2017年03月30日

木綿展10周年は

かなりなボリュームで、商品を準備しました。
近日中には、吉祥寺に向けて発送予定

置ききれないくらい、
どうやって、展示するかが課題です。

そんな中に
宝探し的な特価品も混ざっています。

山ほどある訳ではなく
堀り掘りしていただいたときに
巡り合えるかも?という数です。

染織こだまでは、継続できる価格が目標で
めったに、値引き販売はしていません。

でも、今回はちょっとそんなものも交じっていたら
楽しいかな?と思いまして

夏物あり、冬物あり
ご来場のお楽しみ!です。

たくさんの商品を
触って、感じながら選んでいただける
そして、楽しいと思っていただける木綿展にしたいです。

どんな中でも、お客様とお話ししたい。
どうか、気軽にお声をかけてください。

ネットで、何々を買った○○ですとか
通りすがりなのですが・・・とか
声をかけていただけるのが1番うれしいです。

あと1週間
1日入社の新人には、
最初からハードな経験とはなりますが
着物の大好きな、和裁のできる新人です。

こちらも、合わせてどうぞよろしくお願い申し上げます。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:52|PermalinkComments(0)

2017年03月29日

季節を感じる食べ物

出かけた先で、
つわぶきを目にしました。

あー、そんな季節よね!
我が家の庭にも
近所の土手にもあったなあ・・・と
思っていると

父が、近所から、
つわぶきをひと束採ってきました。

昔は、ワラビやぜんまいも
山に行って採って来るもので

野にも、山にも、海にも
季節の恵みを採りに行っては
料理して、いただいていたものでした。

今でも、残る感覚
この、子供の頃の経験を
とてもありがたいと思います。

つわは、早速湯がき
釣ってきた鯵をすり身にして
てんぷらを作り

この2つで煮ました。

なんとはなしに、
ホッとします。

着物の絵柄にも
季節が描かれ、とても優雅だと思います。

今年の、浴衣は何にしようかな?
春の帯留は、桜の次は
藤かしら?とか
想像するだけでも、楽しいです。

着物も、食べ物も
視・聴・嗅・味・触
五感で楽しみたいですね。

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:38|PermalinkComments(0)

2017年03月28日

うぐいすの鳴き声に、春を感じます

昨夜は、寒くて凍えていました。

今日の、昼間はぽかぽか陽気
山桜も、散りかげん
でも、可愛い
DSC_0776

ウグイスの声と
生まれ変わる木々の葉っぱを目にしながら
ホッと一息
ゆらゆら
周りの風景に癒されます。
DSC_0775

季節を感じることは
その違いを感じることでもあります。

その季節には、
探し回ったタラの芽のように
必ず口にしたいものがありますし
DSC_0753

着るものであれば
気候に合った、体に負担のないものが着たい。

あれもこれも、ご紹介したいな
と思いつつ

からだいっぱい
季節を感じ、充電中

 日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 14:39|PermalinkComments(0)

2017年03月27日

もうすぐ春なのに寒いね!長襦袢は何着ます?

三寒四温と言われますが
なかなか、暖かくなっていきません。

わ〜風が強いという、1日でした。

着物がめくれ、長襦袢が見えてしまいます。

寒い時を中心であれば、モスリン襦袢や絹襦袢が良いですね。
モスリンは、通気性があって4月初めでも蒸し暑く無くさらっと着れるのも
魅力があります。

さて、長襦袢、どんなものを着ていますか?
ちょっと見えても、これ見てよ!言いたくなる長襦袢は楽しい!

夏の麻のように、機能性を考えたり
洗える絹を着たり
色々とありますが

今の時期は、洗える絹や
綿絹素材の長襦袢が重宝します。

私は、綿絹襦袢を擦り切れるまで着ました。

でも、買い替えるにも
気に入ったものがないどころか
なかなか商品に巡り合いませんでした。

やっと、数限定ではありますが
4月の吉祥寺でお見せできる運びとなりました。

木綿が入っていますから
洗うとしわにはなりますが
素材としては、洗うたびに優しい風合いになっていくと思います。

実際に自分が着て…までには時間が足りませんでしたが
水通し実験もしまして、ご紹介もできます。

楽しみにしていただければ幸いです。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:30|PermalinkComments(0)

2017年03月26日

ギブアップな今日

3月の末となると、
走り回る日々が続きます。

今日は、棚卸が随分と進みました。
それでも、木綿、麻、ウールなどの
いわゆる太物商品はこれから

これだけで棚卸表の5ページ分になります。

今月末の数字にしますので
日々のネットでのご注文や店頭分は
その時、その時でマイナスしていきます。

店の中に置ききれそうになくなって来ましたので
4月に入って、東京の会場に向けて
商品を送っていただく事にしました。

こんな風に、1年で1番の商品ボリュームのある3月

店の前をお通りになる、旅行者風の方が
この店はね・・・雑然としていて倉庫のようだけどね・・・
と話しながら、過ぎていく声を耳にしながら

今は、何を言われてもこの様子はどうしようもないの!
シャッターを閉めても良いのだけれど
こんな時を楽しみにお出かけくださる方もあるので

こんなありさまですが
DSC_0769

DSC_0765


この様子の中で、好きなものを探すのが
宝物探しの気分なんだそうです。

30日の夕方には、梱包を始めますが
気になる方は、どうぞ!
足の踏み場はないですが
面白いと思います。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:59|PermalinkComments(0)

2017年03月25日

小千谷からのお知らせ

今、小千谷織物協同組合では
小千谷市、小千谷商工会議所と連携し
2020年東京オリンピック・パラリンピックの式典で
小千谷縮を着用いただけるよう活動されています。

最近の、温暖化の傾向もあり
小千谷の着物に人気が出ています。

そんな中

小千谷の
樋口工藝社の樋口社長様から
下記の、お知らせのお手紙をいただきました。

NHK BSプレミアム番組『イッピン』で
小千谷縮を取り上げていただくことになりました。

テーマは『新潟・小千谷縮』

放送予定 2017年4月4日(火) 19:30〜
 再放送   4月10日(月)  6:30〜

ナビゲーターは知花くららさんが担当されます。

今までとは違う視点での『小千谷縮』の紹介もあると思います。
ぜひ、ご覧くださいとありました。

番組内で、知花くららさんが着る小千谷縮の着物と帯

きもの 『風立ちぬ』    帯『曲水』
                 制作 樋口工藝社 

染織こだまでも
小千谷の麻、樋口工藝社の物も含め
取り扱いがございます。

今年の商品は、ただ今入荷待ち
吉祥寺でのお披露目からとなりそうです。

テレビのご感想もあること思います。

暑くても、着物で涼しくおしゃれに過ごしたい
そんな乙女心の支えになると思いますよ!

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 13:35|PermalinkComments(2)

2017年03月24日

天領日田に遊ぶ

以前から1度入ってみたかった日田
豆田地区、隈地区では
今、お雛様が飾られています。

着物が似合う場所、こんな町並みです。
DSC_0739

DSC_0715


着物特典で、赤司ようかんやさんでは、絵ハガキをいただき
入館料は50円引きなどの恩恵を受けました。
DSC_0725


お雛様は、豪商が京都などから買い求められたものなどがあり
とても素晴らしいものがたくさんありました。
DSC_0732

わらび餅売りやさん
風情があって良いですよね!
DSC_0716


豪華なお雛様に対して
庶民のお雛様だった、おきあげ雛です。
DSC_0723

DSC_0717

この目力はすごいな!と思いましたら
お顔を書かれる、面目師がいらしゃったのです。
DSC_0722

有名な方には、青木繁、坂本繁二郎の親御さんがいらしゃいました。

久留米と日田は、このことでもわかるように
交流があったそうです。

タイムスリップしたような、町でした。

お寺も立派でびっくり
DSC_0729


川があり山があり古いものあり
DSC_0731

味噌醤油蔵
DSC_0734

昔の信用金庫で文化財になっていました。
DSC_0733


他にも、草野家のお雛様の素晴らしいこと

お見せしたいところ満載
ぜひ、着物を着て
日田に足を延ばしてみてください。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:14|PermalinkComments(0)

2017年03月23日

急な坂道を登るとき

先だって、大分県竹田市の
岡城跡に行ってきました。
DSC_0743

DSC_0746

行きたいな!と思っていたら
岡城の横を通るルートを走っていたのです。

という訳で、岡城に登ってきました。

山城というだけに
上まで上がるのは、結構急でした。
城壁は、こんな感じです。
DSC_0745

DSC_0744

そこで、やばいと思いましたのが

草履・・・

鼻緒が伸びてしまうよな・・・きっと・・・
踏ん張るし、坂道だし

往復歩いた後
案の定、鼻緒が伸びました。

急な坂道を上るときには、
靴か鼻緒が伸びても惜しくない履物が良いなぁ・・・

寒い時の別珍足袋の時も思うのです。
いつもの足袋より、厚手の物を履くと
鼻緒が伸びる。

こんな時には、
伸びても構わないものを履かないとね!

岡城と言えば、有名な荒城の月
滝廉太郎の作曲で、歌がテノールの立川澄人
どちらも、大分の人

立川澄人が好きだったので
立川澄人の歌う、荒城の月を聞きながら登る岡城は最高でしたよ!
DSC_0748

桜の季節は、素敵でしょうね。
DSC_0749


今回の教訓
行く先によっては
予備の履物を持って行った方が良い
でした。

魚釣りなどは洋服で出かけますが
ほとんどは、着物なので
何も考えずに、履きやすいもので出かけてしまうのでね。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 16:32|PermalinkComments(0)

2017年03月22日

雨のあとも、ご用心

雨の日に、着物を着るときには
雨コートを着たり
雨にぬれても大丈夫な物を着ますね!

雨が上がると
注意不足から、濡らしてしまうことも

雨上がり
道路の水溜まり
植え込みの水滴

そして、車についた水滴
DSC_0736

DSC_0737

これが、やっかいで
乗り降りするときの、足元
ドアの開け閉め

あっという間に、こすってしまいがち

雨は、ただの水ではなく
色々なものをかこいこんだ水分ですから
ご用心

菜種梅雨の季節
雨上がりにも、ご用心あれ!

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 10:57|PermalinkComments(0)

2017年03月21日

衣替えに、天然樟脳はいかがですか?

少しずつ気温の上がっていくこの時期

この服はもうしばらく着られるかな?

このコートは、もういらないからクリーニングに出してなど
衣類の入れ替えをしようかな?という時期になってきます。

防虫剤も色々ありますが
天然由来の物が、体に対しては良いかな?と思います。

宮崎では、楠が良く見られ
その楠から、樟脳が作られています。

昔は専売品でもあり
九州各地で、作られていたようです。

樟脳は、防虫剤としてだけではなく
抗菌効果も高いので
靴の収納等にも役立ちます。

冬に履いていたブーツに、入れておくとか
洗っても匂いの取れない靴
洗えない革靴
こんなものに入れておくとよいです。

もともと樟脳が着物に使われたわけは
金糸銀糸が変色しないことからで

最近では、ラメの入ったお洋服用に
お買い求めくださる方も

お雛様をしまうのにもよいですね。

樟脳、お勧めです。

ただし、ニスや発泡スチロールなど
溶かしてしまう場合もありますので
使うときには、よく説明書を読んでお使いただいた方が良いです。

私も、そろそろ
樟脳の入れ替えをしなくちゃ!

樟脳の香りが
店中にしている染織こだまです。

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:27|PermalinkComments(0)

2017年03月20日

ひとりでできるもん!

卒業式を、間近に控えた小学生のお嬢さん

袴の着方を1度習いに見えましたが
最後の確認で、再度見えました。

半襦袢を着て、ウエスト補正をして
揚げのされた着物を着て
伊達締め締めて
半幅帯を結び
後にまわす。

袴は、後ろをお母様に取ってもらって
前は自分で締める

こんな感じなのです。

なかなか上手にできて
本番は、大丈夫でしょう。

着物は、着方が難しいと思われがちですが
子供なら、子供のレベルに合わせて着る方法があります。

袴を着終わったら
袴用にあげていた分をおろし
揚げをしてあり、着物の感じとしては
対丈の感じ

この着物を、しばらく楽しみながらお召しいただき

揚げを下さなくてはならなくなった時点で
腰紐での着方を、お教えする予定です。

着物というものは・・・
着る人の年齢も加味しながら
着方を工夫していけば良いもので

最初から、こうでなくては、着てはいけないとか
おかしいとか言うのは、違うんじゃないかと思います。

着物は、着るもので
どなたにも
楽しく着られたら良いと思うのです。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 17:49|PermalinkComments(0)

2017年03月19日

着物特典

着物を着ていくと
入館料が割り引かれたり
お土産をいただいたり
うれしい特典をもうけてくださるイベントも
多くなりましたね!

にもかかわらず、
行ってみると
着物姿は皆無

レンタル+着付けで2000円
持ち込みであれば、着付け500円
と書いてありました。

とても、良心的な価格だと思います。

どうぞ、着物でお越しくださいませ。
とされるのであれば

声をかけられる側の方や
資料館の方など
全員とは言いませんから

少しの方でも、
着物をお召しくだされば
もっと、着る方も増えるのではないかと
感じました。

特別な着物でなくて良いのです。
ポリのプレタでも
木綿やウール、おうちにあるもの・・・

特に、お雛様などの
着物の似合う季節イベントであれば
なおさらです。

着物で行けば
いいですね!と言われることは
とても多いです。

形だけ、着物特典を設けるのではなく
実際に、着物を着ていただける
イベントにしていくと

口コミでも、広がり
着物の似合う街並みに
着物姿も増える事でしょう。

私は、入館料の割引や
絵はがきをいただきましたよ❤

「きもので楽しく宮崎」からも
色々な情報をお伝えしています。

たまには、
同じ場所にいくのにも
着物で行ってみると、
楽しいと思いますよ❗

日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 17:27|PermalinkComments(0)

2017年03月18日

浴衣と着物は別物?

浴衣が着られたら、
着物が着られる

そう、お話しすることが多いです。

それに対して

  浴衣は、好きに着られますよね?

  着物は、
  かっちり着なければなりませんよね?

浴衣の次に思い浮かぶのは
礼装の着物なのですね。

浴衣と、訪問着や振袖の間がない

紬も小紋もなければ

ウールや木綿があるはずもなく

やはり、昔のように
ウールのアンサンブルを持つ人が多く

お正月などには、ウールの着物を着て神社に出かけるといった
日常に、着物があった時代の感覚に戻らないと

着物というものは・・・になってしまう。

日常に着物があれば
着る機会も増えるし

着物ってこんなものだというのを肌で感じているので
窮屈感も少なく
礼装の場合でも、かしこまらなくて
楽しめると思います。

木綿やウールがあって
小紋や紬があって
そして、訪問着や付下がある

そんな日常になって欲しいと思います。

浴衣の次に着るきもの (アミサンノキモノ) が
思い出されます!

あみさ〜ん、
いつの日かまた発信してくださいね!!
楽しい着物の話!

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年03月17日

着物は縫い替えができるんです。

子供の卒業式に、着物が着たくて
母の着物を着てみたら
サイズが合わず

今回は、レンタルすることにしました。
とおしゃっていました。

あら、縫い替えたら?
といいますと

えっ?縫い替えられるものなのですか?と

洋服のことを考えますと
丈を短くとか、ウエストを細くとか
部分的なお直し
補正をする・・・ということになり
縫い替えということはないですものね。


今や、着物が縫い替えられることも
ご存じない時代に入ってしまったのでしょうか?


着物屋は、そういった話をしていないのでしょうか?

もちろん、生地のいたみや、やけがあったりすると
縫い替えられない場合も出てきますし
費用が掛かる場合もあります。

今手元にある着物が
どれだけのお金をかけた、着られるようになるのか
解いてみないとわからない場合も多いのですが
多少の目安はつけられると思います。

着物、すべてを解いて洗って縫い替える場合と
裄が足りないだけであれば
袖をはずして、脇も幾分下まで解いて
縫い跡の筋消しをして、またお袖を縫い付ける場合などもあります。

今日も、着物をくださるという方があって
娘も着たいというので、
メンテナンスして、着せようと思うとのお話をされていました。

生かせるものは、生かしながら
伝えていくとよいですね!

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 13:04|PermalinkComments(0)

2017年03月16日

棚卸始めました

絹の着物・帯・小物って、
1点1点仕入れ時期や仕入れ価格が違います。
そのため、膨大な商品を確認しなければなりません。

ポスレジなどにしておくと便利だとは思うのですが・・・

また、木綿などの太物類は
1種類の点数が多いから簡単なようではありますが
年々、種類も増えどうしようといった状態
棚卸表の何ページにもわたります。

1番商品の多い時に棚卸
苦行のようです。

月末までに、きちんと整理をして
松屋銀座さんと吉祥寺に送る品物を分けていきます。

松屋さんは、スペースに限りもありますので
それを考えての商品構成

吉祥寺はロングランなので
まずは、いつも通りの構成で準備に加え
10周年記念用に準備したものをお持ちします。

後半には、あると便利な前掛けなどもお持ちしようかと
いつもは、会場の広さに限りがあるため
お見せしたいものをすべて展示することはできにくいのです。

着物を楽しむものは
着物だけではなく、小物であったり履物であったり
色々なアイテムが存在しますが
その中で、案外手に入りにくい
前掛けを見ていただけたら良いな!と思っています。

色々なことが、
音を立てるように刻まれていくこの時期こそ
丁寧に過ごさなければ・・・と思います。

仕事は、丁寧にそして楽しくあるべきだと
肩こりをなだめつつ、がんばりま〜す♡

吉祥寺で皆様にお会いできることが
とても楽しみです。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:34|PermalinkComments(0)

2017年03月15日

欲しいものがすぐに手に入るとは限らない

この時期に、よくある話ではあるのですが
既製品の袴のご注文

袴の必要な方は
早くに、ご注文をいただいておりましたし
着方もお教えしまして
このシーズンは終わりだと思っておりましたところ

急ぎの袴のご注文をいただきました。

シーズンとしては、袴のご依頼の多い時期なので
問屋さんにお願いすれば
すぐに揃うはず!ということで

数件の問屋さんに電話をしてみました。

濃紺の袴は、少し前にメーカーに聞いてもなっかったですが
もう1度確認しますと・・・

やっぱりないです。
4月に入れば、ご用意できますが・・・

10日待っていただければ、お仕立てしますとか

1番の需要期
既製品にも関わらず
どこも在庫として、持っていませんでした。

ひょっとしたら、残ってしまい
来シーズンまで寝かせなければならないものは
問屋さんも在庫持たず
メーカーも受注生産しかしないのが現状なのでしょうか。

今回は、こだまが唯一レンタル用に持っているのが袴で
その中から、お選びいただく事にしました。

この先も、お使いになるご予定がおありとのことでしたので
ゆっくり
お買い求め分をご用意することにしました。


呉服の業界、余るほど作れない時代に入っています。

染織こだまでは
商品を借りることは、極力避け
仕入れることを旨としています。

木綿を、借りたものでそろえるなんて想像もつきません。
欲しいものが、すぐには手に入らない時代
コツコツ買いためながら、1年分の量を確保していきます。

買うことが、生産の支えになっていると信じています。

今日も、新商品の入荷がありました。

今月内に、もう少し入荷があり
4月からの新年度の準備が整うところです。

買い取るということは
残るかも知れないという、リスクも伴いますが
きちんと商品をご提供できる1番の方法です。

欲しいものが、すぐに手に入らないという事実
しっかり受け止めながら
対策を講じていかなければならない時代となりました。

やれることで、頑張り続けます。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年03月14日

七緒の『和トセトラ』2017出展します!

4月4日(火)〜10日(月)
松屋銀座8階イベントスクエア
DSC_0700

染織こだまが得意とするジャンル
太物を、もっと多くの方に知っていただける機会をいただくことができました。

絹の着物もよいけれど
木綿もいいよ!ということで準備をしています。

染織こだまでは
色々な木綿類を扱っていますが
今回は、こだま一押しの夏久留米や薄手の伊勢木綿
きれいな木綿シリーズのあるはな木綿などをお持ちしますし
丁寧に織られた、西陣ポーラは、必見です。

着物をより身近に、より楽しんでいただくための空間です。

わ〜、着物にもこんなのがあるんだ〜と
思っていただければ嬉しいです。

触って、感じての1週間
ぜひ、お出かけくださいませ。
お待ち申し上げています。

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 10:36|PermalinkComments(0)

2017年03月13日

今日は歯科医院へ

歯医者さん、何年ぶりに行くのだろう?

虫歯という自覚もあまりないのだけれど
今の感じ、病院に行った方が良いよね?と思って半年

重い腰を上げて、行くことにしました。

病院だからといって、洋服で行くことはありません。

お医者様も、何のリアクションもなく
気を使うこともなし

ただし、帯は半幅を貝の口に結んで
診察が受けやすいようにしていきます。

寒ければ、上っ張りを着て

こんな時の着物は
もちろん木綿

歯科衛生士さん方が気を使われる格好では
迷惑になりますし
気にしなくて大丈夫オーラは出しておかないとね。

病院で
お医者様や看護師さんに
着物の事褒められたことはあっても
引かれたことはありません。

この人、この格好で何にもないんだ!と思っていただく空気は必要なのかな

自分が特別と思っていなければ
相手も特別とは思わない
そんな自然な空気感が1番幸せです。

着物は、特別な物ばかりではないという事が
もっと、世間に容認されますように♡

   日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 14:13|PermalinkComments(2)

2017年03月12日

春の羽織は軽やかに

冬物には、大人のモスリンの羽織がいち押しです。

少し暖かくなって冬物ではなく
単衣の羽織が欲しくなった時
何がいいかな?

今、羽織素材として人気がありますのが
西陣ポーラ、
しゃきっとしているけれど
硬さのない布で、春と、秋に着られて便利です。

他には
綿麻紅梅生地、
今年は、オリジナルも準備しましたので
吉祥寺の木綿展には間に合うかな?と思います。

片貝木綿の羽織を選ばれる方も多いですね。

木綿の着物の上の場合
着物が縞や格子が多いので
何を選らんだら良いですか?とお尋ねになられることも多いのですが

無難なところでは
無地感の物か、大きな格子が使いやすいですね。

大人のモスリンがお勧めなのは
こういった縞格子の上に羽織るのに、
柄物なので使いやすいことと
絹物の上に合わせても
遜色なしに着ていただけることです。

柄に柄を組み合わせていく着物
羽織るもののイメージを作るのは
ちょっと大変かもしれませんが
やってみると楽しいものです。

今年の春は、軽やか羽織はいかがでしょうか?

    日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:25|PermalinkComments(0)

2017年03月11日

着物を着ていて気分が悪くなった時

毎日着物を着ている人と
何かあった時にしか着物を着ない人でも差がありますし

自分で着るか着ないかでも違いますが

今、まさに自分の体調が悪く
風邪の症状はありませんが
ここ数日の、ひどい肩こりなどにも影響されているのが
シールはがしの臭いで、いっぺんに気持ちが悪くなってしまいました。

仕方がないので
上っ張り着てるし・・・ということで
帯も伊達締めもとり
腰紐を緩くしました。

これで少しはましかな?

人に着せてもらった着物で
気分を悪くされる方もあります。

この時は、どの紐も締めすぎの場合がありますね。
きちんと着あがっている状態であれば
帯枕の紐を少し緩めるだでも、楽になります。

運動不足と高さのあっていないところでもPC作業
ちょっと考えねば・・・

今日は、これでおやすみなさい。

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 18:25|PermalinkComments(0)