2017年07月28日

下駄対策

浴衣に下駄のシーズン真っ盛り

せっかくのお出かけに
下駄の鼻緒が痛くなって・・・という話
とてもたくさん耳にしますね。

とりあえずの、1番有効なのは
鼻緒で擦れる部分
指の股のところと
鼻緒でこすれそうな足の甲に
履く前から、絆創膏(傷テープ)を張っておく

靴下屋には、サンダル用ソックスがありまして
これもお勧め!
トングタイプが良いと思いますが
5本指用のハーフソックスもよいですね。
これが、下駄の時にも便利です。

下駄の鼻緒に、十分な綿(わた)が入って
さわりが優しいと良いのですが
今の下駄も、様々で新聞紙が入っているものもあるとか・・・

暑い時に履くものですから
足にも汗をかいて
足と鼻緒がこすれることは大いにあります。

せっかくのお出かけ
痛いと悲しい思いをします。

もし、準備が間に合わなかったら
絆創膏だけでも、持って歩いてくださいね。

お祭り、ビヤガーデン、花火
夏のレジャー、浴衣で楽しんでください。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:28|PermalinkComments(0)

2017年07月27日

仕立て上がり着物をリメイク

この時期になると
仕立て上がり浴衣にも、
なかなか素敵なものがあったりします。

でも、ミシンで、袖口も裾も縫ってあって
ちょっと悲しいという話を聞きます。

ちょっとお裁縫ができて
気になる方は、
その部分だけ、解いて手縫いに変えていらしゃるようです。

社長が、某お店で
仕立て上がりの浴衣を買って
試しに着ていますが

何が着にくかったと言っても、衿周り
どうしてだろうねぇ・・・

と測ってみると
衿肩あきが、2寸7〜8分ありそうです。
いつも着るのは、2寸3分
4〜5分差があると、着心地が変わってきます。

これが、初めての浴衣であれば
何にも感じないところなのでしょう。

衿を全部解いて、
背縫いも全部縫い縮めて
縫い替えるなんて言うことは
裄も違ってきますし・・・
ちょっと無理

苦肉の策が
背縫いで3分入れて
1尺ほど流して縫い、
元の背縫いに合流
DSC_1056

裄は3分短くなりますが
夏物なので、問題なし

衿は、1部だけ解いて
背中心で、3分縫込み
縫いしろを割って、
元通りに、衿をつける予定です・・・が

衿を開いてびっくり
衿の裏は、接着芯が使われていた
解いてみるとわかる色々

通常は、衿付けは
表側からつけて
裏側くけつけますが

この浴衣の衿付けは
表裏1度にミシンで縫いつけられているので
お直しも、ミシンが良いという判断で
衿付けは、ミシンで縫いました。

リメイクが出来上がって
着てもらってみると
ここもねぇ・・・という思いはありましたが

着心地は良くなったとのこと

誂えを着ている人は
洋服でも、着心地の差を感じるんだろうな・・・と思いつつ

着物も、誂えると
格段に着心地が変わるのになぁ・・・と思う事でした。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:50|PermalinkComments(2)

2017年07月26日

夏の着物姿は、ほめられる

クーラーの部屋から一歩も出たくない
そんな毎日

早朝か、日が陰って、
草花に水やり
そんな日々ではありますが

着物と洋服のどちらが涼しいか
洋服も、素材次第
やっぱり、綿や麻が気持ちよい!

女性の場合
帯がネックだと思うんですよね。
男物の帯ほどの幅だったら
涼しいと思います。

補正も汗取りもいらんわ
伊達〆もと思いつつも

きれいに着こんだ夏着物の着姿は
冬よりも、ずっとたくさんほめられます。

涼しい部屋で、さっと着替えて
涼しい顔して・・・
今日も着物!

心は、温泉に入って
浴衣で涼みたい

願わくは、
冷たい水に足を突っ込んで
スイカかな

暑さは、大変ですか
逆手にとって
夏を満喫しましょう

  日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 11:34|PermalinkComments(0)

2017年07月25日

二部式の着物

たまに、二部式の着物のお仕立てを頼まれます。
これは、木綿を扱っているからではなく
もっと以前からの話

着物に限らず、二分式の雨コートなどもありますね。

着物の場合、既製品の二分式着物でも
仲居さんなどが、簡便なように着ていらしゃるようなものではなく
着姿が、着物のように見えるもの
ハンディキャップのある方用の
着やすい着物など、色々あります。

できあがった二部式着物を
ボディーに着せてチェック

ボディーさんが、スタイル良いので
実際に人間が着た時とは
ちょっと違うかも???と思いつつも
いい感じでできました。

まだまだ、細かいところの研究は必要ですが
これだったら、二部式着物に見えないかも?

着物って、着方が難しいという話が良く出ますが
どうしても覚えられない方は
こんな感じでも良いし

出来上がった着物を
おはしょりのように縫い上げる方法もあります。

でも、着方って、思うほどは難しくないので
浴衣の着方くらいから、
練習していかれたら良いと思います。

ハンディキャップがあって
着物を着ることをあきらめている方の
お役にも立ちたいと思っています。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:52|PermalinkComments(0)

2017年07月24日

エンディングウェアー

平尾昌晃さんが、お亡くなりになったのは
とても残念なことでした。

その報道の中に、
最後にお着せになるものの話がありましたね。

ピカピカの紫のジャケットに
トレードマークのピンクはネクタイで

昔のように、死に装束は白の着物と帯で
手甲、脚絆、額には三角の布
胸には、お金を入れる袋
こういったものは、ほとんど目にしなくなりました。

昔は、旅立ちの衣裳として
こういった姿だったのですね。

いつか死んでいく自分のために
自分で、白生地に友禅染をして着物を作っている友人もいます。

最近では
生前好きだった
洋服や着物を着せることが、多くなった気がしています。

自分の時には、この着物を着せてね・・・というのがあります。
夫が、結婚するときに選んでくれていた紬の着物
八掛の色を変えつつ、長い間着ましたが
さすがに派手になったけれど
この着物を着せてもらいたいなぁ・・・と思っています。

誰しも、いつかは訪れる日
少しは、自分の思いも伝えておきたいと思っています。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:57|PermalinkComments(0)

2017年07月23日

帯締めの色は大事なアクセント

着物と帯の色が
なんとなくしっくりまとまらないなぁ・・・
そんな日ってありますね。

着物も帯もボケボケで
しまりないけど、帯を締めなおす暇もないし・・・
泣きたくなる瞬間

でも、そこに
コントラストのつく帯締めを締めると
ボケボケだった帯が
なんだかしゃきっとする

帯と着物が繋がって見えて変
名古屋帯であれば、
帯揚げが入りますので
そこで、区切りがつきます。

半幅帯でも
帯揚げをうまく使うと
それはそれでかわいらしいくなったり
きりっとしたりするものですね。

三分紐が何色かあると便利ですし
右左違う色で締めてみたり
2本をクロスしてみたり

同じ帯留でも
三分紐の色が変わると、雰囲気も変わります。
DSC_1052

DSC_1053

色って、とても大事ですね。

色をうまく使うことで
バランスも整いますし
派手地味の演出もできる。

仲良しの色
逆の色、
ちょっと知っておくだけで便利になるものです。

なんだか、このコーディネート???
そう思ったときには
色の足し算をしてみてはいかがでしょうか?

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:45|PermalinkComments(0)

2017年07月22日

まだまだ夏物が活躍しそうだから、欲しいのです。

夏は、すぐに半衿が汚れるので
長襦袢や半襦袢が、数あると
着物生活はしやすいですね。

着物も、冬よりは
汚れの頻度も高いので
夏じゅう着物で過ごそうと思えば
それなりに、着替えが必要ですが

すべて誂えるのでなくても
寸法さえ何とか合えば
手ごろな浴衣の中から着物にすることも可能です。

もちろん、マイサイズが着やすいのですが
それでも、着回しする数が欲しいのであれば
プレタ物も、上手に使うとよいですね。

長期予報では
8月末から9月初めにかけて猛暑とか
夏物欲しいですよ〜!

何とか、8月25日開始の、
名古屋での木綿展までには
小千谷縮のお仕立てをしてもらえないかと
様子を見ています。

現実は、まだまだ、お客様のお仕立て物で
和裁士さんの手がいっぱいの状況です。

洗い張りした、縫い替えしたいものもたまっていく・・・
昨年洗い張りした、夏大島は
この夏に着るようには、お仕立不可能

自分で縫えないって、待つしかないのです。

でもどうしても必要なものだけを
様子を見つつ、着物にしてもらって
できるところは自分でやって

毎年、こんな感じかな?

8月末に出来上がる予定の麻100%の小千谷縮
9月いっぱい着る予定です。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:17|PermalinkComments(2)

2017年07月21日

裄丈

着物の裄
 みんな統一されている方
 夏冬で違う方
 礼装と普段着と変えている方

色々、いらっしゃいます。

感じますのは
昔から比べたら、長くなったなぁ・・・と

洋服に比べると
着物の裄丈は、やや短いです。
ですが、洋服の感じで長めにしたいという方も
けっこうおいでになります。

着物の袖口は
手のひらに入らないもの!だったのですが
それは、過去の物なのかなぁ?

着物を着る場面も、人それぞれ

日々生活の中でお召の方は
裄は、短い方が活動しやすいですね。
私も、どちらかというと短い方が好きです。

裄が長いと、ご飯だって食べにくいでしょう?
それなのに、着物屋さんに裄が短すぎるって言われるんです。
そのあたりが理解してもらえないのよねぇ・・・と

たとえ木綿の着物であっても
おしゃれ着としての着物なのか
日常着としての着物なのか
そして+αが好み
これで変わってきます。

特に、夏の着物は
1cm短くなるだけでも
涼しさが変わると感じています。

着物だからと言って
こうでなければならないはありません。

生活着なのか、おしゃれ着なのか
どう着たいかは、人それぞれで良いと思います。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 15:18|PermalinkComments(2)

2017年07月20日

名古屋帯を半幅帯に

20代30代に締めていた紗八寸名古屋帯
お太鼓にシミが出ていて
これは使えないしな!
捨てようかな…と思っておりましたが

ふと、半幅帯にしたら使えるかな?と思い
解いて、かがり直しました。

たれだった方を手にすることで
お太鼓のしみは、胴の中に入り
良い感じ

名古屋帯ですから、裏の返り部分を解くと
半幅帯の3巻き分になります。

夏帯だしなぁ・・・と思いつつ
短く切るのはいつでもできるし
長めの半幅帯になりました。

黄色系なので、名古屋帯としては派手ですが
半幅帯にすると、案外使えるものですね。

これに、気をよくして
あの帯もあったなぁ・・・と考えています。

色々と工夫をすると
案外使えるもの!

半幅帯でも、
端が汚れてどうしようかなと思ったときには
ちょっと短いけれど、角帯に縫い替えたり
子供用に幅狭く縫い替えたりもできます。

リメイクすると言っても
着物関連の範ちゅうでのリメイクは
着物好きにとっては、ストレスになりませんね。

帯のリメイクは、簡単です。
どうぞお試しあれ!

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:01|PermalinkComments(0)

2017年07月19日

夫の髪を切る

床屋や美容院に行きたがらない夫
仕方がないから
髪を切ってやるようになった。

何度やっても
耳の回りの切り方がわからない

母が、長年
父の髪を斬っていたので
散髪用のキット、スキカルも
髪の毛専用のハサミもある‼️

が、いつも裁ち鋏で切っている。
バサッバサッと切っておしまい!な感じ

このブログを書きながら
Web検索という手があったなと
一度も見たことはない。

なんとなく、こんな感じかな?と
勢いつけて切っている。

ありがたいことに
夫は、癖毛
数日すると、失敗した髪でも
なんとかなるものだ!

今日も、めげずにカットの予定

何だか、着物着はじめの
勢いにも、似た感じがする

やりたければ、なんとかなるし
めげずにやっていれば
それなりになる。

何でも、勢いと継続かな?
頑張ろっと❤️

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 16:22|PermalinkComments(0)

2017年07月18日

子供落語全国大会を着物で見よう!

宮崎県日向市では
ひむかの国こども落語全国大会なるものがあります。

宮崎は、笑いの発祥の地
その源はと言うと

天照大神がお隠れになった時代にさかのぼる

世の中は、真っ暗
天岩戸の中にお隠れになった天照大神に
出ていただくため、岩戸の前で宴会を開き、
天鈿女命が踊る
その楽しそうな様子が気になって
天照大神が扉を少し開けたところを
手力雄命が、岩戸を開いた。

その時、みんなの顔が
白くはっきり見え
面白いの語源になったとの一説もあるそうです。

面白いことをして笑う!

お笑いに通じます

小中高生の落語
予選大会を、着物で応援しましょう!

ということで、
染織こだまはこの日、臨時休業にして
でかけます。

笑いは、健康の秘訣
私たちも、楽しみたいと思ったわけです。

一緒に行かれませんか
7月29日(土)、現地集合となります。

始まる前に、天領うどんお昼を食べて・・・などと考えております。


催日 2017年7月29日(土)
1日目(予選大会) 13:00〜17:30

7月30日(日) 2日目(決勝大会) 10:00〜12:45
ファミリー寄席 13:30〜15:00

会 場 日向市文化交流センター
〒883-0046
宮崎県日向市中町1番31号
TEL:0982-54-6111

真夏の事
着物でなくても、
浴衣でも良いと思います。

心と体のリフレッシュに
思いっきり笑いましょう〜💛


日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:06|PermalinkComments(0)

2017年07月17日

浴衣を着る機会はいっぱいあるのだから着て欲しい

祭り○○とか
花火大会
納涼祭
ビアガーデンetc.


色々なところに
浴衣が着れそうなシーンが、いっぱいありますね。

もともと着物は、日本の気候風土に合ったものだから
日本の夏には、浴衣が気持ちよいと思うんです。

せっかく浴衣を持っているのあれば
着ないのはもったいない

着る回数が多ければ
浴衣をあつらえても、コストは下がるものです。

博多での木綿展の最中も
浴衣でお召の方、多かったです。

浴衣に、足袋を履いて
いかにも浴衣浴衣した感じでなく着るのもおしゃれ

帯結びも、ありとあらゆる結び方があるので
どんな風に結んでも、OK
結んだ帯が、だらりと下がらないような工夫
背中に補正を入れるとか
帯締めや、三重紐の利用

リボンや、三分紐に帯留

うわぁ〜上手にコーディネートされている
そんな方に出会ったら、ひそかにまねをしてみる

まねの状態では、自分らしく取り入れていない状態なので
なんとなく、満足いく形ではないと思うのですが
何度もやっているうちに、自分らしいコーディネートができるようになるものです。

浴衣だって、あの子より
ちょっと素敵ね!と思われたい
これが女心ですよね。

創意工夫で、より、夏を楽しみましょう!

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 15:55|PermalinkComments(0)

2017年07月16日

博多木綿展終了、そして長崎へ

暑い暑い博多の街
山笠のなかで始まった木綿展も
本日終了

暑いなかを、
着物でお越しくださる方も多く
夏着物の魅力を、改めて感じました。

いつも、Webでのお客様にも
お会いしたいと思っていますが、
その願いも、叶いました。

どの会場でも、
思いがけなく、遠くからも
おいでくだったり
本当に、出会いが楽しいです。

会場の片付けを
大急ぎで済ませ

私は、宮崎に戻ります。

皆様、暑いなかお越しくださり
ありがとうございました。
大変お世話になりました。


息子は、
自分の車に積めるだけの商品を積み
明日からの木綿展のため移動

=長崎木綿展=
 7月17日(月) 10:00〜19:00  19時15分〜宴会の部(予定)
 7月18日(火) 10:00〜15:30

会場
  レンタルルーム新観光
〒850-0905 長崎市籠町4-26 新観光開発第4ビル4F

交通 ■ 最寄り駅は長崎電鉄「築町」もしくは「観光通り」
    ■ 駐車場は周辺コインパーキンをご利用ください

Facebookイベントページ

引き続きの木綿展ですが
どうぞよろしくお願い申し上げます。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 18:41|PermalinkComments(0)

2017年07月15日

満足した顔

本日、早朝の追い山で
15日間の
博多祇園山笠も無事に終了しました。

ホテルでも
木綿展会場に行く途中でも
たくさんの、
お祭り頑張った男衆に出会いますが
みなさん、
とっても、よい顔をしていらっしゃいます。

やりきった満足感なんですね!

木綿展、ご覧いただく方にも
説明する私達にも
楽しかった。
満足した。
そんな気持ちの残る場所に
したいと思っています。

今日も、1日暑そう
そんな中に、おいでくださる方に
楽しい時間を、過ごしていただけるよう
がんばります❤️

会場は、クーラー効かせて
お待ちしています。

夜は、着物懇親会
着物談義で盛り上がることでしょう。
飛び込み歓迎です。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 10:17|PermalinkComments(0)

2017年07月14日

出会いは、楽しい

本日より、博多木綿展始まりました。

木綿展は、出合いの宝箱

facebookを見たとご来場下さり
本当に久しぶりに、
お会いした方や

ブログ読んでいます。
書いている人と会えるなんて不思議!
と、言ってくださった方や

木綿は初めてなので
色々見せて下さいとのお客様

前回に引き続き
おいでくださった方

この、人との出会いが
たまらなくうれしいのです。

ホテルにもどると
山笠の人との立ち話

ひとつひとつの出合いが、
楽しく

木綿の素晴らしさを
お伝えできると共に
楽しいおしゃべり

よい時間を過ごすことができました。

明日も、出会いを楽しみにしています。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 21:23|PermalinkComments(0)

2017年07月13日

福岡にやってきました!

明日から、博多で木綿展です。
前日搬入、準備のため博多に入りました。

着いた博多の街は、
お祭りの熱気で
とっても活気づいています。

すごい人の山
ホテルでテレビをつけても山笠

木綿展の会場が、
櫛田神社のごく近くと言うこともあり
いくつもの山が、流れて行きます。

なんだかを素敵なときに、
博多に来たみたい‼️

博多木綿展
とき
7月 14日(金) 10:00〜19:00
   15日(土) 10:00〜19:00 宴会の部あり
16日(日) 10:00〜17:00

ところ
リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1F
   〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端9-35
   交通 福岡市営地下鉄「中洲川端」駅
   5番出口より徒歩5分

西鉄バス「川端町博多座前」徒歩5分
冷泉公園と川端商店街の間の細い路地へ
※周辺にコインパーキングあり

木綿展
ぜひ、お越しくださいませ。

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:44|PermalinkComments(0)

2017年07月12日

浴衣が、家族の話題に

インターンシップどうだった?
と尋ねる家族

浴衣の着方を習ってねぇ・・・
明日も、着るから
今日習ったことを、復習


ということで、それぞれのお家で
浴衣の着方を練習し
浴衣をたたむ

すごいでしょう?と思った彼女

そこに、
妹さんが、私もできるよ!…と

えっ???

どうして???

だって、おばあちゃんに教えてもらったもの・・・と

いつの間にと思った、彼女だったようですが

ほほえましい話ですね♡


そうしましたら、別の方が
この浴衣、
おばあちゃん、がお母さんに買ってくれたものだったと思います・・・とか

浴衣から話が盛り上がる。

これって、うれしいですよね〜♪

浴衣を着てみた感想は
・自分で着れるものなんだぁ・・・
・思ったより、難しくなかった
・自分で着た浴衣は、苦しくない
・楽しい

この気持ちがあると
次に、普段着着物を着るのための
ステップアップになります。

できるだけ、感覚が自由で柔らかいうちに
着物に出会ってもらえると
きっと、その後も着物に関心を持っていただけるのかな?と思います。

私たち、着物の業界の人間も
浴衣や、着物を通じての
若い方との触れ合いを
とても楽しく過ごせています。

インターシップ明日までです。

今日の感想は、
振袖着せてもらって楽しい!!というのもありました。

とにかく、楽しいが1番です

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 15:47|PermalinkComments(0)

2017年07月11日

着物を着るシーンのイメージ

本日から3日間の予定で、
染織こだまにインターンシップで来ていた高校生3人に
着物って、いつ着るイメージがありますか?と尋ねますと

結婚式、披露宴、成人式、お正月と答えました。

ごくごく、一般的なイメージですね。

それでも、
いつ着るものかわからないと言われるのでなくて良かったです。

季節柄、ご本人たちの希望もあり
浴衣を着る練習から始まり
DSC_1039

着物の種類のお勉強をしていただきました。

大島紬は、全員ご存知でした。

鹿児島、奄美、都城が産地の
近隣の織物は、やはり知名度が高いのだな!と感じました。

毎日浴衣で仕事をしたいとのことで
仕事の始まりには、浴衣に着替え
3日もすれば、浴衣を着るのも
ひとりでできるでしょう!

ぞうきんを縫うという名目で
運針の練習もしていただく予定

日頃していないことを
体験していただきながら
着物のことを、違う角度から知っていただければと思っています。

10代の頃に、着物の事
特に普段着にも触れていただけるのは
私共にとっても、うれしい出来事です。

3日間、いろんなことを見聞きし
体験し感じて欲しいと思います。

着物屋に、インターンシップに行きたいと思ってくださった事
とてもうれしく感じています。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:24|PermalinkComments(2)

2017年07月10日

あの着物はどうなったかしら

自分の着物も、20代の物は仕舞いっぱなし
もう着ないからと染替えしたものもありますが

たまには、保管場所から開けてみないとねぇ・・・
ちょっと怖ろしい気もしています。

私の年代の着物ですから
胴裏は、薄茶色に変わっているに違いありません。

それが、お客様のところではどうなっているのかなぁ?
何度お召しいただけたかなぁ?

お正月に、着物を着る方も
着物を着ての習い事をされる方も少なくなって
仕舞いっぱなしの着物もたくさんあるんだろうな?と思います。

その着物、ちょうど子供世代が着れるはず

時々は、娘に着せたいので
このまま着られるものか見てくださいと
お持ちになります。

そのまま着られた場合
小物を、今の感じにコーディネートのしなおされる方が多いですね!

きついシミや変色している場合は
染替えるしかないのですが

物によっては、柄の書き足しや
色合わせで、きれいになるものもあります。

この梅雨が上がって晴天が続き始めましたら
ぜひ、着物を干してほしいものです。

湿度が上がってくる前の
午前10時〜後3時くらいまでを目途に
直射日光の当たらない、風通しの良い場所に干されるとよいです。

着物は1代限りで処分していくのではなく
後に伝えていくことができますから
たまの、少しの手間はかけて欲しいと思います。

特に、今年の湿度の高さはすごいです。

家の中の風通し
靴箱、押し入れ
いろんなところを開放して
風通しをして、湿気やカビの対策をした方が良いですね。

カビは厄介ですから!

      日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 14:48|PermalinkComments(0)

2017年07月09日

木綿も染物で楽しむ

木綿や綿麻で染物と言われると
注染や東京本染め浴衣などが思い浮かびますね。

浴衣ではなく、着物としての染物
型染、手捺染

秋冬物だとこんな感じ

夏物だとこんな感じ

素材は、木綿や綿麻の普段着素材なので
気軽に楽しめますが

小紋柄なので、ちょっとおしゃれ
名古屋帯締めて、ちょっとお澄まししてもよいですし
半幅帯締めて、カジュアルにしてもよいですし

楽しみ方いろいろ

綿麻は、長襦袢なしで浴衣としてお召しになる事もできます。

縞や格子以外の木綿がお召しになりたいときには

久留米絣のような、絣の物もありますが
たまには、染物も楽しいと思いますよ!

      日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 16:15|PermalinkComments(0)