ワイングラスの満たし方~ワイン・料理・音楽

ワイングラスの満たし方~ワイン・料理・音楽

ワイングラスは人生そのもの! ワインを1/3注いだら、残りの空間は料理と音楽と美容とファッションで満たす毎日を送っています。たまに注ぎ過ぎて、グラスからちょっぴりこぼれることも…そんなこぼれ話をたくさんおしゃべりしちゃうブログです。

ワインを美味しく飲むコツをワインソムリエのMaiが教えちゃう
<>

information

SSI 認定利酒師 及び 全日本ソムリエ連盟認定ワインソムリエ。スペシャリティはどちらかというと日本酒なのだが、晩酌はいつもワインとのことで、必然的にワインの方が詳しくなってしまったのだとか(笑)

ボルドー五大シャトーを巡る②~ボルドーの宝石と言わしめたワイン

ボルドー五大シャトーを巡る
第2回目は、ボルドーの宝石と言わしめた
あの有名なワインのお話です


しばしば「ワインの女王」と表現される
ボルドーのワインですが、中でもこのワインは

最も女性的なワイン

と言われています。


img56915949
 
シャトー・マルゴー

シャトー・マルゴーはボルドー北方の
マルゴー村に、262ヘクタールの畑を所有。
 

このシャトーで造られる最高のワイン
シャトー・マルゴー はメドック第一級格付け
世界中に熱狂的ファンが存在し、
「ボルドーの宝石」と讃えています。


icon icon
↑ ↑ ↑ ↑
クリックで詳細をチェックできます



日本では、かの渡辺淳一さんの小説
『失楽園』でその名前が知れ渡りましたね。
ラストシーンで主人公と不倫相手とが心中する際
毒薬を入れて飲んだ…


そう、あれがシャトー・マルゴーでした。
(関連記事はコチラ


故・最高醸造責任者ポンタリエ氏が遺した
マルゴーについての素晴らしい言葉があります。


ベルベットの手袋の中の鋼鉄の拳


シャトー・マルゴーが、優しくも力強さを秘めた
ワインであることを十二分に伝えてくれていますね。



―*―


このシャトー・マルゴーは
年間生産量は35万本ほどしかありません。







また、第一級の名声に値しない、と
判断されたワインはセカンドラベル
として比較的安価で販売されています。


また、セカンドにも満たないワインは
AOC村名「マルゴー」の名称で販売されることも。
失楽園のあのワインとはまったく違いますので
ぜひご注意くださいね



⇒ボルドー五大シャトーを巡る③ へ


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote コメント:0Edit
Copyright © ワイングラスの満たし方~ワイン・料理・音楽 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます