2019年09月11日

洋服だと涼しいのに、着物だと暖かい

今日はお休み、
いしきあての水通しなどをしておりました。

そして、店に持っていき
変わりに水通し後に使うバスタオルを持ち帰り洗濯

お天気が良くてよかった!

でも、湿度が高く
暑いだけではなく、蒸し暑い1日でしたね。

今日は、テンセルのブラウスに
伊勢木綿のパンツ

伊勢木綿は、着物として着れば
暖かい木綿の部類に入りますが

ズボンになると、とても涼しく気持ちが良いのです。

久留米絣でも、会津木綿でも
色々な木綿が、洋服として作られていますが
綿という生地の、肌触りの良さ、気持ちの良さ
洗濯のしやすさなどで、多くの方に愛されている繊維ですね。

そして、洋服だと涼しく着られるのです。

着物では、絶対着ることのない季節に活躍してくれるところが
不思議だなぁ・・・と思います。

それが、洋服と着物との構造の違いや
重ねて着る着物の着方と異なるところなんでしょうね。

本日、先に出発した夫は
明日は一人で設営準備

フェリーでの移動ですので
作務衣を着て出かけました。

作務衣も、作業用には着やすく良いですね。

いつも、同じ素材でも
着方で、体感が変わるものだなぁ・・・と思うのでした。

      日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします


someorikodamas at 19:01│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔