どもども。(´。`)

少し真面目に
音楽理論を勉強してみた。


それにしても開始数秒で
この楽曲・・・良くない?


今回の動画
視聴者の音楽理論のレベルに応じて
いろいろ感じてもらえると嬉しい。

▼音楽理論を知らない人は・・・
「はぁ・・・何言ってんだコイツ?」
とか
「なんとなく分かるような・・・?」

▼音楽理論を少し知っている人は・・・
「へぇ~そうなんだ。」
とか
「なるほどね~」


コード進行を音楽理論的に
分析している記事は少なくない。

今回、個人的に大切にした要素は
コードの機能も表記したところだ。


T(トニック)とか
SD(サブドミナント)とかね。

でも動画では
それらの関係性を説明していない。

まぁ動画の趣旨と異なるし
動画が長くなってしまうので
省いたのだが・・・


今回の動画を作って一番の収穫は
コード進行、循環コードの
先頭のコードは定番の・・・

1度のT(トニック)
4度のSD(サブドミナント)
6度のT’(トニック代理)

これら以外も有り得るということ・・・ッ
今回は2度のSD’(サブドミナント代理)だった。



今回の記事は以上。
次回の記事もお楽しみにッ^^