somethingood...

Apple好きな変なおっさんのBLOGです。

2010年03月

色々と噂が出てきましたね。

•iPhoneOS 4.0

•APPのマルチ使用

•全面カメラ

•A4プロセッサ

•表示の高解像度化(アイコンサイズが小さく表示されちゃうのかな?)

•CDMA版も追加

その他 カラーバリエーションとか、高さが長いとか、



ふと、こんな記事が、”天才Woz流,バッテリを犠牲にしないiPhoneのマルチタスク化



なるほど、やはりマルチタスクにするには、2台分必要なのか。



じゃあ、次期iPhoneは、厚さが倍位になるのかな?


もちろん、samがプレゼントするわけじゃないが。。



【お知らせ】Twitterフォロワー3万人突破記念~有料iPhoneアプリ100本まとめてプレゼント

iPhone•iPod touch ラボ さんが、またまた、太っ腹企画をぶち上げています。

今回は、Twitterのfollowが3万人を突破したそうで。<素晴らしい。

有料APPを100本(有料アプリランキング1~100位)

<引用>

【応募対象者】

iPhone・iPod touchのユーザーで、日本のiTunesアカウントをお持ちの方。



【応募方法】

当サイトのTwitterアカウント「 @touch_lab 」宛に、

" アプリ100本希望"

とつぶやいてください。応募はお一人様1回まででお願い致します。

@touch_lab」をフォローする必要はありませんが、最新ニュースやセール情報、プレゼント企画などをつぶやいていますので、ぜひフォローをご検討下さい。



【締切・抽選】

締切は、2010年4月5日(月) 24時

厳正なる抽選の上、Twitter上「 @touch_lab 」で当選者(1名)を発表。Twitterでご連絡後、メールでアプリのギフトコード100本分を送付します。



【注意事項】

当サイトの関係者、家族、知人は応募できません。当選の連絡に4月8日までに返信が無い場合は当選を取り消し、再度抽選を行います。 当選したアプリのギフトコードを転売することはお控えください。応募方法、応募条件などは予告無く変更する場合があります。不正な応募、条件を満たしていない応募は無効となります。やむを得ない状況になった場合は、企画を中止する可能性があります。



追記

ランキングを確定したそうです。プレゼントをするアプリはコチラの100本です。


iPadの使い方をビデオで紹介しています。

iPad-Guided Tours



色々

カバーフローのファイルブラウザーは出て来ませんね。

机が無い時は、足をどこかに上げて膝の上で使うのがメインなのかな。(世のお年寄りから”行儀悪い”って言われそうだ。)

Photoのトランジュンは素敵だな。さすがって感じ。

Photoのカテゴリー分けは、自動的にするのかな?タグ付けなんか面倒だもんね。

(だとすると、人で分けるのは写真から認識してるのかな?)

Keynoteのページの複数選択は面白いインターフェイスだね。

Pageをみると、色々FONTが使えるようだけど、追加も出来るのかな?

(英語はそこそこFONTがあるけど、日本語は少ないからね)


Appleが「iAd」計画の報道 iPhoneに広告を配信?

まだ発表されたものではないが。。

”iPhoneに広告を配信”なんかを考えているの?

勘弁してくれ!!

”また広告配信のやり方を誤ればユーザーの反発を招く”って、やれば反発じゃないか?



まあ、無料の物に広告であれば、致し方なしだけどね。




携帯端末、全社対応型に…総務省が制限解除要請へなる記事が。

少し前に”SIMロック:日本の携帯、孤立から救え 総務省が解除検討”なる記事が。

毎日jpは、津波情報のTwitter使用の件で、馬鹿げな記事書いていたので無視すれば良いところなんだが。

SIMロックが日本の携帯孤立に繋がっているって理屈が浅はか過ぎると思うんだな。だから、あんまり気にしないようにね、あの毎日jpの記事だからね。カァ~ペ。



読売の記事なんだけどね。

総務省の考えるSIMフりー化のメルットとして。

1.利用者の選択の幅が広がり

2.企業間の競争が激しくなる

3.通話料の値下げ

4.端末の性能向上

が上げられている。

1.については、そうなるかもね。でも、そんなに大きいのかな?

2.については、選択肢が増えればそうなるだろう、しかし、日本国として良い方向に向かうのかな?

3.について、そりゃ下がるけど見た目だけじゃん、機器代も合わせたトータルのコストは変わらないんじゃない?逆に制約が増えちゃうだけの気がするが。

4.について、確かにそういう方向に進むかもだけで、それは日本国に取って良い方向なの?



これらは、SIMのロックかフリーによるものでは、ほとんどないのでは?

選択肢の拡大は言えるかも知れないが、それが必ず良いとは言えない。

企業競争は関係ないのでは?

通話料金は、機器代とのバランスって感じでユーザーメリットは無い。

端末の性能向上は、全く別ものだと思うよ。



海外にもSIMロック携帯は結構あるわけで、現にiPhoneも米国ではSIMロックされてるしね。

アジアってことでみると確かにほとんどがSIMフリーなのかも。



スマートフォン全盛の時代、通信業者に求めるものはなにか?

通信品質ももちろん大事だろう。

しかし、スマートフォンにとっては、通信を核としたインフラというかメディア?コンテンツ?って物をどうやって構築して行くかって凄くユーザーには大事なことになる。

もし、Docomoが iPhoneを売っていたら、きっと今ほど売れていなかったと思う。それは、SBが、iPhoneの為(スマートフォンの為)に色々投資し、素早い決定で物事が進んだおかげだと思っている。

そうした場合、通信業者が自分のところの携帯と思わなくなる、そうした場合、携帯メーカーがこれを行うことになる、そうした場合、大きな起業=動作が遅い、ってことになってくると思うよ。



日本の携帯がガラパゴス化したのはSIMロックかどうかではなく、端末メーカーが通信事業者とくっ付いていることが、売り上げを上げ易かったってだけで、望んで来たことなんじゃないのか?

イノベート出来ない企業はどうやってもダメなんだよ。

逆に売り易いビジネスモデルを壊されることで、ジリ貧になって行き、結果ユーザーがおいしくなくなるって構図になるんじゃないの?



SIMをフリーにするか、ロックするのかを端末メーカーが自由に決められる様にするべき。

メーカーだけで出来ること、通信事業者が出来ることは違いがあり、それを協力関係で出来るのは、通信事業者を1社に絞ることがメリットを感じるところも多くあると思うよ。

端末メーカーも通信事業者も、自社のサービス向上を考えるだろう。

しかし、SIMフリー化してしまうと、両方をうまく使うサービスっていうものが生まれて来ないと思う。



SoftBankも、危機を感じたのか?

ソフトバンク電波改善宣言




↑このページのトップヘ