2018年09月26日

着物屋時々農業

季節の変わり目は、
苗の植え時でもあります。

休みの日を待っているのは、父親
家庭用の小さな耕運機で畑を耕し

今日は、ニンニクとジャンボにんにくの植え付け
DSC_0697

植え終わった、ネギもラッキョウも芽を出しました。
DSC_0698

虫の大好きな葉物は、ネットで覆い
虫の少なくなる季節を待ちます。
DSC_0699

そして、もう一つの季節のものといえば
DSC_0700

地面に落ちた、オレンジ色のまあるいもの
これが、果肉のついた銀杏の実
しばらくは、気を付けて拾います。

果肉を剥がして、洗って干して・・・
ぎんなん好きの私にとっては、
最高の秋味覚です。

季節を楽しむ・・・本当に楽しいことですね。

四季のある日本には
衣替えという考えがあります。

これも、季節を楽しむことの1つ

去年の今頃、何着てたっけ???
手持ちは、そう増えていないのに
なぜか着ていたものが思い出せない・・・

毎シーズン、いろいろと悩みながら
帯と着物、小物などの組み合わせを考える
同じ着物でも、春色、秋色には気を使いますし
半衿だって、柄に凝ってみたいものです。

食べることも、着ることも
季節を楽しみながら
生活して行きたいものですね!

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 13:12|PermalinkComments(0)

2018年09月25日

男物と女物の境目

お買い物においで下さったお客様が

男物はありますか?と尋ねられることが多いです。

木綿、特に縞や格子の場合は
裄さえ取れれば、男性物、女性物の区別はないですし

袖幅を継いでも良いのであれば
さらに、選ぶ範囲は広がります。

絣の物も
自分で着られると思われれば
男女差なく、どれでも良いのです。

線引きをするのは
私たち販売する側ではなく
着られる方が、決められる感が強いです。

これは男物・・・
これは女物・・・
そんな線引きをしない方は

私たちが、びっくりするほど
コーディネートも上手で
花柄の着物もうまく着こなされます。

そして、TPOによる着分けもされます。

ちょっとしたパティ―でも着られる感じの物
カジュアルでも、着られるもの

組み合わせも考えれば
いろいろな形で、合わせられますし
楽しんでいただけます。

特に男性の皆様
全部、男物と思って選んで見られれば
もっともっと楽しくなると思いますよ!

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:02|PermalinkComments(0)

2018年09月24日

薄手の木綿が良い季節ですね。

30度超える日も少なくなり
ようやく、涼しい日もあるようになりました。

今年は、例年よりも涼しい日が多いと感じる9月後半です。

暑い日が続くと、9月という季節感はどこ吹く風となっていくのですが
気温が下がってくると
縮みの着物は、やっぱりしまっちゃおうかな・・・

とは言っても、すべての夏物をしまう訳ではなく
縮みではない、綿麻の物は10月に入っても着ます。

それと同時に、薄手の木綿も着始めます。
夏久留米はもちろん、
古渡唐桟もお勧めですし
伊勢木綿の薄手も

初めて木綿着物を作られる方が
木綿は単衣で着る着物と聞きましたが
これで1年じゅう網羅できるのでしょうか?とお尋ねになられますが

1年じゅう同じ木綿で過ごすことは難しいです。

と言うことで
洋服と同じで

冬物
春秋物
夏物

で、素材は着分けると良いですよ〜

そして、下着やな襦袢との組み合わせで微調整

だんだん、気持ちの良い季節となり
着物で、屋外を闊歩するのも気持ちよくなりますね。

着物楽しみましょう〜♪

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:14|PermalinkComments(0)

2018年09月23日

木綿展in横浜

横浜での木綿展は、10年ぶりくらい

10年前も菊名でしたが
今の商品量では、前回の会場では無理・・・

という訳で
以前、うちの会場を使ってくださいと
声をかけていただいたおりました
今回の会場での、運びとなりました。

◆開催概要
 全国各地の木綿、麻、ウールを中心に約700アイテム。
 すべて見放題、さわり放題です。
 反物のみのお持ち帰りも、採寸お仕立ても承ります。

新しく取り扱いを始めた木綿もありますし
ウールも、色柄共に増えています。

季節としましては
羽織のお仕立てもお勧め

オリジナルのカレンブロッソもありますよ!

◆会場
 横浜きもの専門学校
 〒222-0021 神奈川県横浜市港 北区篠原北1丁目3-36 
◆日程
 10月19日(金) 10時〜19時
    20日(土) 10時〜19時  19:30から宴会(交流会)の予定
    21日(日) 10時〜19時
    22日(月) 10時〜15時  最終日は15時まで

        
◆アクセス
 JR・東急
 菊名駅より徒歩3分

 自家用車はお近くのコインパーキングをご利用ください

案内状のご請求は

楽しい&わくわくと作り上げていく木綿展
着物を着ることが、楽しかったりうれしかったり
そんなウキウキする気分も味わっていただきたいと思うのです。

着物を着始めて
体調が良くなったという話をお聞きすることがあります。

とてもうれしいことですし、
食べる事だけではなく、
着ることも生活の中で、大事なものだと気づかされる時でもあります。

着物を着る方が増えると良いなぁと思い続けての
全力での太物の取り扱い

どうぞ皆様、着物日和なこの季節
どうぞ、染織こだまの木綿展へお越しくださいませ。
一同楽しみにお待ちしています。

  日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 15:22|PermalinkComments(0)

2018年09月22日

湯通しをしてあれば、水通しは必要ないのでしょうか?

湯通しは、薬液に30分ほど浸して
乾かして、専用の巻機で反物に巻き取ると聞いています。

違うやり方の業者さんもあるかもしれませんので
間違っているときには、申し訳ございません。

織られたばかりの反物は
この作業で、かなり縮みますが

機械で巻くことにより
また、伸ばされてしまいます。

なので、湯通しだけでは
縮みきらないだろうというのが
私たちの考えです。

この辺り、よく質問が来るところでもあります。

染織こだまでは
水通しは、お湯を使ってしたとしても
長い時間をかけるため、結局水になってしまうので
最初から、水でよいだろうということで始めたものですが

昔の文献を見ますと
水通しの文言は出てきますから
間違いではなかったです。

水通しをする時間によっても
縮み具合は変わりますし
アイロンのかけ方、反物の巻き方
いろいろな要素でも、縮み具合は変わります。

できるだけ、無理をしないで
縮められるように工夫はしていますが
人間のすることですから
パーフェクトとはいかない部分もあると思っています。

また、洗濯機で攪拌されることによって
布が目詰まりをして、結果縮むことも考えられますから
夏物を、強い回転にはかけない方が良いかな?と思います。

木綿や麻の天然素材は
化学繊維と違い、
縮んだり伸びたりするものです。

その布の動く部分が
やさしい着心地になっているとも言えます。

丁寧な水通しは心がけていますが
多少の、縮みな伸びはあります。

湯通しだけでは、最初のお話のような理由で
縮みが、元に戻されていることも考えられます。

湯通しされた生地は、比較的水も通りやすいので
湯通し済でも、水に通されると良いと思います。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:27|PermalinkComments(2)

2018年09月21日

同系色のコーディネート

そろそろ、綿薩摩が着たいなぁ
そう思う季節です。

綿薩摩の機械織
微塵格子は、布の密度のある綿織物です。

そのため、布の厚さよりも
少し暖かです。

私の体感では
真夏と真冬を除いて着ています。

ようやく、人気色のラベンダーグレーが入荷しました。
ピンク過ぎず、大人な色目です。

そこに、9月発表の新柄半幅帯、
めしませ花を合わせてみました。

帯が濃い目の組み合わせ
DSC_0692

着物って、反対色を合わせることも多いのですが
濃淡で、合わせてみるのも上品で良いですね。

半幅帯とはいえ
長さも、帯幅もありますから

お太鼓風にも結べますし
カラテア結びもできますし
他も色々と結べます。

帯揚げを、紫の反対色の辛子色を持ってくるのも面白いですし
ローズ系も楽しいです。

召しませ花の半幅帯に
帯締めを締めて
帯揚げをして
羽織を羽織れば、名古屋帯に見えてしまうし

リバーシブルですので
旅行にお持ちいただくのも便利

着物で、旅行
ちょっとだけ、気分も高揚するのではないでしょうか?

着替えも、半幅帯ならば
何となかるものです。

入荷する商品を見ながら
コーディネートしてみるのも楽しみのひとつ

涼しくなると、着物でお出かけも楽しくなります。

足の踏み場もない、染織こだまの店内ですが
いろいろと、楽しんでいただけますよ!

どうぞ遊びにおいで下さいませ。

10月は、
 着物サローネ(日本橋)←ここはウール素材のもの限定です。
木綿展in横浜
11月は、
木綿展in名古屋

こちらでも、色々とご覧いただけます。

秋を、着物で楽しみませんか?

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:50|PermalinkComments(0)

2018年09月20日

きものサローネin日本橋

染織こだまのスケジュール帳は
真っ赤になりそうな勢いです。

10月に入ると
きものサローネin日本橋

その中の、きものカーニバルの部に出展いたします。
 10月5日(金) 
    6日(土)
    7日(日)各日10:00~18:00

ブースは119です。

テーマは
wool wool wool
ウール素材に特化します!
西陣ウール1

25498175_1998351167074639_7717337914756443191_n


・西陣のウール各種
・八王子のウール
・モスリン各種

木綿以上に、生産が激減しているものですが
まだまだ、作り続けてくださっている方があります。
そして、何よりも
この商品の良さを感じている染織こだまです。

てんこ盛り、準備して出展いたします。
楽しみにしていてください。

◎ウールチクチクするでしょう!
  そんなことありません。
  丁寧に丁寧に作られたウールは
  すべすべした素材で、絣柄もきれいです。

◎八王子ウールは、シルクウール
  ちょっときちんとした感じで、
  着物をお召しになりたい方や
  袴が欲しい方にお勧めの素材です。

◎モスリン
  この素材でしか出せない雰囲気があります。
  特に、羽織や道中着にすると着心地の良い大人のモスリン
  長襦袢にお勧めのモスリンがあります。

◎宮崎県産天然樟脳
  ウールの保管には、体に優しい
  天然の樟脳がお勧めです。

お会いできます事
楽しみにしています。

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:23|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

木綿展思い出話

今回の京都での木綿展開催で
全国47都道府県すべての地域での
木綿展ができました。

これも、ひとえに
みなさまの、木綿LOVEのおかげです。
ありがとうございます。

最初の木綿展は11年前
東京に西荻窪の8畳のスペース
人が来て下さるかしら?
ハラハラドキドキしながら始めたのを覚えています。

東北の大震災の後の4月
開催をしてよいものか
ずいぶん悩みましたが

こんなときだから
開催して欲しいとの声が大きく
そうだったら!開催しようと決めた新宿

いつも、沢山の方にお越しいただき
今日につながっています。

そのころのお客様も、
京都の会場にお越しくださいました。

木綿展を通じまして
たくさんの出会いがあり
人とのつながりのありがたさを痛感しています。


染織こだまの木綿展は
全国各地の木綿やウールが満載
本当の太物展示会です。

あづまやさんから、お花をいただきました。
柴川様、お気遣いりありがとうございます。
DSC_0687


石川県からは
皆さんご存知のtontonのきよみさんも
お出かけくださいました。

きよみさ〜ん、いっしょに写真を…など
囲む会も盛り上がっておりました。

実際に、日常着物を着てくださる方の肉声は
なによりも、安心なアドバイスとなります。

着物を着たいと思う方が
気軽に着物を着られる環境は、ずいぶん整ってきましたが
まだまだ、初めての方には???も多いのも現実

今、着物をお召しの方の
やさしいアドバイスも、力となります。
そんなみな様
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

そして、恒例の染織こだまの宴会
着物好きの方たちの、コミュニケーションの場になると良いなぁ・・・と思っています。
1日目の宴会の様子の一部です。
DSC_0676

DSC_0675

2日目の宴会の様子一部です。
DSC_0678

男性群、写真撮ってよ・・・とおしゃるので何かと思いましたら
みんなミンサーの角帯だからだそうです。
DSC_0680

たくさんのおしゃべりと
着物を着る工夫のやりとり
皆さんが、着物が好きな人だから
大盛り上がりする時間です。

こんな風に、販売だけではなく
人とのコミュニケーションの場も作りたいと思うのです。

太物LOVEな染織こだま
これからも、沢山の太物と情報をお届けしたいと思います。

日本全国の皆様
本当にお世話になりました。
そして、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

染織こだま一同
文責 児玉加奈子

  日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 15:26|PermalinkComments(2)

2018年09月18日

木綿展、もう一つの効用

染織こだまの木綿展は
ウールや木綿の反物を見放題触り放題
もちろん、麻や綿麻も

絹物は、博多帯など、帯に限られています。

もちろん、ミンサーの帯や
染織こだまのオリジナル木綿帯などもあります。

木綿展、
どんな効用があるかといいますと

着物の着姿も、見放題なのです。

木綿展は、着物で出かける場所としても
認知されています。

普段着着物に、興味を持ち始めたばかりとか
やっと着物を着ることができるようになったので
木綿の着物を着てみたいといらしゃる方も少なくないですし

気軽に、木綿着物をお召しの方は
木綿展にも、着物でお越しくださいます。

実に、楽そうに
そして、おしゃれに着物をお召しです。

その姿をご覧になって
こんな風に、無理のない
自然体で、着物を着ることができるのね!とか
あんな風に、組み合わせると素敵!など

実際に、見ることにより
ご自身も、ご自分の着姿を想像できるようです。

ビジュアルって
とても参考になるものです。

着姿を見がてらに
木綿展を楽しんでいただきますのも
一つの方法です。

太物を見て触って着て楽しむ
+周りの方の着姿を参考にできる木綿展です。

ぜひぜひ、いろんな意味で楽しめる木綿展
これからも、どうぞご期待くださいませ。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 22:57|PermalinkComments(0)

2018年09月17日

お客様に教わったお役立ち情報

あっという間に
木綿展京都最終日となりました。
たくさんのお客様にご来場いただき
うれしい限りです。

最終日の今日も、張り切って
商品のご説明させていただきます。

さて、たくさんのお客様とお話をしていますと
いろいろな工夫を教えていただけます。

その中の一つ
ミンサーの半幅帯をお求めくださった
お客様から教えていただいた話です。

木綿の着物に、ミンサーなどの
滑りの悪い素材の帯を締めるとき
前で結んでクルリと回す場合の話です。

サテンの生地の、薄すぎないものを用意して
帯幅位で、長さは前で7〜8兔鼎覆襪らいの長さになるよう
縫っておきます。

それを、着物を着て伊達締めをした上に巻き
ピンチでとめておくそうです。

サテン生地を巻いた上で、帯を締め
帯をクルリと回したところで
ピンチを外し、抜き取ります。

滑りの良い生地の上で回すことにより
引っかからず、すんなり回せますので
帯が、着物を引っ張ることもなく
着崩れもせず、とても便利なんだそうです。

もちろん、前結び用の
サテンのマジックテープ付きの
帯板でもよいのですが

私のように、
前結び用の、ぐるっと体っ巻き付けるタイプの帯板が苦手で
1年中浴衣用のメッシュの柔らかな帯板を使うものにとっては
いつもの道具で済むのも、魅力的です。

こういった、着る方からの知恵は
どうしたらよいの〜?と悩まれている方などに
また。お伝えしていきたいと思います
     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 08:58|PermalinkComments(0)

2018年09月16日

裄の目安と好み

洋服でも、着物でも
丈やシルエットなど
好みがあって当然

とは言うものの
概ねどんなものが良いのかなぁ…と悩むものですね。

昔の採寸からしますと、少し長めになっています。

生活着から、おしゃれ着へと移行してきたこと
それに加え、洋服生活の
袖口が手のひらに入るくらいのものを着ることも
多くなったことによると思います。

腕を水平に出して
着物の袖口が手首のぐりぐりをしっかり覆うくらい
手首を触ると、くびれたところがありますが
そのくらいかな?と

手を下した時には
手首のぐりぐりが半分見えるくらいまで

着物の袖口の広さは
手の動きによっても、
常に、うまく手首付近までかぶるように
考えられているものと思われます。

ぐりぐりがすっぽり隠れた場合
袖口は手首に斜めのかぶりますから
袖口が、手のひらにかかります。

手のひらにかかるのは、野暮と言われます。

つまり、着姿がやぼったくなりますよ〜ということ

こういったことも踏まえ
木綿着物を、生活着で着るのか
おしゃれ着として着るのか
+自分の好み
+親子で兼用する・・・など
諸条件を加味します。

太っていると、肩回りで布をとられますし
なで肩では、その反対になります。

私は、日常着として着ていますから
多少短め
ぐりぐりは全部見えています。

木綿と絹物を比べますと

木綿は、布が下がりにくく
絹は、垂れやすいです。
絹と同じ裄にしても、短く感じられるのは
そのためでもあります。

礼装のものと、普段着の物は
少しだけ裄を変えるのも方法です。

木綿だから長くしてはいけない…はありませんが
すっきり、活動的に着るには
裄は、長すぎないほうが良いかな?
そう感じています。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 09:03|PermalinkComments(0)

2018年09月15日

身丈は、1つではない

京都木綿展2日目となりました。

1日目、遠くは青森県八戸から
南は、地元宮崎から、
他、東京、神奈川、石川、広島、静岡などなど
本当に、多くの方にご来場いただきました。
(把握できていない分の皆様ごめんなさい)

着物のご説明はもちろんのこと
色々なご相談をお受けしたり
お仕立てのために
採寸させていただいたり
寸法をいただいたり、
あわただしく、1日が終わりました。

寸法を教えていただく際
いろいろと確認させていただくのですが

身丈、どこを測られましたか?とか 
・肩身丈(着物の肩山から裾まで)
・背身丈(着物の背縫いの部分)
のどちらでしょうか?とお尋ねすることがあるのですが
よくわかられない方も、少なくありません。

身丈は身長でしょう?
だから、〇〇僂任垢閥気┐討ださいます。

が・・・

腰ひもの位置によっても
着物の丈は変わります。

腰ひもがウエストあたりであれば、背身丈が身長
骨盤の上あたりであれば、肩身丈が身長を
1つの目安とします。

これを伝え間違うと、
着物の丈が5cmほど変わってきます。

肩身丈と背身丈の差は
繰越+衿付けの縫い代

ご自分の身丈が
背身丈なのか、肩身丈なのか
これは、正しく覚えておいたほうが良いです。

わかられない場合は、
お手持ちの着やすい着物の
背縫いの長さと、肩山から裾までの長さを
測ってみておくとよいです。

その長さで、身丈の確認と
繰越の確認ができます。

1度覚えておくと
次回からは、大丈夫!

自分の着やすい着物をご持参で
寸法を確認してもらうのも1つの方法です。

着物のこと、よくわかるまでは
時間がかかるかもしれませんが
1度覚えると、便利なものです。

まずは、身丈には
背身丈と肩身丈とがあるということを
知っていただいていただくことができますと
どうして、私の着物って
この丈になってしまうの?という
疑問からも解消されることと思います。

わからない、むつかしいから
1歩踏み出すと
少しずつ、着物のことわかってきます。

着物は、誂えることの多い着るもの
せっかくですから、着やすいサイズになるように
少しだけ、着物のことわかるようになると
視界が開け、楽しくなりますよ〜。

木綿展などの場も、
???解消のためにどうぞご利用くださいませ。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 08:41|PermalinkComments(0)

2018年09月14日

着物をきれいに着る土台は長襦袢

着物が着あがって
あ…衣紋が抜けていない
そんな残念なことになった経験を持つ方も少なくないと思います。

そんな時、慌てて着物を後ろに引いてしまう。
でも、着物の衿と長襦袢の衿が離れたり
かえって、不細工になることもあります。

もし、衣紋がうまく抜けていないときには
長襦袢から、丁寧に直していくと
着あがってからの、応急処置はうまくいくと思います。

着物の着初めのころ
衿がぷかぷかになるとか
衣紋が抜けないとかの相談を受けます。

長襦袢をきれいに着たのにもかかわらず
着物を着ることに一生懸命になって
着物の衿を前に引きすぎ
長襦袢の衿を一緒に前に引くので
衣紋を抜いた分を、前に引いてしまうから
衿がぷかぷかになってしまいます。

長襦袢は、着物を乗せる土台ですから
優しく、着物の衿を添わせるように着るとよいです。

もう一つ、着物も長襦袢も布

布は、布の居心地の良い場所
つまり、おさまりの良い場所があります。

そのため、着物や長じゅばんを着る段階で
あっちこっちに、無理に引っ張ると
布自身の収まりが悪いので
おさまりの良いほうに戻っていく
それが着崩れの原因でもあります。

長襦袢を、きれいに着ることも
慣れないうちは、むつかしいと感じるもの

私の長襦袢には
付紐がついていて、衣紋抜きもつけています。

付紐は、どの襦袢にでも使えるように
コーリン結びを使っています。

半衿の下のほうに紐をつけておくと
衿を両方に引くことができるので
着あがった長襦袢の衿も開きにくいです。

衣紋抜きも、下のほうの紐通しを使っていますが
引っ張るという感じではなく
上がらないために、そんな感じで使っています。

紐なども、体に触ると
途端に着心地が悪くなりますから

体に触らない
締めすぎない
引っ張りすぎない

こんな工夫で、日々着物を着ています。

きっと、きれいに着ようと思うばかりに
力が入るのだと思います。

力を抜いて、丁寧に着ていくことを繰り返していくと
5分間着付けでも、うまくいくものです。

頑張りすぎずに、力を入れないで
ゆっくりした気持ちで、お召しくださいませ。
きっと、きれいな衿元が出来上がりますよ!。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 09:11|PermalinkComments(0)

2018年09月13日

木綿やウールに帯てんこ盛り、準備完了

おもいっきり
山盛りの、太物たちを連れてきました。

会場中、
どこをご覧になっても太物

太物を、ご堪能していただけます。

そして、帯も

木綿やウールにも
博多帯は、良く合います。
博多帯もいろいろなものを揃えています。

半幅帯も色々な素材で
揃えました。

ミンサーもお勧めの締めやすい帯
名古屋帯も、なかなかおしゃれです。

9月に発表されたばかりの、めしませ花の半幅帯

かわいらしい帯留に三分紐

一言に木綿と言いましても
糸の原産国、等級、太さ、
糸の作り方など、多岐にわたります。

同じ木綿という素材なのに
こんなに違うものなのね!
その違いを感じていただける展示会です。

縞、格子から、絣まで

絣一つとっても
久留米絣の機械織に手織
備後絣、弓浜絣、倉吉絣、薩摩絣
ウールの絣も素敵です。

手織の新之助上布
染の保多織、
手織りの片貝木綿

きりがないくらいの品揃えです。

今回は、畳敷きの会場
ゆったりと、お過ごしいただけます。

ぜひぜひ、ゆっくり楽しんでください。
きっと、これこそは・・・
そんな太物に出会えること思います。

ワクワクドキドキしながら
京都での木綿展
明日、9月14日より開催です。

私たちは、皆様にお会いできますことを
とっても、楽しみにしています。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 20:51|PermalinkComments(2)

2018年09月12日

いよいよになりました。47都道府県ラストは京都

最初の木綿展から、11年かかって
全国47都道府県めぐりが最終の地、京都となりました。

これで、出張展終了ではなく
ひとまず、ひと巡りが完了ということです。

意図して京都ではなく
塗りつぶしをしていたら、
こんな風になった訳でして・・・

京都といえば、全国の着物や帯の集積地
いざというときの着物から、おしゃれ着まで
絹物の宝庫であります。

着物といえば、絹でしょう!
そんな印象の強い場所が京都です。

しかも、今回の木綿展会場は
問屋さん立ち並ぶエリア

この業界では
紬や小紋のおしゃれ着のことを
普段着ということも少なくないのですが

染織こだまの普段着は
木綿やウール

会場いっぱいの、太物を
見て触って感じてほしいと思います。

今回の木綿展のために
今まで取り扱いのなかったものなどの、準備もしています。

染織こだまの愛してやまない木綿
たくさんの方にご覧いただければ
とてもうれしいです。

ご案内のはがきはなくても
ご来場いただけます。

染織こだま木綿展京都

ぜひ、マスギビルを目指してお越しくださいませ。
一同、心からお待ち申し上げています。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 16:48|PermalinkComments(2)

2018年09月11日

着物は七難隠すと思う

太ってしまって、手持ちのスカートがキツキツになったこともあり
久しぶりに
母の黒のタイトスカートを試着しました。

足は太く
お腹は前に出っ張り
ウエストは太く

取るとこないじゃん・・・

鏡に映る自分の姿をみて
げっそりしてしまいました。

着物を着ていても、
太っているものは太っているし
お腹も出ていますが

まずは、太い足は見えませんし
ノーブラのぺちゃぱいも
わかりにくいです。

着物の衿はV字ですから
顔もすっきりして見えます。

洋服よりは、お腹のでっぱりも目立ちません。

総合すると
洋服姿の私って
やっぱり、よそうと思ってしまいます。

昔、お客様が
息子さんに、どんな素敵な服を着るよりも
着物姿の方が良いと思う・・・と言われたそうです。

大きなホテル勤めで
いろんな方に、お目にかかる中で
ある程度、年を重ねてくると
洋服よりも、着物姿の方が数倍素敵
そう感じられたようです。

やっぱり、着物姿の方が
布の下の七難を隠せてよいなぁ・・・
そう思う、鏡の前でした。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:59|PermalinkComments(2)

2018年09月10日

心強い話

着物って、
和裁士さんの力によるところが大きいと感じています。

寸法を割り出して、お仕立するにしても
この人の体型は・・・

ん〜〜〜こんな時、
こんな風になると良いのだけれど
どうしたら、そうできるかな?

こんな時、頼りになるのが和裁士さん
ベテランさんの力は大きく

その和裁士さん方から
若い和裁士さんは、技を伝授され
また、スキルをアップさせていきます。

和裁学校で習ったことを基礎にして
積み重ねていくことが山ほどある

うちの、三品も
和裁学校を卒業し
染織こだまに就職したのですが

学校で習わなかったことが山ほどあると言います。

だからと言って、それが悪いわけでもなく
縫うことに関して
1つではないという事

ベテランの和裁士さんにお聞きしますと
和裁士さん仲間で、意見交換をしながら
こんな時には、こうしたら良いとか

こんな体型の場合は
こんな風に気をつけると良いなど

少しずつの、意見の持ち寄り、技術の持ち寄りにより
個々の和裁士さんが、スキルアップをしてくれていますし
若手の技術向上にも力を貸してくれます。

こんな積み重ねで
少しでも、着やすい着物をお届けできたらと
日々願っています。

優れたプレタの着物もありますが
マイサイズで、少しでも体形に合うものを
お仕立することを目標に、日々を頑張っています。

地元で、
顔を突き合わせてお仕立てのことを依頼できますし
相談やお願いもできます。

そんな和裁士さんがいることは、とても心強いですし
染織こだまの宝物でもあります。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:07|PermalinkComments(0)

2018年09月09日

繰越と繰越巾

毎日、お仕立の寸法をいただく中

難しいと感じていらしゃることに
繰越寸法があるのではないかと感じています。

繰越は
和服の衿を抜いた(繰った)ように着るため、
身頃肩山から、衿肩明きを切り開ける位置までの長さを言います
5分から1寸の間で、7分、8分が多くなっていますが
体の厚みなどにも関係します。

繰越巾は
繰越+付込み(衿付けの縫い代)

どうしてもわからない時には
着物の丈
 背身丈(背縫いの長さ)
 肩身丈(肩山から裾まで)
の丈の差を測りますと、繰越巾がわかります。

付込みが、今は、
 女性の着物が5分
 男性の着物が3分が
一般的になってはいますが
お好みで、女性でも3分の方もいらしゃいますし
和裁学校によっても、その考え方に差があります。

どうしても、繰越寸法がわからない場合
着物を床に置き
背中の、内揚げの縫われている位置を確認しレ
背縫いの、内揚げ位置までの長さと
肩山から内揚げ位置の差を計算します。

例えば、その差が5cmであれば
付込みが5分(1.9cm)、繰越が8分(3cm)と判断します。

繰越巾なのか、繰越なのかがわかると
私たちは、とても助かります。

お分かりになられない時には
どうやってその数字が出て来たのかを教えていただければ
それをもとに、考えることもできます。

着物は、わからないこともたくさんあると思いますが
不安なところは、いつでもお尋ねいただければ幸いです。

おそらく、わからないことを質問されることで
少しずつ、???が少なくなること思います。

着物の事、難しいことも多いと感じますが
面倒に思われないで、
どうぞ、その先の楽しいを目指してください。

着物は着るもの、楽しんでいただく事が1番うれしいことです。
 
    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:35|PermalinkComments(6)

2018年09月08日

季節を感じる色

9月に入っても
やっぱり30度を超えたりする日があって

なかなか夏物を手放せないのが
今の季節です。

しかしながら
季節感は、色合いも関係してきますね。

綿麻の縮みを
もうしばらく、着る予定ですが

1枚の、きれいな水色の縞は
どう考えても、着にくいな・・・と思い
重陽の節句前の本日で着納めにしました。

黒っぽいもの、濃い色の綿麻は
まだまだ活躍します。

長襦袢は、もちろん夏物

宮崎の秋は10月末から
そこまでは、夏を引きずる感じです。

なので、夏物に見えにくい
薄手の着物は、とても重宝するのです。

夏襦袢の後は
アイスコットン襦袢
これも、中間の季節に便利なアイテム

下着、長襦袢、着物
この組み合わせで
涼しい暖かいの調節は利きます。

色は、季節のエッセンス

色目をプラスして
季節を楽しんでください。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:08|PermalinkComments(0)

2018年09月07日

パートナーに着物を着せたいなぁ

私、着物が大好きなんですが
夫が着てくれないんですよね・・・

そんな話を聞くことがあります。

全く興味はなくとも
まずは、自分の着ることを邪魔しないでくれればよしとするのかな?

次は、
自分自身が、着物を楽しく着ていることを
自然に、伝わるようにする。

以前、奥さんが
着物を楽しそうに着るので
着物っとそんなに良い物かなぁ?
着てみようかな…とおいでになった方もあります。

2人でお出かけをするとき
1人が着物で1人が洋服になると
なんとなく、釣り合わない気がするから
一緒に着物を着始めた方もあります。

相手がその気になるように仕向ける
おだてる・・・
パートナーと同性の着物好きさんに勧めてもらう
いろいろと意見が出てきますが

どうやって、自然なうちに
着物を楽しく感じてもらえるか
知恵の出しどころですね。

無理をして着せたとしても
一時的な話で終わってしまえば
意味をなさないですし

例えば、○○記念日を利用して・・・

今度の、私の誕生日に
一緒に着物を着て欲しいと、お願いしてみる

知り合いで、カップルで着物を着ている人に
それとなく、会わせてみる

いろいろ考えてみますが
私の好きなものを
パートナーと楽しみたいというのは

着物に限らず
食べ物でも、音楽でも
いろいろなところで感じることですね。

もう少し妙案がないか
考えてみます!

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:25|PermalinkComments(2)