2019年09月10日

こもを着ても、錦を巻け

こもを着ても錦を巻けとか
帯は妹のを締めろとか

古い言い伝えがありますね。

着物に比べて、高級な帯を締めなさいとか
帯は、少々派手目が良いですよ!という話ではあるのですが

着物との組み合わせの中で
帯の締めるポジションは重要だということになります。

別に、値段の高いものを締めなければならないとは思いませんが
着物を引き立ててくれるものはあると思います。

せっかくの着物に、帯がよれよれだったりすると
ちょっと残念な組み合わせになってしまいます。

そして、もう一つ大事なものが
半衿、帯締め、帯揚げ

出しゃばりすぎず、着物を引き立ててくれるもの

着物と顔の緩衝材になってくれるの半衿
帯と着物の緩衝材になってくれるのが帯揚げ

緩衝材と書くと、なんだかな…とも感じますが
小物は、柄と柄を合わせていく中で
大事な役割をしてくれます。

そして、帯や着物を引き立ててくれるものでもあります。

9月には、召しませ花の新柄も出ましたが
今年も、なかなか素敵な物ばかりです。
69816097_2420637558014733_2795043941756436480_n

70710722_2420637598014729_1872138817981382656_n

両面使えるのがみそ
裏と表の表情がしっかり違うのは
作者が女性で、女性が2度おいしいが好きなことを自ら知っているからです。

そしておまけの画像
名古屋帯の発表は、また違う時期なので
新作ではないのですが
ねこが愛らしく・・・いかがですか?
69586345_2420637504681405_1521272893642637312_n

猫柄帯に、肉球の帯留とカレンブロッソの鼻緒
見てみて〜と言いたくなるコーディネートなんです。

帯あわせは、着物を着る楽しみのひとつでもあります。

着物を目いっぱい楽しみましょう〜

     日々の元気をもらっています(^_^)/
      ↓↓↓ぽちっとお願いします

someorikodamas at 17:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔