2018年11月19日

和洋折衷も悪くない

きよみさんやかなみさんのインスタ見ていたら
キャミワンピーを着物のインナーに・・・と言う話がありまして
これって、気軽だし暖かくてよいよね・・・と見ながら

そうそう、私は、着物のインナーに
レースのついていないスリップを着るのが好きなのよ〜

太腿の上に、1枚布が載ると暖かいんです。
そして、腰からお尻が包まると
また暖かいのです。

昨日、夫が、私のちょっと丈長めの木綿のキャミソールを見て
くたびれて来たなぁ・・・捨てたら・・・と言うのです。
でも、このくらいの布のくたびれが気持ちが良いんだよなぁ・・・とも

そうかぁ・・・
だったら、男物のランニングシャツを着るか!
しっかり丈があって、木綿で良いなぁ
など考えつつも、
クレープ生地の木綿スリップも良いなぁ
だけど、今もあるのかなぁ???と考えつつ

そうそうと、思い出したのがこれ

月間アレコレの細野さんが
これが良いよ〜とおしゃっていた
グンゼの「快適工房」のV字七分袖肌着
昨冬の終わりに、たくさん買ったんだったんです。
今年は、これが活躍してくれそう

肌触りが良いし、袖丈が七分丈だから
着物の袖口を気にしなくても良いし
何しろ肌触りが良い

夫のように、ヒートテックを着ると
アレルギーで、肌がものすごいことになる人間もいるから
木綿の物って、本当にありがたいと感じます。

うちの男性軍は
着物用の肌着は着たことないなぁ

着物の衿から出ないVネックの下着が多いです。

着物だから
上から下まで、すべて着物の道具で埋める必要もなし

和洋折衷が便利ですね。
だって、着物が大好きでも
毎日着物しか着ない人は少数

だから、着物にも洋服にも着られる下着って
便利だと思うのです。

快適工房のレディーススラックス下も気になるんだけれど
ステテコ系になると、腰紐より下に来ないと
脱ぎ着が大変ですよね。

私は、腰紐をウエストで結びますので
思うよりは、洋服の物が行けちゃうのですが
腰紐の低い方には、少し無理がありますね。
股上を着やすい長さに切って
ゴムを入れ替えるのかな?と思ってみたり

まだまだ、工夫が必要
着物屋って、自分の周りに
和装の物がすぐに手に入るので
まだまだ工夫が足りない気がしています。

皆さんの方が知恵物なんですよね。
私も、頑張ります!

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:46|PermalinkComments(0)

2018年11月18日

着物をしまうとき、いつも感じること

最近しまった着物は、
綿麻の片貝、夏久留米、保多織
完全に乾かしてしまう。

洗ったら、きちんとたたんでしまわないとね。

広い場所で、着物をたたむのですが
まずは、ほころびがないかなどの点検をして
あれば、すぐに繕っておく

次に着る時には、これが着たいって思って着るので
すぐに着られる状態でないと、困ることと
ほころびがあったことを忘れてきてしまうこと

これを避けたいからです。

ほころびを繕ったら
いよいよたたみます。

着物って、たたんで保管しているうちに
伸びるしわもありますので
できるだけ丁寧に、しわの無いようにたたみます。

特に気をつけたいのが
肩山袖山がずれない様にたたむこと

肩山袖山をいいかげんに取ると、衿周りにしわが入ったりするからです。

私は、木綿着物のほとんどを
整理ダンスにしまうので
扱いやすいように、袖丈位で三つ折りにしてしまいます。

そして、1枚ごとに反対になるように重ねていきます。

それでも入らないものはプラスチックケースに
同じ季節に着る物になるようにしまいます。

そして、少量の樟脳を入れておきます。
木綿に概ね虫はつかないですが
嫌なにおいがつかないようにや、カビの予防だったりもします。

また次の着物のお洗濯をしたので
と言うか・・・夫の物

木綿の着物は、汚れたら洗えばいいのさ〜と言う
誰が洗うんじゃい・・・誰が片付けるんじゃい
と言いながらも、仕方がないから片付けてるんですが・・・

そうしながら、季節の変わっていくのを肌で感じつつ
入れ替えが進んでいきます。

みなさまも、好天の日を選び
お手入れされると良いですよ!

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:56|PermalinkComments(4)

2018年11月17日

木綿着物/この季節に、何をチョイスするのか?

日本列島、
地域により気温の差が出てくる季節になりましたね。

着物の下着に薄手の長襦袢に片貝木綿
こんな感じの今日のいでたちです。

あったかインナーの上下を着ると
片貝木綿も、真冬も着られる木綿着物になりますが

私は、もう少し寒くなったら
伊勢木綿や久留米絣、ウールを着ることが多くなります。

沢山着こむと、肩こりがするというのが1つの理由です。

保多織、夏久留米
お洗濯してしまいました。

これは、私の着方によるもの
重ね着なしでは、今からの季節にはちょっと寒いと思われます。

どんな木綿着物も
下に何を重ねるかとか
暖房も、室内の温度をどのくらいで設定するか?
などなどの条件でも、着られるものは変わってきます。

長袖のシャツを着るだけで
うんと暖かくなりますよね

この着物が着たいなぁ・・・と思った時
どう着たら、自分の体感に合うのかを考え
組み合わせていくと良いです。

夏は、これ以上涼しく着るっていうのは難しいけれど
暖かくする方は、やり方次第

女性ならば、着物の上にダウンベストも着られるし

着物の入れ替えをしながら
上っ張りも出しました。

私の上っ張りは、久留米絣と備後絣
どちらも、難物の良いとこどりをしたものです。

室内で着るというよりも、防寒なので
銀行やスーパーなどの生活圏での着用が多いので
けっこう長目の丈です。

帯も、そろそろウールの半幅帯を使おうかな。
夏は、帯の下があんなに暑かったのに
あったか帯で、ポカポカ温まりたい季節になったんですね。

着物は暖かいから
冬になると、着物を着るのと言う方もあるように
着物は、暖かい着るものなんですよね。

着物で風邪知らず
暖かく過ごしましょう

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 16:54|PermalinkComments(2)

2018年11月16日

店内静かすぎる・・・

雨で外はとっぷり暮れた感じ

若手二人は、名古屋木綿展に出張中

夫と二人の夕暮れ時は、静かなものです。

発送準備に、お仕立て準備に追われる日々なのは
変わりませんが・・・

横浜のお仕立て物が、まだまだ進行中で
店を空けられなかったこともあり
二人で居残った訳ですが

若い社員の三品(別名ジャスミン)がいないと
静かなもんですわ!

若いもんは、いるだけで華なんですわね〜
いえいえ、着物が大好きなうえに
よく働いてくれる素敵な社員ですよ!

2年目三品、染織こだまのカラーにどっぷりと染まってくれ
お客様にも可愛がられ
こだまのアイドルです。

社長・・・・・
個人的には我が家の長男で
娘にメロメロのお父ちゃんをしています。

大学時代に着物にはまり
古着から、着物に入った人間
よくみなさまの気持ちがわかる人間でもあります。

大学で作った和装サークルは20年ほどたった今も健在です。

この息子の一言がきっかけで
いつでも着ていただける着物へと、
立ち位置を変えて今に至ります。

着物を着て楽しいと言うお客様の存在が
これが、私たちの力の源です。

着物って楽しいを、皆様と分かち合いながら
明日に向かって頑張ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:17|PermalinkComments(0)

2018年11月15日

目玉クリップに助けられた

本日のミッションは
『ポン酢を作る』です。

材料
・醤 油   750ml
・果実酢   500ml(へべ酢・カボス・ゆず・だいだいなど お好みのもので)
・鰹節   25g
・だし昆布   25g
これを、合わせて涼しいところで1ヶ月放置
1か月したら、濾して瓶に入れて野菜室で保管
時間がたつごとに、まろやかな味わいになります。

今の時期の宮崎では
日向市で取れるへべ酢がおいしいので
これを使いました。

上記材料×4
つまり果汁を、2000ml絞り、指先はしわしわ

待っている人に、差し上げる分もありましてね。

鍋料理、スライス玉ねぎに
ドレッシング、餃子のたれ、あえ物など色々と使えます。

これと、目玉クリップがどう繋がったのか?
DSC_0748~2

鰹節は、近所の鰹節を毎日削っている鰹節やさんに買いに行きます。
だし昆布が足りなくなって、
北海道物産展に、だし昆布を買いに行こうと思ったんです。

が・・・

なぜだか、両袖口から長襦袢がはみ出しています。
両袖から出ているということは
長襦袢が伸びたか、着物が縮んだかになりますよね?

私、結構販売できるかどうかの実験で作ったものも着ていますので
どうも、長襦袢が伸びたのではないかな???と思いました。

しかしながら、両袖口から長襦袢が出たままデパートに行く訳にもいかず
目玉クリップの登場と相成った訳です。

袖の中で、長襦袢を適当につまんでおけば済む話
針も糸もいらないし、安全ピンのように布に針を刺すこともありません。
手間いらずの、修正グッズと言えるでしょう!

ポン酢作り、2時間ほどの時間を要しましたが
この冬用の、ポン酢の準備ができました。

春に作った、ポン酢の材料は日向夏
今回はへべ酢、12月はだいだいにしようかな?

自力で、物が作られる間は作りたいな!と思うのです。

木綿着物を着ることも、心休まりますし
自分の好きな物を作ることも、食べることも心の休養
そんな気がします。

自分の楽しいうれしいで
日々が過ごせると良いですね!

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:36|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

母の和ダンスを覗いてみた

私が、自分で着物を買うようになってからの
母の着物は、おおむね知っていました。

母が、参観日に着てくれていた着物や
何かあるときに着ていた着物には、
子供心にも、印象が残っています。

臙脂色のお召しも、きれいな状態だったので
ちょうだいね・・・と私のタンスに移動しています。
が、私に着られるサイズではないので
孫に着せたいな・・・と

母の箪笥から出てきた着物
思いがけなくたくさんありました。
これって、お嫁入りの時の着物やコートよね。
あら薄物まであるわ・・・

小紋に紬、喪服留袖、色無地、江戸小紋
他には、洗い張りした小紋や緋モミがたくさん
何かに使おう

母とは体格が違うので
好きなものは、縫い変えて着ればと言われていますが
どうしようかな?

昔の物は、着物では丈が出ないし
羽織にするには、裄が出ない
帯にしようかなな?

何とか布を生かしたいなぁ・・・と思いつつ
隙間のできた、母の和ダンス乗っ取り計画を進めています。

今は、ある程度布幅も広がりましたし
反物のの長さも長くなってきましたので
大柄の方にも対応できる生地が増えてきました。

しかしながら、人間の体格って
これからどうなるんでしょうね?

伝えられる着るものでありながら
色々な問題で捨てられたり残念なことも多いです。

私の派手になった着物、孫が着れくれるかな?
手入れをきちんとしておかなくては

お嫁さんも、着てくれそうだし
この先も、着られる状態で保管しなければ
せっかくの着物たち・・・
そう思いながら、着物の入れ替えをした日でした。

      日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:54|PermalinkComments(0)

2018年11月13日

11月には洋服の日と着物の日がありますね

洋服の日は11月12日で
 「洋服記念日」は、明治4年に発布された勅諭により、
 明治5年11月12日付で「爾今礼服には洋服を採用す」という
 太政官布告令が出されたのにはじまります。
 注文洋服業者により明治19年に設立された東京都洋服商工協同組合では、
 昭和4年にこの日を「洋服記念日」として制定しました。
 組合では、昭和4年11月12日以来、
 和服から洋服への採用を決断された明治天皇の御遺徳を崇敬し、
 毎年11月12日に明治神宮へ参拝し、
 明治神宮参集殿において記念式典を挙行しています。と
東京都洋服商工協同組合のサイトにかかれていました。

他には、ご参考までに

着物日は11月15日

きものの日を制定したのは
全日本きもの振興会です。

昭和41年に
着物の関係企業や団体が集まって結成され、
着物文化を受け継ぐことや
知識の普及を目的に活動しています。

はてなスッキリ のサイトより抜粋

全日本きもの振興会が
きものの日を制定したきっかけは、
意外にも昭和39年の東京オリンピックでした。

東京オリンピックで
日本にやってきた外国人は
「着物は日本の民族衣装のはずなのに
着ている人がいない!」
と驚いていたそうです。

その声を聞いていたため、
きもの振興会が結成されたのと同時に
きものの日をつくって
着物の普及に力を入れたとのこと。

確かに外国の方からすれば
イメージする日本と
かなり違っていたのかもしれません。

さて、来年は東京オリンピック
各国のイメージでの振袖は作られていますが

一般の方たちの着物姿は見られるのでしょうか?

オリンピックの季節は、暑いと思われます。
だったら、浴衣での競技観戦も良いですし
着物姿があふれる、オリンピックデーの日本になると良いですね。

そして、日本にお越しの方にも
着物や浴衣を、お召しいただけると良いなぁと思います。

日本には素敵な着物と言う文化があることを
外国の方は、素敵に思ってくださっています。

時々、店頭に立たれて
着物を見ていかれる外国の方も少なくないですし

店内に入られて、質問をしていかれたり
お買い求めいただいたり

民族衣装のポジションって
憧れですよね!

そして、日本と言えば『着物』
そう言っていただけるのは、幸せなことだと思います。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:12|PermalinkComments(2)

2018年11月12日

冬に向かうときに考える夏物

12月は。来期の夏物を考える時期でもあります。

冬に向かう、この時期でも
来夏に向けてのリクエストを頂戴いたします。

リクエスト100%の品ぞろえはできないにしても
ご希望に沿った、品物探しをして
お答えしていく予定です。

まだ、夏の余韻が残っている今の季節
この着物が着やすかったから、来夏にはアイテムを増やしたいとか
初秋も、夏と同じ気温
それでも、白い襦袢を着たくないからと
色物の夏襦袢を用意しておいてほしいなど
まだ、記憶も薄れていうちに
欲しいものを、メモしておくなども一つの方法です。

本日も、夏の染着物を決めていかれたお客様があります。
今から問屋さんにリクエストするのですが
概ね大丈夫でしょう。

その一方で、防寒対策も
暖かい襦袢、羽織、コートの準備は整っていますか?

日ごとに寒さが増していくこの時期
仕立て上がりの取り扱いをしていない染織こだまでは
オール誂えのため、少し余裕をもってお品選びをしていただければありがたいです。

もうすぐ、名古屋での木綿展
熱田神宮の近くです。

お時間のある方は、ぜひお出かけ下さいませ。

暖かいウールやモスリンをはじめ
各地の木綿なども勢ぞろいしています。

商品をご覧になりながら
自分の着物ライフと照らし合わせていただければ
きっと、気軽で楽しい着物暮らしができますよ!                                                                               
   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:10|PermalinkComments(2)

2018年11月11日

染の木綿着物

絹でも、木綿でも
布は

染めることと織ることで出来上がります。

これを取って、染織(そめおり)こだまと言う屋号にしたのですが・・・

紬などの織り物を先染めの着物と言い
小紋などを後染めの着物と言います。

木綿も同じです。

一般的に多い木綿着物は
先染めの着物で、織物となります。

木綿でも、染のものと言うと
浴衣が思い浮かびますね。

浴衣以外にも、綿麻紅梅生地に染められたもの
木綿の着物用白生地に染められたものなどもあります。

来シーズンに向けて
染織こだまでも、問屋さんにお願いをする時期となりました。

木綿でも染になりますと
ちょっとお澄ましして着られる感じで
洗える小紋で、天然の素材・・・と言うところが良いですね。

さてさて、どんなものができるのか?
お楽しみに!

私たちも、出来上がるのをわくわくして待ちます。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:13|PermalinkComments(0)

2018年11月10日

心あふれるコメントありがとうございます。

着物を着ること
難しいことがたくさんあると感じられる方が多いと思いますが

最近では、動画をみて
えいや〜っと、浴衣を着始める方も少なくないです。

そのひとつに、
どの着付け教室に行ったらよいのかがわからないとか
浴衣だけだから、習いにく程の事もないのかな?と言うのがあるようです。

きちんと、着方を習いたいと思ったとき
普段の着物の着方と
礼装の時の着方が違うことを教えてくださる先生も増えてきて
より気楽に、着物を着ることもできるようになりましたが

昔ながらの、販売を伴う着付け教室もあるようですね。
その見分け方ができないので、不安になってしまいます。

今回の掲示板の書き込み
私の話を聞いて欲しい!という気持ちが感じられたので
いつもはしない方法で、ブログ内で投げかけてみた次第です。

着物を販売しているから、着物が売れればよい
そうではないのです。

着物そのものを、愛していただき
着たいという気持ちで、着て欲しいと思うのです。
そして、そのお手助けができるポジションにいたいと思います。

着物のすそ野が広がり
着物が着たければ着る
着たくなかったら着ない
個人の気持ち通りに着物と向き合っていける
当たり前の、世の中であって欲しいと思うのです。

木綿の着物で出かけても、華美ではありません。
木綿の着物でも、電車に乗れます。

どうして着物なの???
これをいちいち説明しなくても良い世の中になる良いですね。

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:15|PermalinkComments(4)

2018年11月09日

気持ちがよくわかる投稿だったから、お返事を書きました。

染織こだまの掲示板への書き込みから

初めまして。
突然お邪魔します。
学生の頃から着物を着て生活をしたいと思っていて、
ようやく最近小さな一歩を踏み出したのですが。
着物の知識を学ぼうと思って通い始めた着付教室で
戸惑うことがいくつかあり、同じく着物の知識がある方にお尋ねしたいと思い、
こちらにお邪魔したしました。

まず一つ、今時ウールの着物は着ない。
もう一つ、羽織はもう古い。今は長い道中着でないとオカシイ。

この二つ、通っている着付教室の先生が仰ったことです。
大手の、振袖や訪問着を売っているお店が母体。

私は着物で生活している方の本を読むのは好きで、
きくちいまさんはじめ何冊も拝見しているのですが、
ウールの着物は普段着としてお召しになっている方は結構お見かけするような…?
また、羽織も着物雑誌なんかで未だに特集されているような…。

ただ、確かに最近は道中着を着ている方は多い実感はあります。
主流はそうなのかなとは思うのですが…。
そんなに羽織って流行遅れですか?

絹じゃなければ着物じゃないというようなことを言う教室で、
ちょっと不信感があり、なかなか素直に信じられません。
私も欲しいと思っている木綿着物を扱っている方の仰ることなら素直に聞ける気がして
、突然このような形でお邪魔いたしました。
教えていただけると嬉しいです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夏が過ぎ、片貝木綿を着ていると
いつまで浴衣を着ているの?と言われたという方
木綿着物では、電車に乗れないと言われた方
こんな話を引っ張り出すと、きりがない気がします。

こうおしゃる方たちにとっては
着物は絹で、それ以外の物は何なんでしょうね?

まずは、日常に着物をお召しになるときに
何をお召しなのか、お尋ねしたい衝動にかられます。

絹の着物でお炊事やお掃除をされるのでしょうか?


ウール、今や見直されている素材ですが
今でも、優れたウールが生産されていることも、ご存じないのではないでしょうか?

木綿は、今だに女中さんの着物とでもお考えなのでしょうか?

今の時代に、まだそんなことを思っている人がいるのは知ってはいたけれど
とても残念です。

だから、着物がなくなっていく

昔、日本人はオールシルクでオール手縫いのすごいものを着る・・・と言われた
フランス人がいらしゃったと聞いたのですが
この話から、着物ってポリでも何でも良いんだと感じました。

絹が悪いと言っているのではなく
絹以外の着物を否定することはないと思うのです。
ただ、強い絹偏重の人もたくさんいるという事
絹の着物が売れないと困るという人もいるという事

日本の誇れる伝統技術から生み出されるもの
手のかかった、素敵な着物はいっぱいありますし
憧れでもあります。

しかしながら
着物で生活をしたいと思うのであれば
メンテナンスがしやすいもので、価格も高すぎないものが良いですよね。

木綿の着物が、今の時代に日の目を見るようになったのは
私が頑張ったからではなく
木綿と言う着物があったよね・・・というユーザーからの声で
この声を受けて、今の品揃えになったのが染織こだまです。

お召し下さる着物の販売は、とても楽しいですし
自分自身が、毎日着ていても楽です。

木綿の優しい肌触りと
お家で洗えるメンテナンスの楽さ
何にも代えがたい素材であることは間違いないです。

羽織は、ジャケット
今のような季節には、もってこいのアイテム
礼装、準礼装には、羽織よりも塵除けコートであったり道中着であったりしますが

さほど寒さも強くない季節には
羽織が楽しいですし、何といっても行った先で脱がなくて良いのも魅力ですね。

羽織を古いと言われるのは、
ひと世代昔の話
今は、羽織の人気は年々高くなっています。

着物を着ること、楽しくなくちゃ・・・
そして楽しまなくっちゃです

書き込んでくださった方の気持ちは
本当によくわかります。
きっと、私のブログを読んでくださっている皆さんも
あなたは間違っていないわ!
私と遊びましょうよ〜とおしゃってくださっていると思います。


着物が、概ね着られるようになったら
後は、動画を参考に着てみたり
何度も着ていくうちに、うまく着られるようになるものです。

着物で出かけているうちに
着物を着ることが好きな方たちとの出会いもあるでしょう。

私は私、着物を楽しみたいのだから
その気持ちを大事にしてください。
古い考えの方もいらしゃるのね・・・くらいに考えておくと
気持ちも楽になること思います。

この方と
きっと、お目にかかれる機会はあると思います。
その時は、楽しい楽しい、着物談義をしましょうね

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 12:50|PermalinkComments(12)

2018年11月08日

着物で歯医者さん行くとき

歯医者さんに行くから
わざわざ着物に着替える方はいらしゃらないと思いますが

着物がいつもの着るものだから、
そのまま歯医者さんに行く方はいらしゃると思います。

ちょっと前歯が欠けてしまって
行って見ると、20年前に治療してますね・・・と受付の方

ほう、こんなに長い間
この歯科医にかかっているのだ・・・
そのことにびっくり

今日の予約だったけれど
着物を着換える時に、
歯医者さんに行くから気をつけてこれを着て行こうという頭もなく

いつもの木綿着物に
なぜか、日常使いをしていない
ちょっと良い博多の半幅帯を締めました。

理由は、手を出した先にあったから
それだけの事でした。

帯結びは、私はいつも貝の口なのでぺったんこ
かるた結びなども良いですね。

椅子に腰かけて、倒されるときに
着物の前がはだけないようには気をつけます。

お医者さんも歯科衛生士さんも
着物で行っても、別段あわてることもなし
いつもと同じ

しかしながら、治療をするのに
水と使いますから、飛ぶのでと
胸と顔にはガーゼをかけてくださったのですが

なんだか、帯がちょっと心配

お腹の上で組んでいた手を
帯の上に移したのは、内緒(笑)

結果、帯に飛ぶこともなく
無用な心配だったのですが

気になるときには、
小風呂敷や手ぬぐいを持参すると良いのかなぁ・・・

もちろん、大きなもので覆ってくださる歯科医もあることでしょうし

着物で行くと、びっくりされたり
構えられたりすることもなく
いつ行っても変わらない対応が気持ちよく居心地も良いのです。

着物で何かをすることを特別視したり
まだまだ、相手の方が構えてしまう世の中だと感じます。

しかしながら、
着物人口が増え
どこに出かけて行っても
相手先で、すんなり受け入れられる
そんな世の中になると良いなぁ・・・

そうすると、今以上に、
着物を受け入れられる世の中になるのではないかと思いますし
それを、切に願っています。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:30|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

会いたい人があるからそこに行くの

佐伯に、魚釣りに行くようになって
10年以上たっています。

最初のきっかけは
16年前、漫画家の福田素子さんとの出会い
もちろん、着物がきっかけなのですが
それ以外にも、惹かれるところがあって
お付き合いは、今に至っています。

そして、魚釣りに行くようになってからは
定宿にしている、半分公的な感じの宿泊施設がありまして
ここに1年に10回ほど泊まっていました。

そこでの夕食を作ってくださる方は福数人いらしゃるのですが
児玉さんのは、私が作るわ!といつも言ってくださって
夕食の時に世間話や近況を話したり
今日はね、こんな夕食にしておいたよ!とか
4時の夕食では、おなかが減るだろうからと
おにぎりを用意してくださって、
その中には必ず夫の好きなめざしが入れてありました。

いつも、ちょっとした気配りをしてくださって
魚を釣る楽しみとともに
この方に会えるのを楽しみに出かけていました。

今回、昼食の時に会えなかったので
午後から見えるのかな??そう思って夕食に行くと
その方はいらしゃいません。

たえさんは、どうしたの?
会いに来たのに・・・と話すと
そこのオーナーさんが
児玉さん、きっと聞くと思ってた・・・

8月に亡くなったとのこと

え・・・絶句してしまいました。

人間いつかは、別れの日が来るというものの
私たちにとっては、突然の別れでした。

こんな風に、人との出会いつながりは
何にも代え難く、大事な大事な心の宝物です。

この文章を書きながら
加奈子さんに会いたいから・・・と
メッセージをくださるお客様のことが思い浮かびます。

私は、女将さんと言われるのは極めて苦手です。
いつの場合も
児玉加奈子という、1人の人間でいたいと思うからです。

この、たえさんのような人にならなくちゃ
『まだまだ修行が足りないばい菌仙人』
皆さんと、うれしい&たのしいで繋がれるように
頑張ります!

いつも、応援ありがとうございます。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします
http://fashion.blogmura.com/kimonoadviser/">
someorikodamas at 19:17|PermalinkComments(0)

2018年11月06日

仕事と離れられないが、それでもお休み

気分的に、1年ぶりくらいの連休

昨夜から家を出て、佐伯まで出かけてきました。

以前ならば、月一回まではいかなくとも
そのペースで、遊びに来ていたところ

海と山と風と
すべてが、気持ちを解きほぐしてくれ
無心になれます。

昨夜の夫は、イカを8回釣り損ねたそうです。
ここで釣れるイカは、アオリイカでとてもおいいしいので
とっても残念!

針が悪いのではないかと思ったので聞いてみると
どこの店舗でも、今使っている針がないとのこと
ネットで買うことに
アナログな夫に、その手があったねぇ・・と

本命は、鯵釣り
朝の30分で、焼き魚or刺身用は確保

夜釣りの場所が確保できるかどうかが問題
1人入ると、あとが入れない格好の釣り場とかね・・・

佐伯といえば、ゴマだし
えそのすり身で作られている胡麻たっぷりのだしの素

えそはこんな魚
DSC_0738

うろこが固く、骨も多いし、それがまた固い
しかしながら、すり身にしてあげたりかまぼこの材料としても上質
最近では、漁獲高が減っていると聞いていたので
料理はちょっと面倒だけど、すり身にしない手はないと思って確保
ごま出しは、地元の手作りを購入
DSC_0740

このだしを使った、ごまだしうどんが有名です。

今夜の夕食は4時、下手すると私の遅い昼食の時間と同じだわ

食事の後は、しっかり防寒して
疲れるまで、海と戯れます。

凝りきった体と頭をほぐすのにはよい時間かもしれません。

帰ったら、お仕立ての準備の続き
年内あと何枚入るのかを検証しなければ(ドキドキ)

そしてオリジナル品の発注準備

名古屋木綿展、

夕食が済んだら、仕事を忘れて
しばし遊びますわ♡

木曜から、またお仕事頑張りますわ!

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 14:15|PermalinkComments(0)

2018年11月05日

今年最後の木綿展と、来年最初の木綿展

お仕立て物の山に、頑張らねば・・・と思う日々
木綿着物ファンが増えていくの実感する今日この頃です。

今年も2ヶ月を切り
巷では、お歳暮商戦も始まり
せわしない年の瀬も、目の前になったことを実感します。

そんな中ですが
昨年暑い盛りに木綿展をした名古屋
涼しくなってからの開催を…とのご希望から
11月開催となりました。

もうすぐ開催
商品も充実していますよ

名古屋木綿展

◆とき
   11月16日(金) 10:30〜18:30
     17日(土) 10:30〜18:30  19時00分〜宴会の部
     18日(日) 10:30〜16:30
◆ところ
   神宮前レンタルスペースみち草
     〒456-0032
◆交通
    ■名鉄【神宮前】駅東口より徒歩約1分
    ■JR【熱田】駅より徒歩約10分
◇駐車場は近隣の有料パーキングをご利用ください


案内状のご請求
  ※お手数ですが、どの展示会をご希望かを教えていただけると助かります。

そして、1019年最初の木綿展は大阪

☆決まったばかりのほやほや情報です。

◆と き
 2019年
   2月 8日(金) 10:00〜19:00
      9日(土) 10:00〜19:00  19時30分〜宴会の部(予定)
      10日(日) 10:00〜19:00
     11日(月) 10:00〜15:00

◆ところ
  堺筋ビルAAホール
   〒541-0047 大阪市中央区南本町2丁目2番3号
◆交通
  ■地下鉄堺筋線、中央線「堺筋本町」駅9番出口より20m
  ■地下鉄御堂筋線「本町」駅9番出口 徒歩6分
  ◎会場周辺にコインパーキングあり
  その他 Facebookイベントページ

人との出会いは楽しい物
楽しいも一緒にお届けしたい
『染織こだまの木綿展』です

楽しみにしています

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 13:22|PermalinkComments(0)

2018年11月04日

寒くなったらお勧めの一乗木綿

三砂ちづるさんの、
『きものは、からだにとてもよい』という本をご覧になって
一乗木綿をとおっしゃる方や
実際に布を触って見られてなど
これはいいわぁ・・・など
多方面から、一乗木綿をお仕立て下っています。

1番人気の、井桁とつばめも再入荷しています。

そして、この可愛らしさにキュンとなったのがこれ
ハートな石畳(中央のまあるいのが100円玉です)
DSC_0736~2

今回は、このハートが小さい方がいいなぁ・・・と言う方のために
小さいバージョンのハートな石畳(上画像の上の柄)が新入荷しました。

一乗木綿は、リバーシブルで使える生地ですから
DSC_0737

ベージュと紺で、ペア着物のお仕立ても楽しいですし
1枚で、片身代わりにもできます。

ちょっとうれしく、楽しい一乗木綿
今からのお勧めのひとつの木綿です。

名古屋帯で、シックに
半幅帯で楽しく

木綿着物の中でも
ほっこりあったか
心休まる一乗木綿です。

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 13:43|PermalinkComments(0)

2018年11月03日

無地の木綿をおしゃれに

木綿の着物でも
ちょっとお出かけ着にならないかなぁ・・・とおっしゃる方も少なくありません。

木綿の着物は
カジュアルなもの
普段使いの着物ではありますが

今の時代
絹の着物でないと、ホテルの食事ができない
そんなこともありませんし
電車にだって乗られますし
美術館にだって行けます。

とは言うものの
ちょっとおしゃれに着たいなぁ・・・
そう思うのは女ごごろですよねぇ

今日のコーディネートは
あるはな木綿
染織こだまのオリジナル木綿です。

これば、葡萄色
帯は召しませ花
半衿は、バラの花の色と木綿着物の色を合わせて
帯締めも、ボルドー色で白い線がアクセント
帯揚げは、半幅にも入っている色目でちょっと抑え気味に
DSC_0735~2


下にあるのが、
左から、空色、レモン色、納戸色です。

染帯とかすると
とってもおしゃれになります。

絹偏重の着物業界ではありますが

木綿着物が広がったことによって
とても着物が着やすくなっています。

価格的な意味もありますが
1番は、自分でお手入れできることではないかと思います。

大胆な格子、カラフルな色目
ダークな細い縞、多色の縞
いろいろと選べるだけの色柄があります。

もちろん、織の物だけではなく
染物もあります。

ご自分の、着たいシーンに合わせて
着物と帯をチョイスすると
着物生活は、格段に広がります。

ただただ、着物を楽しんで欲しい
そう思うのです。

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 16:41|PermalinkComments(0)

2018年11月02日

ウールの半幅帯、木綿の半幅帯

あったら欲しいね!

そういう会話がされる素材です。

全くないわけではないのですが
昔のような、少し肉厚地の物がありません。

この厚手のウール半幅帯が
寒くなってくると、これが重宝するのです。

しかしながら
ない物ねだりをしてもしょうがないので
あるものを使って・・・

最近では、木綿半幅帯が重宝しています。

木綿と木綿の間に木綿の芯が入っているので
これがなかなか暖かいんです。

染織こだまではオリジナル品を作っています。
DSC_0733

少なくなって来ましたので
また作る予定にしています。

リバーシブルだから
1本で2本分
長さも長めなので
ちょっと変わり結びで楽しめます。

あんなに暑かった帯の下が
今では、暖かホカホカがうれしい。

そんな思いの、今日この頃です。

半衿も、あったかい素材に変えようっと

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:02|PermalinkComments(0)

2018年11月01日

亀田縞

寒くなって来ましたら
木綿着物も暖かいものが良いですよね!

そこでご紹介したいのが
亀田縞

暖かくて丈夫

縞も、ほかの木綿にないようなものもあり
楽しいです!

コスパの良い木綿着物
商品の割に、リーズナブルです。

平成8年に復刻され
洋服雑貨の布として考えられましたため
広幅の布での復刻でした。

しかしながら、着物にも良い生地と言うことで
取り扱いを始めました。

広幅の布の利点は
体が細くて手の長い方とか
裄が長くて、なかなか普通の布で裄が取れない
こういった場合も、概ねうまくお仕立てすることができます。

背が高く、身幅も広く、手も長い
3拍子揃うと、多少難しい場合もあります。

それも、総合的には
お勧めの木綿のひとつです。

再入荷しましたので、
どうぞご覧くださいませ。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:56|PermalinkComments(2)

2018年10月31日

嬉しいを届けるのは嬉しい

うちは、着物屋だから
着物を(反物)販売し、
必要に応じて、お仕立てしてお届けするのが仕事

でも、それに伴い
いろんな出会いや気持ちが交じり合うのです。

地元のお客様ばかりではなく
ネットを介した向こう側のお客様との会話は主にメール

そんな会話の中
 思っていた反物の色柄で良かったとか

 あの反物から、素敵な着物ができてうれしかった。

 この着物が着られるのが楽しみなど

毎日、うれしいメッセージをいただきます。

うれしいの連鎖は、心を豊かにしてくれます。

この仕事をしていてよかったな!
着ていただける着物の取り扱いをしていてよかったな!

改めて、そう感じています。

会社としてもあり方のひとつに
人を笑顔にするというのがありますが

染織こだまでも
話し合いをしたとき、『笑顔』が1番となりました。

商品とともに
うれしいを届けられる企業でありたい
日々を笑顔で暮らしたい

忙しい日々の中だからこそ
その思いが強くなります。

対面、電話、メールと
いろいろな会話の方法がありますが

これからも
うれしい、楽しいをお届けします
みんなで、協力して頑張ります。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 13:11|PermalinkComments(0)