2010年02月

2010年02月21日

【富山】達人コーチの指導を受けています

いつもはアスリートを個々に指導してくれるコーチたちは、めったに格好よく滑るところを見せてくれません。しかし、今回、リフトの上から撮影しましたよ♪ SON・富山のベテランコーチたちを紹介します。

金山HCです。ちょっと滑ってるだけでも、ゲレンデでかなぁ〜り光っています!

田中コーチです。細かいテクニックを教えてくれます。

栄コーチです。“かっ飛び真魚君”に着かず離れずで的確なアドバイス。

佐伯コーチです。信成君も安心して滑っています。

そして、いつも初心者を優しく指導してくれている中村SHCです。みんな本気で滑ると、私たちのように「ちょっと滑れるファミリーコーチ」違って、「うーん、タダモノではない!」って感じなんですよね。
あ、そうそう、ここにも若い勢いのあるコーチがいました。

金山HCジュニアの敦コーチです。

内山コーチもがんばっています。

石田コーチは、初めて初心者を教えています。

青山コーチは、前回までおっかなびっくりだった詩歩さんを、今日は後ろからサポートしています。

今日も立山山麓方面は快晴! アスリートはみな日焼けしました。

朝の集合です。

リフトの笑顔です。


SON・富山の「チューリップマーク」です。みんなウエアにつけてがんばっていますよ。

さて、これで8回のトレーニングが終了しました。あとは3月7日の競技会を残すのみ。また、晴れてほしいな!!

<撮影:宮野・上原、取材:上原>

son_toyama at 19:00コメント(0)トラックバック(0)アルペンスキー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年02月14日

【富山】スキー用品のご寄付をいただきました



アルペンスキー第3回2/14(日)です。天候は晴れ! 抜群のコンディションでした。ここ数日にしっかりと雪が降り、そして今日は雪が降ることもなく風が吹くこともなく。


バレンタインデーの今日は、男性アスリートだけではなく女性アスリートにも、アルペンスキーの参加者全員に、とっても素晴らしいプレゼントがありました。

今シーズンからヘッドコーチのサポートを担当するサブヘッドコーチに就任した中村利幸コーチと奥様の信子コーチから、SON・富山に、混雑する広いゲレンデでとっても重宝な無線機や、コース設定のポールを埋め込む充電電池式のドリルとポール、初心者のアスリートを支えてくるフラフープなど数々の備品類をご寄付いただいたのです。

中村コーチ、ほんとうにありがとうございました。

今日、さっそく無線機は、コーチの下を離れてしまったアスリートの捜索や、ファミリーの待ち合わせ場所の確認などで大活躍でした。



ドリルも本格的なプロ仕様です。

フラフープ

ポールを収納するバッグには「SON・富山」の文字も。


今日は、ゲレンデでいくつもの大会が開催されていたので、朝の集合場所の前の一番下のゲレンデで準備体操でした。

林コーチは、今日は詩歩さんをサポートします。

宮野君は、今回も松原コーチがサポートです。

詩歩さんは、最初はちょとご機嫌ななめでした(>_<)

奈辺君は、中村SHCが担当しています。

パートナーである奈辺君のお姉さんは宮野コーチが。

第一ゲレンデのリフト乗り場では、たまたまSOのメンバーが固まって乗り込みました。

ゲレンデの中腹で見守るファミリーたちです。運動しているアスリートやコーチと違って、けっこう、足が冷えるのですよね。

リフトの隣では、スノーボードの競技会が。これはSOではありません♪

隆志君です。調子を上げてきましたよ。

サポートしているのは鳥内コーチです。

誰か、こけてますねぇ〜。

詩歩さん、ゲレンデの途中で、ちょっと気弱になってますが・・・

林コーチが勇気付けて、一緒に滑り降りようとしています。

でも、やっぱり腰が引けています。

林コーチは、大きな声で、「大丈夫!」って励ましながら降りてきています。

ほら、林コーチの熱意が通じた瞬間ですよ!!


和司君と晃君。笑顔です!!

あれ? 晃、テレポーテーションで乗り移った?

みんながんばっています。

あれれ??

がんばれぇ〜


柴田君は、もう、前回と違ってスキーはバインドされていません。

大門コーチは、こんなに離れて下で見守りながら滑り降りています。

だんだんスピードもでてきました。

柴田君が大門コーチの横を通り過ぎる瞬間です。

コースを逸れようとしても、大きな声でカラダの動かし方を教えます。

そして、コーチは先回りしてちゃんと待っていてくれるのです。

そうそう。

下の方に降りてくると、スピードも緩まって、この余裕です。

いい笑顔ですよね。スペシャルオリンピックスの素晴らしさを実感します。

岳志君も、もう完全に一人ですべることができるようになりました。

ボランティアでサポートしてくださっているみなさん、お疲れ様でした。そして、ほんとうにありがとうございました。

<撮影:宮野・上原、取材:上原>



son_toyama at 23:58コメント(0)トラックバック(0)アルペンスキー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年02月07日

【富山】夏季ブロック大会の開催を報告して総会を終了しました

2月7日(日)、富山市障害者福祉プラザ多目的ホールで、2010年SON・富山総会を開催しました。

今年、SON・富山は、夏季ブロック大会の開催に向けて燃えています。夏季ブロック大会は、SONの組織体制が現在のブロック制になってから初めてのブロック大会になります。

11月には大阪で全国大会が開催されます。しかし、47都道府県全てに地区組織又は設立準備委員会が設置され、全国のアスリートの数も増えてきています。SON・富山では、これまでは2006年の夏季NG熊本や2008年の冬季NG山形には、おかげさまでたくさんのアスリートを出場させることができました。

しかし、SON・富山だけでもアスリート数は140人を超え、NG大阪に出場できるアスリートは人数が限られることが予想されます。SON・富山では、できるだけたくさんのアスリートに大きな大会の雰囲気を味わってもらい、競技やイベントを通じて他地区の仲間たちとの交流を重ねてもらえるよう、全国初となるブロック大会を計画し、準備しています。

今回の総会は、特に、今年9月25日・26日の両日、富山県内5会場において開催する夏季ブロック大会に向けた話題が中心で、議事も滞りなく進み、出席した会員から全ての議案の承認を得ました。


藤井裕久SON・富山会長の挨拶で始まりました。
今秋、夏季ブロック大会を開催することを報告しました。

渡辺守人SON・富山顧問は、ご自身が「2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・長野トーチランin高岡」を指揮された活動を説明されました。

村上和久SON・富山監事らからは、ご自身が「2007年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・上海トーチランin富山」を指揮された活動を説明されました。

議事に移り、上原広報委員長が2009年度事業報を説明しました。

会員が熱心に議事に聞き入っています。

会計収支については、清水会計責任者が報告し説明しました。

林事務局次長が、2010年度事業計画を説明しています。

山本副会長は、2010年第1回 スペシャルオリンピックス日本 東海・北信越ブロック夏季ブロック大会 in富山実行委員会委員長として、大会概要を説明しました。


総会の後は、恒例のファミリー全体会が開催されました。戸田ファミリー委員長から、夏季ブロック大会に向けたファミリーの協力体制についての説明がありました。

みなさん、9月25日・26日の夏季ブロック大会in富山にご期待ください。そして、たくさんのアスリートやコーチのみなさんの参加をお待ちしています。

<撮影:松田、取材:上原>



son_toyama at 19:42コメント(0)トラックバック(0)事務局BG富山  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年02月01日

【富山】アルペンスキーです♪

アルペンスキー第1回1/24(日)と第2回1/31(日)の様子です。24日はまさに快晴でした。31日も暖かな日でアスリートは快適でしたが、雪のコンディションはイマイチでした(^^);


ほとんど初心者のアスリートには、こうしてフラフープをつかって、コーチが下から支える形で降りてきます。

今年から、各プログラムでサブヘッドコーチ(SHC)が設けられて、よりきめの細かい指導が出来るようになりました
中村サブヘッドコーチ(右端の赤のウエア)が、ほかのコーチたちに入念に打ち合わせです。

おとうさんが心配そうに見守る中、中村SHCの手ほどきで、いざスタート♪

こちらも、初めてのアスリートを指導しようとしています。コーチは、たいていは後ろ向きに滑れるのです。すごいですよねーー♪

少し慣れてきたので、フラフープで引っ張る形で降りてきました。

上のアスリートの姉のパートナーです。コーチが同じように指導しています。

昨年からスキーを始めた柴田君です。大門コーチに教えてもらって見違えるように滑れるようになりました。っていうか、ほとんど滑ったことがなかったのに、大門コーチの熱心な指導で、だんだんに手を離して滑ることができるようになったんですよ。
ゲレンデの下で待ち受けるファミリーも、その光景に、ちょっとうるうるしました。

松原コーチが宮野君をコーチしています。

あれ、フラフープでこんなこと・・・。っていうか、本来の使い方かもしれんけど・・・

ほら、大門コーチが柴田君の手を離した瞬間です!

代って金山ヘッドコーチも。

ついていたコーチが、「なんじゃこりゃ」ってたまげた、えっらいうまいアスリート。って思ったら弟のパートナーでした。こうなるともう、コーチもついていくのに精一杯(^_^;)

がんばれ、がんばれ。

わぉ〜、柴田君からこんなに離れちゃって、大丈夫なんですかぁ〜??

田中コーチの息子さんです。可愛い!! ギャラリーの癒しの存在です。

田中コーチの旦那さんもコーチに加わってくださいました。

岳志君は、昨年とは別人です!! すばらしい! お母さんも大喜びです♪

和馬君も大きくなりました! もう母よりだいぶん大きい!

宮野コーチも後ろ向きに滑っています。

ここからは31日の様子です。


あれ、みんなスキーウエアなのに、一人だけシャツで体操している人がいますね〜。最初の集合場所はゲレンデの一番下(水色のまるい屋根)なんです。トレーニングでの集合場所はゲレンデの中腹。みんな、ここまで歩いて上がってくるんですね。きっと、それがキツくて、汗かいちゃったんでしょう? いやですよねーー若くないコーチは!(笑)。

なんだかカメラ目線でポーズしているコーチもいますが・・・。

アイダホ家族です!

一樹君もほんと、大きくなって見違えるよう!!

岳志君が一人で滑り出そうとするところ。去年では全く考えられません!!!

どう、晃君のこの笑顔!

中村コーチと一緒にリフトに乗って。機嫌よかったよね。

リフトを降りて、滑り出そうとするところです。

なかなか、大変なんですよ。このポーズで、いろいろ注意を与えながら、そして何より、アスリートが「楽しい!」って思えるように降りてくるのは。

ご機嫌です。リフトの上では、アスリートには理解不能なダイエットの話で持ちきりでした・・・。

「富山三つ星山の会」という、障がい者と健常者の方々がともに、山歩きやハイキングを楽しむ会があるのです。今日は、その会の方が参加してくださりました。

とても熱心にコーチしてくれました。
富山三つ星山の会さんはこちら

水井コーチも、初心者のアスリートをフォローしています。

この2日間の撮影の中で、もっとも(私が)気に入っている写真です。

隆志君も、大声援の中、格好良く到着ですぅ〜。

お疲れさま!

お昼ごはんを終えて、上がってきました。

アスリート45人。すっごい人数です。

午後の部が始まると、午前中で帰られたコーチもいらして、組み合わせを変更しました。

見ているとなんでもないように思えますが、コーチは大変なんですよ〜♪

でも、リフトでアスリートのこの笑顔ですもの!

晃、調子に乗ってポールです。でも、ちょっと逆だけど(笑)。

こけました。

フラフープのパートナーです。

ゲレンデ途中で、ちょっと休憩かな?

あくびではありません。




<撮影:宮野・上原、取材:上原>



son_toyama at 20:06コメント(3)トラックバック(0)アルペンスキー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ