『いい人生』とは、
「自分の人生を
『いい人生』と信じること」だ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
センター参加の私大が毎年増えてる。

早く入学者を囲いたい
という経営上の事情だ。

優秀な学生を取る為の
手段でもあるんだけど。

今年の入試でも、
センターと一般の両方を
実施する学部は、
センターの合格者を増やす傾向。

そうなると、
一般試験の合格者は減る。

両方出願すべきか否かは
試験日のバッティングがないか
入試日程を参考にして
慎重に受験校を決めていこう。

だから逆に
一般試験しか実施しない学部は
少し倍率が下がってチャンス!

でも、実際に受験するか、
という話になると判断が難しく
T.P.S.で詳しく聞いて下さい。

センターで私大を受験するのは、
栃木県の高校の先生の間では
今までは亜流の方法だったが、
昨年あたりから薦めている。

国立狙いの7教科で勉強していて
しかもセンター対策だけしか
やってない人は
(県内の塾はドコもセンターばっか)
私大の3教科一般試験では
負ける可能性がスゴく高い!

センターを捨てて
特定の大学を目指して
徹底的に対策してきた人は
本当に強い!

さて、ここで
今年の入試を考えよう。

もちろんセンターを受験する人が
圧倒的に多いと思う。

その中で、ちゃんと
多科目受験できる申請を
している人がほとんどだよね。

受験当日に苦労するだけだよ。

たった2日疲れるだけ。

だから受けられる科目は
全部受けよう。

とんでもない科目に
救われる人間が必ずいる。
中学で学習しただけの知識で
運良く平均点以上が取れる
って事がある。

センターの自己採点の後、
驚くべき大学、学部の可能性が
出てくるんだ。

キミが文系の人間か理系の人間か
本当はまだわからない。

それを数学の点がいいだけで
理系に決めているだけかもね。

自己採点の後、
3日じっくり考えて、
可能性のある大学を選ぼう。

私大の「後だしOK大学」は
特にじっくり考えて。

12月に入って
「もう偏差値は上がらない」
などと口にしている人間は
完全に無視するんだ。

この12月に
「ドンドン実力がついている自分」
に気づかない人間はダメ!

わかっている事を
知っていることを
「そうだった」と確認しながら
記憶を確かにする作業が
いかに実力を高めているか
考えてみよう。

今のキミの作業が、
今までの1年間の仕上げになる。

さあ
「あきらめないキミ」が
受験の主役だ!

今日も元気に行ってらっしゃい