somethingood...

Apple好きな変なおっさんのBLOGです。

2012年07月

なんてこった。

なぜ古いMacはMountain Lion入れてもAirPlayミラーリング使えないの?

って、2009年のMacじゃ無理らしい。



あれ、MacBook Airもダメじゃん。



2011年以前のMacじゃ無理なんだ。。

うちには、MountainnLionは必要無かったようだね。



はぁ。








くぅ~

良く判っていないので混乱。



先ほど書いた、”ガラス液晶プロテクター”の中で動画のLinkを作ったのだが。

.m4vファイルをDorpboxのPublicに入れてそれにLinkしたのだが。。。

iPhoneから見ると、Flashが無いとダメって。。とほほ

なんでFlashを使うんだろうか?

まあ、ダメな物はダメなわけで。。



良く理解しないまま、Hypeに動画を貼付けたページを作ってみた。

動画

思った形ではないが、動画の再生は出来るようになった。



まあ良いか?








以前、Glasszoneなる商品を販売していた。

在庫がなくなりそうになった時に再度購入を検討したが、在庫が無いとのことだった。

中国にこういう商品は無いか。探して貰っていた。

5月に在庫が切れたので、再度確認するが、理由は言わないのだが、どうも出荷して貰えない感じなので、諦めていた。



週末、中国から、商品の紹介を受けた。

動画を見るのが一番判り易いだろう。(中国語だが、見れば判る)

厚さは0.4mmと少し厚いのだが。

液晶保護ってことでは、素晴らしい物だ。

さすがにハンマーで叩いた後は保護パネルは歪んでいるように見えるが。

表面の汚染についても、素晴らしい効果があるようだ。

貼付けも、ほとんど気を使う必要がなさそうだ。

透過性については言及がないのだが。。



1680円ほどで売れそうなんで、Glasszoneに比較して相当安いのだが。



もうすぐ次期iPhoneだし。

以下の商品が売られているし。

【iPhone4 iPhone4S用】フレキシブル強化ガラス使用 液晶保護シート上海問屋 DN-80670 [メ04]

少し高いが、厚さ 0.2mmだそうだ。

【iPhone4 iPhone4S用】傷・衝撃に強い強化ガラス使用 液晶保護シート(ブラック・ホワイト) 上海問屋 DN-81372 [★]

少し安いが、厚さが0.8mmだそうだ。



どうするかな?

少しだけ購入しておくかかな。

今後次期iPhoneが出た後にきっとまたお世話に成りそうだからね。








次期iPhone5と思われるパーツをいくつか入手しました。 fromお宝さん

いままで噂も、中国のサイトが掲載する物も、みんなこれなんだね。

これで決定なんですかね。



今まで、背面の構造(ガラスと金属)の意味が良く判らなかったのだが。



こんな感じの構造になっているようですね。

iPhone4のように、フレーム背面という物では無いようですね。

ガラス部品を使うのはきっと電波を通す為なんだろう。

上と下の部品は何故分割しちゃったのだろうか?

何かのアンテナに使う為なんだろうか?



サイドの内部にあるネジ穴



これ凄い加工だね。

タップドリルのヘッドがよく入るものだ。

追記:内側にもう一枚金属板があるのかもしれないね。



”あくまで予測ですがガラス部分がテープなどで圧着され”と書いてあるけど、その構造は嫌だな~。

ドックの穴の左右にある穴が液晶/ガラスを固定するビス穴と信じよう。(iPhone3GSの方法)



これが次期iPhoneだとすると。

 お飾りのイヤホーンピアスは無くちゃったね。

 (イヤホーンジャック部を使う"何か"が出てくるのだろうか)

 交換バックパネルも無くなっちゃうね。

 ケースという物は色々出てくるんだろうな。

デザイン的には付けないのが一番だと思うけどね。

何かの時の為にとケースの需要はこれからもあるのだろう。

どんなケースが良いのだろうかね。

 傷、割れを保護出来て、出来るだけ小さく、デザインが優れた物ってことなんだようけどね。

 そういうことを考えて商品を考える場合は中国ではなく、韓国台湾の方が良いのかな? 








こいつダメだは。



朝起きたら、ブラックアウト

強制再起動

しばらく使っていると、TimeMachineがバックアップ出来ないだって。

”既に使われています” 誰がつかってるんだ。

無視して仕事。。。

あは、久しぶりに見た。

暗いカーテンは降りて来て、パワーボタンを押して強制終了してくれだと。



バックアップが取れていないのが嫌だな。

TimeMachineには入れるようなので、時間がある時に昔のOSへ戻そう。



新しいOSを購入して、使えない事になるとは。。。



勘弁してくれ!








↑このページのトップヘ