2017年02月23日

ひな祭り

うれしいひなまつりの4番の歌詞

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも 晴れ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り

ですが

着物を着替えるので、
普段着着物から晴れ着でも着るのでしょうか?

きれいな着物を着るうれしさが伝わってくるようですね。

今であれば、洋服から
気に入った着物を着るでも良いと思います。

地元のお客様に
お雛様は、
3人の娘さんに着物をお着せになる機会の1つとされていました。

女の子のお祭りなので
こういった楽しみ方もよいものですね。

お雛様前後で、遊びやすい日に
着物でランチや、各地でお雛様の催しがあっていますので
着物で、お雛様めぐりをされるのも一つの楽しみ方だと思います。

期間中、着物レンタルであったり
低価格での着付けサービスであったり
流しびなを着物でしましょうなど
着物にまつわるイベントも多いようです。

着物を着て、お雛様気分を満喫されてはいかがでしょうか?
きっと、いつもと違う楽しみ方ができると思いますよ!

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 16:42|PermalinkComments(0)

2017年02月22日

日々の気温差に戸惑う

最高気温が20度になったかと思うと
最低気温が3度

寒くなったり、暖かくなったり

温度変化にあった室温にできないビル内の部屋など
室内が、必要以上に暖かかったり

ずいぶん前にも三寒四温のことを書いていましたが
こうやって、だんだん暖かくなっていくのだなぁ・・・と

何を着てますか?と聞かれることもよくありますが
本日は、亀田縞に備後の上っ張り

まずは、寒ければ暖房を入れ
暖かくなれば、暖房を切る

それでも暖かくなったら、上っ張りを脱ぐ
そんな感じで、温度調節

長襦袢は、寒くなるとモスリンが温かいし
洗えるのが便利

そうでない時には、綿シルクの襦袢
これが、洗えて肌触りが好きなので
ついつい着過ぎてしまって

とうとう、袖付下の脇のところが
擦り切れてきました。

袖口も・・・
袖口は、袖口布が切れているだけなので
袖口布を変えればそれで済むけれdど

今回の脇などになると
縫い替えが難しく
廃棄???
う〜ん、着易いものはまだ着たい
ちょっと、布用のテープで補修して着るかな?

気温の変化があっても
やっぱり着やすいのは
綿シルク襦袢かな?

さぁ・・・見つけなければ。

自分にとって良いものが
他の皆さんにとっても良い物です!とは言い切れない部分もありますが
自分の良かったものは、どう良かったのかがお話しできます。

使ってみて、良さをお伝えしたいのですが
今回は、品物探しから始めます。
少しお時間かかるかもしれませんが
お楽しみに!

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 15:51|PermalinkComments(4)

2017年02月21日

着物がつなぐご縁

宮崎へ転勤で着て
また、転勤でよその地に行く彼女を送るべく
着物仲間で送別会をしました。
BlogPaint

彼女いわく
宮崎に来て、友達もいない状態から
着物を着るきっかけで、色々と繋がっていった。
これに救われ、楽しい時間を過ごすことが出来ましたと・・・

そして、色々な、着物関係のイベントでも
楽しい時間を過ごせ、
何もなかったらいかなかったであろう土地にも行けました。
と話されていました。

県外で生まれ、暮らし
結婚で、新天地にということも少なくないですが
楽しく過ごしていただけたことは
着物仲間みんなにとても、うれしい出来事でした。
16810307_1218168364964703_1666364049_o

贈り物は、みんなで心を込めて刺した『刺し子のフキン』
DSC_0648

たとう紙に入れて
16776305_1216130681835138_759498027_o

BlogPaint

食事、マーマさんで思い思いのコースを
DSC_0640

DSC_0642

DSC_0644

DSC_0645

DSC_0649

引っ越した先でも、今はSNSもあり、ずっとつながっていられますが
新しいお友だちも、ご紹介して
着物で繋がれる楽しさもプレゼント

これからも、親子で着物を楽しみ続けてくださいね💛

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 15:55|PermalinkComments(0)

2017年02月20日

結納のための着物

4月に、結納のご予定があるとのことで
親子でご来店

結納は、着物を作るきっかけでもあり
結婚のお支度の1つでもあります。

お母様は、独身時代からのお客さまで
お嬢様が2代目

親子さんであったり、お孫さんまでだったり
繋がりのある仕事はうれしいものです。

今回お選びになられたのは訪問着
訪問着は、振袖よりも
着る期間の長い着物でもありますので
地味すぎず、派手すぎず、
少し長めの期間着られたら良いな・・・がご希望でした。

最初の組み合わせだけで着続けるのではなく
重ね衿や帯締めの色を変えていくことで
同じ着物でも、地味にも、華やかにもなります。

小物の色を変えると
こんな風に変わっていくというお話も含め
小物の色合わせもしていきました。


日本には、色々な節目に着物があります。

今日、和裁士さんから見せていただいた着物は
お被布とのアンサンブル

初節句に、お孫さんにお着せになりたいという
お友だちからのご要望で作られたそうです。

あの時にお仕立てしてもらった着物・・・という思い出も含め
着物を楽しみ、大切にしていただければ幸いです。

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:42|PermalinkComments(0)

2017年02月19日

最高の笑顔、子供だって着物が着たい少年

叔母さんの、着物の用事に
親子でいらしていたお客様

5歳の息子さん、着物が着たいと
見本にあったのは、ピンクの格子の女の子用

これ着てみる?と尋ねますと
うん!とうなずくので
その着物をお着せしました。

それでも、着物を着たことがうれしそうな少年

僕は、紺が良い!との希望で
色々と、悩んだ末
これになりました。
mmktsm161209

片貝木綿です。

着る期間も長いですし
反物幅もやや広め、長さも少しだけ長いので
その分でも、少しだけ、長めにお召しいただけます。

そして出来上がりを取りに見えました。
着物を着て歩いて帰るために
歩いてご来店。

着ていた服を、
着物を着るためにの薄手の物に着替え
(特別着物用ではなく、手持ちの物で着物の下によさそうな物)
DSC_0654~2

この笑顔が、着物を着ての彼の気持ちを最大限に表しています。
DSC_0652~2


帯は、お母様の考えで
子供の兵児帯では、満足しないだろうとのことで綿角
緩めに、ぐるぐる巻いて、折り返しもたっぷりとって結びました。
これが、なかなか格好良いのです。

揚げは2段にしてあるので
当分着られます。

寒い間はヒーテックの下着を着て、羽織を着て
少し暖かくなったら、着物だけで、中を涼しめに

暑くなったら、浴衣の季節かな?

これで、彼の着物生活はスタートしました。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 14:58|PermalinkComments(0)

2017年02月18日

卒業式、着物を着る練習

卒業式に着物を着る

親御さん、先生だけではなく
卒業するご本人も着物を着ますね。

特に、大学、短大、専門学校などは
揃えたように、袴姿が多いですね。

今日、着物の着方を練習したのは
小学校6年生
来月の、ご自身の卒業式に着物で出席したいから…とのこと

お母様は、自分で着れたら良いよね!
とのことで、出来上がった着物を取りがてらに
練習に連れていらしゃいました。

袴を着るので、半襦袢にして
和裁士さんから
半襦袢に紐を付け、紐通し穴をあけていただきました。

着物は、簡単に着るための揚げをしていただき
そのうえで、袴用の揚げをしていただきました。

大人が着せるのであれば
おはしょりを作って着る着物にするのですが
初めて、自分で着るのには、少しむつかしいかな?
ということで、おはしょり感の出る位置での
揚げをしていただいたのでした。

こちらも紐付きですから
右、左と重ね、紐を通して前で結ぶ

伊達締めをして
半幅帯の結び方

文庫にしますが
袴用には小さめで、リボンを開かないように結びます。

袴は、ひとりでは難しいので
後に、お母様に立っていただき
前からの紐を取っていただき
帯の上で交差、また前に戻して後ろで結ぶ

後紐を取って、前に渡し
ご本人が蝶結びに

2度ほど練習して
概ね理解・・・

帰宅後すぐに、練習しますとのことでした。

お嬢さん曰く
昨年の卒業式、着物の卒業生が多かったとのこと
その姿を見て、ご自分もお召しになりたかったのでしょう。

この2年ほど前も、片貝木綿をお仕立てして
お召しでしたから

周囲から、良く心配される
トイレに行けるかどうかもクリア

きっと、素敵な、思い出深い卒業式になる事でしょう!

着物を着ることには、それぞれの思いもあります。
何もかもすべて、自分でできなくても
少しでも、自分のできることをしながら
楽しんでいただけたなら、また次にも楽しんでいただけることでしょう。

子供だって、それなりのした準備をしてあげれば
自分で着ることが出来ます。

できるはずがないから始まるのではなく
きっとできるわ!で始まると
前が広がると思います。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 16:01|PermalinkComments(0)

2017年02月17日

服装が変わると歩き方も変わる?

今朝、NHKで
きれいな歩き方の話が出ていましたが

せっかく、ヒールの高い靴を履いて歩くならば
骨盤を立てて
前に出した足の膝が伸びるように歩いた方が良い
と話されていました。

この歩き方ですと、ひざが伸び、
きれいなウォーキングスタイルになるのですね。

昨日、足さばきの話を書いている中でのコメントに

気がつくと着物向きの歩き方が忘れられて・・・なんてのも
裾捌きが余計に悪く感じられるのかも。
腰を落として重心を先に前に出し身体の軸をひねらない歩き方
つま先的すり足でさささささ〜って感じで歩くと
裾捌きあまり関係なかったりしますが

とありましたが
生活様式の変化
洋服での生活になったのも

少しずつ、歩き方に変化も出てきて
着物が日常だった時代と違ってきているのだなぁ・・・と思いました。

洋風化している中での普段着着物
生活着ですから、家事もするし長い距離も歩く

そうだったら、着慣れて
自分の過ごしやすいように着ればよいのですね。

負の要素は、どこかに置いておいて
まずは、着物が着てみたいと思ったら
着てみればよいと思います。

できれば、寸法のあった着物が1番良いですが
着るか着ないかわからないけど
まずは着てみたいと思われれば

ご家族の着物や、いただき物で体験してみるか

着物の着心地や不便さ、良さ
これは、頭の中ではわかりません。

やっぱり、着てみることが1番

時代の変化は時代の変化
人間は、それに適応できる能力はありますから

着慣れてくれば、思ったほどに
着物も不便ではないことがわかると思います。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 14:52|PermalinkComments(0)

2017年02月16日

いつの日から裾さばきが悪いってなったんでしょうね?

木綿着物の質問の中で多いものに
裾さばきのことがあります。

木綿着物を、みんなが着ていた頃は
そんなことは、問題にならなかったと思うのです。

絹と比べて、滑りが悪い・・・と言われますが
木綿って、そんなものなんですけど・・・ね。

木綿の足さばきの悪さの1つに
絹物も、木綿も同じ丈で着ることも関係します。
つまり、礼装や普段着関係なしに、床から裾までの丈に変わりがない

滑りの悪い着物は、少し丈短く着るだけでも
足さばきは良くなります。

下着、長襦袢、着物と重ねるうちに、裾の開きが悪くなります。
つまり、1番下の下着自体が滑りが良くないと足は出にくくなります。
ロングの巻きスカートを3枚重ねて歩くような感じかな?

今の日常生活、活動しやすい格好ですね。
パンツやスカートでの日常
それに比べれば、
着物は、ロング丈で、前側が2枚重なるのですから
歩きにくいし、着慣れていなければ、もっとそう感じます。

着物を着ると、早足にならずに
子供とゆっくり歩けるから、いいのよ〜と言われる方もあります。

その一方で、着物でも、走り回る方だって

木綿着物の良さは
絹に比べて、手ごろな価格である事
洗える安心感から、気軽に着られること

たくさんお召いただければ、
着物ってこんなもの・・・を体が感じてくれるから
きっと、楽しく着ることが出来るでしょう♡

春も目の前、着物で闊歩してもよいですし
ゆったりと過ごしてもよいですし
自分のライフスタイルに合わせて楽しめるのも
木綿着物の良いところだと思いますよ!

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 11:48|PermalinkComments(0)

2017年02月15日

身八つ口を閉じるか閉じないか

寒くなると、どこからも風が入って来て欲しくはない
そんな日がありますね。

特に防寒コートは、
寒さ除けなのだから、暖かいほうが良い。

ということで
男物のように、袖を閉じてくださいとのご注文もあります。

私のウールのコートも
男物の袖仕様、その代わり丸みを大きくしています。

上っ張りも、割烹着みたいな袖にしてくださいと言われることも多いです。
上っ張りも、防寒に便利なんです。

木綿やウールの着物の上ばかりではなく
洋服の上にも着られますし
重ね着は暖かいものです。

マイブーム
七分丈の上っ張りに、口ゴム入れて
木綿の着物に重ねて着ています。

寒い日には、着物の上に
ニットのベストを着て上っ張りを着ます。

これが、あったかくて楽で・・・

上っ張りを着たまま
床に膝がつきたいときには
これよりも、12〜15cm長いと良いです。

誂えるというのは、
こういったご希望を取り入れてお仕立てできるのです。

既製品にない良さを
お誂えで感じて欲しいと思いま。

こんな風に・・・と思い描くものがる場合は
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

きっと、作って良かったと思えるものが出来上がると思いますよ!

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 15:25|PermalinkComments(0)

2017年02月14日

今日から、また日常へ

今朝、カーフェリーで宮崎に戻り
その足で仕事を始めましたが
なかなか、終わらず

ようやく到着した荷物を
開封したところです。

16日から、水通しを開始
順次お仕立てさせていただきますし

東京での木綿展の準備
店舗での赤札市の準備
3月決算の準備

残り少ないのに
なかなか目まぐるしい、今期となります。

今からも、新柄等の入荷もありますし
まだまだ、
こだまの太物は面白いと思っていただけると思います。

お時間がございましたら
ぜひ、宮崎の店舗へもお出かけくださいませ。

私に、今年中は木綿展何回行くのですか?と質問された方がありました。

大阪が終了で、
東京、北海道、福岡、名古屋、関東のどこか、沖縄
あと6回出張展に参ります。

社長は、これに加え、大分、佐賀、長崎、山梨かな?

宮崎の店舗は、こだまの核になる場所ですので
そちらも大事にしつつ、皆様のところへお伺いしたいと思います。

しかし、その前に
体力つけないと・・・

元気で、皆様と木綿談議ができるように頑張ります。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 17:53|PermalinkComments(2)

2017年02月13日

無事、大阪木綿展終了いたしました。

思いがけない寒波到来の中
たくさんの皆様においでいただき
本当にありがとうございます。

大阪はもちろんのこと
関西圏色々
長野、岡山、福井、三重、長崎など
遠くからも

ありがたいことです。

初めての、木綿のお誂えや
着る季節を変えてお選びいただきましたり
着替え用にと・・・

色々な目的で、
お選びいただいています。

本当ならば、お目にかかれないはずの
Webでのお客様のご来場も多い中
着やすかったです!と
言っていただけ、
とても嬉しかったです。

只今カーフェリーの中
明日朝に宮崎に着きましたら
すぐに通常営業

体力不足を感じています。
体力つけて、またお伺い致します。

人との出会い、巡り合わせに
いつも、幸せを感じます。

出来上がりまで、
しばらくお待たせ致しますが
楽しみにしていただけましたら幸いです。

できるだけ、早くお届けできますよう頑張ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 19:22|PermalinkComments(0)

2017年02月12日

寒さ対策

雪の舞う寒い大阪です。

冬でも、着物用の防寒コートを
着ることのない宮崎市ですが

今回は、しっかりと
寒さ対策してきました。

中でもが便利なのが
五本指のストッキング(膝丈)
DSC_0634~2

足袋の中でかさばりませんし
下着で、足が擦れるのを
防いでもくれます。

手首、着物の袖口は広いので
皆さん、ウォーマーをつけていらっしゃいますが
私は、頂き物のシルクの物を使っています。
DSC_0635

肌触りが、とても気持ちがよく
暖かいです。
京都で購入されたとお聞きしました。

木綿展開催期間中の土曜日は
恒例の、宴会(交流会)です。
参加者は10人でした。

今回は、木綿展会場から
歩いていけるジビエ料理の店「鳥獣戯画」へ

ぼたん鍋最高
DSC_0636

おまけの蒸し牡蠣も、
ふっくらで美味しかったです。

おいしいものと、
楽しい着物談義
つきることない、楽しい時間を
過ごすことができました。

着物は、
首と名の付くところ
手首、足首、首の防寒対策ができれば
寒い日のお出かけも平気

お腹回りは、帯でぽかぽか

寒いときは、着物と言う方も
口ゴム入りの、木綿の上っ張りと合わせると
さらにあったか

寒い日も、
着物で温かく過ごされませんか。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 11:29|PermalinkComments(0)

2017年02月11日

囲まれないですか?

大阪木綿展開催中

色々なかたが、お知り合いに
木綿展のことをご紹介くださり
とてもありがたいです。

染織こだまのことを知らない方は

例え、木綿の普段着を見に行くだけだも
囲まれて、買わされはしないか
心配されるようです。

長年の、呉服販売の大きな問題点ですね!


染織こだま木綿展は、
自由に、商品を見ていただけます。

お客様にお好きなだけ
直に反物にさわっていただき
鏡の前で顔写りを見ていただく
囲むとは、真逆です。

価格は、Webと同じ価格の定価販売

会場内を
自由に楽しんでいただけます。

スタッフは、商品のご説明
わからないことや
コーディネートのこと
顔写りの良いもの
採寸
その場で、ご相談承っています。

着物や帯を
楽しみながら、お選びいただける
そんな木綿展です。

ぜひ、お出かけ下さいませ。
山盛りの、木綿やウールが
見放題、さわり放題です。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 06:26|PermalinkComments(0)

2017年02月10日

フェリーでの移動と着物

フェリーでの移動は、寝ているうちなので便利ですし
飛行機よりも、早く目的地につける便利さもあります。

いつも利用するのは
宿泊付きの2等寝台のプラン

1つの部屋には
2段ベットが6つ

最近は、許される限り
1番奥のベットを取ってもらいます。
DSC_0629

どうして?って、
着物を着るためにです。
着物は、洋服のように
ベットの上で、ごそごそとは着れません。

やっぱり、立って着替えるのが1番早いですし楽です。

着替える場所が大事で
真ん中や、入り口に近いところになると
同室の方に、ご迷惑をおかけするかな?と思うこと
人の目が気になり、着替えづらいです。

そこで、1番奥で着替えるのです。

もちろん、脱衣所で着替える方法もありますが
着るものをもって外に出るのも面倒なので・・・ね。

鏡はなくても大丈夫ですが
最終的には洗面所でチェックします。

入浴後
着物を脱いで、洋服に着替えるのも面倒なので
中は、適当な過ごしやすいものにして上っ張り
こんなときは、ロングの上っ張りが大活躍

中が見えないので、
自分の楽な格好で過ごせますし
部屋から出ることもできます。

着物でも、何とかなるものですよ!

今日から
大阪木綿展開催です。

とき
 10日(金) 12:00〜21:00
 11日(土) 10:00〜19:00  19時30分〜宴会の部(予定)
 12日(日) 10:00〜19:00
 13日(月) 10:00〜15:00

ところ 中之島Spinning
〒541-0041 大阪市中央区北浜2-1-14 3F 

交通 ■地下鉄御堂筋線・京阪本線淀屋橋駅20番出口 徒歩2分
◇京阪本線北浜駅22番出口 徒歩1分
◇京阪中之島線なにわ橋駅4番出口 徒歩3分
◎会場および周辺にコインパーキングあり

会場で、お待ちしています。

モーニングカレー食べて、がんばろ!
DSC_0630


     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年02月09日

お気遣いありがとうございます。

明日からの、大阪木綿展に向け
最終の準備をしています。

少しでも、早く大阪に入るために
フェリーにて出発します。

お天気が悪くなりそうだから
足元を気を付けてきてね・・・とか
寒くなりそうですよ!との
メールをいただきます。

はじめましての方も、とても多いようですし
長らくお会いできなかった方にもお会いできそうです。

人との出会いや繋がりは
とてもうれしく、楽しいものです。

和歌山では、
息子を預けていた保育園の先生がお越しくださったり
チクチクパックで、初めて縫った着物を、お召しになっておいで下さったり
うれしいサプライズもあったようです。

ネット社会になっても
オフラインな関係もいいなぁ・・・と思う瞬間でもあります。

木綿展を始めたのは
やはり、ここがポイント

お客様からの、直に手にとって合わせたいという
ご希望から、始めた事

それも、最初に始めた東京が10年目
なんだか歴史を感じます。

色々な情報、ありがとうございます。

大阪でお会いできます事
楽しみにでかけます。

                            染織こだま一同
 

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 16:45|PermalinkComments(0)

2017年02月08日

季節は体と味覚で感じる

二週間ぶりの休み
天気予報よりも、お天気がよく
穏やかな日となりました。

あさってからは、大阪
しばらくは、慌ただしい日を送ります。

その前に
海を見に行こうか!
そろそろ、みな取りも良い季節だし
という事で、青島へ
DSC_0614

水はきれい❤
DSC_0616


青島には、ボタニカルガーデンという
植物園があります。
宮崎から、一足早い春を!
DSC_0619

DSC_0618

DSC_0620

DSC_0622

DSC_0623

海を眺め、花にかこまれ
気持ちが良いですよ。

そして、お昼は
道向かいの
DSC_0626

DSC_0627

取ってきた、みなは茹で
アサリは砂をはかせて明日朝のお味噌汁
DSC_0628


ああ、春の味覚よね!
自然移り変わりを
全身で感じられる、幸せなときです。

これでまた、頑張れます。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 15:41|PermalinkComments(4)

2017年02月07日

太物山積み、やっと荷物出しました。

宮崎の染織こだまです。

先ほど、社長は和歌山に向けて出発をしました。

大阪への荷物も出しました。

新商品も含め、
十分楽しんでいただける数の準備をいたしました。

今だに、木綿への偏見を持たれる方がありますが。
木綿のファンも、年々増えています。

木綿の気軽さを、もっと広めたいと思います。

もうすぐ、太物の日もやってきます。

太物とは
 綿織物・麻織物など太い糸の織物の総称
呉服とは
 絹織物

江戸時代には、呉服・太物商という言葉もありました。

着物というものは・・・というのではなく

着物もね、礼装と普段着とあってね
普段着には、
木綿やポリなど気軽に着られる素材があって
自分でお洗濯できるから

その日の気分で、
洋服にしようと思ったり
着物にしようと思ったりが
気軽にできるんです。

その気軽さ満点に着物や帯を
たくさんたくさん、見てくださいね。

*****************************

和歌山木綿展
8日(水) 12:00〜21:00  21時15分〜宴会の部(予定)
9日(木) 9:00〜14:00

会場 ベルーム 多目的ルーム
〒640-8212 和歌山市杉ノ馬場1丁目44 3F
交通 ■南海和歌山市駅より徒歩約4分
  駐車場は周辺コインパーキングもご利用ください  

*****************************

大阪木綿展
10日(金) 12:00〜21:00
11日(土) 10:00〜19:00  19時30分〜宴会の部(予定)
12日(日) 10:00〜19:00
13日(月) 10:00〜15:00

会場 中之島Spinning
〒541-0041 大阪市中央区北浜2-1-14 3F 

交通 ■地下鉄御堂筋線・京阪本線淀屋橋駅20番出口 徒歩2分
◇京阪本線北浜駅22番出口 徒歩1分
◇京阪中之島線なにわ橋駅4番出口 徒歩3分
◎会場および周辺にコインパーキングあり

******************************

やっぱり、木綿着物好きです!
お会いできます事、楽しみにしています。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします



someorikodamas at 18:05|PermalinkComments(2)

2017年02月06日

時々に振り返りを

昨日は、山口さんの主催される
コンフォールの1周年記念パーティーでした。
DSC_0608

DSC_0609

みほこさん、1年頑張って
素敵な発信をしてこられました。
これからも楽しみですし、
私のも教室の一こまをお借りしたいと思っています。

同じ女性として、見習いたいですし応援したいと思います。


こんな風に、皆さまの節目に出会うとき
自分のことも重ね合わせてみることがあると思うのですが

自分の事よりも、今の仕事のことを考えます。

こだまらしさ
改めて考えると
文章にするのは難しいですが

やっぱり、雰囲気としては
保ちたいと思います。

その時々で、
目指すものが異なってきても
やはり、根底にあるものは同じ

家族+αのお店から
もっと広がりを見せられる形になっていきたいけれど
今の、持ち味を大きく崩さないで行けたらよいな!と思う

着物というキーワードがあったとしても
すべてが=にはならない。

それは、どんな分野にもあることで
妥協できないこともあるという事

その中から、こだまという個性を生み出していきたいと思うのです。

木綿を扱うようになったのも
着物を、気軽に愛してほしいと思うから

まだまだ、先が見えないけれど
着実に、歩いていき
その時々の目標に近づけるように
力が入りすぎないように頑張りたいと思うのです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします



someorikodamas at 10:57|PermalinkComments(0)

2017年02月05日

着物は絹でないと困るのでしょうか?

絹は着物で木綿は浴衣
そんな風になったのは、いつのころからでしょう?

夏前の単衣の時期に着るならば、問題がなく
袷の時期に、木綿を着ると浴衣をいつまで着るの?と言われる

なんだかなぁ・・・

木綿とウールは、1年じゅう単衣で着られる着物
その中に、その気温に向く厚みなど素材があるという事

久留米絣だったら
着物っていうのかな?

私が20歳くらいに買った着物の中に
久留米絣があり、今でも着られます。

これを買ったのは、着付けのお稽古や
お茶のお稽古などの普段着用として

染織こだまでも、40年以上久留米絣は途切れることなく扱っていますが
これを浴衣と言って販売したことはありません。

木綿でも、浴衣になるものと、そうでないものとがあるということです。

紬を、Wikipediaで調べてみると
例外的に木綿を素材とするものを称することがあるともあります。

きもにに携わる方
販売される方はもちろんのこと
和裁士さん、和裁を教える方
着付けを教える方

この方たちに
木綿、絹など素材や柄の置き方で、
着物の用途も変わることと

少なくとも、木綿の中には
着物として着られるものと、浴衣として着られるものの違い位は
きちんと話せるようになっていただきたいものです。

絹が大好きな方は
絹をお召しになるとよいですし

絹も木綿も好きとか
日常着には、木綿が便利・・・

そんな思いの違いがあるのも当然です。

でも、楽しんでいる人を
否定するのではなく、そういう着方もあることを
柔軟に考えていただければ
もっともっと、着物が着やすくなると思うのです

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします



someorikodamas at 12:11|PermalinkComments(0)

2017年02月04日

取材いただきました!

七緒に取り上げていただいたり
地元メディアに取り上げられていただいたり

とてもありがたいことに、
いろんな媒体で
ご紹介いただいています。

ただの着物屋であれば、
こんなには取材していただけないと思うのですが

木綿を愛してやまない染織こだまを、
皆様が、機会あるごとに
いろんな形で、推薦してくださった結果です。

本当にありがとうございます。

本日の取材は
今朝飛び込んできた話で

ホンダ スマイル ミッションTOKYO FM / JFNの
収録でした。
これも、ホンダ スマイル ミッションの掲示板や
地元の方の、生の声のおかげです。
DSC_0602~2

『太物屋 染織こだま』の取材

一口に木綿の着物と言っても
色々な産地があり
色々な色柄、価格帯があること

なによりも、洗濯機で洗える着物!に
目を丸くされていたルーシーさん

同行の方たちの声には
飲みに行くににはよいですね!とか
子供にも着せることが出来ますね!とか

着物に対する
思い込みが変わった瞬間でもあったようです。

放送予定は、3月3日 8:10〜8:17
ぜひ、お聞きくださいませ。

可愛いお顔を、お見送り〜
DSC_0604~2


なんだか、すごい日でした

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:12|PermalinkComments(0)