2010年06月28日

0152よ

0152
やー、さすが夏前。
毎日毎日、暑い!

こんな季節の時には涼しげなロックステディでも聴きたいもの。
なので昔買った0152(オイゴニ)のテープでも引っ張り出し、部屋のン十年物のラジカセにセット!これでゆっくりギネスでも呑んでるとね。なかなかいい感じなんですよコレ
あとは隣にかわいい女の子でもいてくれれば申し分なしなのですが(笑)。

ところで、先に出てきた「0152」とは昔あったレゲエのレコ屋さん(兼レーベル)の名前。
シスコジャマイカを立ち上げた武田さんて方がシスコを脱サラされた後やられてたとこで……ぼく大好きだったんです。

実店舗を持たずネット上のオンラインストアのみ、っていう展開も当時(00年代初頭)としては画期的で。まぁ時代を先取りしてた訳ですよ。
で、ここんちが定期的にリリースするミックステープがね……毎回イグチヒロシさんてその筋では有名なデザイナーさんがジャケと装丁をやってて。すげーコジャレててね。
よく買ったんですよオレ。

でも単なる「オサレ系」なのかというとその実なかみは“マニアも納得!”なえらく濃ゆいセレクションで。
ヤフオクの化け物「白鳥の湖」(CATS / SWAN LAKE)なんかは0152のテープで知りましたね。
あと「レゲエヒッツ」の4巻に収録されてたWAR / WHY CAN'T WE BE FRIENDSのジェイコブミラーのカバーとか。あれなんか原曲超えてるもん。本当よく聴いた!

もう配信されるレゲエ情報が載ったメルマガもえらく濃かったですから。
人気高かったやつが「0152マスターストロークレゲエ」っていうウェブサイトにまとめられてたんだけど、アレなんかけっこうブックマークしてるサウンドマンいたんじゃないかな??

コレは余談なんですが、昔北陸にサ●ーチェン(タ●シーハ●ファイ)って人がいたんです。
当時『ザ●ス』っていう地元のタウン誌にレゲエコラムの連載を持ってたんだけど、デリンジャーのことについて書いた回……『マスターストロークレゲエ』からまんまコピペした奴だから(ハハハ…)。

いや、何気に『マスターストローク〜』を見てたら何かどっかで読んだことのあるようなことが書いてあるなぁと。
で、念のためコンビニ行って『ザウ●』読んだら“ビンゴ!”で(ハッハッハ……)。

今だからブログにも書けるけどサニーさんあれはねぇよ!オレ恥ずかしいよ!!

っとまぁ、かようにシーンに偉大なる足跡を残してきたきた0152ですが、聞いた話でココ最後は業績不振で、半ば夜逃げ状態で店たたんだんだって。
何かソレ聞いてね……本当世の中にはものの良し悪しを分かってないヤツが多いというか……何とも切ない気分になったんだけれども、でも不思議に「親近感」も湧いてきたんですよ。

「優雅に泳ぐ白鳥も水面下では……」
というか。ベタだけど。
何かあんなオシャレで、自分とは違う星の人みたいに思ってたんだけど、実はこの人たちも“人間”だったんだなぁと。

2010年の今でも
「ダンスで儲かる儲からないなんて関係ない!オレには夢があるんだ!!」
とか言って、汗くさい“夢”を振りかざし、自腹イベントを敢行するサウンドマンが全国にはまだまだいるだろう。
それがいいことなのか悪いことなのかぼくにはわからない。
だが自分はあえてそれを“ラガ”という言葉で美化したい。
何故ならそーいう人たちの存在があってシーンが成り立ってる部分もあるからだ。

0152さんよ、あんたらも間違いなく“ラガ”だったなぁ。




solo_b at 01:41 
Profile
携帯から
QRコード