2009年12月

2009年12月21日

【富山】SON・石川合同卓球競技会を開催しました

12月19日(土)、夏季プログラム最後の競技会が開催されました。高岡古城公園の中にある高岡市民体育館です。今回の競技会にはSON・石川にも参加いただきました。お疲れさまでした。

まずは開会式。


夏季プログラムの競技会なのに、なぜか雪?


入場行進


今回、石川から参加したアスリートたち


林慎二大会委員長の開会宣言


SON・富山の藤井会長の挨拶


アスリート宣誓は、渡辺歩さん(石川)と西野昌樹さん(富山)

競技が始まりました。まずは個人技能競技で、5種目の競技にチャレンジです。


出前競技(ラケットにボールを乗せバランスを取って前に進む)距離/30秒


ラケット・バウンズ(ラケットでボールをバウンドさせる)回数/30秒


まりつき(素手で台上でボールをバウンドさせる)回数/30秒


フォアハンド・ストローク(正規のリターン回数)回数/20球


サービス(正規のサービス回数)回数/10球


アスリートのシングルス5セットマッチの様子


藤井会長もオープン参加シングルス1セットマッチに参加


アスリートのシングルス5セットマッチの様子


アスリートのシングルス5セットマッチの様子


ディビジョン1の表彰式


ディビジョン2の表彰式


ディビジョン3の表彰式


ディビジョン4の表彰式


ディビジョン5の表彰式


林大会委員長よりメダルの授与です。


SP委員長賞(トレーニングの皆勤賞)の授与です。中山真美さん、福島貴大さん(富山)、金田裕介さん、山崎修平さん(石川)の4人でした。


競技が終わった後、全員集合で記念撮影


大会終了後のサンキューパーティの様子。富山と石川のコーチたちの紹介


SON・石川から参加してくれたアスリートをみんなで見送って終わりました。

<取材:渡邉>


7月20日の最初のトレーンングのときの写真です。




son_toyama at 11:17コメント(0)トラックバック(0)卓球  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年12月19日

【富山】アルペンスキー用具調整会

スキー用具調整会

12月19日(土)、富山市障害者福祉プラザで、アルペンスキーの用具調整会を開催しました。この調整会は、毎年、アルペンスキープログラムに先立って行っているもので、SAJの準指導員資格を持つベテランのコーチが、アスリートの用具を見て、靴と板の装着具合などをチェックします。年々成長して体重が増えていくアスリートでは、ビンディングの開放値も細かく調整します。

2009WGアイダホへ行った金山ヘッドコーチが、手入れの仕方も説明しますし、

来年1月から始まるトレーニングでの注意点も、細かく説明しました。

今年のアルペンスキーは約40人。SON・富山の冬季プログラムで最も多くのアスリートが集まります。トレーニング会場の隣のゲレンデでは、今年からスタートしたスノーシューイングプログラムから開催されます。

富山では、昨日から大雪です。ここ数年は暖冬で、トレーニングの開催が思うようにできませんでしたが、この冬は期待できそうです。

<取材:上原>



son_toyama at 21:53コメント(0)トラックバック(0)アルペンスキー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年12月14日

【富山】文化プログラム富山会場の様子

文化プログラム富山会場は、今シーズンは11/3、11/15、11/22、12/6に活動しました。場所は、富山市障害者福祉プラザの介護実習室で、ヘッドコーチの道下先生、中野先生、アスリート13名(うち新規のアスリートは3名)&ファミリーで活動しました。

第4回12月6日(日)の活動の様子です。


朝のあいさつ。「○○さんおはよう。」と聞く先生に、タンバリンをたたいて「お・は・よ・う。」と、答えます。

「き・よ・し!」・・・氷川きよしの「きよしのズンドコ節」でノリノリです。

しあわせなら手をたたこう」・・・体のいろいろな場所(手→足→頭→ひざ→全部)をたたきました。

「ジングルベル」・・・アスリートはハンドベル、ファミリーはマラカスを鳴らして、一緒に「ジングルベル」を歌いました。

アニメ「タッチ」の主題歌(歌・岩崎良美)にのせて、ファミリーは鈴を持って、かわいらしく朝倉南ちゃんのように。・・・ 「えぇ〜!?!」(陰の声:取材者ではありません)

「タッチ、タッチ、そこにタッチ!」♪、アスリートは鳴子をもって元気よく!
12/12(土)のクリスマス会には、この曲を披露して盛り上がりました。 

SMAPの「ありがとう」の曲に合わせて、バルーンを左右に、

上下に動かし、たか〜く、「ありがとう〜、ありがとう〜、ありがとう、ありがとう、ありがとう。」

天井にまで届いています。

最後はいつも、SMAPの「世界にひとつだけの花」を歌ってしめます。

サンキューパーティでは、アスリート一人一人が、感想を言ったり、先生方への感謝の言葉を言いました。季節の歌、アニメソング、演歌、今の流行の歌、ナツメロ・・・聴いたことがない曲、好きではない曲もあったと思います。でも道下先生は、「1時間のうちで、たった一曲でも、楽しいなあ、いいなあと思えればいいと思います。」と言われました。

ファミリーからは、「先生、また来年もよろしくお願いします。」「またぜひやりたいです。」との声が多数ありました。(リピーターが多いんです。)また会えるといいですね。ありがとうございました。

<取材/三上>












son_toyama at 22:57コメント(0)トラックバック(0)文化プログラム  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年12月08日

【富山】またしても、サッカーです!

2009年夏季プログラムの中で一番にスタートし、競技会も一番最初に終えたサッカーでしたが・・・。実は屋外競技ということで3回も雨など天候不順のため 延期になっていたのです。

寒い季節になってしまいましたが、残りの3回は、ずっと支援くださっている富山市の中学生年代のサッカークラブ“FCひがしさん”との合同練習ということで、アスリート、パートナーたちも まっちゃんコーチに負けじと、熱くプログラムに参加してくれました。

12月5日(土)、みんなの最高の笑顔が沢山みられましたよ!! 場所は、富山市大泉中学校体育館です。


恒例になりました 尻尾とりからスタート!

これまた 恒例となりつつある いろんな部位で『止め』 これはおしり!

4チームに分かれての対抗戦となりました。各チームにアスリート、パートナーが加わります.まずは ボールを上から渡したり下からわたしたりリレーです。

次は 少し難しいかな。円になり真上に投げたボールを隣の人がキャッチするというもの。みんなでいきを合わせ『せーの!!』

これまた 松岡コーチのユーモアたっぷりのトレーニングのひとつではないでしょうか、みんながボーリングのピンになって、蹴られたボールにあたるように移動し、あたると効果音をガガガーなどとつけながら倒れるというもの。

みんな自然な笑顔 輝いてます☆

さあ、りょうせい、狙ってぇ〜!

最後はミニゲーム♪

優勝はピンクビブスチームでした。

整列! コーチ、ファミリー、FCひがしの方々へあいさつ 『ありがとうございました!!!』そして、FCひがしの方々と握手をしてお別れです。あと2回合同練習が行われる予定です。

FCひがしの方々は 毎回本当にアスリートに根気よく接してくださり、みなさん褒め上手、感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました!!


<取材:巻端>


son_toyama at 00:38コメント(0)トラックバック(0)サッカー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ