somethingood...

Apple好きな変なおっさんのBLOGです。

2012年10月

アップルが作り出した2つの“魔法”――「iPad mini」と第4世代「iPad」を徹底検証 (1/5)



ダメだ~

ますます、タブレットって物が判らないなってしまった。



やはり、samの生活には、必要な物ではないようだ。






OWC Certifies 480 GB Aftermarket SSD Upgrade for 13-Inch Retina MacBook Pro

やはり、retina15インチと同じSSDのようですね。

USD580=46,400円ですか。

512GBのSSDも買ってくるかな?



でも、先日の価格比較からすると、13インチの需要は少ないように思うのだが。。

retina15インチの256GBから512GBっていうのを考えると、欲しいって商品でも無いしな~



辞めておくか。

まだ、768GBも売れないしね。

OWCのマネして言うと。13retinaの128GBから768GBにするのに、114,400円のところ、83000円でOKなんで、31,400円もセーブ出来るのに。。(笑)




あんまり、LTEに繋がらない。

部屋のMacの前では、時々LTEに接続されるのだが。。

周辺をiPhoneを持って確認するとさっぱりLTEに接続が出来ない。

auに問い合わせたら、、

うちの周辺は、LTEエリアになっていないそうだ。

2013年の3月ごろに拡張されるらしいとの事。

なんで、LTEエリアで無い事が判るのであれば、エリアマップでなんで、WIN HIGH SPEED 対応エリア になっているんだ。

1d3e37ed.png


自分で確認する限り、以下の部分では、人の高さでは繋がらない。

c3a2ce31.jpg


この地図サイズなら、十分表示出来るはずだが。



通信業者って、みんなウソ付きなんだね。

真面目な通信業者って、出て来ないのかな?

不景気の日本、騙してでも、客を取れってことなんですかね。

こういうことにを、法的には取り締まれないのかね?




物の価格とは面白い物ですね。

先日、MacBpok Pro 13 retinaが発表された。

それにより、MacBpok Pro 15 retinaの価格が正当な価格競争をしている世界では、5000円ほど値上がっている。

dd9c6165.png


そんなことより、retinaなの15と13の価格が面白い。

retina15インチ液晶、i7 2.3GHz、SSD 256GB、メモリ8GB

retina13インチ液晶、i5 2.5GHz、SSD 256GB、メモリ8GB

どっちが高い?

15インチ \149,389

13インチ \158,904

確かに15インチのクロックは低速だけどクワッドだし。

軽い小さいは良い事だ、それが、この金額差なのか?

まあ、リリースの時期の問題と、13の価格設定が高すぎるのではと思う。

(とはいえ、retina13インチ液晶、i5 2.5GHzSSD 125GB、メモリ8GBは、一番安価なretinaのMacではあるのだが)



もちろん、価格は顧客が決める事なんで、売れれば、高く無いってことになるんだけどね。



Appleストアーの価格と比べると、15インチは安心の為に3万5000円余計に支払う事になる。

やっぱりMacを買う人は、裕福なんだろうな。



しかし、iPad WiFiモデルには、正当な価格競争をしている世界が無いんだよね。






#iPhone

ホームボタンステッカー(アルミ)抜きあり

ホームボタンステッカー(アルミ)

d272654e.jpg
498bdfe9.jpg


◆iPhone、iPadなどのホームボタン用のステッカーです。

 iPadmini、iPodには使用出来ません)

◆アルミ素材



抜きなし印刷タイプ

 パワーボタン柄(ブラックシルバー)

 四角(シルバー、ブラックシルバー、ブラック、ゴールド)

抜きありタイプ

*パワーボタン柄部は打ち抜きになっています。

 パワーボタン柄(シルバー、ブラックシルバー、ブラック、ゴールド)



▼サイズ

◆パッケージサイズ:幅約80mm×高さ約80mm×厚さ約8mm

◆パッケージ重量:約8g



商品送付重量目安:30g

参考送料:定形郵便 80円

     メール便 80円





販売価格: 抜きなしタイプ 390円 (税込み、送料別途)

      抜きありタイプ 430円 (税込み、送料別途)




↑このページのトップヘ