染谷翔の自転車世界一周ワロスw

■2016/12/6 更新

2013年02月

ニコニコ生放送のお知らせ

samnale_samnale_DSC_8854


いつもブログを閲覧いただきありがとうございます(更新がクソみてーに遅くて本当にごめんね><)。


さて、今回はちょっとした新しい話をしようと思います。この旅行のおはなしとは関係ないんですが、自転車旅行と、someyoungさんの最近の生活に関しての、ちょっとしたお話です。


このブログの旅行話のエントリを続けて見ている人は興ざめするので読み飛ばしてOKです。





で、話というのは、日本時間の3月3日(日)の16:00~17:00(仮)にニコニコ生放送を行います。


»続きを読む

バラナシの日々その5 ~VSインド小悪党~ -再出発から19~23日目 デリーから南760キロ付近 Varanasi-

DSC_51292

       ____
     /―  ―\ ホジホジ
   /( ―)  (―)\   今日も日が暮れてきた
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    mj |ー'´      |  
  \  〈__ノ       /  
    ノ  ノ


»続きを読む

バラナシの日々その4 ~ガート(沐浴場)の日常風景~ -再出発から19~23日目 デリーから南760キロ付近 Varanasi-

DSC_51044

       ___
     /      \
    /   ⌒   ⌒\    朝の散歩タイムでかけるおw
  /     ,(⌒) (⌒)、\
  |     /// (__人__)/// |     
  \      ` ヽ_ノ   /   
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____
   |   l..   /l  カメラ  l


»続きを読む

バラナシの日々その3 ~マニカルニカー・ガートの火葬場~ -再出発から19~23日目 デリーから南760キロ付近 Varanasi-

数千年の歴史を持つと言われるこの火葬場では絶えることなくヒンドゥー教の神の名が唱えられる。死者はここでガンガーに浸されたのち、遺灰はガンジス川へ流される。お金が無い人、赤ん坊、妊婦、蛇に噛まれて死んだ人はそのまま流される。かつてイギリスの統治時代、価値観の違いから火葬場の移転が企てられたが、バラナシの人間は強い異議を唱え、この火葬論争は30年にわたって続いたという。当時の報告書にはこう記されている。「火葬場が町のために存在するのではない。町が火葬場のために存在するのである」。



DSC_51007

     ____
   /      \    
  /  ─    ─\   
/    (ー)  (ー) \  人の焼けるにおいがする……
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /     





     ____
   /      \    
  /  ─    ─\   と思ったけどそんなことなかった
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |  油を含んだ木を燃やしてるせいで
/     ∩ノ ⊃  /   火と木の匂いしかしないお……
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /     


»続きを読む

バラナシの日々その2 ~聖なるガンジス川~ -再出発から19~23日目 デリーから南760キロ付近 Varanasi-

バラナシは日本においてはワーラーナシー、バナーラス、ベナレスなどとも呼ばれる。ヒンドゥー教のみならず仏教の聖地としても重要な都市である。ガンジス川沿いに位置し、この川の付近で死んだ者は輪廻から解脱できると考えられている。このためインド各地から多い日は100体近い遺体が金銀や花で彩られた布にくるまれ、運び込まれてくる。また、インド中からこの地に集まり、ひたすら死を待つ人々もいる。彼らはムクティ・バワン(解脱の館)という施設で死を待つ。



DSC_50931

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\   体力も回復してきたので
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ヒンドゥーの聖地バラナシを観光するおw
  |    mj |ー'´      |  
  \  〈__ノ       /  
    ノ  ノ


»続きを読む

バラナシの日々その1 ~祈りの儀式アルティ~ -再出発から19~23日目 デリーから南760キロ付近 Varanasi-

DSC_50815

      ____      
    /_ノ   ヽ_\    結局ほとんど夕方までレンタルの漫画読んで倒れてたお
   /( -) ( -)\   
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  さすがに観光するか
 |        ̄   u   | 
 \              /  


»続きを読む

初めての方へ
左メニューが表示されていない場合、こちらをクリックすると表示されます。
過去のブログエントリ(日記)はこちらをクリックすると一覧で見れて便利です。
特別なお知らせ

自転世界録 中国・青海湖編(ダウンロード版)

会社の休暇を利用して行った中国内陸の秘境・青海省での8日間の自転車旅行の情報を収録。自転車の空輸方法や装備品一覧など、短期での海外自転車旅行の参考となるノウハウや青海省での旅の様子をまとめています。(全28ページ/2016年12月30日刊行)
次回のニコニコ生放送

※次回は未定です。
最近のあらすじ
灼熱のインドからネパールの山中に入り、暑さもひと段落。しかし政情不安からチベットへの道は閉ざされ、ひとまず道の続く先、首都カトマンズをめざすのだった――。
プロフィール

サイト管理者:someyoung
2009年7月15日から
ロサンゼルスより出発
最新エントリ
カレンダー
RSSを使う
アクセスカウンター
解除された実績
最新コメント
お買い得商品(amazon)
新作ゲーム(amazon)
新作アニメDVD(amazon)
GoogleAdSense
陳列棚(amazon)
Powerd by
  • ライブドアブログ