成となっています。
 全3ステージの曲目には、きっと私たちの意気込みを感じていただけるでしょう。
第1ステージでは合唱の楽しさに立ち返り、1人1人が伸びやかに日本語のメロディを歌います。続く第2ステージではフランス語にラテン語と、国や時代は違えども、今日の音楽にも生きる要素が沢山詰まっております。最後の第3ステージでは英語曲を歌い、各々の内に込められた祈りや願いをお届けいたします。
 ホールを借りて対面での演奏ではないですから、皆さま方とリアルタイムに同じ時間を共有することはできませんが、オンライン上での視聴を通じ、ぜひ1つの経験として共有していただければ幸いです。
 中島みゆきさんの「時代」の歌詞にあるように、「こんな時代もあったね」と皆さまと語らい合える日々が訪れることを願っております。


皆さん、メリークリスマした。
なんだっていいじゃないですか、挨拶なんて。
なんか良くないですか、メリークリスマスって、
何かします!って宣言してるみたいで。

厳密に申し上げますと、日本語で〜ますの直前にう段の音が来ることって無いんです。
そう、ということは、メリークリスマスは日本語ではない。
Q.E.D.

おつかれさまです、
これは19日分のソレイユ日記となります。
ちょっと遅れてしまいました。

この日に感じたことは、ファンちゃんがソレイユ日記のアカウントに入れていなくて、ああ、ファンちゃんらしいな、と思ったくらいですね。

練習内容ですか、
書かないといけないんですか。
ああ、そうですか、
いや、
久々すぎて、
何がなんだか。
え、これってソレイユの団員以外も見られるんでしたっけ、
これ以上醜態を晒すわけにはいきませんね。

練習では概ね英語以外の外国語を取り扱いましたね。確か。
え、クラブソングもやっただろうって?
あんなもんベースの人間にとってはフランス語の曲みたいなもんですよ。だからいいのです。

外国語の曲というのはどうしても喋りにくいんですよ。
見たことありません?日本語でも舌が回ってない人。
だから、外国語はより一層注意をしてやっと日本語と同じくらいに流暢に話せる、もとい歌えるようなものなんですよ。
注意力散漫で歌っていては子音が聞こえないだの母音がばらばらだの声が汚いだの言われるのは当然です。
大切なのはまずは言語音として歌に乗せる意識と練習です。
次に音と音を繋げて歌うことです。これは今の団員にとって非常に苦手なことなんじゃないでしょうか。たまに思うんですよ、音符があって、例えば四分音符ですか、それがあって四分音符の長さ分、本来は音がなくっちゃいけないのに、最初と最後をごまかして歌ってるんじゃないかって。
そうするとどうなるか。当然最初の子音や最後の子音が聞こえないだけでなく、響き始めるタイミングが人それぞれなのでみんなばらばらに、つまり足並みが揃って聞こえないんですね。

よし、頑張ってください。


思い立ったときに書いたのでずいぶんと話し言葉が紛れこんでしまったような気がします。

深夜にすみません。
おやすみなさい。

今回はベース五年、近でした。


追伸
Q.E.D.って何の略でしたっけ。

白状しますと、もはやいつの日記を割り当てられたか覚えていません... 書くのを先延ばししているうちに、負債は溜まっていくばかり... 後輩たちが私を見習わないと良いのですが。

ということで、思いついたことを書いていきます。
あ、自分はソプラノ(笑)4年のファン(これが名前)と申します。

コロナ禍以来、ソレイユの練習があらゆる面において元気が無くなった、という印象が正直ありました。でも最近は回復期に入っていて、少し安心しています。本番も近いですし!今日であと1週間だと思うと、急に
緊張感が湧いてきた…

少し前の練習後に、自由に歌う会(復習の会になるはずだった)がありましたね。村田くんが日記に書いてくれていますが。「楽しく歌う」ことの効果ってやはり大きいなと思います。練習だと変に身構えたりしちゃうけど、好きに歌って良いとなるとポテンシャルを発揮できるのかもしれません。

当時は、練習でこれくらい歌えたら...!という感想がありましたが、最近は練習でもそこそこ楽しんで表現ができている気がします。本番では自分たちの力量が全部出せるようにしたいです。

今回の本番が終わると、みんなが好きに、自由に歌う機会をたくさん作られたら良いですね。のびのびと歌うことの楽しさを味わうのは、(やる気の向上という面でも)大事な体験だと思います。

久しぶりに日記が回ってきました。
しばらく当たらないように存在感を消していたのですが、先輩の第六感でしょうか、するどいですね。

するどい、と言えば、また別の先輩ですが練習中でもそうですね。
マスク越しなのに顔の表情を見透かされてしまうときは、透視能力があるのか(笑)と思っています。

さて、今回の日記は先日12日(土)の通し練習(リハーサル)についてお伝えします。
午前中から始まり夕方まで、お昼には大学近くのお弁当屋さんで食事し、心身ともにお腹いっぱいの
1日となりました。
以下、各曲集ごとに振り返りましょう。ちなみにお昼は初めてダッカルビ丼、美味しかったです。

「ぶどう摘み」…
全8曲、それぞれの曲調を一層際立たせていきたいです。
ある曲では特定のパートが華々しく活躍したり、また別の曲はユニゾンが重視されていたり。
ワルツやジャズのリズム、ハンドクラップなど、これまで付き合いの少なかったものもありますね。
個人的には所どころで現れるディビジョンが不安でありつつ、楽しみでもあります。人数の関係上、各パートを1人ずつが担当することもあるので責任重大です!

「ルネサンス・ポリフォニー選集」…
わずか2曲のラテン語曲ですが、ひたすらに難しいなあと思いながら歌っています。
難しさを説明するのも難しい…
今は空中分解しないようにという思いでいっぱいですが、まだまだ色を付けられそうです。
どちらの曲も輪唱される部分がちらほらあり、うまく重なったらどうなるのでしょうね。
歌詞を覚えるのにも苦戦しそうですが、しつこく聞いて練習したいです。

「ラシーヌ讃歌」
ピアノ付きのフランス語曲、荘厳な雰囲気の音楽と聞きなれない言葉に、(食べたことは無い)高級料理と邂逅したような感覚を覚えます。フランス語だからでしょうか。
先の曲集と異なり歌詞(言葉)も沢山、表現記号も沢山描かれています。
テナーパートではサビに向かうにつれて音域がどんどん高くなっていくのですが、意識しないと一本調子に歌ってしまいそうです…始まりから終わりまで気が抜けません。

「アンセム集」より5曲
ア・カペラ曲もピアノ曲も、「祈り」を題材にした英語曲が並びます。
ふだん信仰をするという習慣が無いので、祈りと聞いてもピンとこないような気もしますが、歌ってみると思っているよりも日常と結びついていたりもするようです。
まだまだ歌詞をなぞることに囚われているようで、伝えたい言葉が明瞭に響いていないと指摘されています。
子音をたてる、適切な母音の形をつくる、おざなりになってしまっています。
専攻語なだけに一層耳が痛いです…

通し練習で歌ったのはこれらで全てなのですが、すっかりクラブソングの練習を忘れていました。
歌うごとに、学年を重ねるごとに、団歌への愛着が湧いているのですが…
きっと本番までに練習する時間もあるはずです、祈りましょう。

それではこの辺りで、今回はテナー3年の鈴木でした。

このページのトップヘ