アメリカとカナダ

2006年07月06日

アンチ・エイジング

ラスベガスの「セネジェニックス医療研究所」(Cenegenics Medical Institute)は、アラン・ミンツ(Alan Mintz)医師(67)によって1998年に設立され、現在では、世界中に1万2千人の患者を抱えているという。
ミンツ医師自身、長年にわたるボディービル愛好家でフィットネス・マニアだが、定期的な運動と栄養値の高い食事、ビタミンやサプリメントに加えて、毎日、ステロイド及びヒト成長ホルモンを自ら注射し、患者にも奨めている。

ミンツ医師は、彼自身約10-11年間ヒト成長ホルモン注射しているが「非常に低用量」なので悪影響はないと主張し、「エネルギーが漲る感じがして体脂肪が落とせる」「脳機能が5-6年前よりずっと良くなっている」と語る。
また、ミンツ医師によれば、加齢に伴ってテストステロンやヒト成長ホルモンの分泌が減っていく現象は、「成長ホルモン分泌不全症」と呼ぶべき病気の一種であり、「正常と考えられるものの範囲内で常に」失われたホルモンを補充しているのだと言う。

彼は、老化現象もホルモン不足が原因だと主張し、テストステロンとヒト成長ホルモンは、多量の筋肉を構築して脂肪を減らし、骨格を強くして骨粗鬆症を予防すると主張する。
「セネジェニックス医療研究所」は、全米に100人を超える医師のネットワークを持ち、東京、ソウル、香港の企業とも提携し、2006年の売り上げは2,000万ドルに達する。患者の中には、映画スター、ラスベガスのエンタテイナー、CEO、外国の大統領が含まれ、月に1,000ドルを注ぎ込む人もいるという。
続きを読む
soliton_xyz at 22:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月30日

5対3(あるいは5対4)でも勝利は勝利だが・・・

オサマ・ビンラディン氏の運転手だったイエメン人のサリム・ハムダン(Salim Ahmed Hamdan)被告の裁判で、6月29日、アメリカ連邦最高裁は、グアンタナモ基地の収容施設内に設置した特別軍事法廷で収容者の裁判を行うことは、戦争捕虜の扱いを定めたジュネーブ条約に違反するだけでなく、国内法にも違反するとの判決を下した。

弁護人のチャールズ・スウィフト(Charles Swift)海軍少佐は、「グアンタナモ基地に着いたとき、収容所の護衛官が『ここは無法地帯だから、やり放題だ』と言っていたと、ハムダン被告は私に言いました。無法地帯など存在しません。今日の最高裁の判決も、そうした考えに基づいています」と言う。
ジョージ・ワシントン大学のジョナサン・ターリー(Jonathan Turley)教授は、「(被告人欠席のまま、被告が原告と対面できず、弁護士も被告も見ることができない秘密の証拠が採用される)この軍法委員会は、国際社会の弁護士たちからは笑い者になっています。合法的な裁判所に必要とされる保護措置が何もないんです」と言う。

判決は5対3だったが、ジョン・ロバーツ(John Roberts)最高裁長官は、高裁判事時代に特別軍事法廷を適法とする上訴審の審理に加わっていたために最高裁の審理に加わらなかったので、実質的には5対4だった。
少数派となったクラレンス・トーマス(Clarence Thomas)判事は、判事席から反対意見を読み上げる異例の行動をとり、「新しく恐ろしい敵と対峙する大統領の能力を損なわせる判断だ」と述べ、同じく少数派のアントニー・スカリア(Antonin Scalia)判事は「最高裁は、大統領の判断を覆す権限を持っているのかどうかすら疑わしい」と述べた。
続きを読む
soliton_xyz at 23:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月29日

まだ丸くなれない・・・

ファンは共和党支持の州に多いから、星条旗カラーのギターを持って、「アイ・ラブ・ブッシュ」と書いたシャツを着よう。
そんなことは考えもしないわ。私たちはミュージシャンよ。政治家じゃないわ。

こんなことは耳にしませんか?
「お客様の反感を買うようなことはするな」、これがビジネスの鉄則では?

そんなものに左右されないのが音楽というものじゃないかしら。だから、私はいつも音楽を称え愛してきた。
意見を持たずに事なかれ主義でいることが、正直に生きることだとは思わないわ。主張すべきよ。私は、メッセ−ジ性のある音楽を、いつも愛してきた。

イラク戦争の開戦直前の2003年3月10日、前年夏にリリースした3枚目のアルバムのプロモーションのために開催したロンドンでの講演で、3人姉妹のカントリー・バンド「ディクシー・チックス(Dixie Chicks)」のボーカル、ナタリー・メインズ(Natalie Maines)は、「私たちは、ブッシュ大統領が自分たちと同じテキサス州の出身であることは恥ずかしいと思っている」と発言。
他のカントリー・ミュージックのスターたちが戦争支持の曲を発表している中でのこの発言は、多くのカントリー・ファンから猛反発が起き、カントリー専門のラジオ局からボイコットされ、暗殺するとの脅迫も受けるようになった。
続きを読む
soliton_xyz at 23:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月28日

こういう人は能吏、あるいは酷吏と言う。

我々が現在グアンタナモでしていることは、基本的に人間関係を構築するということです。
それは、我々が今やっているインタビューと似たような尋問です。あなたが知っていて私にすることができた、私に対するあなたの質問は、我々の尋問者が、ここの抑留者に対して行う対応と違っていません。

しかし、あなたは床に繋がれませんよ。

それは、そうです。
しかし、抑留者全員が、床に繋がれるというわけではありません。

グアンタナモ収容所の管理責任者であるハリー・ハリス(Harry Harris)海軍少将は、アメリカのABCニュース「ナイトライン」のテリー・モラン(Terry Moran)記者のインタビューに応じました。
続きを読む
soliton_xyz at 22:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月24日

「罪作りなことをする」という日本語をアメリカにも広めたい

2005年12月16日、マイアミで左官及び石工事の建設業を営むナジール・バティスト(Narseal Batiste)氏(32)は、ホテルの一室で、国際的テロ組織「アルカイダ」(al Qaeda)の代理人と面会した。
このとき、バティスト氏は、聖戦を戦うイスラム軍創設を計画していると言い、アルカイダの代理人に対して、機関銃、ブーツ、制服及び車両を含むイスラム軍の創設に必要な物資・装備のリストを示した。

同月22日のアルカイダの代理人との会合では、バティスト氏はシカゴのシアーズ・タワー(110階建て)への攻撃を含む彼の作戦の概略を示して、兵士のブーツのサイズを書いたリストを提供し、29日にアルカイダの代理人からブーツを入手すると、新たに、ラジオ、双眼鏡、防弾チョッキ、武器、乗り物、車両及び現金5万ドルを含む必要な物資・装備のリストを示した。
翌2006年1月28日、バティスト氏のほかにアブラハム(26)、ヘレーラ(22)、Rオーガスティン(22)、ファノール(31)の4人がフロリダ州イスラモラダ(Islamorada)で車を交換する際にアルカイダの代理人と会って、バティスト氏と会合した。

2月19日、マイアミデード(Miami-Dade)郡のアパートで、バティスト氏とアブラハム氏は、アルカイダの代理人と会合した。
バティスト氏が、4月第2週に彼の5人の兵士にアルカイダの訓練を行いたいと述べ、「できるだけ多くの悪魔を殺す」合衆国に対する「全面的な地上戦」は「9.11とちょうど同じか大きいぐらいの」シアトル・タワーの破壊で開始されるという彼の作戦の詳細を語って、シカゴまでの旅行に一緒に来るかどうかを尋ねて、ビデオカメラが必要だと述べた。

3月10日、バティスト氏とレモーリン(31)氏がアルカイダの代理人と会い、このときにバティスト氏はアルカイダに忠誠を誓う宣誓を行った。
同月16日、バティスト氏ら7人は、マイアミデード郡の倉庫でアルカイダの代理人と会合し、先に宣誓したバティスト氏を除く6人がアルカイダに忠誠を誓う宣誓を行い、5都市のFBIビルを爆破する筋書きについて討議するとともに、アルカイダの代理人からデジタルビデオカメラを入手すると、バティスト氏は今週中にマイアミのFBIビルを撮すのに「ちょうど良い尺の長さだ」と語った。

23日、バティスト氏は、共謀者に写真とビデオでFBIビルを偵察させるために彼が使うバンを借りるよう、アルカイダの代理人に依頼した。
翌24日、バティスト氏とアブラハム氏は、アルカイダの代理人とともにFBIビルを撮すデジタルカメラ用のメモリーチップを購入するためにマイアミデード郡の店に行き、車を運転して、FBIビルと州兵兵器庫を通り過ぎた。

26日、バティスト氏とBオーガスティン(21)氏は、アルカイダの代理人に対して、FBIビルの写真を提供したが、それと同様に、マイアミデード郡内にある連邦司法省ビル、連邦裁判所ビル、連邦拘置センター、マイアミ警察本部を撮影した写真とビデオを提供した。
このときに、FBIビルを爆破する筋書きについて討議したが、4月6日にも、バティスト氏のほかBオーガスティン、ファノールの2人が、アルカイダの代理人と会合して、同様の討議を行った。

5月24日、バティスト氏はアルカイダの代理人と会合し、彼の組織にある様々な問題のために遅れているが、彼としては、自分の作戦を継続し、アルカイダとの連携を維持したいと望んでいると述べた。

以上、起訴状からの一部抜粋ですが、6月22日夜までにバティスト氏ら7人はテロを共謀した容疑で逮捕され、翌23日には起訴されました。
なぜなら、ここに登場する「アルカイダの代理人」は、「おとり捜査官」だったからです。

続きを読む
soliton_xyz at 23:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月17日

A・ルーニーのワイヤレスのススメ

utility poles and wire 1むやみやたらと立てられている電柱と空中に張り巡らされた電線のせいで、街の美観は損なわれています。

ニューヨーク市は、この奇怪な化け物を法で規制していますが、これはレア・ケース。
アメリカの80%の地域では、電柱とケーブルの設置に何の規制も設けていないのです。


utility poles and wire 2立派な並木道も、見るも無惨な姿に変わり果ててしまいました。

電力・通信会社側は、「電線類を地下に埋設するのは、コスト面から無理だ」と言ってますが、冗談を言ってはいけません。
いくらかかろうが、やるべきなんです。
続きを読む
soliton_xyz at 17:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月13日

テロリストではない塀の中の面々の状況について

Prison Violence 1受刑者を犬のように扱って、暴力を振るったり、治療を受けさせなかったり、十分な栄養を与えなかったり、少しの休憩時間も与えないとします。
すると、その受刑者は、釈放されるときには、刑務所に入る前より、はるかに悪い人間になってしまっているんです。
ロン・マクアンドリュー(Ron McAndrew)
            元フロリダ州刑務所長


Prisoner and Officer Demographics現在、アメリカでは、毎年約1,350万人が刑務所や監獄に入れられているが、全国的に見れば、白人と比較して、アフリカ系アメリカ人は、おおまかに言っておよそ7倍、ラテン系は3倍の割合で投獄されている。
もっとも、そのまま留まるのは約68万人ほどで、95%は結局のところ釈放されているが、そのほとんどが、犯罪発生率が高くて雇用率が低い貧しいマイノリティの地域社会に戻っている。
そして、そのときには、投獄された際に彼らがそうだったときよりも、猛烈に腹を立てて。

全米に約5,000ある成人用の刑務所及び監獄の中には、小さな国家に匹敵するほどの人口の約220万人が常時暮らしており、俗に「地獄の世話係」と呼ばれる75万人のいわゆる看守、矯正官がいて、その年間経費は600億ドル以上に達している。
毎年、約65万人以上が釈放されているが、3年以内に、その2/3は再び逮捕され、半数は再び塀の中に戻っている。
続きを読む
soliton_xyz at 23:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月08日

殺人リスト?

カナダ南東部の人口9千人の町ノース・シドニー(North Sydney)にあるレストランで皿洗いの仕事をしていたスティーブン・マーシャル(Stephen Marshall)氏(20)は、父親を訪ねると同僚に告げると、土曜日までの数日間休みを取った。
マーシャル氏の両親は離婚し、ノース・シドニーから6マイル離れたリトル・ブラドー(Little Bras-d'Or)に住む母親は再婚しており、実父はカナダ国境に近いアメリカ・メイン州のホールトン(Houlton)に住んでいた。

いつも仕事をきちんとしていたマーシャル氏は頼りにされていたが、彼が土曜になっても戻って来なかったので同僚たちは心配し、携帯電話にかけてみたが応答がなかった。
翌日、2006年4月16日(日曜日)にレストランからウエートレスがマーシャルの母親に電話すると、母親は「車が故障したので、彼は父親の家にまだいる」と話した。

しかし、ホールトン警察署のダニエル・ソーシー署長によれば、マーシャル氏は木曜日に父親の家に到着して数日を過ごしたが、父親のラルフが日曜の朝起きた時には、彼の小型トラックとともに息子は消えていたという。
日曜日は二人して近くで射撃をする予定だったので、父親のラルフは息子が一人で行ったのだと思ったとソーシー署長は言う。また、ソーシー署長によれば、マーシャルは父親の銃を3丁持って行った。

マーシャルは、4月16日午前2時56分頃、ホールトンから95号線を車で約2時間、距離にして約100マイル南下したミロ(Milo)の町で、ジョゼフ・グレイ(Joseph Gray)氏(57)を射殺した。
犬が吠えるので目を覚ましたグレイ氏の妻は、居間の窓の外に暗い色のジャケットを着た男がいるのを見て、夫の名前を叫んだが、そのとき、寝椅子から起きあがったグレイ氏の腹をめがけて、その男は窓から5発撃った。

それから5時間後の午前8時15分頃、ミロからさらに95号線を約25マイル南下したコリント(Corinth)で、マーシャルは、ウィリアム・エリオット(William Elliott)氏(24)を射殺した。
一緒にいたガールフレンドのアン・キャンベル氏によれば、二人は誰かが玄関のドアをノックし続けるので目を覚ましたという。そして、エリオット氏が正面玄関のドアを開けたとき、彼女は、2、3発の銃声を聞いた。

「助けて」と最期に叫んだエリオット氏が倒れて死んでいるのを見つけると、彼女は玄関ドアを押し開けたが、そこにはジーンズとシャツ姿の男が立っていた。
「彼は、ただまっすぐ私の目を見ていました。表情が全くありませんでした。他に誰かがいたとは思えません」と、彼女は言う。

a sign of dangerous society警察の調べによれば、マーシャル氏と被害者の2人は、それまで会ったことがなく、何らかの関係を示すものも全く見つかっていない。
しかし、メイン州では、性犯罪者として登録された約2,200人の住所、氏名、年齢、顔写真及び犯罪歴をインターネット上に公開しており、犠牲者はマーシャル氏が調べた34人のうちの2人だった。
続きを読む
soliton_xyz at 23:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月01日

技術と信仰の奇妙な関係

アメリカでは、10組のカップルのうち1組は不妊に悩んでいるが、不妊治療として行われる体外受精は、母胎に戻されることなく使用されない受精卵、すなわち余剰胚をも生み出している。
ニュージャージー州モリスタウン(Morristown)で不妊治療クリニックを経営しているリチャード・スコット(Richard Scott)博士は、「受精卵の数を減らすということは、そのカップルが子どもを持つ確率を積極的に減らすということです。それは非常に大きな倫理的な問題があると私は思います」と言う。

排卵誘発剤を使って12個の胚を造り、2-4個を母胎に戻すが、着床に失敗した場合に備えて残りの胚を冷凍保存する。それが、コストを抑え、精神的な負担を減らすことに繋がるとスコット博士は言う。
アメリカ全国で凍結保存されている余剰胚は40万個になるが、一方で胚性幹細胞の研究は、より多くの胚を必要としている。

しかし、ブッシュ大統領は、胚性幹細胞を対象とする研究は胚を破壊し命を奪うことだとして、連邦予算の支出を禁止し、2006年の一般教書演説でも、「人の生命は創造主からの贈り物であり、廃棄したり毀損したり売買することは断じて許されません」と強調している。
さらに、凍結保存されている胚の養子縁組を奨励するために、テネシー州ノックスヴィル(Knoxville)には国立胚寄贈センター(National Embryo Donation Center)を設置するなど、連邦予算から数百万ドルを投じている。

このシステムによる養子縁組は、まだ100例だけだが、昨年、ブッシュ大統領は大きく育った子どもたちと会って、「余った胚などないと、この子たちが改めて教えてくれた」と述べた。
ブッシュ大統領の生命倫理諮問会議のメンバーであるプリンストン大学のロバート・ジョージ(Robert George)教授は、「成長した人間に尊厳があるように、胚にも人間としての尊厳がある」と言う。
続きを読む
soliton_xyz at 23:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月21日

わかっているけど、できないこともある

ニューヨークのベタンセ病院肥満解消教室の11-18才のクラスは、週に3回、3ヶ月で10kg減量することを目標として、毎回1時間半運動してから、食生活改善のための栄養指導をしている。
これまでに参加した子どもの数は130人以上だが、そのほとんどが心臓病や糖尿病の危険を医師から警告された子どもたちで、この日運動をしていた中には、17才99kg、14才123kg、15才-133kgという子もいた。

3年前に離婚したというメイリーン・ヘルナンデスさん(29才・82Kg)の長女ジェイリーンさん(13才)と長男ルイス君(11才)も、ベタンセ病院の肥満解消教室に通って運動をしているが、次男のイサヤ君も(6才・47Kg)も肥満体だ。
メイリーンさんは、病院の受付で働き、月収約13万円で5人の家族を支えているが、祖母のレイナさんは(91Kg)は糖尿病のために病院に通っている。

仕事に追われ夕食を準備する時間がとれないのがメイリーンさんの悩みだ。
週に2、3回は外食するという一家の行きつけの店は近所のハンバーガーショップ。「家の食事よりも、こっちのほうが好きだ」と言う子どもたちは、チーズバーガーとフライドチキンとフライドポテトと食後にケーキを食べたが、かかったお金は4人でおよそ3,000円である。

このあたりの親はみな仕事で忙しいんです。ですから、ハンバーガーやピザなどのファストフード店についつい連れていってしまうことになるんです。
ジャンクフードは良くないとわかっていますが、なかなか止めるわけにはいきません。

ファストフード店に行けば、一人3ドルで済むんです。健康を考えて、ちゃんとした野菜や肉などを揃えようとすると、一人20ドルもかかってしまうんです。
やはり、どうしても安い方を選んでしまいます。

続きを読む
soliton_xyz at 23:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)