2011年11月11日

【富山】SON・富山の応援ソングができました!

2年前のSON冬季ナショナルゲーム山形の開会式で、初めて、松浦亜弥が歌う「きずな」を知った方も多いと思います。

http://www.up-front-works.jp/matsuuraaya/

SONによれば、「きずな」は、スペシャルオリンピックス日本の応援ソングとして作られたそうです。日本のトップアーティストが、アスリートやボランティアに歌ってくれる応援歌、すばらしいですね。

そんな中、富山では、文化プログラムを指導くださっている音楽療法士のボランティア、道下和美先生が、SON・富山を応援する、富山オリジナルの、「夢にむかって」という曲を作ってくださいました。

「SON・富山の活動に関わる中で、何か彼らにプログラム以外で力になることができないか」

という思いがきっかけだったそうです。

先生と文化プログラムのマネージャーが広く会員から歌詞を募集したところ、アスリートはもちろん、ボランティアやファミリーから、たくさんの歌詞とキーワードが寄せられました。
PICT0995

道下先生は、みんなの思いを大切にしながら、集まった歌詞やキーワードを一つ一つ繋ぎ合わせて編集され、曲もつけてくださったのです。

11月9日(水)、午後7時30分から、富山市障害者福祉プラザ2階介護実習室で、文化プログラム参加アスリートや、NG福島に参加するアスリートらが集まり、応援歌の初練習会が行われました。

この曲の正式なお披露目は、11月27日(日)、富山市の中心市街地にある、グランド・プラザで、SON・富山が開催する8回目のトーチランで行う予定です。9日は、それに向けた練習でした。

IMG_0788
練習の前に、新聞社の方の取材を受けました。

IMG_0790
応援歌の歌詞を読んで、「まずはCDを聞いてみましょう」。

IMG_0792
「SON パンパン(手拍子2回) 富山〜」というふうに、サビの部分に手拍子を入れたり、曲の最後に「オゥー!」と掛け声をいれてみましょう、と先生から提案がありました。

新聞やテレビの取材スタッフに見守られ、アスリートたちは少し緊張気味です?
PICT0967
IMG_0791
IMG_0793

次第に、「力強く歌うところ、やさしく歌うところ」 とメリハリをつけて歌うなど、より本格的になってきましたよ。ここまでくると、全員、もう緊張は、していません!! IMG_0797
IMG_0800

「『大丈夫一人じゃない/世界へ飛び出そう』の歌詞を歌う時には拳を構えて上に突き出したらいいのでは?」とか、歌詞も、「サビの部分にアスリート、ファミリーはあるのに、ボランティアが入っていないのでボランティアも入れたらいいのでは?」 など、歌っていくうちに気付いたことをアスリートとファミリーが積極的に意見を出し合いました。

応援歌の題名も、「輝け!SON・富山」、「それゆけSON・富山」、「SON・富山 全国」、「大きくはばたけ」、「夢」、「どきどき富山」、「夢に向かって」、「世界に向かってSON・富山」と、いろいろ案が出て、最終的には、先生とファミリーが話し合って、タイトルは、「夢にむかって」に決まりました。
IMG_0803

歌詞を変更して再び歌ってみました。IMG_0804
IMG_0808
みんな、ノリノリですね。
PICT0993
練習後、アスリートがインタビューを受けています。

ファミリーが集まって、11月27日のトーチラン当日の打ち合わせをしています。IMG_0809
PICT0996

今日の練習会で、歌詞が変わり、振りも決まり、題名も決まりました。とても意義のある練習会でした。次回の練習会は11月25日(金)午後7時30分から、今回と同じく、富山市障害者福祉プラザで予定しています。トーチランの開会式に向けてがんばりましょう!

今回の練習風景は、11月27のトーチランでの様子と併せて、翌日、28日(月)、チューリップテレビの夕方のニュースでも放送される予定です。

10日の新聞でも、大きく報道されました。
kitanikhon
北日本新聞
toyama
富山新聞

<取材、三上>

son_toyama at 13:37コメント(0)トラックバック(0)文化プログラム   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ