早春に山々を彩る春植物、カタクリ。

カタクリ (2)

カタクリとは?

カタクリは日本、朝鮮半島、サハリンに分布する球根植物です。
早春に芽生えて花を咲かせると、初夏には葉が枯れて休眠に入る春植物の代表です。
下向きに咲く紫色の控えめな花が、いち早く春の訪れを告げてくれます。
地上部は春の3ヶ月ほどしかありませんが、独特な花の形から人気の高い山野草の一つです。

カタクリの育て方・管理方法

植え付け時期・用土・環境は?

d93cb7898572ad4ded60a10e2a2b6394_s
カタクリの植え付けの適期は8月頃です。

直射日光が当たるような環境は好みません。
地植えの場合は落葉樹への植え付けが自然のサイクルに近く、育てやすいです。
鉢植えの場合は、春~秋は西日が当たらない日なた、夏は涼しい日陰に移動させます。

水はけがよく、腐葉土などの有機質がたっぷりはいった土が適しています。

水やり方法は?

4e5a8a293446eaf003f114af44d866d8_s
鉢植えの場合は表土が乾いてきたら水やりをします。
乾燥すると著しく弱るので、過湿に気をつけながら土は湿り気を保つようにしてください。
地植えの場合は、極端な乾燥が続き、植物がしおれている状態なら水を与えましょう。
花は傷みやすいので、開花期間中は株元に水やりをしてください。

肥料や剪定は必要?

カタクリ (3)
11~2月頃に液肥を1ヶ月に2回程度か、緩効性化成肥料を1~2ヶ月に1回程度施します。

種をとらないときは、咲き終わった花は摘み取ってしまいましょう。

注意すべき病気や害虫は?

カタクリ (1)
さび病
2~3月にかけて発生しやすく、葉に鉄さびのような粉が付着し、変形する病害です。
感染した葉は切り落として焼却してください。

ナメクジ
夜行性で、新芽や若い葉を好んで食害します。
夜間に植物を食害していないか観察し、見つけ次第駆除しましょう。

カタクリ (4)
カタクリは休眠期間が長く、地上部を見ることができる期間はごくわずかです。
こういった生態から、春植物は「春の妖精」とも呼ばれます。
カタクリは日照や水やりなど管理が難しく、育て続けるにはかなりの努力が必要です
難易度が高いからこそ、花が咲いた時の喜びは大きいですね
  \ポチッとクリックお願いします

  /ブログ更新の励みになります

---------------------
グランドカバー・ポット苗・植木のネット通販

有限会社 相馬グリーン
TEL:0297-44-8624
FAX:0297-44-8623
MAIL:info@somagreen.net

Yahoo!ショッピング店:https://store.shopping.yahoo.co.jp/somagreen/
ポンパレモール店:https://store.ponparemall.com/pro/somagreen/
Wowma!店:https://wowma.jp/user/35835761
Qoo10店:https://www.qoo10.jp/shop/somagreen
amazon店:https://www.amazon.co.jp/s?me=A1GXRAPCDWLB35
---------------------