橙赤色の八重の花、ヤブカンゾウ(藪萱草)。

783655

ヤブカンゾウとは?

ヤブカンゾウは、ユリ科ワスレグサ属の多年草です。
中国原産で、夏の盛りにオレンジ色の花を咲かせます。
日本に渡来したヤブカンゾウは三倍体のため結実しません。
若葉や花、つぼみが食材としても利用されます。
また、生薬の「萱草根(かんぞうこん)」としても親しまれています。

ヤブカンゾウの育て方・管理方法

植え付け時期・用土・環境は?

d93cb7898572ad4ded60a10e2a2b6394_s
ヤブカンゾウの植え付けの適期は3~4月、10~11月です。

半日陰~西日が当たらない日なたを好みます。

水はけと通気性に富んだ、適度な保水性のある土壌が適しています。
地植えの場合は堆肥や腐葉土などの有機質を多めにすき込みましょう。
鉢植えの場合は、赤玉土6:腐葉土3:堆肥1の割合の配合がよいでしょう。

水やり方法は?

4e5a8a293446eaf003f114af44d866d8_s
土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりします。
秋以降は徐々に水やりを控えめにし、冬は極端に乾く場合は水やりを行います。

肥料や剪定は必要?

somagreen_yabukanzou20_1
元肥として有機質肥料を用土に混ぜておきましょう。
地植えの場合は3月と10月に緩効性化成肥料を施します。
鉢植えの場合は月に1回程度、緩効性化成肥料を与えましょう。

剪定は必要ありません。
花が咲き終わったら、花首のところで花を折り取ります。
すべての花が咲き終わったら、花茎のつけ根で切り取ります。

注意すべき病気や害虫は?

somagreen_yabukanzou20_3
アブラムシ
春~秋にかけて新芽や葉裏などに寄生して植物の汁液を吸い、生育を妨げます。
また、排泄物の上にすす病が繁殖して黒くなることもあります。

カイガラムシ
葉の裏などに寄生して、植物の栄養を吸い取ってしまう害虫です。
カイガラムシを見つけたら、葉を傷つけないように歯ブラシやヘラなどでこすり落としましょう。
882081
ヤブカンゾウの明るく鮮やかなオレンジ色の豪華な八重の花は、まさに夏!といった雰囲気です。
病害虫もほとんど見られず丈夫な植物なので、ガーデニング初心者さんにもおすすめです
相馬グリーンでは、ヤブカンゾウの苗を販売しています
商品ページは からどうぞ。
ヤブカンゾウ 単品
ヤヤブカンゾウ 20ポットセット
  \ポチッとクリックお願いします

  /ブログ更新の励みになります

---------------------
グランドカバー・ポット苗・植木のネット通販

有限会社 相馬グリーン
TEL:0297-44-8624
FAX:0297-44-8623
MAIL:info@somagreen.net

Yahoo!ショッピング店:https://store.shopping.yahoo.co.jp/somagreen/
ポンパレモール店:https://store.ponparemall.com/pro/somagreen/
Wowma!店:https://wowma.jp/user/35835761
Qoo10店:https://www.qoo10.jp/shop/somagreen
amazon店:https://www.amazon.co.jp/s?me=A1GXRAPCDWLB35
---------------------