セフレサイトランキング
「お前とセックスがしたいんだ」
そう言ったら、思いっきり平手でぶたれた。なんでダメなんだろうか。このセリフを言って殴られたのはこれで4人目だ。おれは嘘は言っていないつもりだ。セックスがしたいからしたいとそう正直に言っただけ。なんで伝わらないかぁ。もう一度だけ、チャレンジしてみようと思い、次に知り合った子に再度言ってみることにした。
「お前とセックスがしたいんだ」
「うん」
これまでと違う反応だ。
「お前が魅力的だから、そう思っちゃうんだ。わかるか?」
「うん、わかる」
えっ、わかるのか?と思わず口に出そうになった。
「そっか、わかってくれて嬉しい。じゃあ」
「うん、じゃあ付き合おっか」
付き合う?突き合うの間違いじゃなくて?おいおい、おれはお付き合いをするきはないんだ。セックスがしたいだけなんだ。
「あの、お付き合い・・?」
「うん、ちゃんと付き合いましょ。あたし、あなただったらいいかなって思ってたんだ。それで、ちゃんとステップアップしようね」
おいおい、それじゃおれのもくろみと違うぞ。おれはただセックスがしたいだけなんだ。当初の予定と違って少しややこしい展開になってしまった。この状況じゃおれが告白したような感じになってしまっているし、断る立場にないことは明白。けれども、おれは気長にお付き合いする気はない。この女、軽薄そうな見た目と違ってものすごくお固い子だったんだな。失敗した。
「わ、わかった。少し考えさせてくれ」
そう言っておれはとりあえずこの場をにごした。

エッチがしたい
中出し願望