どうもこんにちは!先ほど日記を書けと部長に命令を下した某M氏こと松本です。
かくいう私も、なんと150周年記念の日の日記を書き逃してしまっており、最後に書いたのはおそらく5月…なんということでしょう…(反省)

阿部大先輩からバトンタッチを受け(とれた?)、ついに学生指揮者となってしまいました。時間が過ぎ去るのは早いもので、つい最近入部届を出したはずなのに…と思っていたところ、ふと次の新歓が近づいていることに気づき、せかせかと新歓準備を始めました。来年度は今年度よりもさらに多い団員獲得を願って。(特に男声諸君、絶対某歌サークルには流れるな…流れるな…)


さて前回の練習では引き続きおんがくの練習をしました。まだまだ私もかなり不慣れで、しどろもどろになりながらの練習でしたが、みんな頑張ってついてこようとしてくれました。「習うより慣れろ」この言葉を信じて、しばらくソレイユのみんなに付き合ってもらいながら成長していきたいと思います、みんなごめんね

「おんがく」は、私にとってかなり思い入れの深い曲です。今回はたまたま副学生指揮者ちゃんも演奏経験があったため、「よし、やってみよう」の二言返事で決定した曲です。
実は思い入れがあるといっても、全然良い思い出ではなく、中学生最後のNコンで母校史上最低の成績を叩き出してしまった時の自由曲でした。しかし、苦しい練習と叱責に打ちひしがれつつも、最後まであきらめずに愛し続けたのもこの「おんがく」でした。まど・みちおさんが描いた「おんがく」の非常に美しい世界観と木下牧子さんの繊細なハーモニーを新入生と共有したい、そんな思いで選曲しました。


次回はなんと…オーストリアからの留学生くんからの紹介で、外国語曲に挑戦します!!
そしてなんと、次々回からは…次の本番に向けて新曲の練習を開始する予定です!お楽しみに