2006年06月30日

5対3(あるいは5対4)でも勝利は勝利だが・・・

オサマ・ビンラディン氏の運転手だったイエメン人のサリム・ハムダン(Salim Ahmed Hamdan)被告の裁判で、6月29日、アメリカ連邦最高裁は、グアンタナモ基地の収容施設内に設置した特別軍事法廷で収容者の裁判を行うことは、戦争捕虜の扱いを定めたジュネーブ条約に違反するだけでなく、国内法にも違反するとの判決を下した。

弁護人のチャールズ・スウィフト(Charles Swift)海軍少佐は、「グアンタナモ基地に着いたとき、収容所の護衛官が『ここは無法地帯だから、やり放題だ』と言っていたと、ハムダン被告は私に言いました。無法地帯など存在しません。今日の最高裁の判決も、そうした考えに基づいています」と言う。
ジョージ・ワシントン大学のジョナサン・ターリー(Jonathan Turley)教授は、「(被告人欠席のまま、被告が原告と対面できず、弁護士も被告も見ることができない秘密の証拠が採用される)この軍法委員会は、国際社会の弁護士たちからは笑い者になっています。合法的な裁判所に必要とされる保護措置が何もないんです」と言う。

判決は5対3だったが、ジョン・ロバーツ(John Roberts)最高裁長官は、高裁判事時代に特別軍事法廷を適法とする上訴審の審理に加わっていたために最高裁の審理に加わらなかったので、実質的には5対4だった。
少数派となったクラレンス・トーマス(Clarence Thomas)判事は、判事席から反対意見を読み上げる異例の行動をとり、「新しく恐ろしい敵と対峙する大統領の能力を損なわせる判断だ」と述べ、同じく少数派のアントニー・スカリア(Antonin Scalia)判事は「最高裁は、大統領の判断を覆す権限を持っているのかどうかすら疑わしい」と述べた。

これに対して、ブッシュ大統領は、「テロ容疑者を裁く上で、特別軍事法廷が適切かどうか、議会の判断を仰ぐ必要があるのであれば、そうする意向です」と述べ、議会でも既に有力議員が大統領に、その権限を付与するとの意向を示しているという。

しかし、最高裁は、アルカイダの容疑者に対してもジュネーブ条約が適用されるとの判断を示しており、この点は、拘束者の処遇に影響を与えるだろうと見られている。

現在、グアンタナモ収容所で尋問グループの責任者を務めるポール・レスター(Paul Rester)氏は、アメリカのABCニュース「ナイトライン」のテリー・モラン(Terry Moran)記者のインタビューに対して、拷問は行われていないと答えた。

(尋問に犬を使用したり「ウォーターボーディング(Water Boarding)と呼ばれる水責め」は)記録にはありません。
私には、ここでそうしたことが起こったという目撃者はいませんし、誰もそんなことを私に言った者はいません。

(男性に女性の下着を着用させるようなやり方は)容疑はありましたが、捜査しました。実際にそのようなことは見ていませんし、許してもいません。
今起こっているかと言えば、その答えは「ノー」です。

要するに、過去にはあったが、彼の知る限り現在は行われていないらしい。


【関連記事として】
議員の調査旅行は物見遊山? では最高裁判事は?(2006/01/24)
自分の手を汚さないやり方 Part 2(2005/12/06)軍の任務は自由を守ることだ(2005/09/10)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔