トップページ » 2008年12月
2008年12月

今年も一年ありがとうございました!

ついに2008年も終わりますね。
今年もなんとかこのブログを継続することが出来ました。これもアクセスしてくれた方々、コメントいただいた方々、その他いろいろと励ましてくれた方々のお陰と感謝しております。どうもありがとうございました。

今年を振り返ってみると、秋頃から完全に内勤となってしまった為に今までの様に食べ歩きが出来なくなってしまったのが一番厳しい出来事でした(泣)。おそらくしばらくはこの状態が続くので、来年は食べ歩きも控えめになるかもしれません。


今年訪問した軒数は335軒、杯数は451杯でした。

訪問回数上位のお店は
1位 阿吽@湯島  18回
2位 大喜@湯島  11回
〃  ど♪みそ@京橋
4位 庄の@市ヶ谷  7回
〃  覆麺@神保町
6位 CiQUE@南阿佐ヶ谷 5回

『阿吽』さんには本当にお世話になりましたね。つゆ無し担担麺はもう生活の一部となっています(笑)。来年も引き続きお世話になります!

今年の新店では『CiQUE』さんが個人的な新店賞でした。レギュラーメニューのレベルの高さと限定メニューの独創性には感服いたしました。


来年はどんな新店が登場するか、どんな限定メニューが登場するか、今から楽しみでなりませんね。

というわけで簡単ではありますが、somenmanの2008年を総括してみました。

今年一年、本当にありがとうございました!
そして2009年も宜しくお願い致します!

皆様、よいお年を!


somenmansomenman  at 23:59コメント(4)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

覆麺@神保町 5

覆麺@神保町2







いよいよ今年も終わりですねぇ。色々あった2008年ですが、今日で年内食べ収めとなります。ってまた元日から食べに行くわけですけどね(笑)

まぁとりあえず今年の最後をどこで食べるかと悩みながら、ここに足が向かってました。覆麺@神保町です。こちらでも年越ラーメンを提供しています。

覆麺aa







『大仙丸鳥スープ 年越ラーメン』800円

今回は割とオーソドックスな材料なのですね。

15時頃到着で、外待ちが20人以上。それでも回転は悪くなかったので30分くらいで入店できました。今日はホワイトマスクさんはいらっしゃらないですね。ブラックマスクさんと女性店員さんのお二人で切り盛りされてました。

お会計は席にて。麺の量は並盛でお願いしました。

覆麺   大仙丸鳥スープ 年越ラーメン1







手際の良い作業を見ながら、3分ほどで提供されました。覆麺らしいとてもシンプルなルックスです。

覆麺  大仙丸鳥







スープは透き通ったやや黄金色をしたもので、しょっぱさはやや抑えめでしょうか。それでもインパクト十分なスープは飲んでるとレンゲが止まらなくなっちゃいますね。

覆麺  







麺はおそらくいつもと同じ中太の縮れ麺。固めの茹であがりはぷつぷつと切れる食感が楽しめますね。とても好きな麺です。

具はチャーシューが2枚、メンマ、刻みネギ、揚げネギ。チャーシューは相変わらず美味いっすね。スープに浸すとホロホロっとくずれるくらい柔らかいです。

最後はスープまで完飲しました♪いやぁ、今年最後の一杯も絶品でしたね!美味しかったです。

ちなみに次の限定は1月5日、その次は1月24日です。5日の方は仕事始めなのでいけませんね(涙)、残念でなりません。

なにはともあれ今年最後の一杯、ご馳走様でした!


■覆麺■
住所:東京都千代田区神保町2-2-12
営業時間:月-金 11:00-22:00
     土 11:00-20:00
     日祝 11:00-18:00
定休日:無休



somenmansomenman  at 15:25コメント(2)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

麺屋 利休@国分寺 3

利休@国分寺







『きら星』の後まっすぐ帰ろうかとも思いましたが、折角ここまで来たのだからということで国分寺に寄ってみました。9月にオープンした新店『麺屋 利休』を訪問です。武蔵出身の店主さんとのことですね。期待が出来そうです♪

国分寺駅からは徒歩5分ほどでしょうか。土地勘がないので少し迷いつつ、なんとか昼の部の終了間際に滑り込みで入店。結構危なかったです。。

メニューは『醤油らぁめん』のほかにつけ麺、濃厚つけ麺や辛い系のメニューもありました。濃厚つけ麺は既に終了してしまってましたね。というわけで、『醤油らぁめん』をオーダーしました。

店内はカウンター席のみですが、シックで小洒落た内装は武蔵系とかぶりますね。

麺は普通盛、中盛までは同金額で、私は普通盛でお願いしました。

利休   醤油らあめん







5分ほどで提供されました。おお、丼も盛り付けも綺麗で落ち着く感じですねぇ。すごく好きな感じです♪

利休 







スープは茶濁した魚介系と動物系を合わせたもので、バランスは結構良いですね。もっとすっきりとした醤油味を想像していたのですが、予想とはやや違いました。方向性としてはやや甘さや強いですかね。

利休 麺







麺は中太の断面が丸いもので、舌触りがツルツルして食感は面白いものです。が、スープとの絡みは弱いですね。もう少し改善できそうな気がしました。

具はチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギ、揚げたゴマ(?)など。揚げゴマは香ばしさをプラスしてくれて、なかなか面白い味になっていました。

他のメニューでは濃厚つけ麺が気になるところですね。ここまではあまり来れませんが、また来たいお店だと思いました。


■麺屋 利休■
住所:東京都国分寺市本町2-22-2
営業時間:11:30-15:00/17:30-21:00
定休日:木

somenmansomenman  at 14:50コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン きら星@武蔵境 3

きら星@武蔵境1







今日武蔵境に来た一番の理由は、『きら星』にてお土産チャーシューを販売するとメルマガに書いてあったから。去年も買ったのですが、めちゃくちゃ美味しかったんですよねぇ。というわけで、ついでにラーメンも食べに来た次第です。

13時30分過ぎに到着で外待ち8人。店内でも数人待っているので、15人くらいは並んでいる状態でした。ただ、今日は回転が良かったためにそれほど待たずに店内へ。

発券機を見ると、お土産チャーシューのボタンが売切に!!!まじっすか!?去年は結構遅い時間でも余裕だったのに。。。店員さんによると、12時頃までに来れば買えるとのことでした。無念。

というわけで、今日は麺食のみになってしまいました。

きら星   ラーメン







『ラーメン』をオーダーしました。スープ等色々と改良を加えているとメルマガにもありましたが、どんな感じになっているか楽しみですね。

提供までは5分ほど。ん?ちょっとスープの量が減りましたかね?

きら星







スープの色も少し黒っぽく濁っています。濃厚な豚骨風味は健在ですが、タレが弱いのか味が薄く感じられました。カツヲ餡も健在なのですが、以前ほど味に与えるインパクトがないような・・・。

きら星 麺







麺はしなやかな太麺。濃厚なスープに負けない力強さは変わりませんね。モチモチ感もあって食べ応えは十分です。

具はチャーシューとキャベツ、メンマなど。チャーシューは相変わらず絶品です。メンマがやたらとコリコリしていて、少し気になりました。

全体としては以前のラーメンの方が好きでしたね。ややパワーダウンした感じに思えたのが残念。たまたま今日のコンディションが悪かっただけかもしれませんが。

それにしても、お土産チャーシュー・・・、無念。。


■ラーメン きら星■
住所:東京都武蔵野市境南町3-11-3
営業時間:11:30-14:00/17:30-21:00
定休日:木

somenmansomenman  at 13:40コメント(6)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

油そば専門店 ABURA-Ya 油屋 武蔵境店@武蔵境 3

ABURA-Ya 油屋@武蔵境







今日は久しぶりに武蔵境まで来ました。いくつか目的があったのですが、その前に一軒行っておこうということで、前から気になっていた油そば専門店『ABURA-Ya 油屋』を訪問しました。場所は武蔵境駅北口を右に真っ直ぐ、徒歩3分ほどですね。

店内はカウンター席のみ、席数は10くらいでしょうか。13時頃到着で前客3,後客5。いい感じでまわっていますね。

メニューは油そばがメインで、とにかく味のバリエーションが豊富ですね。色々と気になるのもあったのですが、とりあえず基本の『しょうゆ』をお願いしました。

ABURA-Ya 油屋   しょうゆ







5分強での提供でした。スープもついて650円はちょっとお得感がありますね。油そばは至ってシンプルな見た目ですね。

ABURA-Ya







具はチャーシュー、メンマ、刻みネギ、貝割れなど。タレはしょうゆ味ですがかなり薄めの色ですね。なんか塩味かなという味付けでした。これはこれで悪くないですけどね、もうちょい濃い方が好みかな。

卓上のラー油をかなりの量入れて食べるとそれなりにインパクトがでて良いですね。

ABURA-Ya 油屋 麺







麺は中太の縮れ麺で、モチモチした食感のものです。油そばとしてはなかなか存在感のあるタイプで、結構好きですね。タレともよく絡んでます。

油そば専門というだけあり、よくまとまった一杯だと思いました。何より味のバリエーションが多いのがいいですね。坦々や豚骨も気になるところ。また訪問したいです。


■油そば専門店 ABURA-Ya 油屋 武蔵境店■
住所:東京都武蔵野市境南町2-1-22
営業時間:11:30-15:00/17:00-24:00
定休日:日

somenmansomenman  at 13:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

柳麺 ちゃぶ屋@護国寺 4

ちゃぶ屋@護国寺







今日は江戸川橋にて所用があるので、その前に麺食。連れがまだ行ったことがないと言うので、護国寺の『ちゃぶ屋』へ行くことに。昨日の「裸の少年」でもランキングに入ってましたね。その影響なのか、14時頃到着すると外待ち20人近く!あらぁ、少し甘くみてましたね。まぁ仕方ないので少し待ちます。

結局40分待ちでしたね・・・。この後の用事の時間が迫ってくる中、ようやく店内に通されました。ここでこんなに待ったのは初めてかもですね。テレビの力は凄いと改めて感心してしまいました。

オーダーしたのは『らぁ麺』、半熟煮たまごをトッピングしました!

ちゃぶ屋   らぁ麺・半熟煮たまご







今日は森住店主はいらっしゃいませんね。でも店員さんのテキパキとした動きは見ていて楽しいです。奥の厨房にも何人かいらっしゃいましたし、ホールにも2名ほどいるし、働いている従業員さんの数が多いですよねぇ。サービスに力を入れているのがよく分かります。

『らぁ麺』は5分ほどで提供されました。やや深めの白い丼は見た目もきれいですね。盛り付けも綺麗ですよ♪

ちゃぶ屋 らぁ麺







スープはいつもに比べるとややキレがない感じに感じましたが、力強さは増したかな。動物系のコクが強くなっているように思いました。揚げエシャレットがアクセントになっており、揚げネギ系が好きな人にはたまりませんね。

ちゃぶ屋 麺







麺はやや平たいもので、つるつるっとしたとてもしなやかなタイプですね。やや茹で過ぎかな、コシが弱いと感じました。連れはこのくらいの方が食べやすいと言ってましたけどね。

具はチャーシュー、メンマ、刻みネギ、揚げエシャレットなど。

全体のバランスはさすがちゃぶ屋という感じでした。まだ第三部の営業には行けていないので、時間を作って訪問したいです。

あと、1月4日に限定をやるそうです。

ちゃぶ屋 正月限定







これまた楽しみなメニューですなぁ。
行ければ行きたいですねー!


■柳麺 ちゃぶ屋 本店■
住所:東京都文京区音羽1-17-16
営業時間:第一部11:30-15:00
     第二部18:00-21:00
     第三部 木金土のみ22:00-24:00
定休日:火

somenmansomenman  at 14:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

らーめん 麺てつ@後楽園 4

麺てつ@後楽園







神保町から後楽園方面へ向かって徒歩で向かいます。なにやら赤いバックを持ったひとがいっぱいいるなぁと思ったら、今日は東京ドームでEXILEのコンサートなんですね!すんごい人です。そんな人だかりを尻目に、私は後楽園駅の方へ。ちょっと時間があまったのでマックで少し過ごしてから本日2軒目のお店へ。

12月26日にオープンした『らーめん 麺てつ』です。もとは伝通院前で串焼きとラーメンを提供していたらしいのですが、移転後はらーめんの専門店となるようです。

初日である昨日は行列が出来たらしいですね。今日は休みに入ったこともあってか静かな店内でした。席はカウンター席のみ、10数席ありますね。

メニューは醤油、塩、味噌など一通り揃っています。とりあえずメニューの一番右側にある『醤油らーめん』をオーダーしました。料金は前払い制なので、その場でお金を渡して待ちます。

麺てつ   醤油らーめん1







5分弱での提供です。とてもシンプルな見た目の醤油らーめんですね。こういうのはすごく好みです。醤油のいい香りも漂ってきます♪

麺てつ 







スープはとてもキレのある醤油味。シンプルストレートという言葉がぴったりだなという感想でした。好きなタイプですね。じんわりと広がる旨味がまたいい感じです。油感も適度に合って好印象です。

麺てつ  麺







麺は中細のやや縮れの入ったタイプ。コシもあってなかなか良いですね。

具はチャーシュー、メンマ、半熟味玉半分、海苔、刻み葱など。チャーシューは食感がしっかりとしたもので、どこか懐かしさを感じます。味玉は絶妙な半熟加減ですね。

今後はラーメン一本で勝負されるようですね。醤油は好きだったので、次は塩かつけ麺食べに来たいですね。期待も込めて星4つです!


■らーめん 麺てつ■
住所:東京都文京区春日1-15-9
営業時間:11:30-14:00/17:00-22:00
定休日:年内は無休

somenmansomenman  at 17:24コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

覆麺@神保町 5

覆麺@神保町1







本日は覆麺@神保町にてラーメンイベントの日です。本当は出勤日だったのですが、昨日納会もやっちゃったのでお休みをいただきました。というわけで朝はゆっくり寝て(ちょっと二日酔い・・・)午後になってから家を出ました。一回くらい朝行って整理券をもらってみようかとも思いましたが、寒くて断念。結局14時過ぎに到着して待ちが30人近く!それでも前回のイベントの時よりは少なめですかね。。最後尾に並んで待ちマース!

並ぶこと1時間ほどでようやく入口の前まで。本日のメニューです。

覆麺 アンキモ味噌ラーメン







グランドデスマッチ、『アンキモ味噌ラーメン』

美味そう。今回はアンキモを使っているのですね。どういう感じになるか楽しみですね。こちらで味噌のメニューは初めてかな。

5分ほどして店内へ。1200円を女性店員さんに渡して席に着きます。普通盛で150g、大盛(+100円)で300gです。私は普通盛です。

覆麺   アンキモ味噌ラーメン







たっぷりと盛られたモヤシ、香ばしい香りのするスープ、1時間以上並んで冷え切った体が一気に温まりますねぇ。美味そうですわー!

覆麺 アンキモ







スープは味噌にアンキモが見事にフィットしたまろやかで優しい味に仕上がっています。もっとしょっぱい感じになるのかなと思っていたのですが、意外(?)にも王道な味わいでした。飲めば飲むほど体の芯から温まっていく感じ、冬にはたまらないスープです!

覆麺 麺







麺はいつもの中太麺で、固めの茹であがりですね。濃厚なスープに負けない存在感があって、食べ応えもありますね。

具はチャーシュー、モヤシ、メンマ、揚げニンニクなど。席がちょうどチャーシューのスライサーの前だったのですが、スライスされていく様子がもの凄く美味しそうに見えて仕方なかったです(笑)実際美味しいし!

最後はスープまでほぼ完飲!1時間待った甲斐のある一杯でしたね。

ちなみに、年内のイベントは今日で最後かと思ったら、大晦日にも年越しラーメンをやるのだとか。むむむ、行きたいけど厳しいかなぁ・・・。


■覆麺■
住所:東京都千代田区神保町2-2-12
営業時間:月-金 11:00-22:00
     土 11:00-20:00
     日祝 11:00-18:00
定休日:無休


somenmansomenman  at 14:27コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

葛飾太郎 新小岩店@新小岩 3

葛飾太郎@小岩







小岩の塩ラーメンの店を後にして、本命の新小岩のお店へ。新小岩駅北口から平和橋通りを真っ直ぐ行くと現れる黄色い看板が目印です。この黄色さはもしや!?と思う人も多いと思いますが、どうやらそれとは無関係の様です。

メニューは「黒」と「赤」のラーメンとつけ麺と、その麺少なめの半ラーメン、つけ麺となります。例のガッツリ系のお店とは無関係ですので、無料トッピング等もありません。。

辛い方いってみるかというわけで、『半赤ラーメン』をオーダーしました。

葛飾太郎   半赤ラーメン1







ほどなくして提供されました。うはっ、真っ赤だなぁ。。見た目としては、例の店のインスパイア系にも見えなくはないですかね。

葛飾太郎 スープ







スープにも野菜にも唐辛子がここぞとばかりに振りかけられてます。スープの表面には背脂も軽く浮いてますね。辛さはなかなかですが、スープ自体の深みが足りない気がします。

シャッキリした食感のモヤシやキャベツが背脂以上に甘さを感じさせてくれます。これはなかなか良いです。具はあと薄めの四角いチャーシューが2枚です。

葛飾太郎 面







やや縮れた中太麺は、ほどほどにコシのあるタイプ。ゴワゴワした感じはないので、結構食べやすいですね。

隣の方が食べていた黒ラーメンの方が無難に美味しそうでした。そっちは若干インスパイア系な見た目でしたが、どうなんでしょ?

目指す方向性があまり伝わってこない感じはありましたが、CPはそれなりによさそうかな。石焼ビビンバみたいな『石焼き飯』なんてのもあるので、地元の方なら使えそうな感じがしますね。


■葛飾太郎 新小岩店■
住所:東京都葛飾区東新小岩5-14-11
営業時間:月-土 18:00-24:00/日祝 17:00-24:00
定休日:年内無休

somenmansomenman  at 19:50コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

塩らーめん専門 はるかぜ@小岩 4

はるかぜ@小岩







とある新店に向かうため、新小岩にて下車〜♪ふむふむ、北口からほぼ真っ直ぐなんですね。結構遠いのでしばらく歩かなきゃ・・・って、なんだか風景がおかしい。しばらく思い悩んだ後、ある結論に至りました。

ここ新小岩じゃなくて小岩じゃん!!?(爆)

昨日の夜更かしが祟ったのか、ぼけっとしている間に一駅間違えて下車してしまった模様。しかも乗り過ごし・・・。

ここはひとつプラスの方向にとって、小岩で一軒行っておきましょ♪ということで、先月のらーナビ限定で訪問した『澤』を訪問してみるも、準備中の札が。。う〜む。ならば前回スルーしたお店にしよう!というわけで澤から徒歩2分ほどの場所にある塩の専門店『はるかぜ』を訪問です。

店内はカウンター席のみ、店主さんが入口付近にある製麺機で製麺をしてらっしゃいました。

メニューは塩がメインで、結構いろいろありますね。折角なので『濃厚塩ラーメン』をお願いしました。

はるかぜ   特濃塩ラーメン1







提供までは5分ほど。目の前で製麺していたこともあり、麺にもかなり期待ができそうです。見た目はすごく綺麗で、具もたくさん乗っているので食べ応えもありそうです。

はるかぜ スープ







スープの表面には背脂が浮いています。スープ自体は透き通った清湯タイプで、鶏と魚介の旨味がバランスよく感じられます。これだけでも十分美味しいですね。大きなインパクトはないながらも、じんわりと広がる美味しさはなかなかです。

そこに具の辛肉味噌、ニンニクの風味が加わっていくと結構パンチ力のあるスープに変化していきます。ほほう、これまたおいしいです。

他に肉厚なチャーシュー、味玉半分、白髪葱など。結構豪華な内容ですね。

はるかぜ 麺







麺は色の白い中細麺で、コシはあまりないけどスープとの相性はなかなか良いものです。独特な風味も感じられて、結構面白い麺かもしれません。

予想以上に美味しかったですね。他にもメニューが色々とあるので、また来てみたいです。ごちそうさまでした!


■塩らーめん専門 はるかぜ■
住所:東京都江戸川区西小岩1-19-34
営業時間:12:00-14:00/18:00-24:00
定休日:火

somenmansomenman  at 19:04コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

麺屋武蔵 鷹虎@高田馬場 4

武蔵 鷹虎@高田馬場







『じげん』の後、少しコンビニで時間を潰してから『麺屋武蔵 鷹虎』へ向かいました。今月のらーナビ限定『珈琲薫るつけ麺』狙いです。昼夜各10食、夜の部は18時からの提供です。実は今回の限定はスルーしようかと思ってました。珈琲はあまり得意ではないものですから。。でもFILEさんのレポを読んでからやっぱり行かないとダメだなという気になりまして、時期をうかがってました。

18時着で店内はほぼ満席。祝日でも盛況ですね。

携帯チケット画面を見せてから同じ値段の食券を購入して席へ。「限定一丁!」という掛け声を聞いたお客さんの視線が少し痛いです(笑)。

麺屋武蔵 鷹虎    珈琲薫るつけ麺1







7分ちょいくらいで提供されました。意外と早いんですねー。珈琲の香りが結構強めに漂ってきます。普通ならあまり得意な香りではないけれど、こちらのは非常に良い香りだと思いました。

武蔵 鷹虎   麺







麺は恐らく通常の麺と同じ太麺。強いコシのインパクトが強いタイプで、食べ応えがありますね。ボリュームもかなり多いです。

麺の上にはでっかい角煮が2つ、水菜、味玉。角煮は飲み屋で頼んだら結構いいお値段しそうなほどの出来栄えで、美味いです。ちょっと量が多いけど。。。

武蔵 鷹虎   つけ汁







つけ汁は珈琲が薫る動物系の強いもので、やや苦い後味が特徴的ですね。最初は複雑に感じますが、だんだん慣れてくるとこの苦味が薄まっていくのが少し寂しく感じますね。面白いつけ汁だなー。麺にもよく絡みます。

武蔵 鷹虎   スープ割り







最後にはミルクベースのスープ割りもあります。かなりクリーミーで、つけ汁に投入するとものすごくまろやかでコクのあるスープに変化します。これまた不思議な味でクセになりそうです。美味いなぁ。

かなり創作性の強い限定で、武蔵グループの懐の深さを感じた一杯でした。これぞらーナビ限定って感じでしたね。食べてみる価値のあるメニューだと思いますよ!珈琲が苦手な方にもおすすめです。


■麺屋武蔵 鷹虎■
住所:東京都新宿区高田馬場2-19-7
営業時間:11:30-22:30
定休日:無休

somenmansomenman  at 18:05コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

麺屋 じげん@高田馬場 4

じげん@高田馬場







朝からばたばた。用事を済ませて軽く仕事もして、ようやく夕方に解放されました。当然麺を食べて帰りたいなぁという気分になってますので(笑)、あるメニュー狙いで高田馬場まで。そのメニューの夜の提供は18時からなので、その前に一軒ね。11月にプチ移転をした『麺屋じげん』を訪問しました。前の場所の時に一度訪問しています。

17時30分頃到着すると、すでに夜の部は開店してました。黒板には『濃厚らーめんと濃厚つけめんは売り切れ」との旨が。あらぁ、残念。とりあえず店内に入ってみると、物凄い熱風が!一瞬でメガネが曇って視界が真っ白になりました。すごいもわーっとした空気が漂う店内。換気がよろしくないのかな。

とりあえずこの後もう一軒予定しているので、軽めに『らーめん』のボタンをぽちっと。以前もらーめんだったかな?

じげん   らーめん1







非常に丁寧な作業に好感を覚えますね。茹で加減も細かくチェックしてますね。そして5分かからずに提供〜♪見た目はシンプルですが、確実に美味いだろうなぁと思わせてくれます。香りも良いです。

じげん  スープ







スープは、魚粉のざらつきを感じますがそれに依存しておらず、ちゃんと動物系のコクがあり深い味わい。個性の強いタイプではありませんが、万人に受け入れられるタイプだと思いますね。丁寧さが滲み出ている感じがして好感触です♪

じげん  麺







麺は中太のストレートタイプで、茹で加減は絶妙ですね。コシもちゃんとあって噛んでいる感触が心地よいです。スープとも相性がいいですね。この麺ならつけ麺も食べてみたいところです。

具はチャーシュー、メンマ、青菜、白髪葱など。スープと麺に比べて具は割と普通です。メンマが妙に柔らかかったのが少し気になりましたかね。

それでも全体のレベルは高いですね。濃厚の方も食べてみたいです!


■麺屋 じげん■
住所:東京都新宿区高田馬場4-13-10
営業時間:11:30-15:00/17:30-20:30
定休日:日

somenmansomenman  at 17:35コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

らーめん おがわ節@渋谷 3

おがわ節@渋谷







11月28日オープンの『おがわ節』をようやく訪問しました。前身の『おがわ』は未訪門のままでした。場所は109とかLABIの裏側で、結構人通りがありますね。

店内はカウンター席のみですが、結構ゆったりめの店内。発券機をみると、メニューは『らーめん』とそのバリエーションだけのようですね。『らーめん』の食券購入して席へ。店の外と内で温度差が激しすぎて、メガネの曇りがとれない・・・危うく転ぶところでしたよ。。

おがわ節   らーめん1







提供までは5分弱ほどです。ガッツリ系を思わせるニンニクの強い匂いが印象的ですねー。チャーシューもでっかいなぁ!期待が出来そうです♪

おがわ節 







スープには背脂が浮いており、見た目はかなり濃厚そうなタイプなのですが、意外にも動物系が弱めであっさりとした味わい。動物系よりも煮干の方が強めなのですね。といっても煮干の強烈なスープとも違うので、ニンニクを混ぜると全体的に支配されてしまう感じがあります。

おがわ節







麺はつるっとした舌触りとぷりっとした食感のある中太麺。スープとの相性が必ずしもいいとは言い難いのですが、麺そのものはかなり好きです。

具はチャーシューがかなりインパクトありますね。柔らかくて美味しいです。味付けもしっかりとしているし、単体でおつまみにしたいかも。

店頭にはたしか煮干と背脂を強く押していたような記憶がありますが、それに惹かれて食べると少し拍子抜けしちゃうかもしれません。もう少し全体のバランスがとれるとかなり良くなりそうな気もしましたね。今後に期待します!


■らーめん おがわ節■
住所:東京都渋谷区道玄坂2-25-17
営業時間:11:00-26:00
定休日:無休

somenmansomenman  at 20:20コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

てんがららーめん@渋谷 3

てんがららーめん@渋谷







朝は暖かかったのに、夜事務所出たら雨は降ってるわ風は強いわ寒いわで踏んだり蹴ったり状態です。食べ歩きの予定を組んでいたのですが、駅から遠いし今日はやめておくかーという感じになってしまいました。。それでも、がんばって一軒くらいは行っておくかなと気力を振り絞って渋谷へ。本日開店のお店を目指します。

場所は渋谷駅東口から徒歩5分弱、店名は『てんがららーめん』です。鹿児島のお店が関東初進出とのこと。だからなのか、お店の前には呼び込みのスーツ姿の人、パーカー姿の人など5,6人立ってますよ!店内にも従業員がわんさかいて非常ににぎやかな感じになってます。力入ってますねぇ。ちなみに、店前で配っていたクーポン券で今なら一杯500円で食べられます!お得です。

メニューは『らーめん』と『てんがららーめん』で前者は鶏+豚、後者はそれに鮪がプラスされているようです。店名にもなっている『てんがららーめん』をお願いしました。

てんがららーめん    てんがららーめん1







まだオペレーションが固まっていないからか、提供までは結構な時間がかかりました。お盆に乗っての登場です。

てんがららーめん 







表面には少し背脂が浮いていますね。魚介の風味は感じるものの、鮪かどうかはよく分からないです。動物系と魚介系のバランスはうまく調和が取れていると思いますが、その分インパクトには欠けるかな。普通に美味しいスープですね。

てんがららーめん







麺は中太のぷりっとした食感のものです。ややスープとの絡みが弱い気がしました。

具は薄めのチャーシューが一枚、メンマ、青ネギなど。

10月に鹿児島旅行したときにはこれ系のラーメンには出会わなかったのですが、こういう系統のお店も結構あるのかな?とりあえず今はクーポンがもらえればオープンセールで500円で食べられますので、今のうちに行っておくのがいいと思います。鮪がどのくらい味に影響しているのかが気になってしまった一杯でした〜。


■てんがららーめん■
住所:東京都渋谷区渋谷3-17-4
営業時間:11:30-26:00
定休日:無休

somenmansomenman  at 18:41コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

中華そば のりや@大井町 3

のりや@大井町







『TOMO』の後、まだ一杯くらいいけそうだったのですぐ近くにある『中華そば のりや』に来てみました。和歌山ラーメンの名店として有名なお店ですが、東京駅のラーメン激戦区に出店していた同店には数回行って一回も美味しいと思えなかったので、どうも苦手意識があります。。でも本店を食べないことにはね。。

というわけで満を持しての訪問となったわけです。もう15時近い時間でしたが、店内はほぼ満席。カウンター席が10席ほどとテーブル席が4卓くらいで結構な人数が入りますね。

食券制なので入口横の発券機にて食券を購入。ぱっと目に入った『辛みつけそば』のボタンをぽちっとね。麺の写真がなくつけダレの写真しか載っていなかったのでラーメン系のメニューと勘違いしてしまったのですが、、まぁいっか。

のりや   辛みつけそば1







待つこと7,8分で提供されました。ぱっと見の量はそれほどでもなさそうなので、2軒目の身としてはちょっとホッっとしました(笑)

のりや つけダレ







辛みとメニュー名にあるように、かなり赤くて辛そうなつけダレ。表面にはラー油?とネギがたっぷりです。味は非常に濃厚な醤油豚骨で、インパクトの強いつけダレですね。素直に美味しいです。東京のお店とはだいぶ違う気がするなぁ。。

つけダレの中にはチャーシュー、メンマ、青ネギなどがたっぷりと入ってます。

のりや 麺







麺は平たい中細麺で、キンキンに冷えてますね。さすがにこれほど冷えた状態で提供されると思っていなかったので、かなりビックリしました!あつもりとかもやってくれるのかな??夏場はいいけど、冬場はちょっと寒くなっちゃいますよねぇ。。量はそれほど多くないので、食べる人は大盛とかにした方がいいですね。

今まであまり印象がなかったのですが、さすがに本店は実力があるなぁという感想でしたね。ただ、店内の独特なにおいはやはり苦手かも・・・。


■中華そば のりや■
住所:東京都品川区東大井5-19-9
営業時間:月-金 11:30-14:30/17:30-24:00
土日祝 11:30-15:00/17:30-24:00
定休日:無休

somenmansomenman  at 15:00コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

TOKYO 鶏そば TOMO@大井町 3

TOMO@大井町







今日は忘年会兼クリスマスパーティがあって、プレゼント交換というイベントがあるのでプレゼントを買わなきゃ、、と。ならばということで、買出しついでにいけ麺@so-netさんのブログで紹介されていた大井町の新店へ向かうことにしました。

14時頃に大井町駅到着、徒歩5分弱くらいの場所にありますね。『のりや』の道挟んで向かい側の方にありますね。オープンは12月16日だったようです。店内はカウンター席のみで、前客4、後客1。

メニューは鶏白湯『ラーメン』とそのバリエーション。とりあえず『ラーメン』をオーダーしました。

TOMO  ラーメン1







提供までは5分ほど。丼の色合いがとても好きなデザイン。どっかで見たことがある感じだけど・・・。

TOMO







スープは鶏の旨味がじんわりと口の中に広がる、結構サラっとした鶏白湯ですね。表面の鶏油がかなり多めで風味が強いですね。ただ個人的にはもう少し塩っ気が強い方が好みですかね。

TOMO 麺







麺は三河屋製麺のものを使用しています。やや平たい中太麺で食感は結構固めです。スープとはよく絡んでいい感じです。

具は鶏チャーシュー、モヤシ、ネギ、海苔など。鶏チャーシューはやや小ぶりなもので、ちょっとボソっとしていて残念な感じがしました。モヤシはスープによく合ってますね〜。

全体的には荒削りながらも上質な鶏白湯ラーメンだったと思います。また少し時間を置いてからまた訪問してみたいですね。ご馳走様でした!


■TOKYO 鶏そば TOMO■
住所:東京都品川区東大井6-5-1
営業時間:12:00-14:30(LO)/18:00-22:00(LO)
定休日:月

somenmansomenman  at 14:20コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

四川担担麺 阿吽@湯島 5

阿吽@湯島a







土曜出勤の後、どっか遠出でもしようかなぁとも思ったのですがやっぱりやめて湯島駅で途中下車。今週はご無沙汰していた『阿吽』へと向かいました。18時30分頃到着で先客4、後客多数。あっという間に満席でした。土曜の夜でも人気なんですね〜。

今日こそは『醤油つけ麺』いこうかと思ってたのですが、残念ながら売切でした。というわけで、いつもの『五辣・つゆ無し担担麺』です!

阿吽   五辣・つゆ無し担担麺a







今日はいつもと少し角度を変えて写真を撮ってみました。このメニューばっかりなのでたまには気分を変えないとね。

相変わらず美しいビジュアル。混ぜてしまうのが勿体無いですよ、ほんと。

阿吽a







今日のは花椒が少しおとなしめかなと思っていたら、終盤にばーんと痺れがきましたよ。。でも味もボリュームも大満足、やっぱり美味いっすねぇ。

隣の方が食べていたマンゴプリンがまた美味しそうでしたね。少し高めなのでまだ頼んだことがないのですが、今度食べてみようかな。

やっぱり週一回は行っておかなければいけないお店ですね。今日もおいしゅうございました!


■四川担担麺 阿吽■
住所:東京都文京区湯島3-25-11
営業時間:火-金 11:00-14:00/18:00-22:00
     土日 11:00-15:00/18:00-21:00
定休日:月曜


somenmansomenman  at 18:35コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

横浜家系ラーメン 八七三家@新橋 3

八七三家@新橋







ネットをウロウロしていたら、こちらのブログで新橋の新店が紹介されていました。家系のお店が新橋駅前ビルにオープンしているそう。事務所から割と近いし、丸の内からてくてく歩いていきました。

店名は『八七三家』で、“やなさんや”と読みます。12時10分頃到着で店内の待ちが6人ほど。お客さんは全員サラリーマンでした。さすが新橋(笑)。だからか、回転はすごく早くて5分も経たないうちに着席できました。店内はU字型のカウンターが2つ。結構な人数を収容できますね。

八七三家   ラーメン並1







オーダーしたのは『ラーメン』。麺固め、味濃いめ、油多めでお願いしました。提供までは3分ほど。作っている方はとてもスムーズに作業しているのですが、ホールの方がそれについていけていない感じですね。

八七三家 







スープは割りとライトめな豚骨醤油で、サラっとしたタイプですね。ですが、鶏油で旨味もしっかりあってなかなか美味しいです。味濃いめにするとかなりしょっぱくなるお店が多いですが、こちらのはちょうど良い感じですね。逆に普通にすると個人的には物足りないかもしれません。

八七三家







麺は家系でお馴染みの酒井製麺の中太麺。固めでお願いしたので結構コシもしっかりあって食べ応えありです。ボリューム的には並だとちょっと少ないですね。

具はチャーシュー、海苔、ほうれん草。基本的には家系の王道を行くお店だと思います。職場の近くに家系が出来たのは嬉しいですね。また寄らせてもらいたいですね!


■横浜家系ラーメン 八七三家■
住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
営業時間:平日 11:00-21:00/土・祝 11:00-18:00
定休日:日

somenmansomenman  at 12:30コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

麺処 三四郎@新御茶ノ水 4

三四郎@新御茶ノ水1







今日は新御茶ノ水にてちょっとした研修があり、21時過ぎまでかかる見込み。そうとなれば、帰り幡ヶ谷の某店に寄って帰れるなぁと目論んでいたのですが、意外にも早く終わってしまいものすごく中途半端な時間になってしまいました。う〜ん、どうしよう・・・。

しばらく悩んで、結局同じ新御茶ノ水にある『三四郎』の未食メニューを食べることにしました。今回が2回目の訪問となりますね。到着は20時過ぎ、夜の客足はだいぶ落ち着いているようですね。半分くらいの客入りでした。

店内はカレーの匂いがしますねー。今回食べるのもこの匂いのもとである『まさら』です。中村屋で限定で提供していたメニューらしいです。

三四郎   まさら1







5分ほどでの登場〜♪ビジュアルがすごくいいですよね。色合いも綺麗だし、丼のデザインもなんだか好きなんだなぁ。

三四郎 まさら







スープは色んなスパイスが効いているスパイシーがありながらも、ベースの味を邪魔しない程度で繊細さも感じられます。後半になってくると味の輪郭がしっかりと見えてきて、最後まで楽しめるスープだと思います。

具は薄切りチャーシュー、メンマ、白髪葱、水菜、福神漬?など。チャーシューはスモーキーな感じもあり、スープともよく合いますね!

三四郎  







麺は細ストレート麺で、茹で加減もちょうど良いですね。スープの持ち上げもよくて、いい按配です。

味は満足度が結構高かったです。・・・がやはり900円は高いような。。

あとは『うしお』が残っているので、また機会をみて訪問したいと思います。ご馳走様でした!


■麺処 三四郎■
住所:東京都千代田区神田小川町3-26
営業時間:11:00-15:00/17:00-23:00(但し、スープ終わり次第終了)
定休日:水


somenmansomenman  at 20:52コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけめん処 むらさき@北赤羽 4

むらさき@北赤羽







背脂を十分に摂取した後、戸田公園から北赤羽へ移動。お目当ては10月にOPENしたという『つけめん処 むらさき』です。場所は北赤羽駅を出てすぐ。駅近というのはとてもありがたいですね!

店内は洋食屋さんっぽい内装。前はそっち系のお店だったのかな?結構年配な男性店員さん2人で切り盛りされていました。20時20分頃到着で先客3、後客0。

むらさき 







メニューは『つけ麺』、『ピリ辛つけ麺』、『あぶらそば』、『しょう油ラーメン』、『チャーシューメン』の5本立て。つけめん処と店名にもあるので、今回は『つけ麺』をオーダーしました。

むらさき   つけ麺1







7分くらいでの提供でした。結構期待できそうなビジュアルですね♪

むらさき 麺







麺はかなりコシの強い極太麺。ですがアゴが疲れるタイプとは違って意外と食べやすいです。インパクトのあるつけ汁にも負けない存在感がありますね。

むらさき  







つけ汁は濃厚な魚介豚骨で、かなりの魚粉が投入されていそうです。胡椒系もかなり効いていて、ショッパカライ味に仕上がっています。こういう系統は好きなので大歓迎ですよ♪

食べ進んでいくと、店員さん(店長さん?)が出汁の入ったポットを持ってきてくれました。スープ割りをしてみると、かなり飲みやすい味に変化しますね。スープ割りをすると味が薄くなりすぎる場合が結構多くて最近はあまりやらないのですが、こちらはつけ汁自体がかなり味が濃いので割るとちょうど良い具合になりますね。素直に美味しいです。

具は麺の上に味玉半分、水菜、海苔、つけ汁にメンマ、チャーシューなど。

もっとあっさり系のお味を想像していたので予想外ではありましたが、他のメニューも食べてみたくなりました。また来てみようかな!

ちなみに営業時間は22時までとなってますが、今日は21時前に閉めていました。ギリギリの時間に行かれる場合はお気をつけてください。


■つけめん処 むらさき■
住所:東京都北区浮間3-1-38
営業時間:11:00-15:00/17:00-22:00
定休日:日

somenmansomenman  at 20:42コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

下頭橋ラーメン 戸田店@戸田公園 4

下頭橋ラーメン@戸田公園







水曜日は早あがりデーです♪というわけで、18時30分には事務所を脱出〜!前々からの宿題店である戸田公園の『双六』を訪問すべく、埼京線で戸田公園駅まで。まったく土地勘もないし雨も降ってるしで迷いながら20分くらい、ようやく到着したと思ったら「臨休」の張り紙が!!?ま、まじっすか?うぉぉ・・・・ついてねぇっす。。

くよくよしてても仕方がないので、近くにある『下頭橋ラーメン』に急遽切り替えましたよ。こちらも狙っていたお店です。土佐っ子系の背脂チャッチャ系ラーメンのお店として有名ですね。この戸田店は2007年の12月オープンだったと思うので、ちょうど1年くらいですね。

19時40分頃入店で、先客3、後客2。麺類はラーメンとチャーシューメンの2種類です。『ラーメン』をお願いしてカウンター席に座ります。お湯で事前に器を温めたりと丁寧な仕事ぶりは好感が持てますね。

下頭橋ラーメン    ラーメン1







5分ほどでの提供。大ぶりのチャーシューが豪快に盛られていますね。丼が小ぶりなのでちょっとはみだしてますよ!

下頭橋ラーメン 







スープは背脂がたっぷりと表面を覆っております。味はそれほど濃くはなく、濃いめにしたい人は卓上のタレを入れて好みの味に調節することが出来ます。背脂たっぷりですが、しつこさはなく心地よい甘みがいい按配です。

下頭橋ラーメン 麺







麺は適度なコシのある中太麺。背脂が麺によく絡んでいい感じですね♪

具はチャーシュー、味玉半分、メンマ、刻みネギ。チャーシューは大きくて食べ応えのあるものが2枚入っているので、結構なお得感がありますね。

前評判通りの美味しい背脂チャッチャ系でございました!うちの近くにも出来たらかなりの頻度で行きそうな気がします。そのうち本店の方にも行きたいですね。


■元祖環七 下頭橋ラーメン 戸田店■
住所:埼玉県戸田市川岸3-1-9
営業時間:18:00-26:00
定休日:火

somenmansomenman  at 19:21コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

麺場 七人の侍@池袋 4

七人の侍@池袋







新店『燕返し』の後、すぐ近くにあるこちらも訪問してみることにしました。前々から宿題店のままほっておいた『七人の侍』です。表通りから路地に入ったところにひっそりと佇んでいますね。結構好きな外観かも。

19時過ぎの入店で前客1,後客1。店内は長いカウンターのみ。入口横の発券機で『中華そば』の食券を購入して店内へ。笑顔の素敵な店主さんに食券を渡して待ちます。お冷ではなくお茶なのは嬉しいですね。

七人の侍   中華そば1







3分ほどでの提供でした。小さめの器なのですね。可愛らしい感じで、2軒目の私の腹にはちょうどいい大きさです。普通に1軒目に来ると少なく感じそうですが。。

七人の侍 スープ







スープはあっさりとした中に魚介の甘みがほんのりと感じられるタイプですね。すごく上品なスープですね。表面には油も少し張っていて、あっさりとしながらも物足りなさはないですね。なかなか美味しいスープ!

七人の侍 麺







麺はぷりっとした食感が特徴的な中太のやや縮れた麺です。スープの持ち上げも良くて、するするっといけてしまいますね。これまた結構なヒットです♪

具は柔らかいチャーシュー、メンマ、青ネギなど。チャーシューはホロっとしており、箸でも簡単に崩れてしまいますね。これも美味。

いやー、今まで未訪のままにしていたのが少し勿体無いお店でした。つけ麺もおすすめの様なので、近いうちにそちらも試してみたいです!


■麺場 七人の侍■
住所:東京都豊島区東池袋2-57-2
営業時間:11:00-21:00
定休日:無休

somenmansomenman  at 19:35コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

らぁ麺 燕返し@池袋 3

燕返し@池袋







本日12/15,池袋にオープンした新店『燕返し』。前情報が少なかったので、とりあえず行ってみるか!というわけで、会社帰りに訪問です。場所は池袋東口から徒歩10分ほど、帝京大学のすぐ近くです。新店は通常祝花が店の前にあったりすることが多いのですが、まったくないですね。店前で呼び込みをしている女の子がいなければ通り過ぎるところでしたよ。。「今日オープンなのでよろしければいかがですかぁ?」という店員さんの声に立ち止まり、たまたま通りがかった風を装って(何の意味もないけど・・・)入店しました。

店内はテーブル席がメインで、20人くらいは収容できそうですね。食券機は稼動しておらず、席にてオーダーを聞かれました。店に入って驚いたのは、厨房にいる従業員の多さ。7,8人はいたでしょうかね。店の中にいたお客さんの3倍くらい。。ちょっと威圧感すら感じてしまうほどです。

燕返し メニュー







メニューは『そば』と『つけ麺』の2種類が基本で、あとはそのバリエーション。おつまみメニューなんかもありますね。とりあえず『そば』をお願いしてみました。ちなみに、現在はオープン記念で大盛が+10円でオーダーできます。

燕返し   そば1







メニューを眺めている間、5分ほどでの提供です。シンプルな見た目のラーメンですね。

燕返し スープ







スープは茶濁した和風魚介豚骨というジャンルに入るのかな。印象としてはかなりライトですが、それなりにまとまっていますね。魚介はふわっと香る程度で、あまりエグみは感じないです。

燕返し 麺







麺はつるっとした舌触りの中太麺。麺そのものは結構好みですが、スープとの絡みは少し弱いかな。そこが残念に感じられました。

具はチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギなど。チャーシューは柔らかめで好きなタイプでした。

それなりに美味しいのですが、それほどインパクトがない上に駅から結構遠いので、激戦区の池袋でこの先大丈夫なのかなと少し心配になっちゃう感じはありますが、頑張っていただきたいですね。


■らぁ麺 燕返し■
住所:東京都豊島区東池袋2-56-1
営業時間:11:00-14:00/18:00-22:00
定休日:無休

somenmansomenman  at 18:45コメント(4)トラックバック(2) この記事をクリップ! 

重厚煮干中華そば 大ふく屋@赤羽 4

大ふく屋@赤羽







12月13日にあのせたが屋グループの新店がついに赤羽に上陸しました!その名も『重厚煮干中華そば 大ふく屋』!地元ではないですが、ちょくちょく行く街だし割りと近いので早めにチェックしておかなければというわけで、オープン2日目に訪問しました。13、14日は夜のみの営業です。

場所は赤羽駅から徒歩2分くらい、『ゆうひ屋』の少し先ですね。すぐに祝花がたくさん見えてきたのですぐに分かりました。

大ふく屋@赤羽1







18時過ぎに到着で外待ち10人くらい。結構地元の方が多い感じでしたね。回転は比較的スムーズで、15分かからないくらいで入店できました。ちなみに私の後にもどんどん列が伸びていき、入店する頃には20人近くならんでいたかなぁ。しばらくは混雑してそうですね。

大ふく屋1







外にはメニューが写真入りで紹介されていますね。基本は『中華そば』、『重厚中華そば』、『重厚つけそば』の3本で、ゆくゆくは季節限定メニューもだしていくそうです。ちなみに限定のメニュー名は「赤羽」となってました。。

大ふく屋   重厚つけそば1







今回は『重厚つけそば』にしました。説明書きには野菜豚骨魚介とありますね。

大ふく屋 麺







麺は平たい太麺で、かなり食感がしっかりしたもの。濃厚なつけだれに負けない力強さのある麺で、食べ応えもばっちりです。ちなみに普通で300gとなっていて、ボリュームも結構あります。

大ふく屋2







つけだれは濃厚な野菜豚骨魚介。濃厚な魚介豚骨のパンチ力に、野菜の甘みが加わって独特な味に仕上がっていますね。魚介は煮干ががっつりと効いています。濃厚でとろみもあるんですが、しつこくはなく結構さらっと飲めますね。うん、美味いです。

最近はあまりスープ割をしないことが多いのですが、これはスープ割りも試してみたくなったのでお願いしました。これまた良かったです♪

せたが屋グループ恒例のお土産ラーメンもいただいて帰りました。いやー、大がつく満足感ですね。他のメニューも気になるし、限定も当然気になるので遠からず再訪問ですね。赤羽もなんだか熱くなってきた!!


■重厚煮干中華そば 大ふく屋■
住所:東京都北区赤羽1-18-4
営業時間:11:30-15:00/17:30-22:00(スープ切れ次第終了)
定休日:月

somenmansomenman  at 18:30コメント(14)トラックバック(2) この記事をクリップ! 

尾道ラーメン 尾道十八番@御成門 3

尾道十八番@御成門







今日は雨のせいか、冷え込んでいますね〜。そろそろマフラーをださないといけませんかね。う〜、寒い。銀座で用事があるので、少し早めに家を出て、御成門の方へね。先日オープンした尾道ラーメンのお店『尾道十八番』を訪問です。

場所は御成門と新橋の間くらい。御成門からは徒歩5分くらいですね。昼の部終了間際だったのでもしかしたらアウトかなとも思ったのですが、ギリギリ大丈夫でしたね。13時45分頃到着で前客2,後客0。店内はカウンター席8席ほどと、テーブル席がいくつか。

尾道十八番   ラーメン1







とりあえず基本の『ラーメン』をオーダーしました。他は全てラーメンのバリエーション違いのみだったと思います。登場までは3分ほどでしたね。

尾道十八番2







尾道ラーメンといえば大きめの背脂が浮いたスープで、こちらの背脂は少し大きめなのかな。以前食べた店では妙な臭みが残っていて、それが少しトラウマになって尾道系のお店にはほとんど行っていなかったのですが、こちらのは普通に美味しいですね。すっきりとしたスープの背脂の甘みの相性がなかなか良いですね。すこ〜し臭みも残る感じはありますが、気になるほどではないですね。

具は薄いチャーシューが2枚、メンマ、ネギなど。

尾道十八番1







麺は少し縮れのある細麺で、取り立てて特徴のあるものではありませんが、スープとの相性はまずまずです。

久しぶりに食べた尾道ラーメンでしたが、なんだか非常に懐かしい感じがしましたね。たまに食べるのもいいもんですね。違う尾道系の店にも行ってみようかな。


■尾道ラーメン 尾道十八番■
住所:東京都港区新橋5-1-3
営業時間:11:00-23:00/土 11:00-20:00/日祝 11:00-14:00
定休日:無休

somenmansomenman  at 13:55コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!